動画が再生できない場合はこちら

棺姫のチャイカ

46

0

1

1

4

5

その紫眼が欲するは、「災厄」か「希望」か――

TVアニメの第1シリーズ。時に大陸歴1604年。フェルビスト大陸において、実に三世紀にも亘って続いてきた戦国時代は北方の雄ガズ帝国の崩壊を以て終焉を迎えた。ガズ帝国攻略に際して同盟を結んだ大陸主要6ヵ国は、以後も相互に平和条約を結び、事実上の終戦宣言を行った。ガズ帝国は分割統治され、<禁断皇帝>の持っていた莫大な富は戦後復興のために同じく分割されて6ヵ国がそれぞれ管理し、有効利用することとなった。ガズ帝国の誇っていた魔法技術も同様である。それは万民の待ち望んだ平和な時代の訪れであった。だが――。

エピソード一覧(全{{titles_count}}話)

(C)2014 榊一郎・なまにくATK(ニトロプラス)/KADOKAWA 富士見 書房刊/「棺姫のチャイカ」製作委員会

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

視覚的にかなり印象的なヒロイン

本作のヒロイン、チャイカは
銀髪に白基調の衣装
黒くて太い眉と対物ライフルのような機杖
儚いような力強さを感じるような、アンバランスな感じですが
個人的ですが、視覚的にかなり印象的なヒロインだと思います

今頃、なんでこんなことを言いだすのかと言うと
最近『機甲猟○メロウ○ンク』の視聴で対物ライフルを見て思い出し
あと、『ナイ○&マ○ック』のロボ(シル○ット○イト)の射出兵器が杖で
杖が対物ライフルに進化している棺姫のチャイカを思い出したからです

ネタバレあり

久しぶりに「物語」を見たのです

全22話、通しての感想。いくつもの筋立てが絡み合い、一カ所に収斂していく様は見応えあり。「物語」と称するに相応しいシナリオ運びで、話の先が気になって一気に見られます。しかもキャラの個性が立っていて掛け合いも楽しく、ロードムービーと言うこともあり肩肘張らずにライトに見られるのが良い感じ。魔法陣が飛び交うバトルシーンも見応えあり。世界設定や魔法設定も納得の精緻さでお見事の一言。にもかかわらず商業的に振るわなかったのは、綺麗にまとまりすぎて突き抜けた所が無かったせいか、ネット配信をケチったせいか、世にはびこるテンプレ萌えから外れているせいか。気楽に見られるシチュエーションドラマも良いですが、たまにはこういう本格的な物語も見たいものです。

遺体は全部集まらない

ガズ皇帝の娘らしいチャイカが

皇帝のバラバラにされた遺体を集めて

父を弔うため、サバターのトールとアカリを雇い旅に出る。

チャイカは一人じゃなくて謎は多いが

この話では遺体は全部そろいません。第二期がありますし。

アカリが美少女で好きです。チャイカのデザインは

「なんか独特なキャラデザだな」って感じで

美少女ってイメージとちょっと違って感じてましたけど

紅チャイカとか凄く好きでした。

最終回があっけないので二期に期待。

ネタバレあり

なかなか面白かったです。

 榊一郎さんの小説が原作ということで、同氏の小説「棄てプリ」によく似た点がありますな。ただ、こちらの作品は個人的に原作小説を知らずに視聴したので新鮮な気持ちでした^^
 視聴してみたら結構難解な描写などがあり、原作を読んでみたくなりました。ソードアート・オンラインや魔法科高校の劣等生と同じく、アニメと原作両方知っていると面白さが倍増する作品群の一つなのではないでしょうか。個人的に、アカリの抜群のスタイル・ズィータのお尻からのアングル・紅のチャイカの前面服装からの横乳、これらを見た時に、私の中で何かが覚醒しました(笑) 主ヒロインがアレな反動でしょうか・・・w 続きがあるそうなので本編と共に楽しみが増えましたw
 どちらかというと、小説での詳細な描写が売りの内容ではないかなとは思いましたけど、十分面白かったです^^ 視聴をお勧めできます^^

納得な展開

 ある意味、小さくまとまってしまった。
なので-1。
ラストにもっと重みがあれば・・・。

「かわいい」に絞り込んだアニメ化

原作未読。しかし2期22話にまとまらない分量の原作なんだろうなと感じる。そこを上手に人物の「思い」に絞り込んだ名脚本。

あの人に似てる・・・

原作未読。
シャノン兄とダブってしまう。

ネタバレあり

肯定、その面白さ。

原作は未読、アニメとしての評価は「面白かった。」
原作者は結構ベテランなので、ラノベとは言え最近有りがちな厨二病的な作品ではないらしく
ちゃんと世界観が伝わってくるファンタジー作品として面白い。
ただ、肝心なところまで話が進んでいないので、満足するには続編を見なければいけない。
という訳で2期へ続く。

これはナカナカ・・・

原作はまったく未読で、なんとなく見放題になったので見たのですが、これがナカナカ味のある。

あっさりしてるようで結構深い。面白いです。

アカリの言動が大変エキセントリックで楽しいw

ヒロインがあざといけど、オーソドックスに可愛いし、主人公無双もないし。

IIクールありそうな最後ですが、ジレットは本当に死んじゃったのかな・・・。なかなか好感持てるキャラだったので、残念です。

IIクール目あるのなら見たいですねー。

ネタバレあり

ウニョワァー!!

色々と端折り過ぎじゃー!次、期待。乞う御期待。うい。

我は、人也!

凄い!
毎回、始めと終わりに必ず詠唱してる!
特に 終わりにも って処が憎い。

格闘シーンは迫力がありますし
ヒロインは独特な魅力を持ってますし
これは面白いです。

さてさて
ヒロインの正体の方は、如何?

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:榊 一郎+なまにくATK(ニトロプラス) / 発行:ファンタジア文庫/KADOKAWA 富士見書房 / 監督:増井壮一 / シリーズ構成:待田堂子 / キャラクターデザイン:新井伸浩 / コンセプトデザイン・メカニックデザイン:片貝文洋 / プロップデザイン:ヒラタリョウ / 棄獣デザイン:草彅琢仁 / 総作画監督:新井伸浩+諏訪真弘 / 監督補佐:小森高博 / 美術設定:金平和茂 / 美術監督:岡本好司 / 色彩設計:岩沢れい子 / 撮影監督:福田光 / 編集:後藤正浩 / 音響監督:三間雅文 / 音楽:長岡成貢 / 音楽制作:フライングドッグ / 音楽プロデューサー:佐々木史朗 / OPテーマ:野水いおり「DARAKENA」 / EDテーマ:coffin princess「快楽原理」 / エグゼクティブプロデューサー:安田 猛 / プロデューサー:田村淳一郎 / アニメーションプロデューサー:渡辺マコト / アニメーション制作:ボンズ /

キャスト
チャイカ・トラバント:安済知佳 / トール・アキュラ:間島淳司 / アカリ・アキュラ:原 優子 / フレドリカ:斎藤千和 / アルベリック・ジレット:細谷佳正 / ニコライ・アフトトル:佐藤健輔 / ヴィヴィ・ホロパイネン:野水伊織 / ズィータ・ブルザスコ:幸田夢波 / マテウス・キャラウェイ:森嶋秀太 / レオナルド・ストーラ:山本和臣 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}