動画が再生できない場合はこちら

幸腹グラフィティ

30

0

0

2

1

4

ごはんでつながるあたたかな青春、ここにあります!

一人暮らしをする中学生・町子リョウ。一緒に住んでいた祖母を亡くしたあと、なぜかどんな料理も美味しいと感じられなくなってしまいます。そんなとき、同い年のはとこ・きりんが泊まりにくることに。優しいきりんと一緒に食べるご飯は、美味しくて、とてもとてもあたたかくて…。リョウの友人・椎名も交えて、食事でつながるあたたかな青春が今、はじまります! 寂しい時は、ご飯を食べて一緒にぽかぽかしませんか?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

飯テロだけではない

タイトル通り、美味しそうなだけではなく、ほっこりしたり、ウルッときたり、言葉の一つ一つがあたたかく、観ていて本当に幸せになれる作品です。
エロ表現が取り上げられがちですが、言われるほどではありません。
人と人をつなぐ料理の暖かさが伝わってくる、良作です。

女子高生・中学生がメシ食いまくる話

それに尽きます。ただただのんびり飯を食いまくる話です。
ホント、ただそれだけの話なのにどうしてこんなに面白いのか不思議です(笑)
シャフト制作ですが、ひだまりのような演出が無く、代わりに食事シーンがエロいと評判です。
うん、確かにエロいつーか過剰表現というか…(苦笑)
飯テロとも呼ばれており、夜中に見てお腹を減らしてしまう人もいたんだとか。
のんびりほんわかしたい気分の時にオススメです。
ただし、お腹減っているとゴハン食べたくなるので、気をつけてね。

ネタバレあり

味付けは少し濃いめ

原作の2巻の中程まででしょうか、少ない話数を丁寧に描いてもらった感じです。
話の中ではどんどん季節が進んでいき、季節ごとのおいしいシーンでいっぱいです。出来合いのものではなく、素材を自分で調理して食べることのおいしさが伝わってきます。

まあ、エンゲル係数高すぎだろ、とか、その絵面はシュールすぎる、とか、そんな場面もありますが、楽しい話に仕上がっています。
演出面では、もともと、食事のシーンが艶っぽかったり、表現が誇張気味なところがありましたが、アニメではいっそう強調された感があります。ときどきのカメラ目線も独特ですね。
それと、梅津さんのオープニングも見どころ。あの彩度の高い絵は、原作のカラーページに近い印象です。

視聴上のご注意!

絶対に空腹時には見てはいけません!

食生活に問題がある方にも
場合によってはお勧めできません。

毒です。毒になります!

シャフト独特の雰囲気で描かれる咀嚼の様子、
非常に色っぽいです。
チューリップが手がけている背景美術
とても奇麗で渋いです。

毎回交替で「メシ作監」が付いて
とても美味しそうな場面が盛り沢山でした。

その中でも
一番私の好物は、、、初回と最終回の鰤大根。
そして
一番お気に入りのお話しは、、、何とあの第8話の体育祭でした。

ご馳走さま。。。

ん?ん~~

 「食卓系」という括りになるのかは判らんけど、この系列は最近チョコチョコ見かける。
食事はホント大事、歳取ると事に実感する。『誰と、何を、食べるか。』も結構大事
その家の「味」も、いろんな何かが重なって途絶えずに今にある。
下手だったお母んの魚料理も、きっと何かの表れ。

 でも、シャフト新房カラーがその日常の1コマを異次元空間へ変換する。(笑
艶めいた?咀嚼は同社の「物語」シリーズでの描写に対してチョッチ、お下品。(これ、色気じゃねぇナ)
焼きモロコシの幾何学上への消化は何か昆虫めいていて、寒気を感じた程
姑チックだと言うなら、糠床のひとつでも持たなぁいかん。単品作りなんぞは贅沢の極みよ。
そこ等辺は、非生活臭の漂うシャフト演出だから良いのか。...

ごはん(食べ物)の話じゃないの?(笑)

見ててごはんや食べ物がどうとかより、アップになる口元とか、演技とかにばかり注目させられて話が頭に入ってこなかった。なんであんなに艶めかしく表現されてるんだ(笑)

評価は3で付けたけど、実際は3.5くらいかなぁ。

期待通り!素敵です!

放送前から期待して待ってました!
まだ1話を観たばかりですが素敵なひとときを堪能出来ました。
うんちくは最小限に留めてとにかく作る・食べる、の楽しさを
存分に伝えてるのと「食の重要さ」を自然に
表現してると思います。

映像がレトロちっくな落ち着きと現代の環境が共存してて
不思議です。心が安らぎます。

キャラクター

町子リョウ

けなげで料理上手な中学二年生の女の子。大好きな祖母が亡くなって一人暮らし。両親は海外赴任中。しっかりしているが、うまく人に甘えられない。

森野きりん

リョウと同い年のはとこ。子供っぽくて大食らいで力持ち。リョウが大好き。人参が苦手。

椎名

リョウ、きりんと同じ美術予備校に通う女の子。少しミステリアス。中学二年生。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:川井マコト / 掲載:「まんがタイムきららミラク」 / 発行:芳文社 / 総監督:新房昭之 / シリーズ構成・脚本:岡田麿里 / キャラクターデザイン・総作画監督:潮月一也 / 監督:龍輪直征 / 総作画監督:西澤真也+横田拓己 / 美術監督:内藤 健 / 色彩設計:渡辺康子 / 撮影監督:会津孝幸 / 編集:松原理恵 / 音響監督:亀山俊樹 / 音楽制作:フライングドッグ / 音楽:コトリンゴ / アニメーション制作:シャフト /

キャスト
町子リョウ:佐藤利奈 / 森野きりん:大亀あすか / 椎名:小松未可子 / 内木ユキ:井口裕香 / 露子:小林ゆう / 町子 明:野中 藍 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}