動画が再生できない場合はこちら

劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME

87

0

0

0

3

15

「私、もっと輝きたいんです……!」
緒花たちに、喜翆荘の仲間たちに、もう一度逢いたい!!

人気TVアニメの劇場版。祖母の経営する温泉旅館“喜翆荘(きっすいそう)”での住み込み生活にもすっかり慣れた、東京生まれの女子高生・松前緒花は、板前見習いの鶴来民子や仲居見習いの押水菜子らと過ごす毎日の中で、少しずつ変わっていく自分に気が付きはじめていた。秋も深まってきたある日、クラスメイトでライバル旅館“福屋”の一人娘である和倉結名が、喜翆荘に女将修行にやってくる。奔放な結名に翻弄されながらも面倒をみていた緒花は、掃除をしていた物置の中で、あるものを見つける。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(18件)

何回見ても、素敵な話です。

人の人生はドラマよりも生成りと良く言いますが、誰でも1つや2辰は何かドラマになるような話はあると思います。そんなことを思い出させる、素敵なお話でした。このお話のオチ大好きです。(^O^)/

すごいね

まずおそらく本編知らなくても、十分楽しめる。何より内容が濃い。すばらしいです。げんきがでますよ。

背中を押して貰えました。

 この劇場版はテレビ本編では真ん中ぐらいの時期に当たりますが、テレビ版とは別ストーリーになっています。
今回は、おはなの母、さつきの学生時代の振り返りと現代時間軸の2ルートでお話が展開します。
 内容を簡単にまとめると「子供から大人への成長」なんだと思います。人によって成長のスピード、内容、状況、段階は異なりますが、誰もが子供から大人になるようにそれぞれ成長するための葛藤が描かれています。
 自分が本作を見た時はちょうど就活時期と被っていたせいもあり、感情移入する点が多かったのを覚えています。中でもラストの母さつきが自分の母であるスイの働き方(生き方)を大人に成長してから見て、その生き方に負けられない奮い立ち、まだ幼いおはなを抱きながら雪がまだ残っている坂道を駆け下りていく描写はぐっときます。
 興味を持っていただけたら、ぜひ見ていただきたい作品になっています。

ネタバレあり

やっぱり良作ですねッ‼︎

みんなみんなぼんぼってますねッ♪( ^ω^ )

輝き

この作品を映画公開初日の朝一番観ました。
それは社会人になる前の数日前。

未来に輝いていく期待。
そこでの挫折。
挫折の中での輝き。
その挫折を乗り越えた輝き。

もがきながらも、輝きを。

理屈では伝わりにくい、言葉にするのは
こっ恥ずかしくて、難しい
そんな誰にでもある輝きを
この作品は伝えてくれます。

この作品に出会えた人達に
花咲くことを祈らんと。

思ったよりも面白かった

劇場版は特に見なくてもいいかなぁと思って見送ってきましたが、無料になっていたので拝見。
なかなか良い感じのサブストーリーに仕上がっていて面白かったです。
背景作画は相変わらず美しく、BGMも心地良いものばかり使われていました。
ただ・・
主題歌だけはどうにかしてくれと;
主要キャラの声優さんユニットとかで歌ってくれた方がよかったのでは。。

神!天才!

何これ!すごすぎ!

負けられっか!

劇場版もとてもよかった!
鬱な気分をぼんぼる気持ちで吹き飛ばしてくれる快心作でした。

良かった

 これは皆に訪れるであろう10代の葛藤や色々な思い、そして主人公の母親がどんな思いを抱き、決意して生きてきたかと言う物語。本編を観ていればより楽しめると思う。

 そしてこれは個人的意見なのだけれど、私は寧ろこちらの物語の方を2クールくらいで観たいとおもいました。母親の葛藤や決意、またそれに至った経緯やその後の行動などもっと深く掘り下げても良いくらいだと感じる。

最後にホント楽しませていただきました。

ネタバレあり

劇場鑑賞以来に…

約2年ぶりに鑑賞しましたがやっぱり花咲くいろはいいなぁ…
劇場版配信に合わせて、TVシリーズも久々に視聴しましたが両方本当にいい作品ですね
「花咲くいろは」ってタイトルからして綺麗だし

こちらは緒花の母親の皐月の青春時代の物語が描かれています
ちょっとズボラなお母さんだけど、若いときは夢を追いかけ、恋をして、一人前になっていく…
キャリアウーマンとしては一流の理由がわかってしまうような内容でした

話が現代のパートでも相変わらずな登場人物たちの日常、悩みなども刻銘に描かれていて非常に楽しめました
自分も頑張らないとなって考えさせられる、そんな作品ですよね、いろは

劇場版としてはちょっと短めですが、逆に魅力がぎゅっと圧縮されているような作品です
ホビロンではなくホビロオ(本当にびっくりするほど面白い)ですよw

ネタバレあり

ぼんぼる!

自分も頑張ろう…と元気をもらえる良アニメ

ホッコリしたなぁ

温泉に、旅館に行きたくなるなぁ。良い作品でした。

素晴らしい

「花咲くいろは」の劇場版です。TVシリーズ後半を舞台にしたサブストーリーです。良い話過ぎて少し涙しました。刺激的でもなくドラマティックでもありませんが、訴えかけるものがあり、大変分かりやすい作品でした。終わりも清々しくて素晴らしい。TVシリーズでは、「坊ちゃん」の夏目漱石を彷彿させる文学的な香りを残して終わります。あまりにも潔く、そして格好良かった。しかし、ファンはこころを捕らえられたまま。辛いだろうと思いました。ところが劇場版でこういうお話を作っていただけた。もう一度夢を見たい人には分かり辛いでしょうけど、これで本当に救われたのだと思います。P.Aの他作品と比較して、やはりこの作品は次元が違うと思います。「このお話はもうおしまい。さあ、顔を上げて先に行こうよ」。本物の作家はこういうところまで考えてくれます。TVシリーズを含め、出会えて本当に良かったと思います。最近のアニメは凄いですね。

おもしろい

いいストーリーなんだけどやっぱりアニメのアフターをやってほしかった。

まあまあ

正直本編を通しで見た時ほどの感動は無かったかな。
テーマが多すぎて、一人一人のテーマが薄かった。

その辺が濃いのがこの話の良さなのにね。

ま、映画ってそう言う物かな?

緒花の母がメイン

緒花の名前の由来や父の話、アニメ本編では描かれなかった緒花の母の昔の話が多く描かれています。

成長とは。


劇場版を観るより先に、通常本編を観ておくと更に楽しめます。

この劇場版では、緒花がメインではなく、緒花の母親が主に描かれています。

母親の過去が描かれており、どうして編集者になっているのか、過去の女将とはどのような関係であったのかが分かります。

過去に捉われて生きていることが、果たしてそれが本当にそうなのか。

各キャラの成長していく姿を楽しめます。

ネタバレあり

そうそう

寝入り端、
親にして貰った話で一番楽しかったのは、
親の子供だった頃の話。
寝かせる時、
子供にしてやった話で一番受けたのは、
私の子供だった頃の話。

何の変哲も無い、普通の話なんですけれどね、、、
何でだろうねえ、、、

本編での
F4 と F15 とかもそうでしたが

この劇場版での
オレンジ色 と 水色
ルーズ と ニーソ
携帯 と 緑色の

異なる世代の人生の入り交じり方、描き方がとても良かったです。



そうそう
色の変更
このアニメの本編で知ったのでした。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:P.A.WORKS / 監督:安藤真裕 / 脚本:岡田麿里 / キャラクター原案:岸田メル / キャラクターデザイン・総作画監督:関口可奈味 / メインアニメーター:石井百合子 / 美術監督:東地和生 / 色彩設計:井上佳津枝 / 撮影監督:並木 智 / 3D監督:山崎嘉雅 / 編集:高橋 歩 / 音響監督:明田川 仁 / 音楽:浜口史郎 / 音楽制作:ランティス / 主題歌:「影踏み」nano.RIPE: / アニメーション制作:P.A.WORKS / プロデュース:インフィニット / 製作:花いろ旅館組合 / 配給:ショウゲート /

キャスト
松前緒花:伊藤かな恵 / 鶴来民子:小見川千明 / 押水菜子:豊崎愛生 / 和倉結名:戸松 遥 / 輪島 巴:能登麻美子 / 種村孝一:梶 裕貴 / 松前皐月:本田貴子 / 四十万スイ:久保田民絵 / 四十万 縁:浜田賢二 / 宮岸 徹:間島淳司 / 富樫蓮二:山口太郎 / 川尻崇子:恒松あゆみ / 次郎丸太郎:諏訪部順一 / 助川電六:チョー /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}