動画が再生できない場合はこちら

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

24

0

0

0

1

4

いつだって、いつまでだって、なかよしなんだ

昔は仲良しだった幼馴染たち。でも高校生になった彼らの距離はいつの間にか離れてしまっていた。ヒキコモリぎみの”じんたん”。ギャル友達に流され気味の”あなる”。進学校に通う”ゆきあつ”と”つるこ”。高校に進学せず旅を重ねる”ぽっぽ”。それぞれが変わっていく中で変わらない少女”めんま”。ある日、”お願いをかなえてほしい”とじんたんにお願いをするめんま。困りながらも”めんまのお願い”を探るじんたん。そのめんまの願い事がきっかけとなり、それぞれの生活を送っていた幼馴染たちはかつてのように集まりはじめる。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

良作だが…

心理描写、演出、映像、音楽、全てが丁寧に作られており、良作であることは確か。…ただ、自分自身は "人は死んだらそこで終わり" と考えているので、めんまの描写に最後までなじめなかった。本編で幽霊のめんまが果たした役割を現実に存在しうる何か(遺品に記された想いが死後明らかになるなど)が果たす物語であったなら、もっと素直に感動できたかもしれない(幽体としてのめんまが本作の核となるモチーフなのでナンセンスな想定だが)。…しかし…どうも自分はツンデレに弱いようで、本作を観るうちに安城さんがお気に入りキャラになってしまい…超平和バスターズの皆さんには大変申し訳ないが最後のシーンでも自分は安城さんの幸せを願ってしまった…めんまさんが成仏できて良かった…

ネタバレあり

約束は思い!

 ブルーレイ買ったので視聴しません。
生きる意味、死んでも残る思い。
ダダ泣きです。

これほど泣いたエンディングはありません

本当の友情は、出会った瞬間に芽生え育っている。

ただ、気付かないだけ。

命は永遠。

だから友情も、そして愛情も永遠。

素晴らしい作品でした。

本当にありがとう。

作品の

名前だけは聞いたことがありました。
しかし内容は全く知らずにいました。

今回の視聴が初めてです。

物語は、

ああ、おもい、重いです。

思えば、色々有ったにせよ、
それなりに平穏無事に活きて来た私には、
重過ぎます。

御陰で いつの間にか知らないうちに
笑いと 涙が こぼれてしまいそうになります。

配信に感謝致します。

現実とかぶる・・・

この作品、実は私の小さい頃によく似ているんです。

だから、物凄い思い入れがある作品で、とても大好きな作品の一つでもあります。
シンプルな内容。
だからこそ、アニメらしい作品。
今のアニメが、分かれかけている部分を、この作品は思い出させてくれます。

アニメにしておくのが、本当にもったいない。これこそ、実写でやるべき作品だと思うのですが。

一度は見ておきたい、超、お勧めの作品です。

キャラクター

じんたん(宿海仁太)

昔は幼馴染6人の中心的存在だったが、高校に入ってから軽い引き篭もり中。

めんま(本間芽衣子)

色白で、どこかはかなげな印象を与える少女。天真爛漫な性格で、6人の中ではマスコット的存在。

あなる(安城鳴子)

派手な外見のギャルだが、実は高校デビュー。じんたんの同級生。

ゆきあつ(松雪 集)

顔も良く、育ちも良いので、小さいころから苦労したことがない。おまけに頭もよく、進学校に通っている。

つるこ(鶴見知利子)

まじめな優等生。趣味は読書すること。ゆきあつと同じ高校に通っている。

ぽっぽ(久川鉄道)

昔は身長が小さくてみんなの弟分だったが、今は立派に成長。高校に行かず、世界を放浪して暮らしている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:超平和バスターズ / 監督:長井龍雪 / 脚本:岡田麿里 / キャラクターデザイン・総作画監督:田中将賀 / 音楽:PEMEDIOS / 美術監督:福島孝喜 / 色彩設定:中島和子 / 撮影・CG監督:那須信司 / 編集:西山 茂 / 音響監督:明田川 仁 / アニメーションプロデューサー:岩田幹宏 / チーフプロデューサー:清水博之+山本幸治 / プロデューサー:斎藤俊輔+尾崎紀子 / アニメーション制作:A-1 Pictures / 制作:「あの花」制作委員会(アニプレックス+フジテレビジョン+電通) /

キャスト
じんたん(宿海仁太):入野自由 / めんま(本間芽衣子):茅野愛衣 / あなる(安城鳴子):戸松 遥 / ゆきあつ(松雪 集):櫻井孝宏 / つるこ(鶴見知利子):早見沙織 / ぽっぽ(久川鉄道):近藤孝行 / 宿海 篤:小形 満 / じんたん(幼少):田村睦心 / ゆきあつ(幼少):瀬戸麻沙美 / ぽっぽ(幼少):豊崎愛生 / 春菜:水原 薫 / 亜紀:牧野由依 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}