動画が再生できない場合はこちら

ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン

40

0

0

2

6

2

ニンジャが出て、殺す!!

ネオサイタマを舞台にニンジャが大暴れ! ニンジャ抗争で妻子を殺されたサラリマン、フジキドケンジ。彼自身も死の淵にあったそのとき、謎のニンジャソウルが憑依。一命を取り留めたフジキドは「ニンジャスレイヤー」――ニンジャを殺す者となり、復讐の戦いに身を投じていく。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

抗する者の物語

戦闘場面の、2D格闘ゲームのような表現に、違和感があるものの慣れるとそうでもない。動きがある場面とのメリハリがついていて、これはこれでありな表現だと思う。

音楽がとても良い。世界観にとてもマッチしていて、それだけでも十分御腹一杯になれました。
野暮ったく、野性味がある男性キャラをより生かす、と言う意味合いで、可愛らしく、美しい女性キャラたちも良い。『華のある』という女の子の登場人物ってのは、本来こういう感じじゃないかな。

あと、全編『ブレードランナー』ですねwwすごく懐かしいです。

古事記にも書かれている

他の動画サイトも含めて第1話を10回以上見てるけど、全然中毒じゃないなw
動かない時は全然動かないけど、動いている時の金田飛びとか金田パースとかは一見の価値あり。
セリフの掛け合いのテンポの良さも最高、これだけ話がぶっ飛んでいると続きが気になってしようがないw

ニンジャ平行移動アニメイシヨンw

トリガー製作だからバリバリヌルヌル動くなどと思ってはならない。
そう思って見始めたなら「アイエッ?!ナンデ?アニメイシヨンナンデ?」と叫ぶことになる。
が、原作の雰囲気を思い起こしながら見ていただきたい。原作を知らぬニュービーの方にはここから原作を読んでみていただきたい。
何となく納得できてくるのではあるまいか。
それでもなおチョットコレハ…と思うのであれば、オーディオドラマ以来の超豪華声優陣へのギャランティーで制作費が吹っ飛んだのだと思えば腹も立つまいw

時々いい動きになるのがまた何とも言えぬ味わいよ…ヤモト=サンのだいかつやくおまちしておりますフィーヒヒヒヒヒ!

飼いならされたヘッズ向け…かな

古の2Dベルトスクロールアクション(翻訳チームが常々実現を希望していた)めいた場面。
しっかり動くアクションの場面。
これも表現の一つと思えば実際楽しめます。
話題性に惹かれただけの方や、アニメはモリモリヌルヌル動いてナンボって方には向かないでしょう。

あくまで邪道の部類

予算がないとか原作からしてどうかしてるとかそんなレベルでは無く、アニメとしてどうなんだコレという出来です。
動かすところはきちんと動かしたりしてるあたり確信犯なのは確かですが、動かさないパートが似たような悪ふざけのダイ◯スターアニメパートより動かないというのはどうなんでしょう。
ただ、もはや作った方たちがコレはこういうものだからという力づくをヒシヒシと感じ、なら納得するしか無いかという思いに至ります。

傑作・佳作・凡作などではなく、怪作というには意図的すぎるアニメ史に残る開き直り。
あくまで邪道ではありますが、こういう思い切りも視聴者を惹きつける一因なのでしょう。

どうも始めましてまぐろです

若干の気持ち悪い間があるけど
個人的には面白いと思いました。
「イヤェァァァァ」が癖になりそうな感じです。

これはwwww

ネットで「なんだこれは!」と呆れたり驚いたりしてるのを観て、そんなにひどいの?と思い、おそるおそるの視聴。

…面白いじゃん!w

唐突に始まる良く判らないシチュエーションや展開や…いわゆる「紙芝居」的な部分や、その配色は何なの?と思う部分が、確かにたくさんありました。
駄菓子菓子!演出ですよ、きっと(笑)。
ところどころにくる、意外に良い動きも含めちゃんと「それなりに」考えた上での事じゃないかなと思ってます(笑)。

しかし礼儀正しいですよね!「さん」付けとか、ちゃんとご挨拶しなきゃ駄目とか。
…面白かったですよ、自分的には(笑)。

要カチグミ視聴者

ネギトロめいた製作予算と員数工程から導き出された演出手法と呼ばれる「イッキョ=リョートク」イズムに基づくチップチューン、カミシバイめいたスタイルは実際リアル(事情的に)

某(それがし)は第一話で方向性を見切ったり

このギャグじわじわくるぞな。デイィィィアァアア!!

アイエエエ!?

ニンジャスレイヤーの原作は読んだことありませんが、気になっていた作品で、今回アニメをやると聞いて見たんですが・・・・

ここまで来ると一周回って面白いですね(笑)まさかOPが一番動くとは・・・・

ネタバレあり
キャラクター

ニンジャスレイヤー

正体不明のニンジャソウルを宿し、ソウカイヤへの復讐を誓う主人公。「忍」「殺」と刻まれたメンボを身に着ける。

ダークニンジャ

フジキドの妻子を殺した張本人で、ニンジャスレイヤーのライバル的存在。カラテの達人であり、血も涙もないキリングマシーン。

ナンシー・リー

自称フリーランスのジャーナリスト。ソウカイヤの陰謀を追う中で、ニンジャスレイヤーと出会う。

ヤモト・コキ

ネオサイタマの女子高生。瀕死の重傷を負った時、シ・ニンジャに憑依され、ニンジャとなった。

ラオモト・カン

ネオサイタマを牛耳る悪の帝王。ソウカイ・シンジケート(ソウカイヤ)のボス。黄金のメンポを身に着ける。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:「ニンジャスレイヤー」 / 著者:ブラッドレー・ボンド+フィリップ・N・モーゼズ / 翻訳:本兌 有+杉 ライカ / 発行:KADOKAWA エンターブレイン / キャラクター原案:わらいなく / シリーズディレクター・シリーズ構成:雨宮 哲 / 構成:佐藤 裕 / キャラクターデザイン:今石洋之+芳垣祐介+saitom+稲戸せれれ+信じろ / 美術監督:勝田 聡+李 暎宰(QREAZY) / 色彩設計:長尾朱美(Wish) / 撮影監督:柏木健太郎(アスラフィルム) / ラジオプレイ・アニマティクスエディター:土田栄司 / メインテーマ:BOOM BOOM SATELLITES / 音楽:大沢伸一+藤澤健至(Team-MAX) / 音楽制作:スターチャイルドレコード / 音響監督:郷文裕貴 / 音響制作:grooove / アニメーション制作:TRIGGER / 製作:ニンジャ委員会 /

キャスト
ニンジャスレイヤー:森川智之 / ダークニンジャ:速水 奨 / ナンシー・リー:斎藤千和 / ヤモト・コキ:雨宮 天 / ユカノ:種田梨沙 / ラオモト・カン:津嘉山正種 / クローンヤクザ:玄田哲章 / ナレーション:ゴブリン /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}