動画が再生できない場合はこちら

シティーハンター

43

0

1

1

2

6

依頼の暗号は、XYZ…。

冴羽リョウは、コルト・パイソン357マグナムを使うスイーパー。人は彼を“シティーハンター”と呼ぶ。ある日、リョウの相棒である槇村は、新宿駅の掲示板にスイーパーの依頼暗号「XYZ」の文字を見つける。関東を支配しようとする麻薬組織・赤いペガサスが、リョウたちに協力を迫ってきたのだ。しかし、槇村はその依頼を断わり、暗殺されてしまう。復讐を誓うリョウは……。(※リョウ=獣偏に「寮」のウカンムリなし)

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)北条司/NSP・読売テレビ・サンライズ 版権許諾証TA-306

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

楽しい

XYZ

面白さ、もっこり!

一々かっこよすぎました、80年代の作品を感じさせない途轍もない魅力を秘めていると思います

ハードボイルドさともっこりの部分で両極端な冴羽獠
コルトパイソンが火を噴けば百発百中
強靭な肉体と高い戦闘術と明晰な頭脳を兼ね備え、イケメンでドライビングテクニックも超一流…でもスケベ

ゴルゴのようにハードボイルドのみが際立つ作品も魅力的ですが、これくらいギャップがあって笑い所の入る作品も逆に見やすく、とても面白い!
というか獠ちゃん一々かっこよすぎやしませんかね…、自分を犠牲にしてでも依頼人がいい方向に向かうように仕向けたり…身を挺して香を守ったり

バシッと決まった話のラストからのエンディングの入り方がまたかっこよく、毎回楽しみになるくらいでした
獠の魅力を見ればきっとハマると思います



XYZ

ネタバレあり

なつかしい

普通に粗暴犯が出てきて今になってみると新鮮です。

物足りない

神谷明さんの声は最高。
ここまで見事に遼をえんじられる人、他にはいない!
その他、クオリティーも高い

だけど、物語を、強引に1話完結にしちゃってるせいで
ひとつひとつのエピソードが、ごっそり削られちゃってる

それが残念でなりません

ひとつのエピソードを30分枠にむりやり縮めてるのが悲しい、なんかそれがね・・・

甘さが目立つ

原作から持ってきたストーリーは置いといて、
アニメオリジナルストーリーの殆どが、獠が側にいるのにあっけなくガード対象を拐われたりしすぎる。
しかもそれを獠が認識してなくて、気付いて慌てる。
原作ではわざと拐わせて黒幕を暴くとか、獠の出来るところを魅せてるのに対して、
アニメオリジナルでは獠のダメさが招いた失態を銃の腕で運良く解決してる事が多い。
原作と比べてアニメ脚本がどれだけ甘いかが浮き彫りになってしまっているので残念。
と個人的には感じた。

まさにシティハンター!

本作の連載当時、自分にとってオサレな漫画といえば一番にこれでした。
キャラクターの服装、リョウの部屋や街の雰囲気がとてもキラキラしていた。
そしてふざけているようで最後はキッチリ締めるリョウがとても格好良かった。

話の内容は美女が依頼に来て、それをリョウがもっこりしながらも
解決していくというパターンの1話完結の話が多いですが、故に安定してます。
気負いせずに好きな時に気軽に観れるアニメですね。

パターンにはめやすい作品だったのかアニメ終了後もたびたびTVスペシャルで
オリジナル作品が放映されていたりと一時期はルパンシリーズと双璧をなしていましたね。
とりあえずOPだけでも試しに観て、そのオサレ感を味わってみては?

その昔、探偵がオサレな時代がありました

こういう月9寄りのおバカでオサレな探偵モノとか裏家業モノって良いね
毎期1枠でイイからこういうのをもっと見たい

サスペンス枠とか火サスっぽい演出でやってもハードボイルドにはならないだろ・・
とか思ってストレス感じる事のある視聴層にとっては良いサプリメントアニメだと思います

懐かしい( ゜Д゜)

昔、夜中に再放送やってて見てましたねー
1987年て事はもう20年以上前の作品なんですよねー

そう考えるとクオリティは高いですね。

近々シティーハンター3も見放題になるみたいですが、映画は取り扱ってないのかな?

映画はいくつか見たことないから、追加されると良いのだけど(´・ω・`)

さて、今度はシティーハンター2をのんびり見ますかねー

何年たっても冷めない面白さ!

当時テレビで見ていたのが小学生の時でした。
その頃はいろいろと衝撃的な印象でしたね(エロ要素とかw)

話の内容もよく理解はしていませんでしたが純粋に面白いと思って見てましたね。

そして大人になった今、改めて見ると話も普通に理解出来て更に面白みが増しました。

シティーハンター最高!!

いいね~

これぞシティーハンターだわ

見どころ

北条司の超ヒット作が原作の都市型アクション。その魅力は、主人公・冴羽リョウの多面的なキャラクターだ。裏稼業の世界に生きる彼は、依頼を受けて仕事をするスイーパー(始末屋)。リョウの相棒は親友の妹・槇村香、もと傭兵の海坊主と組むことも多く、3人の間で交わされる軽妙な会話が心地よい。追う事件は殺人も絡むハードなものが多く、銃撃戦やカーアクションの見せ場もたっぷり。普段のリョウはおどけたようなふるまいばかりで、女性と見ると手を出しては速攻で香が100tハンマーで殴るギャグも連発。彼の明るさと心中に潜む冷徹さ、暗い過去とのギャップが興味津々だ。気軽に何本でも観られる娯楽作である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

冴羽リョウ

槇村 香

槇村秀幸

海坊主

野上冴子

野上麗香

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:北条 司(集英社「週刊少年ジャンプ」) / 監督:こだま兼嗣 / キャラクターデザイン:神村幸子 / メカニカルデザイン:明貴美加 / 総作画監督:北原健雄 / 音楽:国吉良一+矢野立美 / 製作:よみうりテレビ+日本サンライズ /

キャスト
冴羽リョウ:神谷 明 / 槇村 香:伊倉一恵 / 槇村秀幸:田中秀幸 / 海坊主:玄田哲章 / 野上冴子:麻上洋子 / 野上麗香:鷹森淑乃 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}