動画が再生できない場合はこちら

ミスター味っ子

95

0

0

2

1

17

おいしいよ!
グルメを超えた料理アクションアニメ!

ミスター味っ子! それは、亡き父が残した日之出食堂を母・法子と二人で守る天才料理少年、味吉陽一の愛称である。日本の料理界を技と心で束ねる味皇料理会の会長、味皇こと村田源二郎に料理人としての才能を見出された陽一は、世界中のライバルたちとの味勝負によって、料理人としてだけではなく、人間としても大きく成長していく。 ※第68話は、特別編との2話構成(約1時間)になります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(20件)

中盤くらいまで見てから

中盤くらいまで見てから、丸井シェフ初登場回見ると人が変わり過ぎてて草

ネタバレあり

面白かったけど最終回が雑。

ラストの味皇も元に戻った割にはリアクション薄いし、一馬的にはバッドエンドに感じた。
記憶が戻った味皇が一馬を立ち直らせるようなエピローグでもあれば・・・。

ネタバレあり

う~む。ギャグアニメ?

12話まで視聴。

失敗。

何が失敗かというと、料理アニメつながりで、美味しんぼの後に観てしまった点。

料理に対しての真摯さ・情熱・知識、ストーリーやキャラクター性など、どれも劣って見えてしまう。

某小学生探偵で有名な高山みなみさんのお声も、このころはまだ、……。

ただ、有名なリアクション芸は確かに一見の価値ありで、
アジオウ様が「うまい! うまいぞ~!」と叫びながら口から色々なものを発射する様は圧巻。

私のように、料理に期待してみるのはオススメできませんが、
ギャグ要素と、また、味っ子ヨウイチ君の成長物語として観れば十分楽しめる作品だと思います。

暖かくて力強くて前向きになれる!

料理する事や食べる事が好きな自分にとっては欠かせないアニメ!!

一生懸命になってる子供には無限の可能性や大人では思いつけない感性があるっていう事をアニメを通して教えられる。

まだ赤ちゃんだけど自分の子供にも好きな事を好きなだけやらせてあげたいともっと思わせてくれる。それを諦めそうな時に支えてあげられるのが正しい親子の在り方だと思うんだけど陽一くんのお母さんはまさにそれです。

このop.edを聴きながら料理をする事も多い!

終盤はリアクション貯金を使ってますよね

まずアニメミスター味っ子の代名詞といえば、その後各グルメ漫画に影響を与えるリアクションですよね。そのあたりは原作にもなくアニメのオリジナル要素で加点です。しかし原作キャラの差異やオリジナルキャラクターとの兼ね合いここら辺は原作のほうがいいかもです。そしてアニメの大きく減点なのは終盤の陽一が孤独になっていくストーリーは今までのばかばかしいリアクションで楽しんだ貯金を0にするような展開と今まで登場したキャラもいかされてない感じが残念でした。

ネタバレあり

よ く も こ ん な キ(ry

味皇様のリアクションぱねぇっす!一生ついていくっす!
つまり何が言いたいかというと味吉法子さんとセンテンススプリングしたいっす!


という事です。

30年前のアニメなので…

定番の食材の組み合わせを探すのに悪戦苦闘する主人公。
主人公を演じる高山みなみさんのフレッシュな演技。
思い出補正が働いていただけかな?…などと思いながら視聴してましたが、序盤を越えてからは毎日の楽しみになっていました。

主人公の発想も声優さんも追うごとに冴えていきますし、何より演出が素晴らしいです。
創意工夫と精進を体現したようなアニメで視聴していてとても幸せな気持ちになれました。

やっぱり今川監督の作品は最高です。

本当の作ってみたい

このアニメの料理は以外と現実に作れそうです。この機会に作って食べてみたい。食をジャンルとしてのアニメ(原作)だからいい加減な作品は出来ないと作者の分かっていると思います。しかしリアクションは正しくサンライズならではです。

リアクション王決定

原作からかけ離れた演出らしいですが私の中ではこちらの方がなじみ深いです。
料理を食べた後のリアクションが注視されがちですが調理方法も
回を追うごとにエスカレートしていき目が離せません。
そのおかげでほぼ100話ある話をダレることなく視聴できました。

過剰な演出が料理を馬鹿にしていると捉える人もいるかもしれませんが
それは主人公、陽一が料理を工夫するように、スタッフの飽きさせないための工夫だと思います。
なにより話の根底にあるものが料理や作品、そして人に対する愛だからこそ
高い完成度でここまで長期の作品を続けられたのではと私は思います。

間違いなく昭和を代表する傑作アニメの一つです。おすすめします!
ただ個人的に終盤のウエッキー部隊はトラウマ。
大量の同じ顔、言葉は通じるのに話は通じない会話には恐怖を覚えました。

子供の時を思い出す

なつかしい。

安心して見られる楽しさ

セックス&バイヲレンスを内容にしたアニメがもてはやされる昨今、ほのぼのとしながらも、ワクワクドキドキさせられる話や泣ける感動の場面も多く、さらにコミカルな部分も併せ持っている嬉しいアニメです。
私の好きなアニメの一つです。

キレイごとで済ませていない

ところがあるのが本当にうれしい。

食材の点や、表現の点。
おそらく、この時期が日本におけるアニメーションの最高点だったといっても間違いはないだろう。
悲しいことに今ではおそらく作ることがムリだろう。

まあ、それ以上に私が受験をしている時の息抜きに見ていたということも、この感情の大きな調味料となっているんだろう。
懐かしいし、熱いし、そして面白い!

日本でくだらない規制解除しねえかな?
跳ね除ける強さが日本に欲しい!

ネタバレあり

全ての料理アニメの原点

今のアニメの素晴らしい作画と比べると、料理のリアルさもうんちくの説得力もないけれど、なぜか見続けてしまう力がある。ついつい最後まで観てしまう魅力が詰まっている。
原作ともかけ離れた展開や演出だが、現在に至るまでの料理アニメの元祖と言うべきアニメ。
この作品がなければ、今の料理アニメブームはなかった。

今川節が効いている

ケレン味があってサクサク観賞できます。歌舞伎のキメがあります。

味皇だけのアニメじゃない

味皇のジジイが大げさに料理を褒めて味っ子のガキ達をおもてなしするアニメ。リアルタイムからずっとこんな記憶だけ残ってましたが、ドラマ部分がしっかりしてて熱い泣ける面白い。こんな名作だったんだなと再確認できました。でも逆に当時すごいと思っていた料理ウンチクの部分は適当すぎて酷いんですけどね

怪演出の宝石箱

正直頭がおかしいとしか思えない、壮大奇怪なリアクションとキャラクター崩壊の嵐。
笑いどころなのか泣かせどころなのか全くわからない、意味不明な映像の爆発こそ、このアニメのキモでしょう。
ところで後半になるほど料理が地味になっていきますが(特にオリジナル回)、それを埋め合わせるように演出とキャラクターの狂気は増していきます。
原作が好きなアナタにもオススメです!

ついにきたか

これはイイ・・・

おいっしーよ!

今川監督とユニークな演出については他のレビューに任せて本作について私的見解交えてレビューをさせていただく。
単純なストーリーでメッセージ性など気にせずリラックスして観ることのできるアニメと思われがちだ。しかし、制作者は意図的に「人のつながりや温かさ」を主軸として作っていると思われる。
重要なのが本作は1987年バブルであり大量生産、大量消費になった時代であるという事。
そんな時代で主人公は人情の町下町の子であり、大量生産の世の中と対比するように創意工夫の逸品を提供する。また買収をしチェーンを増やす戦略をとる味将軍は陽一とは対極に位置する象徴的な人物である。だからこそ陽一の工夫した料理は登場人物の心を掴むのである。
そう、opで全てを言っているのだ。「時代という名のメカニズムが忘れさせた人の心」だから「ルネッサンス」今一度昔の良い所を見直そうと。
スタッフに私は言いたい!ごちそうさまと!!

ネタバレあり

安定感のある面白さ

やっぱりこの頃のアニメは本当に豊作だったなぁ(´・ω・`)
文句なく面白いです。

紛れもない傑作

料理漫画の元祖、ではない。
しかし、オーバーリアクションというこの後の料理漫画・アニメの定番表現の潮流の元となった作品。
これ抜きで中華一番もジャぱんもソーマも語れない。
そして今見ても単純に面白いのだ。
今回の視聴までに地方局再放送、CSで過去6周は視聴しているが、全く関係なく楽しめた。

キャラクター

味吉陽一

亡き父の跡を継ぎ、日之出食堂の味を守る天才少年料理人。料理に関しては抜群のセンスと発想力を持つ。味皇との出会い、さまざまな料理人との勝負が、陽一の人生を大きく変えていく。

味吉法子

明るく優しい陽一の母。調理は陽一に任せているが、看板女将として下町の人気店・日之出食堂を切り盛りしている。

山岡みつ子

同じ中学校に通う陽一の幼なじみで、日之出食堂を手伝う女の子。料理は苦手。弟のしげるとともに、陽一のアイデア料理の試食係でもある。

山岡しげる

みつ子の弟で、陽一の一番弟子を自称している。陽一の新料理の試食係、応援係として姉と一緒に日之出食堂に出入りしている。

味皇

本名は村田源二郎。日本の料理界の首領にして、その味への妥協なき姿勢と料理人への愛情から“味皇”と呼ばれ敬われている。陽一の才能を見出し、広大な味の世界へと導く。

丸井善男

味皇料理会イタリア料理部主任。陽一の腕を認め、良きアドバイザーとして見守っている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:サンライズ / 原作:寺沢大介 / 掲載:「週刊少年マガジン」 / 発行:講談社 / シリーズ構成:鳥海尽三+鳳工房(76話~99話) / チーフライター:城山 昇(1話~75話) / キャラクターデザイン:加瀬政広+毛利和昭(76話~99話) / 料理キャラデザイン:河村佳江 / 美術:岡田和夫(1話~25話)+朝倉千登勢+新井寅雄(26話~99話) / 作画監督チーフ:加瀬政広(1話~75話)+毛利和昭(76話~99話) / 音響監督:山崎 宏 / 音楽:藤田大土 / 演出チーフ:中村憲由+山口祐司(51話~99話) / 監督:今川泰宏 /

キャスト
味吉陽一:高山みなみ / 味吉法子:横尾まり / 山岡みつ子:川浪葉子 / 山岡しげる:ならはしみき / 味皇:藤本 譲 / 丸井善男:飯塚昭三 / 下仲基之:堀内賢雄 / 垂目森太郎:龍田直樹 / 堺 一馬:鈴木みえ / コオロギ:神代知衣 / 小西和也:鈴置洋孝 / 中江兵太:佐々木 望 / 劉 虎峰:飛田展男 / 味将軍:銀河万丈 / ブラボーおじさん:石森達幸 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}