動画が再生できない場合はこちら

ココロ図書館

24

0

0

0

1

4

奇蹟を呼ぶのは、あなたのこころ。

人里離れた山奥にある小さなココロ図書館。そこでは三人の姉妹が司書として、図書館をきりもりしていた。とても優しくて素敵だけれど、どこかホンワカしている長女のいいな、行動的でしっかりものの次女のあると、そして、司書になったばかりの三女のこころ。今は亡きお父さんが遺してくれた図書館を盛り立てていこうと張りきる三人だが、いかんせんここは山の中、めったに利用者さんも現れない。でも、なんとか皆に少しでも本の楽しさを知ってもらおうと努力する三人。そんな中で、末っ娘のこころは色々な人と触れ合い、少しずつ成長していく。司書として、人間として…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2001 髙木信孝・メディアワークス/フライングドッグ

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

不思議な世界

まるで地味なのになんでこんなにいいと思えるんでしょう
やさぐれたこころがすこし治まった気がします
やさしいこころがいっぱい詰まった作品です
上沢さんの扱いに笑った
OPのビーグルが好きです

温かくも温くなく、ココロ、暖まる。

ハートフルを謳う作品に多い所謂ご都合主義的展開ものではなく、背景や展開は意外とシビアです。
でも悪人・悪意が作中に一切存在しないので、結果は良い方向へまとまる、そんなお話。
なので、綺麗事が苦手な方だとちょっとムズムズするかも。私は好きですが。

しかしこれ、もう13年も前の作品だったんですね…
B-chでようやく本放送時に観れなかった(地上波では12話までの放送でした)13話をじっくり味わえたので、それだけでも満足です♪

気持ちが暖かくなってくる作品

昨今は、ラノベやコミックから果ては18禁な美少女ゲームが原作となってアニメ化されるようになりましたが、その中で、果たしてこれは本当にアニメ化して良かったのかと思える作品が数多くあります。ですが、その逆にアニメ化することで、作品の持っている良さを伝えられるという作品もあります。「ココロ図書館」は、後者のほうだと思います。
3人姉妹の絆が良く描かれていて、登場人物達が生き生きとしているのが凄く良かった。
萌え系な作品?わたしは、そういうの良く解りませんので、ただ純粋に、観ていて心が癒される、ほっこりとしてくる作品だったなぁと感じました。

草は明るい萌え

過激なギャルアニメを免罪符的に萌えアニメと称されてもピンとこない層にはドンピシャの内容かもしれない
地下は明るい側ではなく草は明るい側の萌えを体現したアニメと言えば伝わるだろうか?

ココロ図書館に行きたい

この作品はただ単に萌えアニメではない
可愛いこころ
こころが大好きなしっかり者で現実主義のあるとお姉ちゃん
病的な程こころが大好きないいなお姉ちゃん
ココロ図書館に関わる人物はお父さん・お母さんと関わりがある人達など、多くの複線があり物語を面白くしている。
そんなココロ図書館に1度は行ってみたくなった。(たぶん入り浸るだろう)
図書館好きにはぜひ見てもらいたい作品です。「ニコニコりん」

見どころ

仕事に疲れ、帰宅して観る深夜アニメには「癒し系」と分類できる一連の作品がある。その典型と言える本作は、『R.O.D.』『かみちゅ!』の升成孝二(ますなりこうじ)監督がそんな作風を究めた記念碑的作品だ。主人公こそメイド服の司書という萌え系のルックをしているものの、作風は叙情的で実にハートフル。事件未満の日常のささやかな出来事に揺れ動く主人公こころの行動と心理を、柔らかい音楽や美しい風景とともに追っていくうちに、画面から目がはなせなくなっていく。斎藤千和の鈴を転がしたような声質も優しいテイストと親和性が高い。これはどんな嫌なことがあっても、すべて洗い流してくれる心の栄養剤なのだ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

こころ

主人公。素直で前向きな三人姉妹の末っ子。十歳になると同時に「ココロ図書館」の司書として働くようになる。本を読むのが大好きで、一人前の司書になるのが夢。愛読書はひめみやきりん先生の少女小説。

あると

次女。しっかりもので料理も得意だが、どこででも寝てしまう特技も持つ。妹のこころを心底愛している。実は「ひめみやきりん」のペンネームで小説を書いており、その印税がココロ図書館の隠れた資金源にもなっているのだが、姉のいいなも妹のこころもその事に気づいていない。三人の中では一番現実的な考え方をする。

いいな

長女。ココロ図書館の館長代理だが、どこかのほほんとしていて、いつも妹のあるとをやきもきさせる。妹のこころを心底愛しており、自慢のカメラでこころのかわいい写真を撮るのが趣味。意外なことにパソコンが得意。

上沢 純

定期的にココロ図書館に配送にやってくる、図書の配送係。実は長女のいいなに憧れているが、鈍いいいなは全くそのことに気づいていない…?

岡嶋朱葉

ココロ図書館に一番近い別荘に住んでいるこころの友達。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:高木信孝 / 脚本:黒田洋介(スタジオオルフェ) / キャラクターデザイン:橘 秀樹 / プロップデザイン:常木志伸 / 美術監督:鹿野良行 / 音響監督:菊田浩巳 / 音楽ディレクター:井上裕香子 / 音楽:保刈久明 / 監督:舛成孝二 / アニメーション制作:スタジオディーン / 製作:フライングドッグ /

キャスト
こころ:斎藤千和 / あると:市原由美 / いいな:沢城みゆき / 上沢 純:三木眞一郎 / 岡嶋朱葉:金田朋子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}