動画が再生できない場合はこちら

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~

85

0

1

2

3

13

超人は無垢なる者を救う
ならば、超人を救うものは誰か
彼らの名は『超人課』

「神化」という架空の年代、高度成長によって発展する戦後20余年の日本が舞台。一部の超人は公然と活動して世間から人気を集め、一方で素性を隠しながら密かに戦う超人もいる。超人に対抗する敵勢力、組織もまた、それぞれ暗躍を続けている。日本政府は、秩序確保のために多様な手を打った。そして設立された組織のひとつが、厚生省の外郭団体「超過人口審議研究所」である。その通称は「超人課」――「超人」を発見・確保し、保護し、安全に管理するのが任務だ。超人課に所属するメンバーの一人、人吉爾朗が、本作の主人公である。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(19件)

真実で正確なものこそ疑え

間違いを悪いこと、間違える人を悪い人と決めつけてしまうことが多いようです。
間違いは普通にあり、どんな間違いが起きてもこの世、地球は普通に動いていることにほんの少しでもいいからびっくりした方がいい。
シャッフルしているのは、時系列に書かれたものから何らかの意味を抜き出すためにはどうしても神話の力が必要になってくるから。
時系列に書かれたものだけが正しいということにこだわりすぎると理路整然とした噓を信じてしまう。
真実という完璧さを求めるほど問題をなかったことにするか、表舞台から追放するしかない(真実というのは、他の要素を排除した残り)。
そして、そのあとには何も残らないし、何も起こらない。
もうすべきことは何もないし、完璧さを語ってもつまらないからその先のことは書かれることはないだろう。
正しいものを求めすぎるとパワーゲームになるし、あらゆるものをコントロールしたくなるもの。

50代以上向けアニメ

正直、何が面白いのか分からない。コメント見る限り昔の特撮・アニメ・SF知識のあるオタクに受けている内容のようで、コメントの意味不明。神化何年という表記が度々表示されるけどキャラクターが歳をとらないので過去と現在?の違いが分からず、あまり意味をなしていない。言えることはレトロフューチャーなアニメ。

良くも悪くもボンズ作品

昭和50年生まれの女にはキツイ。
わかるネタもありますけどね~~。
いろいろ詰め込みすぎてどうも焦点が合わず置いてけぼり感。
行ったり来たりの時系列は悪くないですが、1話分の詰め込み加減はキッツキツの話が多いし、決してわかりやすい話の構成ではない。

でも好きです。
理屈じゃないんだろうな。
ってことで、星4つ。2期最後まで追いかけます。

良質のオッサンホイホイ

昭和40年台生まれで今「現実」を生きるオッサンどもに
子供の頃憧れていた「正義」を問い直す作品(二期も含む)
「正義は味方じゃない 僕の絶対は僕だけだから」
中年はOPの歌をいいから聞け。何か大切だったものを思い出すから。

各所に子供の頃に憧れていたヒーローのオマージュと高度成長期ニッポンのパロディが
埋め込まれておりニヤリとさせられる。

個人的にはロボット刑事、エイ○マン、サ○ボーグ004、キカ○ダーな
芝刑事のスピンオフ作品がみたい。

外見は○リーミーマミなのにプ○キュアな変身シーンのコ○ットさんの輝子もかなりいい。

わかったわ

これはアメリカのMarvel Comicsのアヴェンジャーズを日本アニメに置き換えて描こうとした
作品なんじゃないかなと思った。
超過人口審議研究所はマーヴェルでのS.H.I.E.L.D.かな?
両作品とも、超人と人間の思い描く「正義」や「生き様」「白や黒で割り切れない
灰色の事象においての正義とは」など立場やイデオロギーの違いで個々個人、個々超人の
正義は変わるんだと言うことを訴えかけようとしているように見えた。
2期が楽しみだな。面白かったです。

ネタバレあり

正     犠

誤字のつもりはない。


義 と書くと、誤解を与えやすくなるから、わかりやすく書き直しただけである。

自由に歩いて愛して

KIX-Sをアニメで聴くとは思わなんだ…。

2期も期待してますぜ。

聞こえたんだ、運命を呪う声が。

いわゆるオタク知識だけじゃなくて、日本の現代史、特に昭和史の知識があると色々と楽しめる
SF作品。
時系列がバラバラなので公式サイトの年表をフルに活用すると理解が早くなる。
2期からが本番だとは思うが、正義のハッキリしない時代にはふさわしい作品ではないだろうか。
昭和40年代前後の世相を取り入れて構成しているのに、平成20年代の今の世相と似てきている
のが不気味でもあり、タイムリーでもある。

テーマに既視感。

良く言えば王道なんだけども、映像の派手さとポップさと、内容のもやもやする、白黒つかない感じが何だかちぐはぐ。

ずっと見ていてスッキリはしないんだけども、最後までは見たいなぁ、というアニメ。

おもしろい!

なんとなく観はじめましたが、ビジュアルもなかなかだし何より中身が面白い。なつかしネタの融合、ドラマもコメディありシリアスありメロドラマあり、メカも美少女もクリーチャーもごった煮で魅せつつ、さらにポンポン飛ぶ時間軸で奥行きも想像させ、もろもろ絡み合って、一応きっちり1話完結ふう。かなり高度なものを見せてもらっている気がします。

「因縁」は物語の基本で

過去の選択はもう取り消せません。相手の選択も自分の選択も。そうやって子供は親父になり、娘はオンナになります。それをひとつひとつ、わざと時間通りじゃない順番で描いて、最後にすべてをかけて「バアン(擬音)」っていう演出を狙っているのかしら。狙いを予想させて外していくのが常道だけど、狙いを読ませない趣向で来てますねえ。「カウボーイ・ビバップ」でも「TIGER&BUNNY」でもそういうのはオッサンでやるところ、この作品はあくまで少年少女を中心に据えて、「ハタチになりました!(第1話)」というあたりでクライマックスに持っていく腹でしょうか。さあお手並み拝見(第6話までの感想)。

ネタバレあり

想像を裏切る

交錯する過去と現在の時間軸においてそれぞれの登場人物たちがそれぞれの物語と人間関係を掘り下げていきます。自分にとっては「想像していたのと全く違って」いましたが、それが次の放送を待ち遠しくさせてくれています。期待分も含めてこのおすすめ度で!

時間が行ったり来たりします

昭和の香り満載です。
出てくるキャラは魔女あり、(o|o)ウルトラマンあり、お化けありと超人ばかりですが、
ピンクの髪色主人公は、男子で人間です(VOICEは石川界人君)
眼力あります。そして髪型はあの009を彷彿させます。

時間軸が〇〇の前と後の話が前後して展開していく
どこに行くつもりなんだろ?と推察しながらみるのもアリではないでしょうか

EDは粋ですね。エレキギターの演奏で歌なしとは!
私にとって大好きな世界観で今季イチオシのアニメーションです。
だってボンズで會川昇さんで、水島精二さんですもん

ネタバレあり

ありがとうファンの声

スルーしかけてましたがファンの声に推されて視聴

文才無いので内容は書きませんが、自分的にどストライク、あっという間にEDでした^^v
そのEDもまた雰囲気いいですねーこういう狙いかた好きです。すぐ食いついちゃいます。

どんな作品でも人によって好き嫌いは分かれますよね
まだ一話ですがこの作品は自分の中では好きな作品になると思います

出会わせてくれたファンの声口コミ欄の方々に感謝です。

レトロフューチャー?

ツンツンとんがった主人公の髪形、路面電車に喫茶店に少年雑誌、魔女っ娘に遊星人にウ○トラマン…
一定の年代以上にはウケるかもしれませんが、正直、何をやりたいのかな?と。
単なる懐古趣味で終わらないよう、「古い革袋」にどんな中身を入れてくれるのか……
完結したら、まとめて観ようと思います。悪しからず。

ネタバレあり

昭和生まれの日本男子なら必見

ここまで魂を揺さぶられる存在が一同に集まるとは・・
所見で毎週逃さずみたいと 開始5分で思いました。


今シーズン一番面白いかもww
魔女っ子もいいですが・・トランスフォーマー的なあれも最高v

おすすめの

rxt00650さん、館主朋さん、のコメントに感謝!

お二方のコメントが無かったならば、一顧だにしていなかったと思います。

色々とワザと古めかしく且つ懐かしい感じに作られていて、
昭和生まれの私にはドンピシャでした。
でも細部は凄くしっかりと作られているんですよ。

私も、魔女っ子 が一番のお気に入り、、、
いや、”ウルトラマン” かな? あの誕生秘話と変身シーンが、、、
いやいや、変形メカ がカッコいい、、、
あれ、超能力の、、、お姐さん?、少年?
もう、皆んな、良かったです。
まだまだ続々と登場して来る様子です。

これからも見続けようっと、、、


そうそう因に、
「ScoX1」などの処で活躍した本物の「簾」は
ロケットや衛星に載っけて使うものですからね。
一応念のため。

昭和の香りをベースにしたちゃんこ鍋?

秘密組織+魔女っ娘vs超常存在vs巨大ヒーロー、てな具合のカオス風味なごった煮な料理な気分。割り切りと深読み出来れば複雑な設定に振り回される事なく楽しめそうで手放しにお勧め。

魔女っ娘が良い!

ウルトラマン vs 巨大ロボット vs 魔女っ子 in 昭和

表題の通りです、素養のあるおっさんにはかなり楽しめました。

キャラクター

人吉爾朗

普通の人間ながら「超人課」に所属して事件解決に活躍する20代前半の青年。正義や善意を信じており、自分の力を世のために役立てようと「超人」を守る戦いを続けている。孤児で人吉孫竹博士の養子として育てられた。

星野輝子

10代半ばの女子中学生。ウェイトレスとしても働いていたが、その正体は「魔法使い」である。物理法則とは根底から異なる数々のパワーを発揮し、難事件に対処する。爾朗にほのかな気持ちを寄せている。

鬼野笑美

「超人課」の中核メンバー。神秘のムードを漂わせる大人の女性。爾朗が小学生のころからともに暮らしてきた幼馴染でもあり、因縁浅からぬ関係。正体は、「妖怪」と呼ばれる異種族と人間との間に生まれた存在。

風郎太

無邪気な少年に見えるが、年齢は不詳。爾朗に捕えられ、「超人課」のメンバーに加わることになった。身体を獣に変えたり、空中に浮かぶなどの能力をもつ。いわゆる「オバケ」である。輝子には親近感を抱いている。

芳村兵馬

30代後半、経験豊富な超人課員。爾朗たちのよき先輩、サポート役として活躍する。口数は少なく、ハンサムながら虚無的な表情を見せることがある。手足が豹に似た野獣のような姿へと変身する能力をもつ。

秋田大司

「超人課」の課長。作戦立案と指揮を行い、「超人」の保護を第一優先に考えている。各所に情報収集のためのパイプをもち、超人たちの出自についても多彩な知識をもっている。その正体は、超人課員もしらない。

柴 来人

警視庁機動隊所属の刑事。秘密裏に設立されていた超人対策班の一員で、「超人課」の活動とは別個に事件を追う。爾朗にとってはライバル的存在。警察内でも極秘扱いとされているが、彼の正体はサイボーグである。

ウル

「魔法使い」の輝子をサポートする小さなマスコット。その存在は他人には秘密。ふだんは衣類の下にボディを隠し、小さな声でアドバイスする。

人吉孫竹

爾朗の養父。頭脳明晰なる科学者で、超人研究の専門家。冒険家として、世界各地に伝わる伝説や遺跡、化石類を調査し、超人との関係を研究する一方、戦前より「超人課」に相当する国家組織に関わってきた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:BONES+會川 昇 / 監督:水島精二 / 脚本:會川 昇+ほか / キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤嘉之 / キャラクター原案・コンセプトデザイン:いとうのいぢ+氷川へきる+平尾リョウ / SFデザインワークス:海老川兼武+柳瀬敬之+渭原敏明+松本秀幸 / メカニック作画監修:大塚 健 / 美術:松本浩樹 / 音響監督:三間雅文 / アニメーション制作:ボンズ /

キャスト
人吉爾朗:石川界人 / 星野輝子:上坂すみれ / 鬼野笑美:豊崎愛生 / 風郎太:中村繪里子 / 芳村兵馬:川島得愛 / 秋田大司:金尾哲夫 / 柴 来人:鈴村健一 / ウル:大川 透 / 人吉孫竹:三木眞一郎 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}