動画が再生できない場合はこちら

ジェネレイターガウル

54

0

0

1

4

7

奴等が来る!
予測不能のタイムサスペンス&アクション!

西暦2007年。最新テクノロジーの粋を集めた皇樹(おうじゅ)学園都市内に、各分野のエキスパートを育成するために設立された皇樹学園があった。ある日、皇樹学園高等部に、ガウル、コウジ、リョウという3人の転入生がやって来る。その日以来、穏やかな学園生活の陰で壮絶な戦いが繰り広げられることになる。3人を襲う異形の者たちと、迎え撃つ白い影。ジェネレイターと呼ばれる彼等のスピードとパワーは、人間のそれを遥かに超越していた。ガウル、コウジ、リョウは一体何者なのか!? そして彼等の目的は!? また、彼等を襲うジェネレイターと、背後でうごめく謎の組織クヴェレとは…!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

ポケベル

劇中に出てくるポケベルが懐かしすぎる。
ISDNでネットも懐かしい。
12話で終わるから忙しくても無理なく見れます。
忙しい今を捨てて、また1990年代のあのころに戻ってやり直しできたらいいのに
という人にまさにお勧めですね。

OP下手くそ

放映当時は、エヴァンゲリヨンの影響で、思い出の裏にある悲劇みたいなやつが乱造されてた時期です。これはまさにそれ。
全体的には悪くなかったけど、当時は食傷気味で見れなかった。
1話の、仲間にアレを見せないようにかばうシーン。以後忘れ去られてます。言いたいことは想像はつきますがちょっと安易。回想2回とシビビンやるぐらいならもうちょっときっちりやると良かったんでは?
でもまあ、こぢんまり系ながら、そこそこでした。

地味さに惑わされちゃいけません。

初代タツノコ、ハクションとかマッハゴーゴーとかガッチャマンで育った世代から見たらなんと地味でヒーローに華がなく格好良さに欠けるのか、ヤッターマンでさえあんなオチャラケなのに派手でカッコ良かった。限界を超えて壊れちゃうかもしれないのに散々人体実験されて終いににはグサって胸突き抜かれちゃうのぉ?あのまんま悪もんでも使えそうな地味なキャラデザなのに可哀想すぎる悲劇のヒーローか!頭ん中グルグル思考して最終話…
びっくりの大、ドンデン返し!ブッハ!スゴッ!流石!なんだ〜そーだったのねぇ〜、ってなるので地味さに惑わされちゃいけない。しっかし凄い。どーやって話組立てるの?最後決めてから?3次対戦は回避できたんだっけぇ?ナツメちゃんは?とかまたグルグル。もう一回見よう!恐るべしタイムサスペンス。個人的にロン毛でクールなコウジくん一押し。変身しないで。笑

ネタバレあり

1クールだからこそ

アニメ観てきた中で一番好きな作品はなに?
と聞かれたら必ず答えるのがジェネレイターガウル。

リアルタイムで観れた事を本当に幸せだと思った作品です。
当時の最終話EDでテレビの前で泣きながら拍手をしていたのを覚えています…

1クール12話と短い作品ですが無駄な話がなく、内容も濃く、一気見しても、1話1話じっくり観ても面白い非常によくできたストーリーです。
前半は謎を含みつつもコメディ色強めで展開し5話で頂点を迎え、後半は謎を解きつつシリアスに。
これが非常にいい塩梅で飽きません。

キャラデザは今見れば何だコレは?(マサミの茶筒とかナツメの前髪とか)と思うかもしれませんが、それはこの作品の味だと思っていただければ…
古いから…やキャラデザが…と変に食わず嫌いしないで一度観ていただきたいです。
一度観ればこの作品の素晴らしさが分かっていただけると思います。

ネタバレあり

強引な部分もあるが

ストーリーを侵攻させるために尺を急いだ感はあるものの最後まですらっとみることができる。
例えればハリウッドのいつもの映画をいつものようになんとなく面白かったと感じる面白さだ。
ボーっと見られる喜劇をみたい人にはお勧め。

懐かしい!

子供の頃にリアルタイムで見ていたのを覚えていて、久しぶりにみました。
あのほのぼのしたEDは今でも印象的。
大人になった今見るとシリアスな部分が凄くよく、楽しめました!
何年経ってもいいアニメは変わらずいいアニメ!

I WANT OUT

後半の謎解きから畳み掛けてくる怒涛の展開に一気見してしまいました。
併せて5話のハッチャケぶりも素晴らしい。
当時の視聴者に熱心なファンがいるのも納得の出来です。
前半は地味だった敵との戦いも、終盤では派手な大盤振る舞いで楽しめます。
オススメします。

懐かしく、感動。

 昔学生時代に見たのを思い出して懐かしく感じました。午前3時近くという深夜帯だったのでさすがに起きていられず、録画予約してましたねw
 物語途中で明かされた過去へと渡るに至った背景と結果に、タイムパラドックスなんじゃないの?という疑問を覚えましたが、時を超えガウルを救おうとするコウジとリョウの友情、またナツメとのまさに運命というべき繋がりは涙を誘われました( TДT)また未来を選んだガウルが、何もかも望んだとおりのやり直しではなくマサミ達の時代から1歩ずつ変えていこうとする事を選んだのは、ナツメの存在と言葉が大きかったんだろうなと思います。
 全体的にシリアス調ですが、5話はウケました(笑)5話だけタツノコプロのネタ満載のギャグになっているので見る人によってはすごい違和感を感じると思いますw
 1クールの短い尺ではありますが内容の濃い作品です、視聴してみてはいかがでしょうか^^

ネタバレあり

初めて見ましたが

個人的には徹底的に暗い内容にしてもらいたかった。

敵対キャラは昔のタツノコを髣髴させる形状。
ガウル側3人は後のソウルテイカーを思い起こさせるデザイン。
できれば統一をしてもらいたかったというのもあります。

とはいえ、ストーリー的には非常に面白かった!
おちゃらけた感じもほんの一部分。
6話ラストなど説明的じゃない時があるのもいい!

ところでマサミの後頭部に突き刺さっている緑のあれって何ですか?

ネタバレあり

超久しぶりに見ましたが面白いですね

各ジェネレイターのデザインや若干暗めの物語設定など万人向けではないものの
ガウルをはじめとするコミカルなやりとりで相殺されて良い感じです
物語が進む中で凄惨な場面もあったりしますが、何と言うか一所懸命な部分で救われます
1クールと短い作品ではありますが、それゆえに無駄な話があまり無いという点が個人的に好印象です

EVAっぽいという印象も若干見受けられますが・・・
タツノコプロさんはTV版EVAにも参加されていましたので、むしろ嬉しい感じがします
タツノコプロの作品では、後に別監督作品ではありますがソウルテイカーなど発表されていますし
ダークヒーロー系のアニメを作らせたら、やはり老舗な感じがしますね

作品そのものに注文はないのですが、この動画配信のマイナス要素として・・・
EDの最後あたりの数秒ですが、カットされているのは少し残念ですね

水島監督作の中では頭一つ抜け出た完成度

ヒーローものとタイムパラドックスものの要素をミックスさせ、独自のテイストで消化した一作。
個人的には水島精二監督の作品の中では一番好きな作品で、圧倒的な伏線の密度で見るものを引き込んでいきます。一週するだけでも楽しめますが、二週目、三週目と見ていくと、一週目では気付けなかった作り手の様々な工夫が見てとれ、より一層楽しむことができます。

また、タイムパラドックスをメイン要素として据えてはいますが、けして堅苦しく難しい内容というわけではなく、単純にヒーローものとしても楽しめる作りになっています。神奈延年さんと雪乃五月さんのわいわいとした小学生のようなやりとりも笑えます。

傑作だと思います

このアニメが観たい為にバンダイチャンネルに入りました。
12話と短い話の中で、謎や戦う理由などが違和感なく作られています。
EVA好きなら楽しめると思います。いまではない良いアニメです。

見どころ

肉体派ヒーローものの老舗タツノコプロによる作品。みどころはもちろん主人公がヒーローに「変身」し、アクションすること。その変身と時間を超えることを可能にする裏づけに、マイクロブラックホール理論などしっかりとした科学的設定が用意されている。当初は彼らが未来から現代へやって来た理由が隠され、カルチャーギャップによるギャグも描かれているが、やがて時間に干渉しようとする目的が明らかになるにつれ……ヒロインとの愛も絡んだ、実に切ないドラマが紡がれていく。『鋼の錬金術師』の水島精二監督の起伏に富んだ演出が全12話をぐいぐいと引っぱっていき、最後まで目が離せない時間テーマSFの傑作である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ガウル

本作の主人公。コウジ、リョウとともに皇樹学園に転入してきた。明るくおおらかで、天真爛漫。常に前向きな性格。インクルードセルにより、ジェネレイターガウルに変身する。

コウジ

3人のリーダー的存在。何事にも冷静でクールな性格で、判断力に長けている。

リョウ

若き天才科学者。優しい反面、感情に流されやすく、悩むことも多い。ガウルの男らしさ、コウジの冷静さに憧れている。

マサミ

ガウル達3人の同級生で、彼等の下宿先の娘でもある。好奇心旺盛で勝ち気な性格。ガウル達とは、いわゆる大家と店子の関係にあたる。行きがかり上、ガウル達の行動に興味を持つが、そのため危険な目にあう事もある。ナツメとは大親友。専門は家庭科。

ナツメ

マサミやガウル達の同級生でもの静かな性格。植物学に秀でる。ガウル達の目的と秘密を知っているのか、時にガウル達をかばう事も。

リュウコ

ガウル達のクラスの副担任。ガウル達に何故か興味を示す。

カナエ

リュウコと常に行動を共にする謎の男。

タクマ

皇樹学園の科学者。学園の監視下で細胞強化理論の研究を行っている。

メカ・ロボット

ガウル(ジェネレイト)

ガウルがインクルードセルによりジェネレイトした姿。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:水島精二 / シリーズ構成:きむらひでふみ+志茂文彦 / キャラクターデザイン:オグロアキラ / ゲストキャラクターデザイン:富岡隆司 / キーアニメーター:富岡隆司 / ジェネレイターデザイン:森木靖泰 / メカニックデザイン:寺岡賢司 / 音響監督:三間雅文 / 音楽:山中紀晶 / 制作:タツノコプロ / 製作:フライングドッグ+タツノコプロ /

キャスト
ガウル:林 延年(現・神奈延年) / コウジ:三木眞一郎 / リョウ:柏倉つとむ(現・カシワクラツトム) / マサミ:雪乃五月(現・雪野五月) / ナツメ:吉田古奈美(現・吉田小南美) / リュウコ:山口由里子 / カナエ:堀 秀行 / タクマ:塩屋 翼 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}