動画が再生できない場合はこちら

魔法遣いに大切なこと

30

0

0

2

1

4

みんなの想い、あふれる未来へ。心をこめて―

この物語の舞台は、現代の東京です。でも、この世界では「魔法遣い」という存在が普通に認知されています。しかしそのほかは、私たちの住むこの世界となんら違いがありません。テレビも携帯電話もパソコンもあります。車だってガソリンで走っているし、電車や飛行機だって、科学の力で動いています。ただ身の回りに魔法遣いが居て、正式な手続きさえ取れば、誰でも魔法遣いに魔法を依頼することが出来るのです。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

技を越えるのは心。

 無制限の利用が人の心と体を傷つける。これは魔法も科学技術も変わりません。昔のSFやファンタジーは便利な技をいかに使いこなすか、という点が要点でした。「技術」によるバラ色の未来を、人間が無邪気に信じていたのですね。今は違います。スキルの限界を乗り越え、問題を最後に解決するのは、人の努力と心。これは手塚の「ブラック・ジャック」などにも通じるテーマ。便利な技術に溺れると失敗する。高度な技を過信するのはおこがましいのです。ヒロインの担当教官その他の先達もそれをよく知り、だから驕り高ぶらない。心あっての魔法、いや人の心こそが魔法を起こすのかも知れません。

 地味ながらも、人の心の機微に触れる良作です。

良い物語です("⌒∇⌒")

他の魔法系アニメでは、変な屁理屈云いながら
最後は結局力押し・・・が多い中で
「魔法は万能ではない」ことを教えてくれます

宮崎あおいさんも主人公の素朴な雰囲気をしっかり出して
良い感じだと思いました

1日1話ずつ観たい作品

いっきに観てしまう作品と、1話ずつじっくり観たい作品がありますが、このアニメは後者。「魔法」がキーワードではあるけれど、落ち着いた雰囲気で物語が進んでゆき、登場人物それぞれの人間模様がしっかりと描かれているので、とても良い作品だと思いました。

落ち着いてのんびり見ましょう。

しっとり、じっくり見られる作風。
淡々とした描写の中に、キャラクタの機微が見えるので、
良い味わいのある作品だと思います。

テーマソングが重過ぎる

なんで冒頭のテーマソングが、こんなに暗く重いのだろうか?

声優が・・・

宮崎あおいじゃなければ☆5つ。

良いもの観た

 魔法ものは攻撃に使う作品が多いが、これは全く別。いかに人の心を救うかに主眼が置かれている。まっすぐで、純粋なユメが様々な苦悩を抱えながらも、着実に成長していく過程が丁寧に描かれている。

 基本的に一話完結型(全体では繋がってますが)で、毎話、感動できるエピソード。何回か泣いた。久しぶりに良いもの観た。もっと評価が高くて話題になっても良い作品なんじゃないかな。

 「心をこめて」何をするにせよ、大切な心構えだ。それだけで、何気ない事柄が別の面を見せる。

 もし、観ようか迷っている方いらっしゃいましたら、是非見て下さい。損はしないと思いますよ。

見どころ

この作品世界は「魔法遣い」が免許制の国家公務員として認められている、一種のパラレルワールド。その他は、21世紀の現実世界と何ら変わることがない。緻密で現実そのままに描かれた渋谷や下北沢の風景、生活の細やかさには驚かされる。主人公は、岩手県から上京した菊池ユメ。17歳の彼女は母を意識しながら「魔法」を体得するために修行を積み、失敗をつみ重ねて悩みを抱えながら、何か大事なものを獲得していく。その心の葛藤や人との交流で生まれる暖かい成長ドラマが最大のみどころ。「魔法」とはここでは「職業」や「才能」の象徴なのだ。宮崎あおいの初々しい声で語られるユメの瑞々しい感性も実にチャーミングである【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

菊池ユメ

主人公。岩手県の遠野から魔法見習研修を受けるために上京してきた、小柄だけど元気でかわいい女の子。両親共に魔法遣いで、強い潜在能力を秘めているが、そのことを本人はまったく気づいていない。

小山田雅美

第弐級魔法導師労務免許保持者の有能な魔法遣いで、ユメの研修担当指導官。サルサバー『PACHANGA』を経営している。沈着冷静で人当たりもよく、優しい大人の男だが……。

アンジェラ・シャロン・ブルックス

英国魔法省からの魔法留学研修生。沈着冷静を通り越して、いつでも無表情な少女。たいへん優秀な魔法遣いなのだが、高いプライドから自己の信念を決して曲げず、それ故にいつもトラブルを引き起こしている。

ギンプン

日本で唯一の魔導司行動免許保持者にして魔法労務統括局局長。日本のみならず世界でも五指に入る大魔法遣い。だがその経歴等、全てが謎に包まれた人物。

ケラ(加藤剛)

あだ名はケラ。ケラケラと良く笑うからついたらしい。小山田がオーナーを務めるサルサバー『PACHANGA』のバイト店員。ノリが軽く、下宿生のユメをすぐにからかうがどこか憎めない。子供好きでもある。

井上朔也

魔法士研修生。人は好いのだが、気が弱く魔法遣いとしての能力も……。

ミリンダ(岩下美由紀)

『PACHANGA』のDJ。小山田とは高校時代からの友人であり、一番の理解者である。

森川瑠奈

『PACHANGA』の近所に住む小学生。ケラと仲良しで、よく開店前の店内で遊んでいる。江戸弁で話す。

遠藤耕三

魔法労務東京支局世田谷出張所魔法行動課に所属する魔法士派遣担当官。小山田やユメの“担当”さん。

古崎力哉

魔法労務統括局高等参事官。エリートキャリア官僚。内閣府からのギンプンのお目付役として派遣されてきた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・脚本:山田典枝 / 監督:下田正美 / キャラクター原案:よしづきくみち / キャラクターデザイン:千葉道徳 / 総作画監督:川嶋恵子 / コンセプトワークス:横田“Shironagasu”耕三 / コンセプトワークス:幡池裕行 / 美術監督:西川淳一郎 / 色彩設定:石田美由紀 / 撮影監督:秋元 央 / 音響監督:田中英行 / 編集:西山 茂 / 音楽:羽毛田丈史 / アニメーションプロデューサー:新崎力也+松倉友二 / プロデューサー:清水 俊+藤田 敏+松田章男 / アニメーション制作:ヴューワークス+J.C.STAFF /

キャスト
菊池ユメ:宮崎あおい / 小山田雅美:諏訪部順一 / アンジェラ・シャロン・ブルックス:渡辺明乃 / ギンプン:辻谷耕史 / ケラ(加藤剛):飯田浩志 / 井上朔也:飛田展男 / ミリンダ(岩下美由紀):平松晶子 / 森川瑠奈:石毛佐和 / 遠藤耕三:中 博史 / 古崎力哉:清川元夢 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}