動画が再生できない場合はこちら

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~THE LAST SONG

38

0

0

0

2

6

「もうひとつの日本」を舞台にして繰りひろげられる、
多彩な超人たちの饗宴――。

若き「超人主義者」たちを巻きこんだ新宿騒乱。暴走する破壊活動を起こした爾朗は、超人課を離脱して孤高の旅路へと出奔した。世界大戦終結から四半世紀――神化45年を境界として、何もかもが激変する。第1期でモザイクのように散りばめられた無数の要素が、新たに語られる超人や秘匿されてきた歴史の真実と化合してスパークを放つ。「もうひとつの日本」で展開する多彩な超人たちの饗宴は、いまクライマックスへと高まる!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

1期は「世界観の構築」2期は集束に向けた終束

1期のストーリー後で、それぞれの事象(あえてこう書きます)の顛末と、解決編。
1期があくまでも「伏線」で、2期でそれらが集束して結果に繋がる。
魅せ方が個人的には好きです。
色々と小細工(小ネタ?)が入ったように感じれますが、それらも全てが結論に至る為の展開。

このような「真っ当に作り手の思い」が伝わる作品って最近は珍しいですよね…


良作です。

ネタバレあり

スーパー昭和大戦

一期が荒唐無稽なヒーローを描いていたのと対照的に
荒唐無稽な子供達のものだったアニメや漫画が
それを見ていた彼らが「大人」になるにつれて
「大人が見ても楽しめるアニメ、漫画」に変遷し、
またかつての子どもたちが単純な正義や夢を大人になるにつれて忘れていくのを
戦後日本のオマージュと共にパロディとアイロニーで彩った作品。
いろんな意味で胸熱。
40~50代のオッサンには、だがなwwwwwwww

ネタバレあり

フィクションを通して見える昭和

作品世界の神化の時代は昭和のifであり、いくつかの事件が起こらなかった世界です。
中でも昭和の大事件である東西冷戦については神化では言及されていません。
この点が本作に面白い作用をもたらしています。
昭和史のドキュメンタリーや各種ノンフィクションでは
無視できない冷戦があるために、様々な事件が政治と関連付けられてしまいます。
コンレボは昭和の事件と音楽や漫画や特撮などの文化を絡めてストーリーを綴ることで
政治ではなく文化の側から昭和を振り返る作品になっています。
個々の出来事が世界にとってどんな意味があったかではなく
その時代を生きていた人にとってどんな意味があったかを考えるきっかけが
フィクションによって生まれるというのは不思議ですね。
見終えた人もこれから見る人も公式サイトのコラムを一緒に読むことをお勧めします。

アニメの系譜としての『超人幻想』

堅苦しいお話で恐縮であるが(個人的な趣味なので勘弁していただきたい)
ある碩学が系譜学を「由来と現出の探究」と定義している。
それは、ある特定の視点を持つことを恐れないという実践と探究による解釈主義の見方である。

起源を求めることに意味はないのだろが・・・
ああ、この人物の由来は『スーパージェッター』?、もしかして『お化けのQ太郎』のドロンパか?『魔法使いサリー』?『8マン』?『ゴジラ』?等と想像するのは楽しかったが、作品内では意味的に重層化され神化(もとい、進化)していく様々な意味を登場人物が担っているように見える。

ヘッケルの系統樹のように様々に枝分かれし、様々に分化していくアニメ通史的な視点と、同時にアニメがもつ原初の正義と悪という単純な二項対立が複雑化し混沌化していくイデオロギー史としても見られる気がする。

ある意味、意欲的で、実験的で壮大な意図を感じる作品。

ネタバレあり

坩堝

最近は、異なる世界観を背景に持つ
様々な登場キャラクター達の共演する作品を
よく見る様になりました。

六畳間の侵略者、実は私は、、、も、とても楽しめましたが

本作は、キャラクターの多さに加えて
更に、時間軸も、行きつ戻りつ、
真に、頭がクラクラする程の面白さでした。

このようなオリジナル作品、
もっともっと見たい物です。
是非、制作者の皆様方、宜しくお願い致します。


そして
怒りの獣神 さん も書かれてらっしゃいますが、
昭和生まれには、
堪らなく懐かしい場面(や歌)が本当に多くて、
確かにこの事も特筆すべき所です。

良作

最後の終わり方が割ときれいでよかった。
きっこのおっぱいがどんどんおっきくなってたなぁって気になった

いい日旅立ち

時系列がバラバラで展開した1期と異なり、時系列順に進むこの2期は物語の流れがとてもわかり易く
1期で張り巡らされた伏線が見事に収束されていき目が離せなかった。
明らかにただの人間ではない主人公が最後に倒すべく悪を見出し超人だと名乗る最終回はとても熱い。
ストーリーについて語るとネタバレになるので語らないが、この2期も昭和史の知識があるととても
楽しめる。
またエピソードごとに使用される昭和歌謡のカバーの素晴らしいことよ。
幸せな時間を過ごすことが出来た。
オススメです。

キャラが走り始めた。

 會川昇作品は凝った設定が興行成績につながらないことが何度かあった。今回も平成生まれにとっては時代劇にしか見えない展開だが、輝子・笑美・爾朗の痴話喧嘩めいた軽いやりとりがよく走っていて、重苦しい大芝居を適度にヌルくしている。着地に期待。

キャラクター

人吉爾朗

新宿擾乱後に超人課から離脱。政府の超人弾圧に対し、「超人を護りたい」という自らの信念を貫くため、同志たちと活動を続ける。時として古巣の超人課と対立する場合も。

星野輝子

かつて「魔界の魔女」となりクロードに味方したが、笑美の妖力でダークな部分を人虎として分離。超人課に残ったが、事件を追うことで爾朗と関わり続けられるという期待がある。

鬼野笑美

超人課の創設にも関係がある中核メンバー。かつては爾朗と付き合っていた。絵や写真から姿を借りて自身の容姿とする特殊能力をもつため、爾朗と同年代のはずだが年齢不詳。

風郎太

超人課メンバーで、鳥や虫などの姿に変身できる能力を駆使して偵察などに活躍する。歳をとらないオバケのため、わずか数年で激変した社会や人間関係に対するギャップがある。

芳村兵馬

獣のように変身できる超人課メンバーで愛称は「ジャガーさん」。25世紀から来た歴史警察官ゆえ過去から何度も時間を超えていて達観した部分があり、爾朗の青さと対立する。

柴 来人

警視庁機動隊員として国家公共保安部隊のテストに参加中、無差別破壊行動を開始。解体指令に反して脱走し、「柴探偵事務所」を設立した。爾朗とは微妙な距離感で共闘する。

アースちゃん

製造者不明の人間衛星。危機に陥った人の脳波に反応し、現場に急行する。機能停止されて生田研究所分館に永らく収納されていたが、爾朗とジュダスによって救出、再生される。

音無弓彦

元・少年探偵BL団のリーダー。新宿擾乱後、民間の超人警備保障を立ち上げ、巨大ロボットを運用して超人事件の鎮圧にあたる。組織を離れた爾朗を正義に反する者として憎む。

三純 光

全身を電気に変えることで瞬間移動や電撃が可能な超人。科学者・医者として独自の道を進み、国家組織に追われる超人専門の違法医院を設立。爾朗の活動にも協力している。

S遊星人

グロスオーゲンに敗れた後、元警察官の白田晃と融合。人類に味方する巨大超人として活動する。元々は、ブラックホールを使って太陽系を消滅させるために送り込まれていた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:BONES+會川 昇 / 監督:水島精二 / シリーズ構成:會川 昇 / 脚本:會川 昇+中島かずき+辻 真先+虚淵 玄 / キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤嘉之 / キャラクター原案・コンセプトデザイン:いとうのいぢ+氷川へきる+平尾リョウ / SFデザインワークス:海老川兼武+柳瀬敬之+渭原敏明+松本秀幸 / メカニック作画監修:大塚 健 / 美術:松本浩樹 / 音響監督:三間雅文 / アニメーション制作:ボンズ /

キャスト
人吉爾朗:石川界人 / 星野輝子:上坂すみれ / 鬼野笑美:豊崎愛生 / 風郎太:中村繪里子 / 芳村兵馬:川島得愛 / 秋田大司:金尾哲夫 / 柴 来人:鈴村健一 / ウル:大川 透 / 人吉孫竹:三木眞一郎 / アースちゃん:竹達彩奈 / 音無弓彦:村瀬 歩 / 三純 光:立花慎之介 / S遊星人:逢坂 力 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}