動画が再生できない場合はこちら

迷家-マヨイガ-

28

0

1

3

3

1

そして、僕らは消えた。

興味本位で参加した胡散臭いバスツアーで合流した若き30人の男女。ツアーの目的地は納鳴村(ななきむら)と呼ばれる存在が定かではない幻の村『納鳴村』では現世でのシガラミに縛られないユートピアの様な暮らしができる…と都市伝説のように囁かれていた。現実の世界に絶望している…、退屈な日常を抜け出したい…、人生をやり直したい…。それぞれの思惑や心の傷を抱えた30人を乗せ、バスは山奥深くへと導かれてゆく…。そして30人が行き着いたのは、朽ちつつも微かに生活の匂いが残る無人の集落だった…。30人につきつけられる『納鳴村』の真実とは?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

謎の魅力?

うーん、確かにツッコミどころは多いし、ナナキが具現化するトンデモ展開には正直「え〜」と思いましたが、何故か最後まで見たくなる不思議な魅力はありましたね。
あの30人で「蠅の王」的な展開になるのかと最初は楽しみにしてたのですが、そうではなかったです。
サスペンスではなくファンタジーでした。

終わり方については、「トラウマに向き合うもよし逃げるもよし、人それぞれだよ」というメッセージだったのかと思います。多分。

ネタバレあり

ん~・・・

放送で毎週みましたが3話あたりまでの、ナゼナニ感が最高潮で、ナナキとやらが、具現化したあたりで完全に萎えました。トラウマが具現化して襲ってくるだけのただのファンタジーなホラーです。ツアー参加者同士で殺し合う的なありきたりなサスペンスに仕上げたほうがまだマシだったんじゃないでしょうか。登場人物が多い割りに(設定的に魅力付けしやすい人も多いように思いますが、トラウマの説明があるのも、数人のみ)ほとんどモブキャラ、キャラデザは悪くないだけに、非常にもったいない感じです。冒頭数話のインパクトから、後半に行くにつれ、だんだんと面白く無くなっていく感は非常に残念でした。ナナキ自体を映像化しないだけでもかなり違った評価になったかもしれません。

ネタバレあり

こんなものなのか?岡田麿里

岡田麿里作品が大好きでずーと見続けています。「true tears」「花咲くいろは」「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「selector infected WIXOSS」「ガンダム 鉄血のオルフェンズ」と期待を裏切らず名作で「迷家-マヨイガ-」も期待してみたのですが、他の人の作品なら仕方ないなで終わるところですが、岡田麿里だからこそ、こんなものなのかという印象です。作品自体は悪くないです。ただ、期待外れ感が大きかった。

ん~。

人それぞれ意見があると思いますが、
出だしからそこそこ
ホラーとか、サスペンス的な要素が散見していて
その後の展開に期待していた分
私見では正直、尻すぼみ感が否めない後味でした。
あまり、期待値を高め過ぎずに見た方が
良いかもしれないです。
誰かに面白いアニメを勧めする時があったとして
この作品が一番に来ることは、まず無いです。
話の内容的には、一気に見れたので
面白いんだと思われますが…。

ネタバレあり

良い作品でした

オンエアの最初数話を見逃して、ずっと見たくて見放題待ってました。一気見しました。
冷静に考えてみると、現実味のないツアーだし、ラストだってあれで解決とは思えないけど、でも製作サイドの伝えたい事は伝わったのではないかと思えます。
何より、これを『キズナイ○バー』と同時期に書いてたのだとしたら、岡田麿里さんってすごい人なのでは…と思ってしまいました。

記憶に残る怪作

矛盾、破綻をいちいち気にしたら視聴者も川流れになってしまいそうな、そびえ立つ怪作ですが、毎回の引きが上手く、なんだかんだ2016春で2番目くらいに楽しめました。

多すぎるキャラクターのうち、けっこうな人数が、一度見たら忘れられないほど、なぜか印象に残ります。
特に、らぶぽんを生み出してくれたスタッフの皆さんには、ありがとうと言うほかありません。

監督!

こんなに大勢! どうやって捌いて行くのですか?

3の3、乗組員、魔女、制作関係者、と同じく、これまで通り。
そこが腕の見せ所なのだよ!





さらに、構成・脚本の方も
同時期にオリジナルが二本! 凄いです。

但し、本作の方は、話数の少なさからか、
登場人物一人一人の逸話が急ぎ足になってしまい、若干微妙に思いました。
少々残念です。

ですが、それでも、
あの最後の、分かれ方、これがまた大変印象的でした。

見放題になるとのことですので、初めから見直してみようかしら、、、

ネタバレあり

サスペンス系?に行くの?

リアルタイムで3話まで見てます。
「存在があやふやな村に行く」という秘境系の設定で
次の話がどう進むのか楽しみにして見ています。

戯言かもしれませんが、テレビの「世界のなんだこれミステリー」
で元地?のような場所を放送してましたね。
同じような「地図にない村」というキャッチコピーで・・・
富山県の三なんとかだったような...

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:diomedea+Ponycanyon / 監督:水島 努 / シリーズ構成:岡田麿里 / キャラクターデザイン:井出直美 / 音響監督:水島 努 / 音楽:横山 克 / エンディング:片平里菜 / アニメーション制作:ディオメディア /

キャスト
光宗:酒井広大 / 真咲:相坂優歌 / 颯人:八代 拓 / こはるん:佐倉 薫 / ヴァルカナ:鈴木達央 / リオン:五十嵐裕美 / マイマイ:清水彩香 / らぶぽん:加隈亜衣 / ジャック:三好晃祐 / 美影ユラ:長谷川芳明 / ナンコ:多田このみ /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}