動画が再生できない場合はこちら

ジョーカー・ゲーム

101

0

0

1

2

18

全てを欺き、生き残れ。

昭和12年秋、帝国陸軍の結城中佐によって、スパイ養成部門“D機関”が秘密裏に設立される。機関員は、東京や京都といった一般の大学を卒業し、超人的な選抜試験を平然とくぐり抜けた若者たちだ。D機関は、味方を欺き、敵の裏をかき、世界中を暗躍する。世界各地で繰り広げられるインテリジェンス・ミステリー。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)柳広司・KADOKAWA/JOKER GAME ANIMATION PROJECT

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(21件)

しぶすぎる。

久々に良いのをみました。これは実写化もあるな。とにかく見て損はないと思うよ。

かっこいいってこういうことだよ

同じセリフもシチュエーションが違えば、まったく意味が異なる。
最後まで通してみれば、この意味がよく分かるでしょう

すばらしい

原作を読んでいないながらも、これは素晴らしいアニメ化ではないかと。ボスの声が最高。

続きはあるの?

2回も見てしまいました♪
渋い!深い!重い!
潔さが美徳な日本だけど生にしがみつく、
またその技術があるのがカッコイイ!
2回見てやっと結城中佐以外を判別出来るようになりました(笑)

スパイアニメ!

スパイアニメは初めて見ましたが大人のアニメって感じでした!

毎週、配信されるのを心待ちにしていた作品

趣向にマッチしていたこともありますが、大変面白かったです
毎週、配信されるのを心待ちにしていました

結城中佐が良かったです
常に相手の上を行き出し抜いたり利用したりの出鱈目な強さで
見ていて「孔○の罠」と思いたくなること多々で
横山○国志の諸○孔○と同じオーラを纏っているように感じました

ネタバレあり

非人性を受け入れる

 何に何を託しての行動?
これが判ったら、テロリストかな。

俺 こういうの好きだなぁ

お話は、尻上がりに深みを増してゆく。
毎期 新作アニメが何作も世に登場するけど、
こういう作品は ほんと希少だよね。
俺が他に知らないだけかなぁ。

主人公がいない

ボスを軸にした背景設定はあるけど、その背景の中できちんと動く主人公がいないので引き込まれる物語焦点がなにもない。
作画はIGクオリティだけどそれだけかな....腐女子目当てにイケメン並べないで体型や顔つきなどもっとリアルに揃えればいいのに。戦前の日本なのに和服を着こなすキャラが出てこないのも作画のわりにリアリティがない要因かな。

個人的はケルベロスの回がよかった。喪服姿は洋の東西を問わず美しいですね。

誰が誰やら

キャラクターが多いうえにみんなスーツのイケメンで、正直オッサン的には見分けがつきにくい。
でも毎回主役が変わっても基本一人がメインなので、ストーリーを楽しむには問題ありませんでした。
誰かを誰かと入れ替えても成立しそうな印象は、原作を読めば変わるのかもしれませんね。

面白かった。

興味のあるバンドがED担当と知って、観てみたら面白かった。アニメが面白かったから原作も読んでみたが面白い。OPも良かった。

最強品質

春期、ダントツに品格ある作品

味のある原作(既読)と最強の制作陣と豪華な実力派声優陣の三本柱。魅力ある作品になるのは当然と言えば当然。観ればわかります。(全編、作画が緻密で、見せ方もすばらしい)

エンブレム発行は嬉しいけど、反面、終わっちゃうお知らせなので哀しい。

個人的にスパイの醍醐味を感じたのは第11話、だけど観るのはつらかったです。
続き知りたい、と思ったのは第7話。

予告は次回の暗示っぽくていいなー、それと堀内サマの声は本当にしぶい・・・・

大人向け

大人向けの渋くて良い作品だ、原作が読みたくなった。
キャラクターの名前がよくわからなかったが、素性も名前も偽りのスパイ稼業なのだから
これが正しいのだろう。
思考の硬直化した旧陸軍の軍人たちと、「死ぬな、殺すな」を信条とするD機関の面々との
対比が物語の面白さを増しているような気がする。
オススメです。

硬派だ・・・

落ち着いた大人のアニメ。

好き嫌いは分かれると思うが、私はありだと思う。

見ごたえのある硬派な密偵劇

美形を楽しむラノベっぽい内容なのかなと思っていたら、全然違っていました。時代考証に違和感がなく、戦前の退廃とした雰囲気も楽しめます。最後までこのレベルを保っていたら、殿堂入り決定だな。

愚直にルールを守ってゲームをするようでは勝てない、生き残れない。
ゲームは盤の外でも行われ、一瞬のうちに敵が味方に、味方が敵に変わるのだから。
死は何の意味もない。敵を、味方を欺いて生き残った者だけが勝者となれる。

日本は今も情報戦には弱いところがある。同じ状況になったところで勝てるとは思えない。どうすればいいのだろうかと思いました。
原作も敬遠していましたが、読んでみたくなりました。でも、アニメが終わるまでは我慢しよう…。

本格派インテリジェンス・アニメ

おそらく戦前戦中の陸軍中野学校をモデルにしたと思われるD機関の活躍を描いた作品、欧米だとフレデリック・フォーサイスの小説や映画『グッドシェパード』のようにインテリジェンスを扱ったリアルでドライな作品は多いが、日本の戦争物はヒューマニズムや浪花節など感傷的な感じになることが多い。が、この作品は極力ドライに徹し敵も味方も曖昧なインテリジェンスの世界を描いているのが素晴らしい。『攻殻機動隊 S.A.C』を作ったProduction I.Gならではの見事な出来栄え。
久しぶりに原作を読みたくなったアニメ、1話目を見たら続きが知りたくなって原作を読んだらアニメ以上に面白かった。原作小説を読んだら戦前戦中の日本のインテリジェンス組織に興味が出て小谷賢氏の『日本軍のインテリジェンス なぜ情報が活かされないのか』も読んだ。久しぶりに堀栄三氏の『大本営参謀の情報戦記―情報なき国家の悲劇』も読み返したくなる。

男性が見ても楽しめると思う

キャラデザインとか出演声優さんとかを見るに、
男性キャラ同士でわいわいやるようなホモ扱いアニメのように感じられなくもないけど。
とりあえず2話までですが、そんなシーンはま全くないです。

とりあえず、そういったあざといシーンで腐った方を釣ろうという意図はないようで、
男性にも見てもらいたいなあ・・・と思いました。

頭一つ抜けてますね

原作が良いのでしょうね。続きが楽しみとか、そういう次元じゃなくて。何時までもこの世界にいたいと感じますね。ムードがありますし、登場人物がブレません。ネタも自然ですし無理が無い。アニメもクオリティ高いです。絶対お勧めです。

原作を買いました

4月のアニメを検索し、とても面白そうな作品だったので先ず原作を購入。
まだ読み終えていませんが、シリーズのなので次も買おうと思います。
アニメは絵柄が好みだし、作品全体が甘ったるくも暗くもなくて、本当に期待以上です。
最後までこの調子で行ってほしい。
楽しみにしています。

原作どおり

アニメ化にあたり、スタッフ・キャスト共に不安は無いものの、脚本によってトンデモスパイものに変わっていたら…と心配していたがまったくの杞憂であった。
「魔王」率いるD機関の活躍(暗躍?)が原作に沿って丁寧に描かれていて、ファンにとっては嬉しい限り。
アニメで興味を持った人がいたら、是非、原作小説も読んでみてほしい。

……実写映画?そんなものは無かった…

錚々たる

男性声優陣!

そして、I.G 制作、多数の制作協力、ならではの作画!
(おおっ、これにも P.A.WORKS その他、加わっています。)

さらに、特異な設定、世界観。

これらに誘われて、否が応にも物語の中に引き込まれて行きます。
また1つ、楽しみな作品が出現してしまいました。




しかし、、、現実に、ここ百年、
男性の公式用の服装のファッション、本当に変わりませんねえ。
女性のファッションはあんなに変遷しているのに、、、何でだろ?

あと、
禁煙が社会全体に広まって来てくれて、本当に良かったです。。。

キャラクター

結城中佐

帝国陸軍のスパイマスターであり、スパイ養成部門“D機関”の設立者。“魔王”の異名を取る。トレードマークともいえる白手袋と杖は、仲間の裏切りによって捕えられ、拷問を受けた結果とも噂されるが、詳細は不明。

三好

相手に対して常に冷笑的な態度で接し、上から目線のナルシスト。大げさなポーズをとったりと、気取ったところがある。神永とともに機関員の仕切り役を買って出ることも。

神永

やんちゃなプレイボーイで一見お調子者に見えるが、その反面プライドが高く、言ったことは必ずやり遂げる気概を持っている。三好と同じく、機関員たちの仕切り役を買って出ることも。

小田切

陸軍幼年学校から士官学校を経て少尉に任官した経歴を持つ、異色のD機関員。寡黙で滅多に笑うことがない。出自の違いにくわえて、何か内に秘めたものがあるらしく、他の機関員との間にはどこか壁がある。

甘利

神永とともに機関員のなかでは最年長。性格も社交的で面倒見がよく、機関員たちの兄貴分的な存在。自由人の気質を持ち、細かいことにこだわらない。女性の扱いに慣れている。

波多野

D機関員の中ではいちばん小柄。愛嬌がある一方プライドが高く、小生意気な性格をしている。機敏で体術の達人。

実井

気さくな性格で、佐久間がD機関員と生活をともにしていた時にも、何かと気にかけることが多かった。中性的で普段は物腰柔らかいが、敵対する相手に対しては時にサディスティックな冷酷さを見せる。

福本

D機関員の中では一番背が高い。天然で少しぼけっとしているところがある。寡黙で感情をあまり表に出さず、無口な小田切とは気が合うらしい。料理好きで機関員に料理を振る舞うこともある。

田崎

人あたりが柔らかく、知的な雰囲気を持つ好青年。落ち着いているので実際の年齢よりも上に見られることが多い。考え事をする際、手近なものを使って無意識に手品をする癖がある。

蒲生次郎

身だしなみに気を遣っているが、性格は浮ついたところがなく任務に忠実な好青年。チェスの腕前はプロ級。

佐久間中尉

大日本帝国陸軍の中尉。上官である武藤大佐の指示により、陸軍内に秘密裏に設立されたD機関に出向。参謀本部との連絡係を務める。軍人らしい実直な性格で、三好らの遠慮のない発言に憤りを覚えることも多い。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:柳 広司「ジョーカー・ゲーム」シリーズ / 発行:角川文庫/KADOKAWA / 監督:野村和也 / シリーズ構成・脚本:岸本 卓 / キャラクター原案:三輪士郎 / キャラクターデザイン・総作画監督:矢萩利幸 / チーフリサーチャー:白土晴一 / 美術監督:谷岡善王 / 美術設定:成田偉保 / 3DCGI:サブリメイション / 色彩設計:野田採芳子 / 特殊効果:村上正博 / 撮影監督:田中宏侍 / 編集:植松淳一 / 音楽:川井憲次 / 音響監督:岩浪美和 / アニメーション制作:Production I.G /

キャスト
結城中佐:堀内賢雄 / 三好:下野 紘 / 神永:木村良平 / 小田切:細谷佳正 / 甘利:森川智之 / 波多野:梶 裕貴 / 実井:福山 潤 / 福本:中井和哉 / 田崎:櫻井孝宏 / 蒲生次郎:津田健次郎 / 佐久間中尉:関 智一 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}