動画が再生できない場合はこちら

ラブライブ!サンシャイン!!

197

1

2

3

2

35

私たち、輝きたい!

静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある私立浦の星女学院。駿河湾のかたすみにある小さな高校で2年生の高海千歌を中心とした9人の少女たちが、大きな夢を抱いて立ち上がる。それは、キラキラと輝く“スクールアイドル”になること! 諦めなければきっと夢は叶う――。いまはただ輝きを目指して、がむしゃらに駆け抜けていこう! ここから彼女たちの「みんなで叶える物語(スクールアイドルプロジェクト)」が始まった!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(43件)

ヨハネが可愛い

ヨハネは最高ですね、これ以上の言葉はいりません。

ルビィちゃん大好き

1番この回の最後の花丸ちゃんとルビィちゃんの所 いつ見ても泣ける 涙無くしては観れない!最高の所
これ見て改めて親友は大事ト思わされた
ありがとうルビィちゃん

更なる高みを目指すスクールアイドルの物語!

前作から数年経った後の物語です。 前作より低く見られがちな本作ですがラブライブ自体がかなりの高みにありそれに加えてヒロイン達の学校の置かれている状況が相当に悪いなどむしろ面白い要素が多くなっています!! また前作に無かった地域との密着性(今作は沼津市近郊が舞台)が増していて作品のリアリティを高めています。スタートのキッカケもごく普通の女の子の千歌がμ'sに出会い憧れてスクールアイドルを目指すという形に変わってメンバーの9人が集まっていく様子も1期目の今作からライバルグループが登場しているなど異なる部分も多くあり楽しめる内容になっています。 前作の良さの1つだったOP/EDを含めた曲の素晴らしさは健在ですしヒロイン達のイキイキとした描写もスバラシイ!! キャラ的にはルビィがお気に入りです!!(特に口癖の「ピギィ」がカワイイ!!) 2期と劇場版も楽しみです!!


ネタバレあり

最高アイドルアニメを受け継ぐ新たな神作

アイドルアニメの最高傑作ラブライブの新作も神作

Movie~サンシャインではまった

無印のMovie後から入った遅れファンですが、やっと今頃サンシャインを見て感動しました。
μ'sとは描写も歩みも違うので、好みになる点は違うかもしれません。μ'sが好きで見られていなかった方も、μ'sと比較せずに見ていただければ面白いと思います。
ブルーレイディスクを初めて買ったのですが、大満足しています。千歌っちふぁいと!!

何度も見返して巡礼して

これは13話のコメントではなく、
全て見渡したモノです。

初代から見てる人は、サンシャインはダメと言い続けてる人多数。
が、当方はそう思わない。
千歌をはじめ9人すべてイキイキしていてキャラが立ってる!
キャラを売りとしたアニメだね!(当方の一押しガルパンは・・・戦車戦)
戦車戦主体では最高でも、スピンオフなどではキャラがモノクロのようにぼけてる印象。

13話で、5、9,10、11、13話は、常にリピートですな!
9話のカナマリ、11話のチカヨウ、13話の自己紹介は必見!

見返してみると発見が

Aquors を追っかけるうちに、いつの間にか μ's と同じくらいの愛着が湧きました。
そんな今、見返してみると新たな発見がたくさんあります。
シンプルで王道なお話だからこそ、細かい描写にもこだわりがあります。
「ああ、こんな伏線があったのか」「この子にはこんな想いがあったのか」
色々気づくようになって、感情移入してしまうと涙なしには見られません。

ぜひ沼津の現地にも出向いてみて欲しいです。
彼女たちのことも、物語もより深く理解することができるでしょう。

地方出身の自分にとっては、この作品の良さが身に染みて分かる

比較せずに見てみるととても良い。
サンシャインに込められているメッセージは、田舎出身の自分にはよく伝わってくる。
個人的には、「くやしくないの?」が一番好きです。
2期が楽しみ。

個人的には無印よりさらに良い

変に比べたり穿って観なければ十分良いものだと思います。

2期楽しみ!

早く2期みたい\(//∇//)\

優秀な先輩を持った後輩。

今月秋から2期始まりますが非常に楽しみにしてます。13話色々問題にしてる人多いが、完成の殻を壊す作品という感覚で見れば、これほど未来に対して突き進める作品はないと思う。個人的に問題の13話の曲結構気に入っています。シンフォギア見てるからかもしれないが、こういう奇抜は結構好きです。優秀な先輩がいたからこそしてほしかった部分があります。13話が嫌な人も12話まで素晴らしい言っているので、それも一つの選択では、後継者の努力を見てほしいです。

2期があるけど

13話で終わりでもいいんじゃないかと思ってきた。
あれで十分話は完結してるんじゃないかと。
2期の最後はラブライブ優勝で終わるのだろうが、
μ'sと同様にAqoursの解散を見ることになるのが怖い。
μ'sを解散させておいて、Aqoursは解散しないという選択肢はないのだろうから。
ああ、秋が待ち遠しくもあり恐ろしくもあり。複雑です。

楽曲については相変わらず素敵な曲ばかりでたまりません。
ことりやかよちんの様にキャラ声全開の歌声もないし。
アニメのなかではhand in handとED曲がお気に入りですわ。

もう一度

1stLiveが終わったので、もう一度見ると良いです。
音楽も物語も、時がたって思い出が増えて感じ方が変わる。
おじさんがラブライブ!好きな理由はコレ。

高く分厚い壁

やっぱりミューズは偉大だと。まぁ当然か。

なので個人的に♯8話が気に入ってる。
世の中そんなに上手くいかないってことだ。

そこで挫折するか、前に進めるか・・彼女たちは進んだわけだ。
その成果の集大成を2期にて待つ!

控えめに言って

最高です。

千代 献です

かわいいいいいいいいいいい

ラブライブシリーズ最高!!

初代から二代目へと、ものすごく良いつなぎ方をしてくれたスタッフやキャストの方々に感謝です。
仕事やプライベートで心が折れそうになり目標を見失っていた時に、ミューズのハイレゾ音源から興味を持ちアニメやライブに出会いました。
音楽・アニメ・ライブ、どれをとっても大変素晴らしく、どん底にいた自分を救い出してくれました。
夢や希望、努力の素晴らしさを思い出させてくれた・くれる作品です。
ミューズからアクアへ、寂しさと納得のいかない感情が強くありましたが、形を変えて、頑張っているアクアの方々の姿やアニメを見ていると、それとこれとは別と思えるようになりました。
サンシャインの全話を三周ほどしたところですが、第13話は見れば見る程に印象が変わってきて、今では第一期(二期があることを期待して)の締めくくりとして最高の最終話だと思います。
心が挫けそうな・挫けてしまった社会人にもおすすめの作品です。

この曲は!

最近、パチンコ店で『未熟DREAMER」が流れていました。少し、得した気分です。

感無量

一人から始まり、9人へ、そして、全校生徒へ。一人の輝きは小さいけれど、協力すれば大きなものを動かせる。格差社会が叫ばれ、自分の事しか考えなくなった日本人がなくしたものがある。それは、協力するということ、みんな、自分という0に引きこもらないで、あきらめないで、協力して、明日を作り出そうよ。

ただ脚本がなぁ…

キャラもライブもイイ!
そして、断然!梨子推し!!

ただ前作に引き続き、脚本が個人的に嫌い。
まぁ、この脚本への嫌悪感を拭い去って貰えるよう、今後の脚本に期待です。

最終回だけ見ればだいたい分かる…だと!?

ストーリーは微妙…回収しないと行けない所2期にやるのかな?個人的にはうーん…って所が多い、キャラは良いかな。

名古屋を聖地

金の時計台とななちゃん人形といろいろと聖地にしてくれてありがとう愛知県民としてうれしいです

ネタバレあり

「失敗とは、転ぶことでは無く、転んだまま起き上がらないこと」

と言ったのはモノクロ映画時代の某女優だそうですが、本作のテーマはまさにこれではないかと思います。

夢をカタチに、憧れを現実にしたい! とは誰もが望む事ですが、実現しようとしても壁にぶつかり、打ちのめされるのが普通でしょう。前作のヒロイン達にあこがれて同じ道を目指す少女たちが「現実の壁は厚い!」「世の中そんなに甘くない」事を思い知らされ、しかしそこで転んだままでは無く、何度でも起き上がって前へ進む姿を、前作とは異なるアプローチで描いているところが魅力的です。観ているこちらも、幾つになっても「何度転んでも起き上がって前へ進む」そんな千歌たちの様な生き方でありたい、と思わせてくれます。
なまじ前作が大ヒット作だけに続編を作るのは大変だったかとお察ししますが、前作と似ている様でまるで違う作品を魅せて頂き、拍手です。観終えて清々しい気持ちになれる良作ですね♪

果南ちゃん

最高にかわいい、すき

第8話 悶絶の冒頭!?

冒頭の黒っぽいお二人様は、恥ずかし過ぎて
直視不可。
まるで、自分の消したい過去をアニメ化され、
それを自分の目で見なければならないような、
ドMプレイさながらのひとときであった。
お陰で、いつもの主題歌に辿り着いたときの
安心感は尋常ではなかった。
同じ思いをした、かつての少年少女は多いはず。

μ'sとは違ったよ良さがある

前作からラブライブ!をずっと見ています。

μ'sのときは廃校になる学校を救おうという話でしたが、今回は廃校云々ではなくスクールアイドル活動を楽しむ→どんどんみんながやる気を出すという感じの少し緩い感じのストーリー、構図だと私は思いました。
ただ、その中で千歌ちゃんがスクールアイドルは軽い気持ちでできるものではないということを次第に理解しつつみんなとともに成長していくところがこのアニメの醍醐味だと思います。

スクールアイドル活動のシーンは前作同様割とスポ根要素ありですが、それ以外はコミカル且つツッコミたくなるような場面があり、初めて見る人でもすんなり見れるかと思います。

ネタバレあり

世界観の引継ぎが面白い

最初は前作の良さがあるだけに入り込めない印象でしたが、キャラクターを通じて前作の主人公たちの【奇跡のストーリー】を追いかけることができます。(雑誌の記事やグッツなどこまかいw)
また、前作よりさらによく動きますw

こんな素晴らしいアニメを見られる私はきっと特別な存在なのだと感じました

脚本も作画も動画も背景も音楽も声優さんの演技も全てが素晴らしい!クオリティが高すぎて何回も見てます!
1話の中にこれだけの内容を詰め込んであるその技術に感服いたしました!ほんとに素晴らしい作品をありがとう!

9話で色間違い

9話11分57秒あたりで、マリのスカーフが1年生カラーになってる。

一通り見てみたので感想

前作より、よく動くようになりましたが正直無駄な動きが多いかなという印象
顔と声を両立しようとした声優によって1部違和感を覚えてしまいました
ストーリーも今のとこ前作と似たような感じなので、飛ばして見る事が多いです。

こ、高坂穂乃果ですっ!

なんかまるっきり「あかりジェネレーション」という感じ。星宮いちごのケツを必死に追いかけてる大空あかりという風にしか見えなかった。
キャラもズラとか黒須あろまもどきとか一部の変なやつらを除いてはインパクトに欠けるような気がする。
エピソードも前作をひたすらなぞっていくようだし、これで面白くなるんかな?

ネタバレあり

お気に入りはルビィーちゃん(髪が赤い子)

ルビィーちゃんは声がかわいい。小さくてかわいい。「るびぃ~ちゃん、捕まえたぁ~」って言いながら抱きつきたい。  

キャラデザだけはいいキャラデザだけは

キャラかわいくて見てたいけど演技聞いてるのが辛い部分がある(全キャラではない)
モブも映ってるシーンの会話はモブが話してるのかと思った
固定のファン多いからそこはあまり気にしないでも良さそうなんだろうけど

これぞラブライブ!

若干μ'Sを使いすぎな部分もあるけど、4話の花丸ちゃんとルビィちゃんの友情に感動しました。
やっぱりラブライブはこうでないと。

ネタバレあり

前作に負けぬ出来

前作の人気が出すぎたこともあり、若干の心配をしていた今作でしたが、どうやら要らぬ心配だったようです。どっちがいいなどという事はとてもナンセンスな議論なので避けますが、前作にも負けないくらい素晴らしいアニメに仕上がっているということは言えます。今後の展開に大いに期待が持てます。

ルビィちゃん推しが一番。

ラブライブ!サンシャイン!!でのルビィちゃんが可愛い。
とっても一番に可愛いです。

最高

うおおお

スクールアイドルの新しい風が吹いた

前作は劇場版まで見たものの、今作については、ほぼ事前情報なしで見ただけの感想です。

第一話には様々な風が吹きます。

チラシを巻き上げ、体を煽り、視界を街頭ディスプレイへ誘導する風。
桜の花びらを漂わせるだけのゆっくりとした風。
勢いよく窓から吹き込みカーテンを押しのけ、意志を挫こうとする向かい風。

そのどれもに質量があるかのように感じてしまう、実体を想像させる風の描写が素晴らしく、
アニメーションの醍醐味ここにありといった感じです。

そして、風とは、楚方から此方へ、空気を運ぶものです。
前作ラブライブのフィナーレから、本作サンシャインの主人公へと、何が運ばれたのか。
そしてその目に見えない空気のようなものが、今後どのように仲間たちへと広がり、
どんな風となって吹き荒れるのか。

それを見届けたくて、今後の展開がとても楽しみです。

表情、セリフ、演技に注目!

千歌がなぜ今まで何にもしてこなかったのか
梨子が何を思って転校してきたのか
果南と小原家の因縁とは?
ダイヤがラブライブに詳しい理由は?
など、観れば観るほど謎が深まる第1話!
キャラクターの表情や、声のトーンから、その「裏事情」を推測するのも楽しいですよ!

ネタバレあり

ルビィちゃんかわいい

ルビィちゃん可愛すぎ今後期待

今後に期待

仕事の都合でリアルタイムで観れなかったので視聴
結論としてはよく頑張っていると思う
話の持って行き方をどうするのか楽しみ

OP・EDだけでも観る価値あり

うお〜っ

沼津登山東海から東海バスオレンジシャトルに
名前が代っていたのですね!知りませんでした。

ファンの皆さん、いきなり頓珍漢なコメントで御免なさい。

でも、
イルカやアシカやクラゲの楽しさ可愛さもさることながら、
シーパラダイスへの行き帰り、
バスからの眺めは正に絶景です。

神田秋葉原界隈の雑踏・活気とはまた違った
物語が楽しめるのでしょうか。
期待してしまうではありませんか。

初回、あの初々しさが堪りません。
(あの微妙にずれている処が何とも、、、
最後はやはりピタッと合わせてくれるのでしょう。。。)

しかし、
弘前といい沼津といい、、、どうなっているのでしょう?

まあ確かに、
大洗、おおあらい、オー・ア・ラ・イーー、
ってなっちゃってる戦車好きが近くにも居るので
分かるのですが、、、


そして、
あああ、いつかまた、
旅館に逗留して干物を楽しみたいです。

内容は最高!でも...

22:30からの配信で第1話視聴させていただきました。
アニメ本編は文句なしのワクワクする最高の1話だったのですが、最初のサンライズのムービー(いつものハロのやつ)のせいか他の最速配信より少々遅れての配信になっていました。
また、動きの激しいシーンなどでは画質の大幅な低下がみられ、度々フリーズしたりと満足に視聴できたとは言い難いです。
遅延のせいで右側のtwitter連動機能がネタバレ機能になっていたのも残念です。

第2話以降がどうなるかはわかりませんが、現状で最速配信を楽しむならAbemaTVやテレビでの視聴が最適だと思うずら

キャラクター

高海千歌

浦の星女学院の2年生で、Aqoursの発起人。3人姉妹の末っ子で、実家は旅館をやっている。人懐っこく負けず嫌い。持ち前の明るさと強引さで周囲を次々に巻き込んでいく。

桜内梨子

東京の秋葉原から千歌のクラスへと転校してきた2年生。地味で控えめな性格のインドア派。大人っぽく落ち着いて見えるが実は慌て者で、早とちりや勘違いをしてしまうことも。

松浦果南

浦の星女学院の3年生。近くの島でダイビングショップをやっている祖父と2人暮らし。大人っぽくサバサバした性格で、あまり物事にこだわりがない。落ち着いていて、どこかクールな雰囲気を纏っている。

黒澤ダイヤ

浦の星女学院の3年生。旧網元で地元でも有名な名家の子女で、学院の生徒会長を務める。プライドが高い完璧主義者で、中途半端や曲がったことは絶対に許さない。

渡辺 曜

浦の星女学院の2年生で、千歌のクラスメイト。高飛び込みの選手で実力はナショナルチーム級。筋トレが趣味の体育会系で、考えるよりも先に体が動くタイプ。フェリーの船長を父に持ち、自身も将来は船長になりたいと思っている。

津島善子

浦の星女学院の1年生。小悪魔風のファッションに身を包み、自らを“堕天使ヨハネ”と称する。都会の沼津出身。明るく物怖じせず、気が利いて頭もよいが、ものすごく運が悪く、行く先々で想定外のトラブルに見舞われてしまう。

国木田花丸

浦の星女学院の1年生。地元で代々続くお寺の娘。読書好きで、特に日本文学をこよなく愛する文学少女。歌が得意で聖歌隊に所属している。周囲の人々に気を配る優しい性格だが、何かと空回りしがち。

小原鞠莉

浦の星女学院の3年生。ホテルチェーンを経営するイタリア系アメリカ人の父を持つハーフ。明るい性格で、個人行動が多い。どんなことがあっても絶対にめげない性格で、恐れを知らないチャレンジャー。

黒澤ルビィ

浦の星女学院の1年生。花丸とは仲良しで、いつも一緒にいる。泣き虫で臆病だけれど、名家のお嬢様だけあって芯は持っている。ずっとアイドルにあこがれていた。唯一の得意は裁縫。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇 / 原案:公野櫻子 / 監督:酒井和男 / シリーズ構成:花田十輝 / キャラクターデザイン:室田雄平 / デザインワークス:河毛雅妃 / セットデザイン:高橋武之 / 美術監督:東 潤一 / 色彩設計:横山さよ子 / CGディレクター:黒﨑 豪 / 撮影監督:杉山大樹 / 編集:今井大介 / 音響監督:長崎行男 / 音楽:加藤達也 / 音楽制作:ランティス / アニメーション制作:サンライズ / 製作:2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!+サンライズ+バンダイビジュアル+ランティス+ブシロード+KADOKAWA アスキー・メディアワークス /

キャスト
高海千歌:伊波杏樹 / 桜内梨子:逢田梨香子 / 松浦果南:諏訪ななか / 黒澤ダイヤ:小宮有紗 / 渡辺 曜:斉藤朱夏 / 津島善子:小林愛香 / 国木田花丸:高槻かなこ / 小原鞠莉:鈴木愛奈 / 黒澤ルビィ:降幡 愛 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}