動画が再生できない場合はこちら

たまゆら~卒業写真~ 第4部 朝-あした-

27

0

1

0

0

5

たまゆらシリーズ ついに完結!

瀬戸内の町・竹原で、あたたかな人たちに見守られながら成長していく少女たちの姿を描いてきたオリジナルアニメ「たまゆら」。本作は、沢渡楓と親友たちが過ごす高校3年生の1年間を全4部作で描いてきた完結編「たまゆら~卒業写真~」の最終章。高校を卒業して別々の学校に通うことになっても、大好きな町・竹原で、大切な友達と過ごす時間は変わらないと思っていた楓。しかし、かおるに言われた言葉で、自分の本当の思いに気づき…。4人での新たな想い出も積み重ねながら、卒業のときが近づいてくる。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2015佐藤順一・TYA / たまゆら~卒業写真~製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

満足 色々とツボでした

たまゆら
たまゆら〜hitotose〜
たまゆら 〜もあぐれっしぶ〜
たまゆら~卒業写真~ 第1部~第4部

・・・と、一通り見終えて、いやぁ、満足です。
基本的には日常なんですよね。大事件が起こるわけでも人類の危機に瀕するわけでもなく。
ただ、女子高生の彼女たちにとってはそれでも色々な出来事があり、その高校時代をローライ35Sというなかなかにマニアックなカメラとともに見つめ続けた記録。カメラオタクの端くれとしてそれがとても嬉しく。PENTAX Qもいいよなぁ・・・
そんな各シーンを彩る音楽がまた、ユーミンはじめTVシリーズでは大貫妙子や尾崎亜美といった人達の曲。
前から見たいと思いつつ機会が無かった作品。見放題配信ありがとうございます。

本当によかった

シリーズ全作品を観終わりました。
この作品は人生だ、と有名な某作品がありますが、たまゆらシリーズはその作品ほどインパクトはありません。ですがそれは心に響くモノのベクトルが違うからであり、ごく普通な子供たちと親兄弟姉妹、周囲の人たちとの当たり前の交流が描かれているだけだからかもしれません。
作品を通して所々で、気付くと涙ぐんでいた自分にビックリしました(笑)
グッとくる、衝撃的な展開、驚愕の結末!なんてモノを期待したい人にはおすすめしませんが、大事にしたい、大切にしていた、そんな温かなごく自然なことを感じ取りたい人にはおすすめです。
スゴく続いているシリーズなどに比べれば、時間はかかりませんので、何か普通に観たいなと思った方にはぜひ!

それぞれの朝(あした)そしておかえりなさい

それぞれの卒業式。そして迎える新しい朝。そんな希望の物語をこのあたたかい街「竹原」が支えてきました。
平成25年度高校卒業のみんなにはどんな新しい朝(あした)が待っているのでしょう。そして令和2年のみんばが帰る場所もやはり「竹原」です。帰って来たみんなを街は優しく迎えることでしょう。そして改札に降り立ったそこには「おかえりなさい」のメッセージが。
そんな物語の続きをあたたかい気持ちで想像しつつ、このお話をまだ観たことのない人につなげます。
心からおすすめの作品です。

そして未来へ...

もう泣くしかありませんでした。特に卒業式の場面... あの名曲が流れるなか、どういう思いで卒業証書を受け取ったのか... いつまでも一つのところににはとどまれず、それぞれ別々の道へ進んで行くのですね。

最後、少しだけその後の場面があります。その物語も見てみたい気がするけど、それはこれまで見てきた人たちがそれぞれ自分の中で創って想っていくものなのかもしれません。

良い物語を創っていただいて感謝しかありません。どうもありがとうございました。

思い出

わたしは、「〜hitotose〜」から見始めたのですけど、OVA版を見て、「〜もあぐれっしぶ〜」を見て、わたしの周囲の環境も少しずつ変わっていきました。
この作品を見ると、そうした当時の記憶と感情まで蘇ってきます。
今、「~卒業写真~」見て、そうした記憶と共にたまゆらを見てきた時間も大切な思い出になりました。
またいつか、たまゆらを見返したとき、たまゆらを見てきた時間を懐かしい、と思い返す日が来ると思います。
完結まで制作してくださった制作陣に本当に感謝です。
ありがとうございました!

このアニメ見てない方は、絶対見て、後悔はしない、と思いますから、是非見てくださいね!

ネタバレあり

人生

度胸八割、実力二割、、、
親の付き添い、マイナス五割。。。
(初めての仙台駅でのことを思い出します)

進路、入試、進学、転居、将来の職、、、

これ程、しっかり作られた作品、余り見掛けません。

お時間に余裕の有る際は、
是非ご視聴の程、
お薦めです。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案・監督・シリーズ構成:佐藤順一 / 脚本:吉田玲子 / キャラクターデザイン・総作画監督:飯塚晴子 / 美術監督:田尻健一 / 色彩設計:川上善美 / 撮影監督:和田尚之 / 音楽:中島ノブユキ / 音楽制作:フライングドッグ / 制作:TYOアニメーションズ / 配給:松竹メディア事業部 / 製作:たまゆら~卒業写真~製作委員会 /

キャスト
沢渡 楓:竹達彩奈 / 塙 かおる:阿澄佳奈 / 岡崎のりえ:井口裕香 / 桜田麻音:儀武ゆう子 / 進藤巧美:内田 彩 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}