動画が再生できない場合はこちら

フリップフラッパーズ

83

0

0

2

3

13

突き抜けよう! この世界を!!
二人なら、どこにだって行ける――

あなたには、世界はどう見えているんだろう――。扉をひらくカギを手にした二人のヒロイン、パピカとココナ。少女と少女は出会い、そして別の時間、異なる空間「ピュアイリュージョン」での冒険が始まる。願いを叶えてくれるという “ミミの欠片”を求め、ピュアイリュージョンを巡る二人の前に様々な困難が立ちふさがる。二人に危機が迫ったとき“ミミの欠片”が輝き、そして彼女たちは変身するのだった。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(18件)

フリップフラッパーズ

6話までは素晴らしい

EDが非常に印象的

本作は、意識を高めて連続視聴しないと厳しいかもです
私は一週間ごとに配信される都度、漫然と見ていました
記憶をほじくり返して断片的な情報は幾つか出てくるんですが
これが上手く連結せず、感想が書けないです
焦ってネットで調べると、アニメーションで語るタイプの作品とのこと
うーん、自分が情けない……

EDがすごく印象的でした
画面上半分は左から右へ流れる幻想的イラスト
画面下半分は動きが面白いアニメーション
歌詞も「こっそりそっちを覗いたら、そっちもこっちを覗いてた」で意味深

余談ですが
EDの1分を少し過ぎたあたりから始まる
ココナとパピカ追いかけっこアニメーションを見ていたら
国会で有害ソフトとして取り上げられたPCゲーム『1○7』を思い出しました
このゲーム、画面下半分が追いかけっこ部分でEDと似てるんですよ
しかし、こんなの思い出すなんて、自分にはピュアの欠片も無いなと

ネタバレあり

温故知新?

私が視た感じでは90年代~00年代ぐらいのアニメを彷彿とさせる作品かなと思いました。

不思議な世界観、パピカとココナの関係性、その周りの関係など明るいようでドロドロとしたものが渦巻いているというどこかで見たことがあるものを最近の流行のヒロイン2人という設定に合わせて刷新した感じでしょうか。

ピュアイリュージョンの設定の何でもありな感じはとても好きなのですが、最初の方こそ明るく楽しげなのが後半パピカとロボ以外ものすごい陰鬱でもうちょっと何でもありの設定を明るい方に使ってほしかったなと思います。

しかしながら作画も良く動きますし、音楽もなかなかいいので不思議な世界観やキャラクターを好きになれる方は楽しめる作品かなと思います。

ネタバレあり

とりあえず頑張って6話まで見て欲しい

合う人には合うと思うし、合わない人にはあまり響かないと思う作品
しかし一度6話まで見て欲しい
語彙が貧弱過ぎて上手く言えないけど、6話の演出で殴られるような感じがよく分からないけど凄い
6話単体で一つの話としても成り立っており、個人的に一番好きな話
ファンタジーな雰囲気を存分に味わって欲しい作品

見ていて楽しい。一瞬も目が離せない

全編通して単純に映像が視覚的に刺激的で、画面を見ているだけでも楽しいです。
ただし、刺激的な分見る側も体力を使います。
なんといっても次のコマで何が起きるか全くわからない時間が続きます。一瞬も目が離せないです。
あと各所にオマージュが入っていて、気付くとちょっとうれしいです。

今まで見た作品を引き合いに出すとエウレカセブン(AOじゃないですよ?)が近いと感じました。
特に4回あったアクペリエンスが印象かなり近いです。
夢の世界をアニメーションで描くというやってることは同じなのでそう感じたかもしれません。

作中で何度も言われている「インピーダンスをゼロに近づける」とか「インピーダンスを合わせる」とかですが、まあ簡単にいうとシンクロ率を上げろってことですね。

隠れた名作だと思います

少し人を選ぶかもしれませんが
久しぶりに続きが気になって夢中で一気に見た作品でした

よく解らない物語

各話のサブタイトルが音響用語?
でも物語とあまり関係がない。
よく解らないけど、はちゃめちゃで不思議な世界でした。

ココナとサユリさんが可愛いです。
♪タラッタラ♪タータ♪タラッタラ♪のBGMが何と無く好き。
ED曲が何故か妙に落ち着きます。

相性

怪奇難解な展開を重ねつつ、
詳細な説明を敢て省く一方で、
徐々に種明かししながら物語が収斂して行く。

お陰で、主題の解釈も、各人各様になってしまうのでしょう。
友情、母娘間または夫婦間の愛情と確執、等々、、、
でも、そもそもそんなもの、自由ですものね。。。


確かに、視聴者の好みによって、
評価が大きく分かれる作品だと思います。

でも私には、相性の良い作品でした。
面白かったです。


他の方々のコメントにも既にありますが、

作画の質も良かったですし、
何より、場面場面によって、色々な描画の仕方が採用されていて
大変楽しめました。
(主要人物達の眼が大きいのには、中々馴染めませんでしたが、、、)

また”ネタ”の方も、相性の良いものが、豊富でした。



それにしても、しかし、
研究推進目的の1つが、
向こうへ「最高のリアル」に会いに行くためとは、、、
恐れを知らぬ奴!!

ネタバレあり

全力疾走

アニメーターがやりたい事を好き放題にやって突っ走った結果がこの作品。
その熱意は見れば分かる。「考えるな、感じろ!」

よかった。

きちんと理解するには全く足りないが、好奇心をくすぐるにはちょうど良かった。

ラストは感動ものだけれど、そこまでのココナの悩みを知らないと分からない。

1話目を「くだらない」と思う人ほど、ラストまで見てほしいと思う。

私も、1話目を「くだらない」と思ってしまったから。

最高でした

何か色々と言いたい気もするけど、上手く言えないので、一言だけ。
最高でした。
心を空っぽにして、2週目に行きたいと思います。

刺さる人にはとことん刺さるアニメ

ストレンジな展開が続くので、観る人を選んじゃう部分はあるんだけど、刺さる人にはとことん刺さるアニメ。作画が凄かったり小ネタが満載だったりと、楽しめる部分もかなり多い。あとラストが凄く爽やか。
とにかく何かしら心を動かされることは確実なので、取り敢えず騙されたと思って観てみて欲しい一作。

この手の作品はむしろ枯れてしまった大人向かも

15年の放課後のプレアデスが好きだった方は気に入るのではないかと思う作品。
特徴的な絵面や全てを絵や台詞で明確には示さない類の作品なので、好き嫌いが明確に別れるとは思います。
自らが何者か見いだせない少女が何にでもなれる可能性と色んな形に見れる世界を知っていく姿に、軌道修正も効かなくなってしまったピュアなオジサンの1人として憧憬を念のを禁じ得ないw
終盤のまとめ方次第でしょうが十分名作になり得る気がします。

面白いのかもしれない・・・

謎すぎて逆に気になるwww
キルラキルを柔らかくしたようなアニメw

ナ・ン・ダ・コ・レ

とりあえず、3話まで視てください。
そしたら、多分、面白いと思えるはず。

1話時点では、ナンダカヨクワカラン。でも、面白そうかも?
2話目では、何でもありな作品か?
そして、3話でナルホド!オモシロイ!
と、私はなりました。

でも、これ、終着点に着く頃には話がガラリと様変わりしてそうだな(笑)

リスペクト

1話を見ただけでいろんな小ネタを見ることができると思います。
とりあえず、一つはナウシカの王蟲かとw これが1話だけなのか作品全体を通してなのかはわかりませんが。

1話の前半が動きが悪い・なんか変に思うかもしれませんが、後半の動きもりもりな所へ重点的に労力を振ったのだと思います。

状況適応能力。

このアニメで試されているのは、
わけわからん状態に突然放り込まれたとき、
その状況にいかに対応できるか、だと思います。

1話視聴時点では、正直、
「わけわからん(笑)」
という感想しか抱けませんが、そんな中で、未知の状況を楽しく過ごせる主人公がとっても魅力的ですね。

とりあえず、もうしばらく視聴を続けてみようかしら。

面白そう

面白そう!

キャラクター

パピカ

突如ココナの前に現れた”ミミの欠片”を探している不思議な少女。いつも明るく活発だが、時々、物怖じしない性格が災いすることも。

ココナ

祖母と二人暮らしをしている少女。中学二年生。クラス委員長を務める優等生。慎重な性格のため新しいことに踏み出せないでいる。

ヤヤカ

ココナの幼馴染みでクラスメイト。クールで男勝りな性格をしておりココナにとって頼れる友達。菓子パンのクリームボックスが大好物。

ソルト

“ミミの欠片”を集めているサングラスの男。表情がいつも読めない。

トト

謎の小学生。ユユの双子の兄。

ユユ

謎の小学生。トトの双子の妹。

ヒダカ

“ミミの欠片”について研究している科学者。TT-392や色々な発明品を生み出している。

サユリ

オペレーターの女性。ヒダカの変わった発明品に日々頭を悩ませている。

TT-392

ヒダカが作成したらしいロボット?で、見た目の割には高性能。様々な機能を持つが、いつもパピカに振り回されている。

ユクスキュル

ココナが飼っているペット。伸びたり縮んだり様々な表情を見せる。狭いところが好き。

先輩

ココナと同じ学校に通う中学三年生。美術部に所属している。

ココナのおばあちゃん

ココナと一緒に暮らしており、ココナの成長を見守っている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ピュア・イリュージョニスト / 監督:押山清高 / キャラクターデザイン・総作画監督:小島崇史 / コンセプトアート:tanu / 美術監督:スタジオPABLO / 音響監督:明田川 仁 / 音楽:TO-MAS / 音楽制作:ランティス / OP主題歌:ZAQ 「Serendipity」 / ED主題歌:TO-MAS feat. Chima「FLIP FLAP FLIP FLAP」 / プロデュース:インフィニット / アニメーション制作:Studio 3Hz /

キャスト
パピカ:M・A・O / ココナ:高橋未奈美 / ヤヤカ:大橋彩香 / ソルト:津田健次郎 / トト:井上沙香 / ユユ:歳納愛梨 / ヒダカ:福島 潤 / サユリ:日笠陽子 / TT-392:興津和幸 / ユクスキュル:村瀬迪与 / 先輩:大西沙織 / ココナのおばあちゃん:久保田民絵 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}