動画が再生できない場合はこちら

楽園追放

98

0

0

0

2

18

われわれはどこから来たのか、われわれは何者なのか、われわれはどこへ行くのか。

壮大なSF的ビジョンと目を見張るアクションが融合した、一級のエンターテインメントが誕生した。
それが『楽園追放 –Expelled from Paradise-』だ。

地球はナノハザードにより廃墟と化した。その後の西暦2400年、大半の人類は知能だけの電脳世界に生きていた。電脳世界に住む捜査官アンジェラは、戦闘力を誇るスーツ・アーハンを身につけ地上に初めて降り立った。そして地上調査員ディンゴと共に地上のサバイバルな世界に旅立った。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)東映アニメーション・ニトロプラス/楽園追放ソサイエティ

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(20件)

アンジェラちゃん

ヒロインのアンジェラちゃん、絵だけ見てクールな感じのキャラクターなのかと思ったら、声も性格も親しみやすくて可愛らしかった。
可愛らしすぎて(子供っぽくなりすぎて)逆に危なっかしい感じもあったのを、ディンゴお兄さんがうまくフォローしていて、その絶妙な掛け合いがまた楽しかった~。

面白かった

虚淵さんだなぁ・・・と言うのが素直な感想です。
でも素直に面白かったと感じました。
CGアニメでここまで表現したのは素晴らしいと思います!
映像化した皆さんの仕事は本当に素晴らしい!!
なのに★一つ少ないのは『最高ッ!!』と思えなかったから。
良くも悪くも『虚淵さんだなぁ・・・』と。

バルザックちゃんのおしり

テレビ放送で後半部分しか見れなかったので、頭から見るために視聴しました。
CMで放送していたライダースーツでバイクに乗って振り返るシーンは、ほんの一瞬だったなあ・・・
でもかっこ良かった。
エンディングのエリサの歌も、サビの部分がGoodだった。
実は、バルザックちゃんの実年齢は、見かけよりもっとお姉さんだったのはビックリ(^◇^)
全体として、虚淵さんの脚本は期待通り十分楽しめた。

ネタバレあり

楽園を追放されたのはどちらか。

ディーヴァと地球人類の対比が面白い。
「AIの物語」や「My Humanity」「バイナリ畑でつかまえて」「攻殻機動隊」も併せて読むと興味深い。
正直萌えアニメは好きじゃないがくぎゅヴォイスとアンジェラ尻も一見の価値あり。

ただ…ディーヴァたちのプロセッサの向上や新たな生産、記憶素子の増加に対して地球との関係などの踏み込みが甘いのはSFファンとして寂しい気はする。書きたいのはそこじゃないのは解ってんだけどさ。

SFとしては甘め、でも、楽しい一作

人が機械に意識を移したらとか、人工知能とか、そういったテーマのSFと捉えると、やや甘め。
突っ込みすぎると難解といわれるので、このくらいが気軽に楽しめる。
メカやアクションも見事だが、アンジェラ役の釘宮さんの演技では、ステレオタイプな役柄では見られない、いろいろな表情を見せてくれて、こちらも大収穫。

だからこそ人なんだ、と

劇場も鑑賞して円盤も何度も観て...
ふと思い立ってまたこの作品観たくなって観に来ました

今の世の中クソいニュースが氾濫する中でたとえ肉体と精神を離れて自由を獲得したかに思えても人類は愚かだから優劣を付ける

決して解放されないのだ

現実をみろ!現実と向き合え!その中で自分の意思を選択するのが真の自由なんだ
と言われているようで胸に突き刺さります

映像も素晴らしいですし後半の防衛戦も何度観ても迫力あります
気になった方には自信を持って「観てください!」とお勧めしたい作品です



ネタバレあり

大満足です

口コミにつられて購入してしまった…
だが、購入は間違いではなかった。

地上に残った人類。
電脳化した人類。
外宇宙へ旅立とうとする人類。
それぞれの思惑が織りなす物語に引き込まれました。

人物キャラの動きが多少ぎこちないのでフルCGだと思うが、よく出来ていると思う。
劇場版だけあって、作画は最高品質だと思います。
ロボ同士の市街戦は圧巻です。
パイロットスーツに魂を感じます。(笑)
目の下に熊をつくったアンジェラがカワイイ。
ロリ容姿アンジェラのサポートにはクールなオッサンがよく似合う。

このような作品があったとは…
劇場ではさぞ大迫力だったと思うと、見なかったことが悔やまれます。

良い大気圏突入

ロボのデザインから気になって視聴。評判通り面白かったです。

2回目の降下の最後、逆噴射しながら流れるシーンがむちゃくちゃかっこよかった。
シチュエーションもだけど、絵と音だけで感動させられた。

ネタバレあり

全く期待せず暇つぶしのつもりで見たらすっげえ面白かった

頑張る女の子とイカすオッサンとメカ。あと3D
いいよコレ

見て損はないよ

気になっていたので視聴。良かった。
スタッフに90年代/00年代/10年代の代表格がいて調和してる(結構オールスター)
まとまってるからこそ、もう少しわき役のドラマチックな描写を詰め込んで、
そこで視聴者に想像させてもよかったんじゃないかとは思う
セールスも良かったと記憶があるので、同じ世界の話が見たい

気に入りました、合格です。もっと早く知っていたらよかった。

題材はありきたり、設定もベタかもしれませんが、少しづつ工夫されています。
変にこねてなく、単純でわかりやすいく、映画として楽しめる作品です。
どうしてこういう作品が世の中に広く認知されないのか不思議です。宣伝や媒体に問題があるのでは?

名作です。

後味の良い作品です。

水中から釣られた魚は、水上という過酷な世界で、楽園を知る。

前情報をほとんど持たずに、虚淵玄さんの作品という事で鑑賞。

・・見事に、呑まれましたね。
光の珠に誘われて、アンコウの口に飛び込んだような気分。

この世界観。緩急のつけ方。そして苦味があるからこそ感じる、喉越しの爽やかさ。
さすがです。これなら、釣られて本望だ!!

ディンゴさんおし

実はストーリーには期待せずにアンジェラさんのエロ服めあてで見たんですか、意外にというかとんでもなく面白かった。見終わるころにはむしろディンゴのファンになってました。
夢を忘れた人間よりAIが音楽を楽しみ、宇宙を目指す。この内容でよく単発で分かりやすい話にまとめたなと思いますね。
メカアクションもすごい。アーハンを最初見たときはギミックは面白いけどいまいちかっこ悪いな、と思ってました。しかしロボットのデザインは、やはりアニメの中で実際に動いているの見ないと評価できない、つくづく実感です。高速で縦横無尽に飛び回り息もつかせず攻撃回避する。こんなすごいアクションが観られるとは思ってなかった。
本当に予想外に楽しめました。

ネタバレあり

I am that I am ...

同じ言葉、同じ文章でも
聞く状況や背景が違うと
どうしてこうも抱く印象や涌く感情が異なるのでしょう?

当然と言えば当然なのかも知れませんが、、、

色々と見せ場が沢山有るのですが、
この作品もまた、
最後の最後、本当に最後のあの場面を観る為の、100分間です。

職場でこのアニメの存在を教えて貰ったのですが
神谷さん好きの若い女性も
三木さん押しの同年輩の男性も
そうでした。
あの場面、なかなか良いです。。。

面白かった、おすすめです。

主人公が16才設定で、アレレと嫌な予感がしたけど、杞憂だった。納得できました。
オネアミスをちょっと思い出したけど、打ち上げはいいですね。最後までドキドキしました。
今どき珍しい健全設定で、バトルだけでない、夢や感動がありました。
誰にでも勧められる作品です。見る価値がありますよ。

ネタバレあり

ヒロインもいいけど

個人的には、相方のザリク・カジワラがとてもいい味を出しているキャラで、大好きです。

フロンティアセッターを交えた3者の関わりも、なんとも軽妙。それでいて切なさも残る味のある作品。

キャラの出方の数や情報量も劇場用アニメらしく適度に整理されているので、SFがあまり得意じゃない私でもしっかり判ります。

特に、ラスト間近のシーンで、友を送るために空に流れる彼の歌声が、静かに一番印象に残っていて大好きなシーンです。

レンタルでなんとなく借りて観て、そのシーンが何度も観たくてBD買ってしまいました(笑)

結構お勧めですよ!

そうそう、「虚淵脚本で(私が知る限り)初めて本当にハッピーエンド(爽快な終わり方)」になっている作品、だったと思います。たしか。

ネタバレあり

いい劇場アニメでした。

最近は、TV放映よりも劇場アニメの方が面白いですねぇ・・・
有名な声優さんを迎えて、長きにわたりアニメ鑑賞しているおじさんには嬉しい限りです。
釘宮さんの「ばかじゃないの!」が久々に聞けて、ニヤニヤしっぱなしです。
アンジェラのおしりもかわいかったけど、デザインとしてはちょっと“作り過ぎ”かな・・・
お話の内容も分かりやすくて良かったです。ラストもスッキリする展開になっています。
『銃夢』にも似たような話がありましたが。
枠を決めずに自分の足で生きるかどうか。自我を求めて生きていくか・・・。
総評としては、尺が短いから仕方がないけど、簡潔にまとまり過ぎて物足りない。といったところです。
もう少しインパクトのある骨太なお話にして欲しかったです。
(いい作品だったので、このように書かせてもらっています。)

次回作、あるなら期待。

楽園・・・それは自分に嘘をついている世界だった

精神的な創造の世界・・・人間が創り出したもので、限界がある。でも心に絶対に嘘をつかず生きることが可能となるならば、もしかしたら、人の心も魂も無限大、永遠のものとして生きることができるのかもしれないのではないか?

まさにSFの集大成

特に新しい発想はないけど、既知のSF考証をうまくまとめ、心地よいショートストーリに仕上げている手腕はさすがです。声優も何気に豪華だし。3DCGのキャラデザの表情や動きは、もう一歩足りない気もするけど、ロリキャラのアンジェラはかわいいです。

キャラクター

アンジェラ バルザック

電脳世界ディーヴァのシステム保安を担当する三等官。捜査官としてフロンティアセッターを探すため地上に降下する。サイバースペースでの調査や、機動外骨格スーツ・アーハンを使った戦闘には卓越した能力を持つ。

ディンゴ(ザリク カジワラ)

アンジェラのサポートのために徴用された地上のエージェント。効率一辺倒のディーヴァの流儀には人間味を感じておらず、飄々とした態度でアンジェラに地上の流儀を教える。地球の古い音楽を愛している。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ニトロプラス・東映アニメーション / 監督:水島精二 / 脚本:虚淵 玄(ニトロプラス) / 演出:京田知己 / キャラクターデザイン:齋藤将嗣 / プロダクションデザイン:上津康義 / メカニックデザイン:石垣純哉+齋藤将嗣+柳瀬敬之+石渡マコト(ニトロプラス) / スカルプチャーデザイン:浅井真紀 / グラフィックデザイン:草野 剛 / 設定考証・コンセプトデザイン:小倉信也 /

キャスト
アンジェラ バルザック:釘宮理恵 / ディンゴ(ザリク カジワラ):三木眞一郎 / フロンティアセッター:神谷浩史 / クリスティン ギラム:林原めぐみ / ヴェロニカ クリコワ:高山みなみ / ヒルデ トルヴァルト:三石琴乃 / アロンゾ パーシー:古谷 徹(友情出演) / イザーク:三宅健太 / ラズロ:遠藤大智 / 高官A:稲葉 実 / 高官B:江川央生 / 高官C:上村典子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}