動画が再生できない場合はこちら

planetarian~星の人~

43

0

0

0

2

7

天国を(ふたつ)に、わけないでください……
語り継がれる【星の系譜】は、感動の終幕(フィナーレ)へ

人間の愚かな戦争は、世界を雪で覆い、確実に滅びへと向かわせていた。隆盛を誇った文明も加速度的に荒廃していき、人口も10万人を切ろうとしていた。星すら見えないこの世界では、人々は地上で暮らすことも難しく、地下の集落に身を寄せ合って暮らしていた。かつて「屑屋」と名乗っていた男は、過去のある出来事がきっかけで「星屋」と名乗るようになり、“星の美しさ”を彼が訪れる集落の人々に伝えていた。その知識の深さとたたずまいから、いつしか、人は彼のことを“星の人”と呼び、敬うようになった。そして、世界を旅しながら、老いていく星の人には、ただ一つの心残りがあった……。星の人は、旅の途中行き倒れた集落で、レビ、ヨブ、ルツの三人の少年少女と出会う。星に興味を持つ彼らの姿を見ていると、かつて自身が若かりし頃に出会ったロボットの少女の面影が思い出されていく。彼女と出会った場所、そこは封印都市と呼ばれるところだった――。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

エンディングの

宇宙船がとても美しい。不思議と本編以上に心ひかれた。(外伝星の舟につながるイメージらしい)
本編は1章ー5章の続きで見たので、回想映像が重複しやや退屈気味。
星の人としての壮年期のエピソードがあるわけではなく、最後に訪れた村の子供たちに希望を託すが、それも淡々と綴られ、生涯の果てにようやく報いられ少しホッとする。
全編通じて星の界がさまざまなアレンジで奏でられるが、とても美しい。

ネタバレあり

見てほしい。

今このページにやってきた人すべてに、観てほしい作品です。

アニメーション映画が、「まだ生きている」と思える作品です。

見放題の前作3話も、良ければ先に観てほしい。

素晴らしいよ。

今まで見たKey作品の中で一番良かった!

Keyアニメが苦手な人にも勧められる素敵な作品だと思います。
他のKey作品に見られた特有のギャグ描写もなく、殆どの描写において他のKey作品に比べて、Keyっぽさが薄めでとても受け入れやすかったです。”ヒロイン”がドジっ子しちゃうシーンについては個人的に思うところもありましたが、それを差し引いてもKeyアニメ苦手な人も含めて、色々な人に勧めたい作品でした。
近年の綿密に構成された作品に比べると荒削りな部分もありますけれど、同じようにそれを差し引いても感動させる力のある作品だと感じます。感激屋の方はハンカチは手放せないんじゃないかなぁって思います。
いい作品を見させて頂きました。

とても良い作品です

ぜひ一度見てください。
久しぶりに感動しました。

いい作品

「天国を二つに分けないでください」の台詞は劇場版でない方もあったかと思いますが、本当にそうですね。0と1の羅列でなく、そこに心が、何らかのシステムが構築されているのならば、犬も猫も、そうであると知覚できたすべてに対して、分けないでほしいですね。

いいかんじ

なんかいいかんじの作品

回帰と継承

電子の頭脳と鋼鉄の身体。
生身の人間が敵う可くも無い存在。

唯一の救いは、、、

子供の頃、
そんな原則なんぞ、一顧だにせぬ物が、様々な物語の中で現れ初め、
物語の中と解っては居ても、それが戦慄と恐怖を呼びます。

その後も、続々と同様な物が登場し続けて、約半世紀、
その様な物達の方が、当たり前になって久しく、
しかも徐々に、それがお伽噺の中だけでは済まなくなって来そうな今日。

まさか、
あの古い約束を大事に守ってくれて居る者と再会出来ようとは!

呼び覚まされたこの気持ちは、
齢を重ねた視聴者の郷愁なのかも知れません。
陳腐で朱色に錆びた感謝なのかも知れません。

希望を感じさせないあの雪の中の埋葬の場面で、
温かさを感じる由縁は一体全体何なのでしょう。

報われたとは、、、
子供達に受け継がれることなのか、何なのか、、、
溜息が出てしまいます。

ネタバレあり

長く愛され続ける作品

前作から滅んでいく世界の中で、主人公「屑屋」のその後のお話です。
正直、あんまりにも悲しくて切ない話なので、お勧めできないのがもどかしいのです。
作品自体は、ほしのゆめみが誕生してから、十万年後までの構想があり、作品の世界はほぼ確立しているといっていいと思います。
この辺りが、本格的なSF作品として厚みを作っているのだと思います。
他にもエピソードがあるのですが、この劇場版ではざっくりと諦めて、最低限のシンプルな作りになっています。
前作からもそうですが、余計な説明をせず、視聴者に状況だけで世界を推理させるところは、良いと思います。
派手な演出も感情の起伏や脚本もなく、ただただシンプルに見せていく。
監督、スタッフが惚れ込んでいたからこそ出来た作品だと思います。
他のエピソードも見てみたかった。そこがまたもどかしいのです。
本日、イベント上映を見て、あらためて投稿させてもらいました。

純粋さを信じるのはだんだん難しくなりますが

ロボットであれば、アニメであれば信じてもいいという気になる、そういう純粋さがあるかと思います。配信版が好きな方なら、再構成されたものではありますが見て損はないかと。配信版を見ずにこれだけ見ても大丈夫です。萌絵ですし、それほど深いストーリーとは言えないのですが、アシモフのロボット三原則だとか、松本零士、手塚治虫、初期ガイナックス、あたりをふと感じる部分、熱があり、無人攻撃機やらが戦争に使われる時代には沁みる話だと思いました。Key作品は作りの粗さは感じますが、やはり他にない良さがあります。

キャラクター

ほしのゆめみ

花菱デパート本店屋上・プラネタリウム館で接客、および投影の解説を担当していたコンパニオンロボット。都市が放棄されて以後も、奇跡的に電力の供給が保たれたプラネタリウムで客を待ち続けた。

星の人

ある出来事から、数十年世界中を旅し続け、星のことを様々な集落で伝えていくようになった。いつしか彼のことを人々は星の人と呼ぶようになっていた。探し物をしている中、倒れたところを、レビ、ヨブ、ルツに助けられる。

星の人(青年時)

30年前の大戦により、荒廃した世界で廃墟と化した街から貴重資源を回収し、売りさばくことで生活している青年。かつてない財宝や資源を求めて【封印都市】に潜入し、都市を防衛している戦闘機械(メンシェン・イェーガー)から逃げ込んだ廃墟のプラネタリウムにて「ゆめみ」と出会う。

レビ

星の人が辿りついた集落で暮らす女の子。ヨブ、ルツたち三人のリーダー的存在で、明るく聡明。

ヨブ

星の人が辿りついた集落で暮らす男の子。やんちゃで勢いがあるが、レビには頭が上がらない。

ルツ

星の人が辿りついた集落で暮らす男の子。寡黙だが、三人の中では一番手先が器用。

エズラ

レビたちが暮らす集落の長。幼いころに話を聞き、憧れを抱いていた星の人を歓迎する。

エレミヤ

集落で暮らす女性。真面目で責任感が強く、レビ、ヨブ、ルツの面倒をよく見ている。

イザヤ

集落で暮らす女性。お茶目でノリがよく、真面目なエレミヤをよくからかう。

館長

花菱デパート本店屋上プラネタリウム館の館長。大戦勃発前は、ゆめみとともに働いていた。

三ヶ島五朗

大戦勃発前のゆめみの同僚。彼女のメンテナンスやデータ収集を担当していた。

倉橋里美

大戦勃発前のゆめみの同僚。彼女と一緒にプラネタリウム館のイベント等を担当していた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:「planetarian~ちいさなほしのゆめ~」(Key) / 監督:津田尚克 / 脚本:ヤスカワショウゴ+津田尚克 / シリーズディレクター:中山勝一+町谷俊輔 / 原作協力:Key/ビジュアルアーツ / キャラクター原案:駒都えーじ / キャラクターデザイン:竹知仁美 / メカニックデザイン:海老川兼武 / プロップデザイン:内田シンヤ / 美術設定:泉 寛 / 色彩設計:佐藤裕子 / 美術監督:竹田悠介+杉山祐子 / 3Dディレクター:長澤洋二 / 撮影監督:渡辺有正 / 編集:廣瀬清志 / 音響監督:山口貴之+津田尚克 / 音響効果:小山恭正 / 音楽:ビジュアルアーツ(折戸伸治+どんまる+竹下智博) /

キャスト
ほしのゆめみ:すずきけいこ / 星の人:大木民夫 / 星の人(青年時):小野大輔 / レビ:福 沙奈恵 / ヨブ:日笠陽子 / ルツ:津田美波 / エズラ:竹口安芸子 / エレミヤ:桑原由気 / イザヤ:石上静香 / 館長:滝 知史 / 三ヶ島五朗:櫛田泰道 / 倉橋里美:佐藤利奈 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}