動画が再生できない場合はこちら

陸奥圓明流外伝 修羅の刻

105

0

2

1

2

18

歴史の影に陸奥あり…
これは史実である。

平安の世より受け継がれている無手をもって戦うという伝説の武術「陸奥圓明流」。その不敗の道を歩み続ける陸奥圓明流を継ぐ者たちが、それぞれの時代の剣豪たちと対決する壮大なストーリー。三部構成で、第一部の「宮本武蔵編」は、江戸時代初期を舞台に、時代の巨漢・宮本武蔵と修羅の出遭い、最強の男を目指す者たちの宿命の対決を描く。第二部の「寛永御前試合編」は、江戸寛永時代を舞台に、柳生の陰謀渦巻く中、まさに開かれんとする御前試合において、柳生十兵衛と陸奥天斗の戦いを描く。第三部の「風雲幕末編」は、幕末を舞台に、時代の激しい流れの中、世界を見据えた坂本龍馬、尊皇攘夷を唱える新撰組、そして陸奥出海の活躍を描く。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(23件)

武の極みを見せてもらった

私も多少の武術をたしなむが、物語とはいえ、極めし所はここだろう。多くの武術がスポーツ化される現状は嘆かわしいばかりだ。まあ、ショースポーツ化された戦いなど、このアニメーションより劣る。

歴史も原作も知りませんが

一気に全話見ました。
かなり楽しめました。
陸奥は最強ですね。

いいじゃないか!

正直、原作が良すぎて、アニメは残念!
これはしょうがない!でも、
原作好きなら脳内補正で充分いけますよ!
沖田の最後の仕合の場面は、それこそ無音こそふさわしいけど、
アニメじゃそれは無理ですし!
だからこそ、脳内で原作補正しt楽しみましょう!
そう考えると、原作好きには、
また新たな楽しみが増えたと思いましょう!

まだ終わってない

続編まだあるよね

うーん

川原氏がいいと言ったのならあれが史実なんだろう…。
自分の中では掌と拳で叩き折ったことになっているんだが…をはじめいろいろとアレなところが。

原作とも何度もみる

「動」画としては評価わかれたようです?自分は動画だからこその魅力も感じました。何度も見ているというのがその理由でしょうか。沖田総司との最終戦、あまりみない表現方法で好きでした。あと原作と違い時代順になっているため子孫系列が想像しやすいのと、後半に至るに連れて刹那さが加速していくのが好きです。

ネタバレあり

真空波のがなんかこれじゃなかった

でも面白いね

面白いんだが

セリフの言い回しところどころ残念なんだよなぁ。
映像だと仕方ないことかもしれんが、全体的には
面白いんだけどなぁ

ネタバレあり

いいなぁ

原作どおりの作品だと思います。面白かったですね。

うん^^

楽しかった^^
できればほかの外伝もやってほしい~♪

修羅の門から…

修羅の刻、そして修羅の門 第弐門まですべて原作を持っていますが、やはりアニメも最高に面白い!
私自信、色々な武術・格闘技・古武道・拳法etc…の経験が在るので強敵に相対した時に自然と笑みが出るのは…
漢として緊迫感を楽しんでる事を理解し共感できたので超オススメです!!

うーん、残念ですね

全体的に、演出がまわりくどくて話のテンポが悪かったように思います。原作ファンとしてはかなり残念な出来。逆に原作を読んでいなければ、この修羅の門設定はかなり新鮮に感じられると思うので、おすすめ度は2としています。

なんでこれこんなおもろいの?

最高
これ以外に言葉がない

意外に感動する

最後あたり見応えありました。

正伝とか外伝とかちっちゃなこというな。

これは陸奥Historica、用は伝記さね。
それぞれ短編ではあるが見ごたえある作品じゃねえか。
時代と絡ませてすごく良くできてる。
過去から今へと繋がっている。

楽しく見れるのが一番。楽しもうぜ!

カッコ良すぎる

皆、不器用で、でも信念をしっかり持っていて男の中の男って感じでかっこいい。

痛快なのぢゃ!

陸奥圓名流が実在したと教えられたら信じてしまうかも・・・と思えるほど自然な流れで、しかも痛快無比にしてイヤミのないストーリーと登場人物たち。そして王道とも言える食いしん坊の主人公www娯楽作品として最高です。

文句なしに面白い

作品の名前は知っていましたが、実際に見るのは初めて。余りにも面白すぎて一話がすごく短く感じました。誰でも知ってる歴史上の人物や剣豪が多数登場、そして彼らとの一騎打ちは熱い。無手対真剣の緊迫感も見事に演出されていて文句なし。また、格闘オンリーではなくストーリーも楽しめる点は素晴らしいです。ヒロインなども魅力的で文句なしの面白さです。続編に期待作品です。

やはり面白い(・ω・)

3部に別れていて話し自体は短い。
けれど、登場人物はみな個性的で飽きない。
もっと見てみたいと思えるほどに。

漫画は読んでいたけど、アニメも悪くないですね。

別の話しも見てみたいです(`・ω・´)

どの対決もすばらしい

強豪との対決のスピード感はどれも素晴らしいものがありました。

ただ、おしむらくは柳生重兵衛との再戦が端折られたのと、沖田総司との対決を描いた24話の作画や演出がどうにも残念すぎるところでしょう。

24話の作画はこの作品の最大の汚点といっても過言ではないでしょう。

ネタバレあり

第2シーズン希望!

 原作のファンだったのでその流れでアニメ版も視聴しました。
 当時から見ても派手さに欠けますが地に足がついたドラマは一見の価値有り。
 またこのスタッフで続編を希望したく思います。
 出来ればOVAでも結構ですのでアメリカ西部編や源平編、そして“不破圓明流”誕生編辺りで第2シーズンを実現していただけたならば望外の喜び。

単一主人公で延々と続く正伝と異なり

陸奥〇〇の物語として完結している分、映像化し易かったんでしょう。本作品は、動きや効果も良い良作ですが、先に書かれている方もおりますが、私も「アメリカ大陸(西部開拓時代)編」が好きで、涙流しながら読んだものです。映像化するなら是非と思っていましたが、江戸時代前期、初期、終期~明治初期(2部作)の4作を映像化しただけで終わってしまったのが残念でなりません。OVAで良いから是非続編を作って欲しいものです。
実際、原作ではこの江戸4部作以外にも「アメリカ大陸編」、「義経(奥州藤原家滅亡)編」、「信長編表/裏(不破誕生編とも言う。)」、「明治時代(姿三四郎)編」とあり、それぞれ非常に魅力的な完結作品に仕上がってます。
この作品は、正伝の伏線となるエピソードが多数散りばめられており、もし正伝の「修羅の門」を読むなら、まず外伝である「修羅の刻」を先に見て、又は、読んでからの方がより楽しめると思います。

ネタバレあり

正伝とはまた違った感動があります

正伝(修羅の門)が月刊マガジンで復活してますが、こちらは陸奥圓明流のご先祖様が
歴史上の偉人達とのやりとり、そして戦いといったある意味「陸奥圓明流の正伝」とも呼べる
作品です。
原作ではこの後も続き、「 アメリカ大陸編 」「 源義経編 」と「 織田信長編(表)(裏) 」
と続いているんですが・・・何気に陸奥の一族って恐ろしい人物の血筋まで持ってますよね・・・(笑
ちなみに正伝でも出ている○○は「アメリカ大陸編」に出ている○○の曾孫?なので
気になる方は原作を要チェックです!
個人的には「アメリカ大陸編」が一番好きだったのでアニメ化と聞いた時は大喜びしたんです
・・・だってアニメ化された当時コミックも「アメリカ編」が最新巻だったんですよ?(苦笑

まぁ、それを抜きにしてもこの作品は「修羅の門」を知らない人達にまで影響を与えた良作で
或ことは間違いないと思います。

長文失礼しました

ネタバレあり
見どころ

川原正敏原作の格闘技マンガ「修羅の門」。その劇中において主人公が使用する架空の古武術の流派が陸奥圓明流である。この陸奥圓明流の歴代の使い手の姿を描く外伝的物語が「修羅の刻」だ。アニメでは、時系列順に三部作として再構成されており、各時代の陸奥圓明流の使い手が登場する。宮本武蔵に柳生十兵衛、坂本龍馬に新撰組など、「誰もが知っている歴史上の人物と陸奥圓明流の使い手たちの決闘」というわかりやすいテーマを掲げ、戦うことでしか分かり合えない男たちの友情を丹念に浮き彫りにしている。特に幕末が舞台となる第三部(第15話〜)は、この時代ならではのスケールの大きな物語が展開している。(アニメライター 川田鉄男)

キャラクター

陸奥八雲(第一部)

数百年無敗といわれる幻の武術「陸奥圓明流」を継ぐ者。刀などの武具を用いず「無手」によってのみ闘うと伝えられるが、その業については殆ど知る者がいない。

宮本武蔵(第一部)

史上最強とも噂される伝説の兵法者。二刀流の剣士として、その名は日本中に轟いている。強い相手を求めて諸国を旅している。

宮本伊織(子供時代)(第一部)

武蔵のただひとりの弟子。預けられていたところを飛び出して武蔵を捜している。

吉祥丸(詩織)(第一部)

小さい藩の先代城主の子。新たに城主になった叔父から、その存在を警戒され命を狙われている。

陸奥天斗(第二部)

伊織と圓の前に突如現れた謎の男。普段は右目をつぶっているため、伊織に柳生十兵衛と間違われる。圓の目的を知りながら味方として行動をともにする。

圓(第二部)

「陸奥」を名乗り、家光が催す御前試合の出場者たちに勝負を挑む少女。恐るべき体術を見せ、柳生の遣い手たちを一瞬で倒す。その正体と目的とは…?

宮本伊織(青年時代)(第二部)

天下一と謳われた宮本武蔵の弟子。師と同じ二刀流を用いる。御前試合出場のため江戸に向かう途中、圓と天斗に出会う。

柳生十兵衛(第二部)

史柳生最強と噂される剣士。隻眼として広く名を知られる。その剣気は佐助をして、武蔵と同質と言わしめた恐るべき男。

佐助(第二部)

圓に付き従う忍び。幼い圓を育て上げ、その技を伝えた。

柳生兵庫介(第二部)

尾張柳生の剣士。柳生流正統をかけて御前試合に参加する。

柳生宗矩(第二部)

江戸柳生の当主にして十兵衛の父。将軍家指南役である柳生流を守るべく暗躍する。

陸奥出海(第三部)

幻の武術「陸奥圓明流」の遣い手。桶町千葉道場を訪れ坂本龍馬に試合を申し込む。

坂本龍馬(第三部)

土佐より江戸に剣術修業にきて出海と出会い行動をともにする。後に海援隊を設立。薩長同盟成立に尽力し大政奉還を成し遂げる。

沖田総司(第三部)

幼いときに近藤勇の試衛館に入門。その後新撰組に加わり天才剣士として知られる。出海と戦い、その強さに魅せられる。

土方歳三(第三部)

「人斬り集団」新撰組の副長。その厳しさと剣の腕から討幕派の志士に恐れられた。

桂 小五郎(第三部)

長州藩士出身、後に木戸孝允に改名。倒幕運動における長州側のリーダーのひとり。明治維新後は新政府の一員として活躍する。

武市半平太(第三部)

土佐藩出身、尊攘派の下士たちを集め、土佐勤王党を結成。ただその過激な活動が土佐藩主、山内容堂の逆鱗に触れ投獄、切腹に処される。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:川原正敏「陸奥圓明流外伝 修羅の刻」 / 掲載:「月刊少年マガジン」(講談社刊) / 監督:三澤 伸 / シリーズ構成:武上純希 / キャラクターデザイン・総作画監督:浜津武広 / 美術監督:西倉 力(スタジオじゃっく) / 音響監督:松岡裕紀 / 音楽:蓑部雄崇(ウェーブマスター) / 音響制作:神南スタジオ / アニメーション制作:スタジオコメット / 製作:テレビ東京・創通映像・マーベラス音楽出版 /

キャスト
陸奥八雲(第一部):高橋広樹 / 宮本武蔵(第一部):松山鷹志 / 宮本伊織(子供時代)(第一部):菊池 心 / 吉祥丸(詩織)(第一部):升 望 / 沢庵和尚(第一部):石原 凡 / 陸奥天斗(第二部):遊佐浩二 / 圓(第二部):鈴木真仁 / 宮本伊織(青年時代)(第二部):渡辺浩司 / 柳生十兵衛(第二部):竹本英史 / 佐助(第二部):宮澤 正 / 柳生兵庫介(第二部):石井康嗣 / 柳生宗矩(第二部):亀山助清 / 陸奥出海(第三部):郷田ほづみ / 坂本龍馬(第三部):遠藤章史 / 沖田総司(第三部):中村悠一 / 土方歳三(第三部):楠 大典 / 桂 小五郎(第三部):伊藤栄次 / 武市半平太(第三部):内藤 玲 / 千葉定吉(第三部):外波山文明 / 千葉さなこ(第三部):平田絵里子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}