動画が再生できない場合はこちら

鬼公子炎魔

20

0

0

1

3

1

殺意・嫉妬・欲望。「魔」は心の闇を好む。
「魔」の蠢きに心も身体も蝕まれていく…。

永井豪原作の人気漫画「ドロロンえん魔くん」が、アダルトタッチのデザインでリメイクされたOVA作品。炎を化生とした炎魔(えんま)の使命は、魔界より逃げ出した「魔」を狩ること。そのために、パートナーである氷を化生とした雪鬼姫(ゆきひめ)、情報収集担当のカパエルと共に人間界で探偵をしていた。そして今日も、炎魔探偵事務所に依頼主がやって来る…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

出典はあの名作だったのか!

 視聴してしばらくは、元が「ドロロンえん魔くん」だとはサッパリ気づきませんでw 原作の名前だけ知っててアニメも漫画も知らない弊害でしたw
 成長したのでえん魔→炎魔、雪子姫→雪鬼姫と改名と相成ったようですけど・・・いや~雪鬼姫、素晴らしい成長具合ですね!w いや炎魔も根っこはそのままっぽいけど(雪鬼姫の入浴を覗いてたw)すごいハンサムガイに成長してたのでお似合いでしたー^^
 人間界における魔界や妖怪関連の事後処理行を営んでる内容だったんですけど、最終的に人間たちは誰一人救われてないというヒサンな結末になっちゃってました^^; まぁ炎魔がキッチリ雪鬼姫を助けてたんでよかったかな?個人的には。
 もうちょっと整理すれば、妖怪探偵もののTV作品・全十二話みたいな感じになったんではないかと。ただその場合、雪鬼姫のサービスシーンはカットなんだろうな~・・・w サクッと見れますので視聴はお勧めです。

ネタバレあり

カウンセリング

あくまで目的は
”脱獄”した魔の捕獲、もしくは殲滅。
人間の救済に非ず。

ここの処が終始貫徹されていて良かったです。

そして音楽の使い方が非常に印象的でした。
これもとても良かったです。



それから、、、
肝試しとか、その様なこと、全く趣味ではありませんし、
心霊現象とかオカルトとか、全く信じていませんが、
もしも、万が一、あの様な場面に遭遇したら、、、
彼らの言い分・身の上話しを、親身に聞いて上げなくては、、、
そう思いました。

ネタバレあり

上質な大人向けホラー

「ドロロンえん魔くん」の続編的作品だが、子供時代の明るいえん魔くんや雪子姫はいない。
魔に取り憑かれた人間や関わった人間は誰ひとりとして助からないし、なかなか陰惨な結末を迎えるが
そこが良い。
ホラーとしての描写がエログロともに優れていて結構怖いのがまた良い。
たまにはこういう作品も見ておかないと、バランスが取れないと思うのでオススメ。

やっぱ炎魔君

適度なエロス、やり過ぎないが、刺激的なバイオレンス。
心理描写も濃いめで、良い感じのOVA作品です。
ビジュアルを見ると、誰だこのイケメンとクールビューティは!
と、驚きますが、見ていると、やっぱりちゃんと、えんま君と、ゆきちゃんです。
その関係もしっかり押さえてあって、嬉しいですよ。
後半サスペンスモードに入っていき、なかなか見応えがあります。
もうちょっと見てみたかったな、このメンツで、と思いました。

隠れた名作

映像のクオリティは高いし設定もいい、シナリオだって人間の闇(病み)を描いてて面白い。
4話で終わりはもったいない気がする。
もっと続けてもよかったんじゃないかな?
適度なエログロがナイス。なにより雪鬼姫が可愛ry

見どころ

漆黒の夜の闇、静寂を破る女性の叫び。酸鼻のきわみ、血の臭い。そんなJホラーのダークさから始まる本作は、『ドロロンえん魔くん』を大人の観客向けにリメイクした異色作である。みどころは、美しく成長した炎魔くんと雪鬼姫のコンビネーション。人に害を与える妖怪たちに対し、超然と立ち向かうクールな微笑は、男女を問わず陶酔させる魅力がある。リアルになったカパエルのギャグも健在だ。永井豪の原作に一貫して描かれてきた、人の心の中に潜む《深い闇》が妖怪にリンクし、惨劇を招くという急所も押さえてあり、人間サイドのドラマも見応え充分。怖くて笑えて、そして人の悲哀を考えさせられる必見の怪奇アニメである【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

炎魔

炎が化生した「魔」。魔界より逃げ出した「魔」を狩るために人間界にやってきた。人間界では探偵をしている。

雪鬼姫

氷が化生した「魔」。雪女族のお姫様で炎魔のパートナー。炎魔探偵事務所で炎魔のアシスタントをしている。

カパエル

河童の妖怪。炎魔探偵事務所の情報収集屋。人間界に一番馴染んでおり、キャバクラでバイトしている。

シャポ爺

炎魔の頭の上にいる帽子型の老妖怪。地獄界の生き字引的存在。

ローラ

ドイツ人の父と日本人の母を持つハーフ。高校生。父親の前では良い娘を装うが…。(第1話ゲスト)

ハインリヒ

ローラの父で大学教授。妻に先立たれ、娘と二人暮らし。ローラを大切に思っている。(第1話ゲスト)

波多七美

カパエルがバイトしているキャバクラ「らぶっ子学園」に勤めるキャバ嬢。彼氏・サブのために嫌な客にも耐えて頑張るが、彼の浮気現場を目撃してしまい…。(第2話ゲスト)

サッちゃん

怪情報をくれるカパエルのメル友。いつも相談にのってくれるカパエルに軽い憧れを抱いている。(第3話ゲスト)

鮎川アユ

引っ込み思案な性格の女子大生。洋館で鳴り響くピアノの音に過剰反応していたが…。(第4話ゲスト)

法印大子

積極的な性格の女子大生。アユとハイキングをしていたところ、洋館に迷い込んでしまう。(第4話ゲスト)

吉永

高校教師。女子生徒に「エロなが」とあだ名を付けられ、バカにされている。(第4話ゲスト)

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:ダイナミック企画 / 原作:永井 豪 / 監督:神戸 守 / シリーズ構成・脚本:吉岡たかを / キャラクターデザイン:小丸敏之 / 魔物デザイン:田中 良 / 美術設定:青木智由紀 / 美術監督:荒井和浩 / 色彩設計:原田幸子 / 撮影監督:高橋圭祐 / 編集:瀬山武司 / 音響監督:清水勝則 / 音響効果:西村睦弘 / 音楽:小西香葉+近藤由紀夫 / 音響制作:ザック・プロモーション / アニメーション制作:ブレインズ・ベース / 製作:バンダイビジュアル /

キャスト
炎魔:徳本恭敏 / 雪鬼姫:千葉紗子 / カパエル:佐藤せつじ / シャポ爺:長島雄一 / 弁天ユリ:小林沙苗 / 網走直次郎:細井 治 / 小炎魔:甲斐田裕子 / ローラ:小松由佳(第1話ゲスト) / ハインリヒ:内田直哉(第1話ゲスト) / 波多七美:能登麻美子(第2話ゲスト) / サッちゃん:山本麻里安(第3話ゲスト) / 鮎川アユ:吉住 梢(第4話ゲスト) / 法印大子:岡本麻弥(第4話ゲスト) / 吉永:咲野俊介(第4話ゲスト) /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}