動画が再生できない場合はこちら

亜人ちゃんは語りたい

77

0

0

1

1

14

キュートな亜人(デミ)ちゃんには、
キュートな悩みがあるのです!

サキュバス、デュラハン、雪女、そしてバンパイア――。僕ら人間とちょっとだけ違う、それが「亜人(あじん)」。最近じゃデミと呼ばれてます。そんな個性的な「亜人(デミ)」ちゃんたちと、彼女たちに興味津々な高校生物教師・高橋鉄男が繰り広げる、ちょっと刺激的でハートフルな学園亜人コメディ!

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)ペトス・講談社/「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(16件)

ほぼ原作どおり

多少の改変はあったようだけどほぼ原作どおりなので、原作ファンは安心しよう。
声が付くとサッキーの破壊力は大したものだw

琴線に触れるものが

孤高の天才、みたいなお話が大好きなのでタイトルだけで観てみたら、まさかのハートウォーミングなお話。
悪人が存在しない御伽話なのに、嘘臭さも説教臭さも無く、キラキラ輝く何かを見たような気分になりました。

まさかアニメで「個性」について教えられるとは。
見る前とは自分がちょっとだけ変わったかも。

面白い

ほぼ原作通りでした!

セカンドシーズンは?

色々面白いけど、サキュバスの恋愛の行く末を見たい気がするw

思ってたより…

いい意味で思ってたのと作品の中身が違ってたので良かったです♪ 

あと、余談ですが、高橋先生の表情がたまに“ドロヘ●ロ”で出て来るキャラの誰かに似ている!!
と、思ってしまった自分です。(^^;

ネタバレあり

亜人ちゃんは語りたい 

2期が楽しみな作品でした。

なるほど!

他の方がレビューされているように、テーマを亜人(現代的には精霊や妖精、モンスター)に起きつつも、彼彼女たちの日常を主体に丁寧に描かれている作品だと感じました。
具体的な事はしっかりと説明されている方もいらっしゃるので、ヤボなことは記しません。
刺激を追求される方にはオススメ出来ませんが、そうじゃない方はぜひ一度ご視聴ください。

関係ない話かもしれないが。

学生の時、身近にいた身体障害者等、ハンデを抱えた人との接し方に悩んだ事を思い出した。

表情豊かです

2日で一気見しました。3人が年上男性を慕うところが絶対可憐チルドレンのようです。
雪は時々三宮志穂のような表情してます。お勧めの一本です。

すべての人にお勧め。

良い。とにかく良い。

そこにあるテーマは「亜人=デミヒューマン」という、ファンタジー。

しかしそれでいて、現実的日常系。

ラブコメあり。笑いあり。ちょっと感動あり。

バトルとかは無し(笑)

こうゆうの好きな方には、全員に最高にお勧めします。

ナイス見放題。

真摯

少数派・多様性に向き合い、丁寧に作られてる真摯な作品だと思った。
ライトに視聴できるが、しっかりしたテーマがある。
女の子の作画も可愛くさりげないエロさもあり〇。
諏訪部さんのおっさん声も魅力的。

私ちゃんはコミック読みたい

異能+現実世界。
こういう系統の作品は前からあるけれど、違和感なく融合させるのは意外と難しい。
大抵は真面目に描くとダーク物語かSF物語になり、真面目さを排除しようとするとドタバタコメディにするしかない。
なぜなら、現実の人間は異質なモノを差別し排除する性質があるから。

単純に「異質なモノ+現実な日常」を描くと不自然になってしまう。
しかし、「異質なモノとどう付き合っていくか」を主軸にすることで上手く融合できる。

亜人の特徴を民俗学・生物学・科学の分野から考察して様々な問題を解決していく。
すごく面白い描写です。
いいお話が沢山あります。
コメディも面白いです。
恋話も面白いです。
(佐藤先生がんばれ)

アニメにしても

面白いね
コミックがまだ続いてるんで楽しみです

いいお話でした

見終わった後、ほ〜うっ と出来る
ほのぼのとした良い作品でした。

このまま余韻を残した完結も、
原作を追っての続編有りでも、
どちらでも嬉しい作りになっています。

飛び出す絵本風のOP、
最終回のプール遊び、
雰囲気が有って、とても気に入りました。
(脚本ではなく、OPの作詞を担当されているのですね、、、)


ところで、
もしも続編が制作されるのでしたら
第10話成分、もっともっと、楽しみたいです。

あと、
サキュバスとインキュバス、関係、どうでしたっけ?

ほのぼの~♡

亜人と言うより妖怪だよね。でも、なんてほのぼのとしていることか。和む~♡。それにしても、佐藤先生の胸元♡、色っぽい、さすがサキュバス!

SF的日常系の魅力全開!!

ほんわかしたアニメが見たくて
息子に勧められていた事もあり視聴してみました。

SF的日常系アニメでありがちな『ご都合主義』的な展開なのかと初めは思っていましたが
以外にも『リアルに亜人が居たら、、、』的な感じで、いい意味で驚きました!
原作コミックも5巻までとアンソロも電子書籍で購入してしまう程楽しかったです。

まだまだ先にはなるでしょうが、2期にも期待しています

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ペトス / 掲載:「ヤングマガジンサード」 / 発行:講談社 / 監督:安藤 良 / 構成・脚本:吉岡たかを / キャラクターデザイン:川上哲也 / 美術監督:針生勝文 / 色彩設計:赤間三佐子 / 撮影監督:宮脇洋平 / CG監督:那須信司 / 編集:西山 茂 / 音響監督:明田川 仁 / 音楽:横山 克 / 制作:A-1 Pictures / 製作:「亜人ちゃんは語りたい」製作委員会 /

キャスト
高橋鉄男:諏訪部順一 / 小鳥遊ひかり:本渡 楓 / 町 京子:篠田みなみ / 日下部 雪:夏川椎菜 / 佐藤早紀絵:日笠陽子 / 小鳥遊ひまり:Lynn /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}