動画が再生できない場合はこちら

月がきれい

125

0

0

0

5

21

わたしにとってそれは…まるで月あかり

茜と小太郎。中3で初めて同じクラスになり、出会った2人。クラスメイト、部活仲間、教師、親…周囲との関わり、自分の成長。変化と不安に追いかけられながら慌ただしく駆け抜ける季節の中で、瑞々しくもめくるめく、思春期の恋。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(26件)

良作です。

数あるアニメの中でも感情移入できる作品は稀なのでとても貴重だと思いました。
思春期にありがちな等身大ドラマで、あの頃の思い出と重ね合わせて視ている方も多いと思われます。
キャラ、背景は申し分ないのですが通行人などの人物CGに違和感を感じるのと後半作画が崩れるのが気になり少し残念です。
とは言っても作品自体はとてもよく出来ていると思いますので、是非とも見て頂きたいです。

珠玉の中学三年生の初恋物語

私はバンダイチャンネルで大して間を置かずに見ることができましたが,本放送中は悶絶死する人続出だったでしょうね…
リア充とか陽キャとか,そんな俗っぽい言葉とは対極に位置する初心な中学三年生同士の,宝箱のような恋物語.
絶対のおすすめです.

とても美しい

青い、甘酸っぱい!

とても美しく良い作品だと思いました。
終わり方もとても綺麗ですね。

おすすめです!

破壊力抜群

幼く、拙く、純粋であることしか知らない想いをストレートに描いた破壊力は抜群。
中学生の金銭感覚や心理・行動描写もリアルで、思わず主人公の2人に感情移入してしまいました。

この作品を見るときは、にやける口元やあつくなる目頭を我慢しなくて良いようご準備を。

いいな

昔の想い出がよみがえってきました。
こんなハッピーエンドはなかなかリアルではないかもしれないですが、凄く綺麗にまとまってて違和感なく、ただただキュンキュンしたました。

月がきれいですね。

引き込まれていきます

最近の学生は、こんな感じなのか~

と、見ているうちに引き込まれていき
気が付けば、一気に見入ってしまった


主人公が、最後に自分の思いを自分の口から躊躇いながらも言えたところで感動MAXです


エンドロールも、ニヤニヤしながら見てしまった・・・

ネタバレあり

初見で一気見しました

なんと言うか、歯がゆくて面映くてじれったくて甘酸っぱい。
そのうち、自分自身の遠い昔の恥ずかしい思い出が次々とよみがえってきてしまい、いてもたってもいられなくなりました。
原作があるのかなと思ったら、やはりないんですね。
この空気感は、小説で表現するのは難しいだろうし、漫画でも無理なんじゃないかなと思います。
アニメにしか表現できない世界が、まだこんなところにもあったのかと驚かされました。

小説家は?

 当人達の目標が、どうなったのか気にですね。
特に主人公

西尾を応援してたんですけど……

安曇に「はねてるくん」と(好意感アリアリで)声をかけた
明るくて屈託のない性格の西尾には好印象で
西尾を応援してたんですけど、やっぱりダメでしたねぇ
終盤、安曇と水野は別々の高校に行くことになり
しかも水野は他県へ引っ越し
これは、流れが西尾の方に来てる!?
安曇と同じ高校に通うので、安曇の様子を伺うことは易く
焦らずに遠距離恋愛で起こるであろう齟齬と仲違いを待ち
そこに生じた間隙を突けば……なんて、思ったんですけど
西尾はそんな老獪なことはやらないです
卒業・入学の節目に圧倒的劣勢も構わず、ケリをつけます

本作で印象的だったのはL○NEの使用描写が多いことです
私、L○NE使ったことないんで、よくわからないんですよ(汗)
着信音「アッオー」が独特なI○Qは、昔、使ってたんですけど
全然違うんでしょうか?
あと、安曇の天井照明のプルスイッチでシャドーボクシング

ネタバレあり

最終回のエンドロール「それから」

まさに「それから」です。山あり谷あり谷ありの「それから」なのでしょうが、そんなことにはふれず、本編はさっと終わる。大人としては、「それから」がずっとしんどいことを知っているので、よい終わり方でした。本当に毎回ハラハラドキドキで見てました。若いってよいな。でもおじさんは、「それから」のそれからが本当の茨の道であることを知っているから、、、

特別でないという特別

この話は男女の出会いから恋に落ちていく様子、すれ違いや失恋などを昨今稀に見るくらい丁寧にゆっくりと描いている意欲作でした。

何より私がすごいと思ったのが、この作品には特別がないという事でした。
病気や死、戦争だったりという物語を回すには原動力が必要ですが、この中にはそういうものがなく。
徹頭徹尾、平和な日本であれば誰にでも享受できるかもしれない日常を描いているにも関わらず、話に引き込まれるという事にスタッフの構成力や演出力の高さがあってすごいと思いました。

まぁただ個人的にはリアルすぎてまぶしすぎる青春にいら立ちのようなものを覚えてしまうので、似たような感覚になった方もいるのではと思いました。

途中途中で流れる、東山奈央さんのカバー曲がとてもよく作品世界に嵌っていてとてもいいです。
特別でない事がどれだけ素晴らしいか教えてくれる作品かもしれません。

純粋な

遠い昔に経験した。忘れていた気持ちを思い出させてくれる作品でした。

良かったぁ~

少し地味かなぁ?って敬遠がちでしたが
話が進むにつれ、引き込まれてしまいました。

鉄板のハッピーエンドでしたが、心から良かったと思えた作品でした。
好きな人が自分を好きになってくれるなんて・・・奇跡ですよね。

もし食わず嫌いなら勿体無いです。

中学生の男女の初恋を描いた物語です。
かなりキュンキュンしてしまいます。
全体的キレイに纏まっており、
全話視聴後に「良かった」と思える内容でした。

もし「恋愛ものはちょっと…」という理由で敬遠しているのであれば
見ないのは勿体無いと思います。

リアル゜+.(◕ฺ ω◕ฺ )゜+.スキ♡

初々し過ぎて可愛いなぁ
ホント好き!!!!!!!こたちゃんとあかねちゃん大好き♡♡

お母さん達も本当優しい泣けちゃうよ......

心が洗われる

ちょっとした場面で涙腺が緩みます。
大人になって荒んでしまった心が洗われるからなのかもしれません。
木漏れ日のように優しい映像。
要所要所に甘酸っぱい名曲が東山奈央さんのカバーで挿入されます。
ラノベ商業作品全盛のなかで珠玉の作品。

若いって素晴らしい!

今時の中学生って進んでるんですねぇ~
懐かしい挿入歌も最高!
どこまで続くか楽しみ!

お願いします!文庫化して下さい!今すぐに!!!

初々しい作品は好きか嫌いか分かれるだろうけど、自分は凄く好きな作品です。文庫化してくれないかな♪じっくり読みたい!!

キュンキュンしたい人はオススメです。

ドキドキしながら観てます

こんなにハラハラ、ドキドキしながら観るアニメもなかなか無いです。
まさに青春!

やめられない やめられない

うぅっわぁ~~~ こそばゆぅ~~い!!
昨今のハーレム&サービスだらけのアニメを根底から否定する純恋作品。
おじさんもこんな経験欲しかったな~。
おじさんの時代、そういうのほとんど無理だったからな・・。
ED後のおまけを否定する人もおりますが、あれはギャグパートとしてみたほうがいい。
弱虫ペダルのあれと同じです。
こんな無垢な作品が何気に現れるからいい歳こいてもアニメがやめられない。
おまけにどシングルだし。
でも、露骨な川越市聖地化計画を推奨するのは勘弁して下さい。

非常に良い作品…

なんか、昔を想い出す作品…。初めての彼女が出来た時は、こんなだったよな…被りすぎ。
まぁ、今では微塵も欠片も無いですがね…(笑)

おおお、ずごいイイ!

さいしょ地味だけど、ゾクゾクするし高品質だし・・・イイ!

とてもとてもきれいな話

昨今のラノベ系作品が好きな人には、ちょっと向かないかもしれない、
とてもオーソドックスでファンタジー要素も、ネタや飛び道具(オタク系キャラ、ツンデレとか)も存在しない、
極々普通の少年少女の恋愛話というのが、とても良いです。

普通の子たちが、普通に恋愛し、失恋し、友情と恋愛の狭間でジレンマを覚える。

今も昔も変わらない、恋愛模様。

現代のツールによるコミュニケーションと、主人公の少年を支える純文学。
新しいモノと古いモノが上手くストーリーと絡んで表現されていて、
本当にすべてにおいて綺麗にできていると思います。ちょっと言い過ぎかも?(笑)

ダマされたと思って一度、3話くらいまで視てみてください。きっとハマりますよ!

もよもよ

うーん、何ともモヨモヨしてくすぐったくて胸が苦しくなります(なんだそりゃ)。自分を顧みれば中学高校とこんなのは全然無かったなー(遠い眼)。まぁ今は妻も子もいますが(妻とは大学で出会った)。それはともかく、こういう感じの物語もいいですね。それと音楽がすばらしい。OPもEDも挿入歌もBGMも。サウンドトラックで出たら買っちゃいますよ。あと、ED後の小咄?ですが、最初は違和感がありましたが、本編で胸が苦しくなった感じを良い具合にほぐしてくれる効能があるのが分かりました(笑)。

初々しすぎて・・・

ムズムズする。こそばゆい。
可愛すぎて、応援せずにはいられない。
はるか昔だけど、自分にもこんな頃があったよな~なんて、しみじみ。
…と思ってたら。オマケの節子と永原で台無しに…。

四十年ぶりの

七転八倒



きゃあああ、甘酸っぱい!
いやあああ、初々しいっ!



母曰く:この歳になっても、彼と出会うと、ドキドキしちゃう!
実体験:アイツも歳食ったなあ、でもやっぱり、いいなあ。
息子達:只今、現在進行中。(多分、私の知らない何処かで、、、)

キャラクター

安曇小太郎

本が好きで、小説家になれたら、と思い始めている。文芸部部長。祖父母が建てた一軒家住まい。一人っ子。のんびりしているため、周囲に流されないように見える。勉強はあまり積極的にしておらず、成績は中の下。クラスではあまり目立たない存在。

水野 茜

子どもの頃から走るのが好きで、中学から陸上部に所属。短距離走専門。父母や2歳上の姉に囲まれて、暢気に育つ。根がマジメなので勉強はコツコツやっており、学業成績は良好。一方で内弁慶なところもあり、周囲の空気を読むことに必死な面も。

比良拓海

陸上部部長。学業成績もよく、短距離走でも1年生時から県大会出場を続けている、文武両道を地で行くスポーツマン。周囲に自然に気を配ることができ、頼られがちな人格者でもある。茜のことを1年生時から想っているが、茜を含めて誰にも言ったことはない。

西尾千夏

陸上部所属。短距離走専門。茜、走り幅跳びの滝沢葵と合わせて、陸上部3年の三人娘で親友同士。明るく天真爛漫、人懐っこく誰にでも朗らかに接するので、男女いずれからも人気がある。

山科ろまん

3年1組。帰宅部。小太郎と大地とは小学校時代からの友人で、中学でも3年間同じクラス。外見も中性的で言動もふわふわしており、妖精みたい。不思議ちゃん。一部女子から熱烈な人気を誇る。

小笠原大地

3年1組。柔道部部長。学業優秀。小太郎、ろまんとは小学校高学年からの付き合いで親友と呼べるほどだが、3人に趣味などの共通点は何もない。地アタマがよく、少し冷めた性格のため、しれっと毒を吐いたりするツッコミ役。

宮本心咲

3年1組。テニス部(幽霊部員)。ルックスはクラスで1番、本人もその自覚があり、女子のリーダー的気質。プライドが高いが、育ちは良いので意外と素直で、強引な押しに弱い一面も。

佐藤節子

3年1組。吹奏楽部(幽霊部員)。サバサバしていて面倒見もよく気のいい女子だが、思慮は浅く、言葉遣いもあまりよろしくない。お家はちょっとお金持ち。永原と付き合ってる。

今津美羽

3年1組。吹奏楽部(幽霊部員)。女子として意識が高く、おませさん。女子力高い。クラスで4番目ぐらいには可愛いが、本人は2番目になりたい(心咲には敵わない)と思ってる。なのでメイクとかファッションとか、超興味ある。

田中さくら

3年1組。隠キャで軽度のオタク。アニメも観るしラノベも読むし、コミケにも行ってみたい。クラスに友達はいないと思ってるけど、男子に興味津々でつい妄想が捗っちゃう。

永原 翔

3年1組。サッカー部。チャラい。サッカーはそんなに上手くないけど、キャラでなんとなくレギュラー。本人もそんな俺カッケー、と思ってる。節子と付き合ってる。

稲葉保仁

3年1組。サッカー部。育ちもよく常識をわきまえた「ちゃんとした子」で、サッカーがとても上手。「三中のクリロナ」。なのに顔と性格が地味で、そんなに目立たず、本人もコンプレックスを感じてる。

金子 翼

3年1組。野球部。体力バカで自信家。俺様系。「思いやり」というものがないが、それで困ったこともない。

滝沢 葵

3年3組。陸上部。走り幅跳び。茜、千夏と同期で親友。3人の中ではツッコミ役。ストイックな完璧主義者で、中学の3年間はジャンプに捧げてる。後輩女子に大人気で、陰ながら男子にも人気あるが、本人は男子キライ。

立花大輔

小太郎が子供の頃からお囃子でお世話になっている、近所のお兄さん。大学生。古本屋の息子で本人も読書家であり、小太郎の読書好きは大輔の影響も大きい。小太郎の一番身近なオトナで、良き相談相手。

園田涼子

3年1組担任。音楽教師。着任2年目にして急に受験生の担任になり、焦る春。育ちが良く頑張り屋の「いい子」だが、末っ子で天然気味の世間知らずでもある。大変可愛らしく、男子生徒からは憧れの的、女子生徒からは羨望と嫉妬の入り混じった複雑な目で見られている。

安曇龍之介

小太郎の父。川越生まれ川越育ち、大学も埼玉の大学を出て地元の市役所に就職。真面目で不器用、読書が好きで家であまり喋らない。音楽も好きで、休日、急に古いオーディオセットでアナログレコードを聴き始めたりする。

安曇淳子

小太郎の母。近くの町で生まれて高校卒業後、就職した川越市役所で龍之介と出会い結婚。元来細かいところがあるが、小太郎や龍之介といった家族には、愛ゆえにより口うるさくなりがち。

水野 洋

茜の父。食品メーカー勤務。入社以来長く広報畑だったが、管理職としてのローテーションで営業へ転向になり、数年おきの転勤が続いている。現在は川越の営業所で課長。明るくお茶目・ひょうきんな性格。

水野沙織

茜の母。専業主婦。短大卒業後に勤めていたデザイン会社に出入りしていた広報部時代の洋と入社3年目に結婚。ペースよく彩音、茜と二女を設けたため比較的若く、生来明るく捌けた性格のため、娘二人とは割と友達感覚。

水野彩音

茜の姉。都内私立女子高校2年。今時のサバサバした女子で茜の良き相談相手だが、彼氏の前では可愛い。中学卒業時に「いずれ引っ越すんだから」というのを理由に、ちゃっかり憧れの東京の私立女子校に入った。彼氏は鳶職。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:岸 誠二 / 助監督:岩崎光洋+池端隆史 / 構成・脚本:柿原優子 / キャラクター原案:loundraw / キャラクターデザイン:森田和明 / 美術設定・デザイン:宮越 歩 / 美術監督:安田ゆかり / 色彩設計:伊東さき子 / 撮影監督:中村雄太 / 編集:平木大輔 / 音響監督:飯田里樹 / 音楽:伊賀拓郎 / OP・EDアーティスト:東山奈央 / 音楽制作:FlyingDog / アニメーション制作:feel. / 製作:「月がきれい」製作委員会 /

キャスト
安曇小太郎:千葉翔也 / 水野 茜:小原好美 / 比良拓海:田丸篤志 / 西尾千夏:村川梨衣 / 山科ろまん:筆村栄心 / 小笠原大地:金子 誠 / 宮本心咲:石見舞菜香 / 佐藤節子:鈴木美園 / 今津美羽:千菅春香 / 田中さくら:井上ほの花 / 永原 翔:広瀬裕也 / 稲葉保仁:石井マーク / 金子 翼:熊谷健太郎 / 滝沢 葵:白石晴香 / 立花大輔:岩中睦樹 / 園田涼子:東山奈央 / 安曇龍之介:岡 和男 / 安曇淳子:井上喜久子 / 水野 洋:岩田光央 / 水野沙織:斎藤千和 / 水野彩音:前川涼子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}