動画が再生できない場合はこちら

GEAR戦士電童

118

0

1

0

4

20

地球を守るのは友情と電池の力!
巨大ロボットが電池で動く!

機械帝国ガルファが地球侵攻を開始。だがガルファの襲来を予想していた人類は、ギアと呼ばれる防衛組織と、電池の力で動く巨大ロボット電童を作り、ガルファを迎え撃つ準備を進めていた。星見町に住む2人の少年、出雲銀河と草薙北斗はひょんなことから電童と出会い、パイロットに選ばれる。性格のまるで異なる銀河と北斗は、はじめのうちは息が合わず、そのせいでピンチを招くこともしばしば。だがやがて、固い友情と信頼で結ばれた最高のパートナーへとなっていく。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(25件)

SFロボットの傑作作品

SFロボットの傑作作品

ネタバレあり

熱血王道スーパーロボット

題にも書きましたが、熱血王道ど真ん中のスーパーロボット物です。
前半はエルドランシリーズみたいな感じですが、後半になるとぐっと展開がハードになって勇者シリーズに近くなります。
ラスト数話は見ごたえがあります。
ロボット物好きなら見て損はない、いや見ないと。

パロディも多めですね。
電童の出撃シーンはグレートマジンガーですが、他にも24話にはスパロボでおなじみの武器が次々に出てきます。
ヤマトパロもありますね。
とにかく最後まで楽しませてもらいました。
あまり知名度高くないのが残念です。
出来はいいんですが。

大好きな作品です

幼少期にみてからずっとみたくてDVDBOXが発売されたときはまだ学生でお金をためたら買おうとおもっているうちに買えずに売り切れになってしまった記憶があり社会人になったあと探してもうっていないということがありました。
本当に本当に大好きな作品です
熱い展開楽しい物語どこの話も本当に楽しくて大人になった今もう一度この感動を見直せるのが本当にありがたいです。
気分が明るくなる作品でこれがみたくてチャンネルも登録してしまいました
できればBOXがでればまた買いたい作品です。
これは本編も本当に楽しいのですが毎回毎回次回予告の会話もたのしくてみなおして覚えてることも多かったです。
挿入歌も熱いOPもEDも本当に耳に残り今でも歌えます。
電童を配信してくださったのを今更知ったのですが本当にこうしてみれることが幸せです。
バンダイチャンネルさんありがとう!電童大好きです!

ネタバレあり

ネット時代を先取りした熱血ロボアニメ

電童が放映された頃はインターネットが本格普及を始めた頃だったと記憶しています。
当時学生だった私は今、ちょっとIT系に近い職場にいるのですが、15年たった今でも全く古さを感じさせません。むしろ人工知能AI、全てのツールがネットに繋がるIoTというキーワードがメディアに出るようになって、ますますリアリティを帯びるようになっています。
大自然の生態維持さえも機械に頼ろうとした昔のアルクトスの住人と、全世界の支配者であると勘違いた正義のもとに、武力で侵略を繰り返すガルファ。実はどっちも人類が陥りそうな一側面なのですが、
あまり重苦しくならず、元気いっぱいの少年少女の活躍で未来を切り開いていく熱い展開に何度も唸らされました。
一方で大人たちもまた子供を見守り、時に励まし、尊重し、善導していきます。
大切な価値を詰め込みまくりつつ、親しみやすいロボアニメに昇華した最高の作品です。

ネタバレあり

王道、且つそこから進化してる作品。

ロボットアニメとしてみるとキチンと王道たる作品であると同時にバトルの見せ方の方向性にもキチンと向き合ってるという部分は今見てもまったく古さが見えない。
且つ緊迫感の部分も凝ってるのも同様、FA使用後のエネルギー切れの部分はこの作品ならではとも言える個性を生み出してる。

キャラの面で見れば作品として言えば銀河が主役といっても過言ではないぐらいに彼の成長の過程はキチンと見える。
勿論パートナーたる北斗にもそれはあるがどちらかといえば銀河の方にやや比重してる部分はあるが。
そしてもう言うまでもなく本作のヒロインといっても間違いないベガさんこと織絵さんの様々な部分はこの作品の見所と言える、多分人妻キャラでヒロイン扱いって言い方がここまで似合うのはこの作品以外ではまずないが。

話の流れにしても最初から最後までキチンと繋がるように進行してるのも見所の一つ。
タイトルがまさにオススメの意味でもある。

ネタバレあり

碧い奇跡

素直に人に勧められるアニメです。大人と子供で感じ方も変わるでしょうが悪い気分には決してならないと思います。

憎めない敵

敵だけど愛着が湧いてしまう三馬鹿

ネタバレあり

ベガさんに尽きる

三石琴乃さんのハマり役。


自分の指示を無視した戦いで凰牙に敗北し怯え切った銀河を責めず、優しく慰める(5話)。
兄アルテアを倒す覚悟を問われ、決意を固めるも兄の甘言の前に無防備となり、囚われてしまう(22話)。
母星アルクトスの守護者としてのガルファに、憎しみだけではない感慨を見せる(12話、36話)。


妹、母、戦士それぞれの顔(たまに見せるコミカルさも)を持ち、因縁を背負って戦った彼女こそ、本作そのものだと思います。
彼女こそがヒロインであり、実際上の主人公でもあると言って差し支えなし。


お話の方は、勇者シリーズ(特に初期三部作)のように「大切なものを探して見つけ出す」という要素に乏しく、襲いくる敵を撃退する単純明快さに徹している為、逆にそれ以上の盛り上がりに欠けるのが残念。
メカとしての電童、凰牙のかっこよさは十分合格点ではあるけれど。

ネタバレあり

全てがつまってる作品

電童サイコー、ロボットの中でも一番好き、王道中の王道
最後まであきらめないカッコ良さがたまらない

zr-js-cf-3k****

おもしろい

スーパーロボットアニメの良作

面白かったです。

王道系ロボットアニメ

勇者シリーズやエルドランシリーズが終了してしばらくしてからの作品で、内容的にはそれらとほぼ同じコンセプトと思っていいでしょう。敵が地球を機械に変えようと侵攻してくるなんてまんまゴウザウラーやガオガイガーですしね。後半出てくるゼロなんてエクスカイザーのパロディ、わざわざ速水奨さんを連れてきて「フォームアップ!」とか明らかに狙ってますしね。

作画もサンライズだけあってロボットバトルの迫力はさすがの出来。
ストーリーも少年たちの友情、親子の絆、勧善懲悪と、子供向けアニメの王道展開。
それでいて決して子供騙しではないクオリティー。
ただ残念なのはOP映像が地上波版のみなんですよね。レンタルビデオなどでは後半はスバルやゼロが出る新映像に変わるのでそっちにして欲しかったなあ。

ネタバレあり

凄く感動!!!

ロボットのキレの良いアクション、おとぼけなギャグ、友情有り親子の情有り恋心有り…!
でもって、後半へ進むにつれて壮大な物語へ!
大人も子供も楽しめます!

久々に見て

パロディーも有りつつ正統派。
最終回を見てその後もある?と思ったのは私だけ?

ネタバレあり

おすすめ!

 スパロボMXで、へぇ~こんなロボットアニメあったのね的に知った作品でした。
 久行さんのキャラデザが好きだったので最初はそれだけで見始めたのですが、いざ見始めると大ハマリwこんな面白い作品見逃してたのか~と悔やまれるほどでしたね。電童の動力源が電気・・・を内包した電池(笑)だったのも戦闘中の電源換装を見てすごい納得しましたし、データウェポンのファイナルアタックもすごいカッコよかったです。北斗と銀河の2人が、ちゃんと「2人揃って主人公」として描かれていたのもとてもよかった。OPや挿入歌も良く、作風に合ってますね^^
 見所にもある14話や、他にも面白いエピソードが満載。私自身、ビデオに録画してあるけど改めてバンダイチャンネルで徹して見てしまった次第でありますwみなさんにおすすめ出来る作品ですよ^^

ネタバレあり

最終回を、何度も見てしまいます。゜(゜´Д`゜)゜。

音楽に佐橋俊彦、脚本に小林靖子という、ウルトラマン・仮面ライダーシリーズで名を馳せる2人の他、豪華スタッフ。子供に関連商品を売らんがための制約も多々あったろうに、それを越えた重厚で感動的な内容に拍手です。歌もいい(カラオケで、毎回歌ってます
)。子どもたちに、必ず見せたい名作です!!

ネタバレあり

今の時代にこそ14話

単に“電気を大切にね”などというありきたりな教訓だけじゃない。
町じゅうの町民たちが避難指示を無視して自分の町は自分達で守る!とばかり自転車をこぎ巻くっていました。
復興のためにはお上ばかりをあてにしてはいけない。

ネタバレあり

24話が凄い

結構重要な話なのにパロネタが多くて思わず笑ってしまいました。あげくのはてにはこんなの通用するとは思ってないとか、酷い言いよう必殺技クラスパロってるのに。

好きな人にはたまらない話だと思います。

ネタバレあり

格闘する巨大ロボは美しい

拳!蹴!タービン!そして唇!なんと元気なロボなんでしょう。
主人公たちが、ロボの燃費の悪さや運用の問題点を改善してゆく様もなかなか楽しいです。

また、登場人物がみんな行動的なのも良いです。
特に参謀的立場のベガさんは、若い頃の姿でも熟女になっても大活躍で
本作の真の主人公と言えましょう。

ロボットアニメの隠れた傑作。

前半→中盤→後半と、ところどころ細かいテーマを見せつつ最後まで綺麗につながっていく話の作り方、練り込まれた感のある登場人物等、色々と見所が多いアニメです。

個人的にはベガさんがかっこいいよなーーと思うのですがどうでしょう?

異色のスーパーロボットアニメ!

主人公ロボットの電童は他のロボットと違い、電池でエネルギーを供給する異色のスーパーロボット
その他にも戦隊ヒーローの様に動物型ロボット「データウェポン」と合体し、武装する、他のスーパーロボットアニメとは違うテイストで面白いです
主人公の搭乗者も小学生なので、単純に悪と戦うだけでなく彼らの成長を観るのもこのアニメの醍醐味です
過去にスーパーロボット大戦にも参戦したアニメなので、ファンにもそれ以外の方にもオススメのロボットアニメです

これぞスーパーロボット

全話視聴しての爽快感がたまらないです。
オープニングからエンディングまで計算してつくられているのが、オープニングテーマから伝わってきます。
そして、なんでブルさんはディスられたんや・・・くっつく場所が悪かったんや。

GEAR戦士電童 24話

24話で、過去のサンライズ作品の武器が登場。なつかしい(笑)

ネタバレあり

17話

なんか、エリスが居ないところでいたり
電童が出撃したあとで出撃してたりしてた気がします

主人公の年齢

見放題作品がサンライズに偏っているのは気のせい?
私が観る作品が偏ってるのでしょうけど・・・。

主人公2人とGEARの技術者が小学生という設定。ザンボット3もそうでしたが、
彼らは精神年齢は完全に成人を超えているし、そうでないと主人公は
実際務まらない。年齢は関係ないというのがこの手の作品です。
敵役のゼロ、スバルが出る頃からかなり見応えもあるので、それも通して
全話まったりと観るのがお勧めですね。

ネタバレあり
見どころ

本作はサンライズが送る20世紀最後の巨大ロボットアニメである。主役ロボットである電童は、電池で動くというこれまでにない斬新な設定のロボットであり、中でも「スーパーロボット大戦」などでも使用された第14話の「電気がない!」は、この設定を逆手に取ったエピソードでコミカルな展開ながら、最後にはホロリとさせられてしまう。肉弾戦にこだわったロボットアクションと、ふたりの少年が家族、友人、仲間との「絆」を育んでいく物語の絶妙な味付けは、たまらなく魅力的。また「舞-HIME」で知られる久行宏和が、キャラクターデザインに加え、機獣や機士などのデザインワークを手がけているのも大きなみどころだ。【アニメライター 川田鉄男】

キャラクター

出雲銀河

星見小学校に通う小学5年生で、考えることよりも行動することを好む活発な少年。ガルファが地球に襲来した際、北斗とともに電童のパイロットに選ばれ、青いギアコマンダーを託される。最初の頃は電童に選ばれたことに慢心し、ガルファとの戦いを甘く見ていた面もあった。しかし、敗北や挫折を経験するうちに成長し、地球を守る使命に目覚めていく。

草薙北斗

星見小学校に通う小学5年生で、思慮深さと決断力を合わせ持つ知性的な少年。家族とともに星見町に転居してきた当日にガルファの襲来に遭遇。銀河とともに電童のパイロットに選ばれ、黒いギアコマンダーを託される。地球の命運を背負ってしまったことに戸惑いながらも、地球の危機を目の当たりにして電童のパイロットとしての自覚を強めていく。

エリス・ウィラメット

10歳でM.I.T.(マサチューセッツ工科大学)を卒業した天才少女。電子工学の博士号を持ち、史上最年少でギアにスカウトされた。当初はギア・アメリカでデータウェポンの研究を行っていたが、データウェポン解析主任に抜擢され日本本部に転属となる。気が強く負けず嫌いな性格だが、優しい一面も持ち合わせている。

アルテア

データウェポン捕獲のためにガルファ本星から派遣された、白いギアコマンダーを持つ騎士凰牙のパイロット。黒騎士の称号を持つガルファ皇帝の親衛隊長で、階級は螺旋城と同等。卓抜した戦闘センスを有し、幾度となく電童を苦しめた。その正体はベガの生き別れの兄で、アルクトス王家の王子であった。

ベガ(草薙織絵)

地球防衛組織・ギアの副司令を務める女性。また、数々の特殊武器を使いこなす格闘戦のエキスパートで、黒騎士アルテアと互角に渡り合うほどの技量の持ち主。ギア創設に深く関わる人物で、電童やデータウェポン、ガルファについて豊富な知識を持つ。実は北斗の母・草薙織絵が変装した姿で、アルクトス王家の王女。

渋谷長官

地球防衛組織・ギアの本部長官。ギア内部でアルクトス王家の王女であるベガの正体を知らされている一握りの最高幹部の1人。

吉良国進

地球防衛組織・ギアの一員。電童で戦う銀河と北斗のサポートをする。ギア・イギリスで開発されていた電童電池換装機セルファイターの操縦もする。

スバル

ガルファ帝国皇子の立場にある、ガルファ皇帝の息子。アルテアと同じく凰牙を操る資格を持つ。螺旋城の地球侵攻が失敗したのち、第7のデータウェポン探索の任を受けてゼロとともに地球を訪れた。アルテアを兄と慕い、彼を奪った凰牙のパイロット=北斗を激しく憎む。

メカ・ロボット

GEAR戦士電童

北斗と銀河が操縦する、2人乗りの巨大ロボット。外宇宙から地球にもたらされ、電童自らが選んだパイロットのみが操縦を許される。四肢に装備された円筒形のタービンを回転させて戦闘パワーを生み出す。タービンにデータウェポンをインストールすることにより、より強力な技を繰り出すことができる。またフル回転(オーバードライブ)させることにより必殺技ファイナルアタックを繰り出す。

騎士GEAR凰牙

電童そっくりの黒いGEAR。パイロットは機械帝国ガルファの親衛隊長、アルテア。基本性能は電童とまったく互角だが、パイロットが1人である点が最大の相違点である。凰牙もデータウェポンをインストールする能力を持っており、電童のデータウェポンを狙って熾烈な争奪戦を繰り広げている。パイロットの意思と力が銀河と北斗を上回っているため、電童の最大のライバルとなる。

ユニコーンドリル

北斗と契約したユニコーンの姿をした電子生命体・データウェポンの一体。

レオサークル

銀河と契約したライオンの姿をしたデータウェポンの一体。

バイパーウィップ

アルテアと契約した蛇の姿をしたデータウェポンの一体。

ブルホーン

アルテアとバファローの姿をした契約したデータウェポンの一体。

ドラゴンフレア

北斗と契約したドラゴンの姿をした電子生命体・データウェポンの一体。

ガトリングボア

銀河と契約した猪の姿をしたデータウェポンの一体。

超獣王輝刃

ユニコーンドリルとレオサークルが融合したデータウェポン。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇 / 総監督:福田己津央 / シリーズ構成:両澤千晶 / キャラクターデザイン・総作画監督:久行宏和 / メインメカニカルデザイン:ビークラフト+阿久津潤一 / 総メカ作画監督:重田 智 / 音楽:佐橋俊彦 /

キャスト
出雲銀河:松岡洋子 / 草薙北斗:進藤尚美 / エリス・ウィラメット:鶴野恭子 / アルテア:中田和宏 / ベガ(草薙織絵):三石琴乃 / 渋谷長官:西村知道 / 吉良国進:野島健児 / スバル:鈴村健一 / ガルファ皇帝:速水 奨 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}