動画が再生できない場合はこちら

トリニティ・ブラッド

17

0

0

0

3

1

希望はあるか!?

アルマゲドンで文明が滅んだ遠未来。異種知性体「吸血鬼(ヴァンパイア)」と人間の闘争が続く中、ローマに本拠地を置く汎用国家機関「教皇庁(ヴァチカン)」は、人間を守護するため各地に派遣執行官を派遣する。その一人アベル・ナイトロードは一見、人あたりがよく頼りなげな男だが、その正体は吸血鬼の血を吸う吸血鬼「クルースニク」だった! 吸血鬼への復讐に燃える少女エステルはアベルと出会い、その戦いの中で大きく変わっていく。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)吉田直・角川書店 (C)2005 トリニティ・ブラッド製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

非常に面白いです

2クールですが、話数が足りなかったかな。最後駆け足になってしまったのが残念。ヴァンパイアものに見えますが、近未来SFですね。吸血がテーマになっておりません。舞台は少し未来の地球の様ですが、これも何とも言えません。ヨーロッパに模した世界には、人間の世界を統べる教皇庁とヴァンパイアの世界を統べる帝国があります。そしてこの裏で暗躍する謎の組織、”世界の敵”。これに教皇庁バチカンのエージェントである主人公が挑む。日常の任務では、様々なドラマが描かれ、どの話も大人のテースト。面白いですよ。そして主人公の神父が持つ力の謎。これらが明らかになっていくと、ラストは超展開に発展。ここが惜しいのですが、大団円にするには、後一話足りなかったという感じです。ハッピーエンドです。しかしなるべくは、甘ったるく感じるほど幸せを描いて欲しいものですよね。クールな終わり方でした。ラストの映像も謎です。取り合えずお勧め。

うん♪

神父カッコエエ

面白いけど微妙

8.9でノエルが死ななきゃならん意味が判らん
パイプオルガンが兵器だと分かったのに銃は撃たないし力は解放せずに出し惜しみして仲間が死亡とか・・・
人間を守るとか言ってんだからすぐにパイプオルガンの演奏やめさせて人の住む街の破壊を止めるのがどう考えても最優先なのに悠長に構えさせるとかどう考えてもありえない脚本がアホ過ぎて後の悲壮感がまったく伝わってなかった
まだ途中までしか見て無いけどつめの甘い二流感が少ししてて他はいいだけに意味の判らない演出が非常に残念な作品

ネタバレあり

綺麗な映像と、内容が面白い

原作は未読ですが、世界観とか全体的な雰囲気は、私は好きです。
女性に人気が、あるのもなんとなく分かります。
アルマゲドンで文明が滅んだ遠未来に、歴史背景など入っていて奥深い作品です。
原作者が亡くなって、完結できなかった物語だから、オリジナルストーリー?
ヒロインのエステルは、(声優・能登麻美子さん)3話から登場です。
エンディングテーマ「Broken Wings」種ともこさんの歌と、映像の美しさ(アベルとエステル)
は印象に残ります。
最終話はGONZOのシナリオですかね?………
この話の続きが、ないのが残念です。

見どころ

原作者・吉田直の急逝により未完となった小説をGONZOが映像化した作品。文明が滅んだ遠未来を舞台に、吸血鬼を異種知性体と設定して人類との戦いを描く。みどころは、吸血鬼の上を行く存在アベルの2面性。丸眼鏡の神父のとぼけた笑顔が、使命を遂行するときには冷たく華麗な素顔を明らかにする。その落差がたまらない。人類内部の抗争や少女・エステルの正体など、重層的な構造がいくつかあって、興味をひく。ビジュアル的には高密度なデジタル技術で描かれる様式美が見事。もともと吸血鬼はゴシック・ホラーが源流で、本作の建築様式やSFメカのデザインにもそれが反映している。重厚でゴージャスな世界観を楽しんで欲しい【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

アベル

正式名=アベル・ナイトロード。普段はドジで貧乏のへっぽこ神父だが、その正体は教皇庁国務聖省特務分室(通称Ax)の派遣執行官。コードネーム「クルースニク」。しかし彼にはもう一つ隠された秘密があるようだ。

エステル

正式名=エステル・ブランシェ。イシュトヴァーンの教会で育てられたシスター。シスターでありながら当地を支配する吸血鬼ジュラに対抗するパルチザン組織を率いて戦う。アベルと出逢ったことから数奇な運命を辿る。

トレス

正式名=トレス・イクス。「教皇庁」の枢機卿カテリーナに猟犬のごとく忠誠を誓うAxメンバー。身体の至る所に銃器を隠し持ち、冷静沈着に任務を遂行するサイボーグ神父。コードネームは「ガンスリンガー」。

カテリーナ

正式名=カテリーナ・スフォルツァ。人類の砦「教皇庁」の枢機卿。真紅の衣を纏い、アベル達Axを束ねる国家聖省長官職はじめ数々の要職を兼任する才媛。その氷のような瞳の奥に、時折見せる悲しげな影とは…。

イザーク

正式名=イザーク・フェルナンド・フォン・ケンプファー。薔薇十字騎士団(ローゼンクロイツ)の最高幹部。通称「機械仕掛の魔道士(パンツァー・マギエル)」。 アベル達の前に立ちはだかり、目的の為には狡猾かつ残忍な手段も厭わない。

ディートリッヒ

正式名=ディートリッヒ・フォン・ローエングリューン。シスター・エステルとともにイシュトヴァーン人類解放戦線の参謀として吸血鬼ハンガリア侯爵ジュラと戦う。長身と甘いマスクで、一見無邪気な青年を思わせるが…。

レオン

正式名

ブラザー・ペテロ

カテリーナの政敵であるフランチェスコの下部組織・異端審問局局長。主義主張の対立からアベルたちAxと対立するが根っからの武人で、正義感が強く義に厚い。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:吉田 直+THORES柴本 / 監督:平田智浩 / シリーズ構成:平田智浩 / シリーズ構成:角川スニーカー文庫編集部 / キャラクターデザイン:中嶋敦子 / ビジュアルワークエンハンサー:中嶋敦子 / メカ・プロップデザイン:鈴木信吾 / プロダクションデザイン:小林 誠 / 色彩設定:内林裕美 / 美術監督:徳田俊之 / 撮影監督:林コージロー / 編集:廣瀬清志 / 音響監督:明田川 仁 / 音楽:江口貴勅 / 音楽ディレクター:桜井裕子 / 音楽制作:ビクターエンタテインメント / アニメーション制作:GONZO / 製作:トリニティ・ブラッド製作委員会 /

キャスト
アベル:東地宏樹 / エステル:能登麻美子 / トレス:中井和哉 / カテリーナ:本田貴子 / ウィリアム:大川 透 / ケイト:生天目仁美 / セス:松岡由貴 / イザーク:藤原啓治 / ディートリッヒ:鈴村健一 / アレッサンドロ18世:藤田圭宣 / レオン:小山剛志 / ユーグ:北出真也 / ノエル:大原さやか / ヴァーツラフ:立木文彦 / カイン:諏訪部順一 / ブラザー・ペテロ:稲田 徹 / シスター・パウラ:甲斐田裕子 / イオン:皆川純子 / ラドゥ:小西克幸 / アスタローシェ:根谷美智子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}