動画が再生できない場合はこちら

恋と嘘

41

0

0

3

3

4

ある日、僕たちは「恋」を通知される。

「嘘」は許されない。「恋」はもっと許されない。満16歳になると政府から結婚相手が通知される超・少子化対策基本法、通称ゆかり法。相手探しの面倒もなく、国家から相性の良さが保証された「幸せ」を皆が受け入れていた。そんな世界で、主人公・根島由佳吏15歳はクラスの高嶺の花・高崎美咲に想いを寄せていた。16歳の誕生日を迎える夜に決意を固め、ついに長年の想いを伝える根島由佳吏だったが、その直後、彼のもとに政府通知が届く―――。科学の赤い糸で結ばれた相手とは…。「好きになるべき人」「好きになってはいけない人」を政府に一方的に決められてしまう世界。それは希望なのか、絶望なのか―少年少女たちのひたむきで純粋な想いが交錯する、未熟で儚い禁断の恋物語。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

これもタイトルで損してる

タイトルで判断して、単なるラブコメかと思った。

結局どうなるのか分からないエンドw

政府によって決められることで幸せが保証されるというけれど、二人の人生にはリストラや事故・社会情勢など様々な要因の不幸が付きまとうのに何故、幸せを保障できるのか疑問。超管理社会で能力による仕事の分配と社会保障がなされた世界じゃないと無理。つまり自分の好きな仕事には初めから選択ができなくなり、政府が決める事で自分で考えない人間社会を形成している世界なのだと思われる。で、主人公は結局二人の女の子を頂くという一夫多妻制の道を選んだようですが、政府的にはどうなったんでしょうか?

複雑な想い

なんともはや応援と嫌悪感が入り乱れて心の中がスゴイことになりました。
恋愛模様だけに注目すれば、
恋愛感情と未来の結婚相手に葛藤するティーンの心情がよく描かれていると思います。

視点を変えて物語の背景に注目すれば、
人権無視の無意味な少子化対策(結婚相手を政府が決定するシステム)への嫌悪感が半端ないです。
恋愛物語を盛り上げるためだけの設定であることは理解しているのですが、政府通知システムに疑問を持たずに無条件に信じられる人(モブキャラ)達に恐怖を感じました。

男の子はヘタレ。
でも女の子は比較的強くて初々しい。
女の子がんばれ。

ラブコメ好きなら見るべき

最後のまとまりはどっちつかずでうーんて感じだけど
どっちにもついてほしくない自分がいてやきもきした。
ストーリー中ヒロイン二人へ感情移入する場面がいくつもあり
何度も悲しい選択肢がちりばめられていて、それがまた深く切ないストーリーを作り出している。

ありえない世界だからこそ生み出すことができる至高の作品

尖り過ぎた世界観

ウェブコミックが原作の本作品ですが、超少子化対策基本法という法律が施行された世界で、社会や周囲、友達などとの関係や恋愛の葛藤が描かれていて、キャラデザも慣れると可愛いと思える中々の良作でした。

三角関係や四角関係というと、ドロドロしそうなものですが、そうではなく爽やかなもので社会からの圧力を受けながら恋愛する様は、階級社会での恋愛と被るものがあったように思いました。

ただやはり尖り過ぎた世界観のせいで、恋愛か世界かどちらが本題なのか分かりずらくなっているように思います。そのためどちらも中途半端で、個人的にはこの世界の法律についてもっと掘り下げてほしかったですが、そういうのが少なく少し残念でした。

この作品、世界観についてはかなりツッコミどころは多いと思います(どうして16歳でなくてはいけないのかとか色々)ですが青春の葛藤や過ちは古き恋愛ものを踏襲しているなと感じました。

そううまく行くのかな?

話はまぁ面白く、絵も綺麗です。どういう終わり方で収拾をつけるかが気になりますが。
ただ、少子化に対応するために結婚相手を決めるとして、その後の子育て・教育環境をどこまで「国家」が面倒見てるのかがわかりません。子供を産ませるだけでなく、その後のことも考えないとうまくいかないと思いますが、この話ではそこまでは触れないのかもしれませんね。

ネタバレあり

素直に共感できるレアな作品

国家・社会が個人に押し付けるあるべき姿に対する人間の本心の葛藤が巧みに描かれています。
現代社会の問題点を的確に突いている点や人間関係における各キャラクターの心理の動きには個人的に多々共感させられました。
この先どの様な展開になるのか非常に楽しみです。

キチンと「手を打った」セカイ

人が暮らす「社会」を維持する為に必要な事。
それ以前は「地域」なり「親類」なりが請け負っていたその役割が、「世論の変質」によって為されなくなり始めた時、国家がそれに対して迅速な対応をした世界のお話。
「相手を自分で選べないなんて理不尽」とか「人間の尊厳が…」とかいう人は多いだろうけれど、それに自由意志を認めた結果が現在の状況である事について、果たしてどう考えているのか問いたくなる。
この作者の意図は分かりかねるけれど、個人的にはそう悪くない世界ではないかと考える。
まぁ外国人の問題とか相当に課題が多いので、国家が主導してというのは実現に至らないだろうけれど…。

あと個人的には、この世界ってある意味「社会の中の個人の責任」が明確なので、ニートだの引き篭もりだのは、現実よりは少なくなるだろうし、「将来への保障」があるなら性犯罪もゼロにはならずとも件数は劇的に減少してるだろうと考えていたり。

人の尊厳が軽視されている感あり

人類の少子化に対し、政府主導の縁組のお話ですが・・・
本人の意思や尊厳を無視して結婚されるシステムは、中世や昔の日本の
政略結婚と似たようなもの。懐古主義も甚だしい。
少子化打開案はSFアニメや小説でもある、人工授精や体外受精で解決できる。
又、性欲を無くす事が出来れば性犯罪も起こらなくなり、
恋愛経過での若い時期の過ちでの妊娠も無くなる。
性産業も無価値となり、泣く人がほぼいなくなるはず。
恋愛は失敗してもその人の糧になるし、無理やり押し付けられるものではないよね。

一応6話まで現在見てますが・・・今後どうなるのかね・・・

政府主導の縁組が通るのなら、別のアニメのサイコパスに出てくるシビュラシステムや
地球へ・・・の人類はスーパーコンピュータによる完全な管理の下、子供を教育する専用の場所と
、社会を営む大人の場所とに分かれていくなんてことも十分あり得る。




理想郷

またか、、、また、ですか、、、

なぜそんなに、皆さん、理想郷を否定するのでしょう?
政府が責任を持つ、なんて素晴らしい社会、、、



閑話休題

思いっ切り、大昔の少女漫画を思わせる様な描画と、
何だろうな? 何かとても素敵な感じのする音楽と。

雰囲気が作品の主題に良く合っている様に思います。

そして、今後、
人間関係が縺れて行きそうで、
そこがとても気になる処です。






最後に、
もう1回、脱線を、、、

本作の根幹を支える背景と設定、即ち、ファンタジーな処は、
超・少子化対策基本法が、狙い通りに
出生数の減少に歯止めを掛け、増加に転じさせている点。

ならば、推測するに、
この科学に裏打ちされた法律には、他にも、大事な効果があるはず。
それは、、、



、、、配偶者間での殺傷事件の発生件数の減少。。。



そんな統計も作中に登場・・・しては来ないだろうなあ、多分。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ムサヲ(講談社週刊少年マガジン編集部/DeNA「マンガボックス」連載) / 監督:宅野誠起 / 制作:ライデンフィルム / 助監督:臼井文明 / シリーズ構成:高橋ナツコ / キャラデザイン・総作画監督:伊藤依織子 / 美術設定:泉 寛+イノセユキエ / 美術監督:斎藤幸洋 / 色彩設計:小野寺笑子 / 撮影監督:田村 仁 / 編集:吉武将人 / 音響監督:鶴岡陽太 / 音響効果:森川永子 / 音楽:横山 克+信澤宣明 /

キャスト
高崎美咲:花澤香菜 / 真田莉々奈:牧野由依 / 根島由佳吏:逢坂良太 / 仁坂悠介:立花慎之介 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}