動画が再生できない場合はこちら

プリンセス・プリンシパル

42

0

0

0

3

6

東西に分裂したロンドンで繰り広げられる、少女たちのスパイアクション!

舞台は19世紀末、巨大な壁で東西に分断されたアルビオン王国の首都ロンドン。伝統と格式ある名門、クイーンズ・メイフェア校には、5人の少女たちが在籍していた。彼女たちは女子高校生を隠れ蓑に、スパイ活動を展開。変装、諜報、潜入、カーチェイス……。少女たちはそれぞれの能力を活かし、影の世界を飛び回る。
「私たちは何?」
「スパイ。嘘をつく生き物だ」

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

全女性キャラが魅力的

初回から超科学的なモノを魅せつけておきながら、あまりソコは重要ではないようで…

もう少しスパイとして1話完結で「暗躍」してほしかったところですが、とにかく魅力的な主要キャラなので、「掘り下げ」に力を入れてしまうのはまあ仕方ないとも思います。
…とはいえ、個人的に「ドロシー」と「ちせ」の回が大好きです。

今回では何も終わっていないし、続編あるならもっとスパイアクションに特化したお話があればいいですね。

ネタバレあり

思ったよりまとも

正直なんか先読めてしまったので、ただ第二期次第。流れ的にはワクワクしていいとは思う。

お勧めします。

お勧めします。
主人公たちが可憐で個性があり、丁寧に描かれていて、それだけで評価できます。加えて、時代的設定、技術設定、政治情勢の設定も含め、良く考えられていて楽しく、その中でストーリーが生きています。多少、偶然に依存しずぎていますが、そこはアニメのお約束ということで楽しめる作品になっていると思います。
当初から続編の作成を想定していると思われますが、続編(あるいは既存のエピソードの中間のストーリー)を期待します。
出来れば、主人公(たち)が目標とする世界を実現できたのか否かの後日談、将来編も、すぐには求めませんが、いずれの日かアニメ化して頂けるとありがたいです。

スチームパンクなスパイ

アニメオリジナルのこの作品。世界観は分断されたスチームパンクなイギリスが舞台で、ゲイバーライトという重力を無視する物質を使ってスパイたちが駆け引きや騙し合いを行いながら任務を達成していく、古いエッセンスを使いながらも新しい世界を構築していてとても面白いです。

一話完結の中でキャラクターの過去の掘り下げ、スパイならでは駆け引きと見どころ満載で、面白くない回が一切なくホントにすごい。作画もアンジェの躍動感のある動きやチセの剣戟と見どころも多い。

唯一不満なのがベアトの過去の掘り下げがあまりなかったことだと思う。ベアトもかなりつらい過去があると思うのだがそういう所ももっと掘り下げて欲しかった。

OPのクールな感じ、EDのポップな感じも良い。ホントに不満点が思いつかないぐらいの作品なので、二期も見てみたいですが蛇足な感じもする。一度は見てほしい作品です。

ハートフルなハードボイルド?

12話:アンジェの瞳の奥を覗けましたね。ちせのダンディさ、ドロシーのゆるいお色気、もっともっとください。

10話:脚本がドロシーに厳しすぎるぅ~(泣)。もっとやさしくしてあげて!

9話:ちせ視点のお話が面白かったです。ちせ&アンジェのドロシーへの突っ込みが厳しい~(笑)。

8話:半分ネタバラシぎみだったけど、アンジェとプリンセスは、∀のディアナとキエルの関係と同じでしたね。

6話:認めたくない嫌な現実と向合おうとするドロシーの健気さ。ラストをいつ知るのか、ちょっと不憫。

5話:ちせの剣戟シーンは見応えありました。この回でちせは、ちっこいのにおっきな存在になりました。

1話:アンジェの瞳の奥を覗いてみたい。萌えキャラなのにハードボイルドな展開、悪くないかも。

ネタバレあり

女性版カウボーイ・ビバップ

ドラマ性が高い。プリンシパル(本人)はエージェント(代理人)と対にしてよく使われる言葉だが、もちろん文脈により「依頼人」という意味にもなるし、この作品のプリンセスは確かに依頼をしてくる。後半が楽しみ。

めちゃ面白いです!

美少女キャラ満載のレトロアクション!ケイバーライト装置でヒロインが空を飛ぶという設定がレトロな世界に新鮮さを与えている。作画レベル高くストーリーもゴシック風で深みがある。おススメです!

せめて第1話だけでも

第1話だけでも見放題にしておけば、確実にもっと再生回数が上がったのにと思う。もったいない。

アクションが荒唐無稽に見えないようにするSF的ガジェトの使い方

話が込み入らない程度の謀略と秘密

ハードボイルドな雰囲気、優しさと感傷

キャラの性格と役割分担

これらのバランスがすごくよいです。

嘘つき達

が、吐く真。

正直者達が、つく嘘。

さて、どちらの方が、罪深いのやら、、、



細部まで書込まれる魔都倫敦と
梶浦由記さんの手に成る音楽と

もう何が何やら、目の回る様な想いのするうちに、
気づけば、第1話が終わってしまっておりました。

にも拘らず、
次回以降が楽しみでなりません。

キャラクター

アンジェ

芸術的な手腕をもつ天才スパイ。無口で無愛想な性格で、よく突拍子もない嘘をついては、周囲を困惑させている。

プリンセス

アルビオン王国のプリンセス。おっとりとしているがとても芯が強く、国民からの人気は高い。

ドロシー

アンジェの相棒で、チームをまとめるリーダー的存在。車の運転技術などに長け、射撃の腕は超一流。色仕掛けも得意だが、意外と純情。

ベアトリス

常にプリンセスの側に付き添う、貴族の少女。小さいころにプリンセスに助けてもらったこともあり、彼女を心から敬愛している。

ちせ

留学生としてやってきた日本人。小さいながらも剣術は達人級の腕前。西洋の文化に慣れていないため、時折世間知らずな言動をしてしまうこともある。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:橘 正紀 / シリーズ構成・脚本:大河内一楼 / キャラクター原案:黒星紅白 / キャラクターデザイン・総作画監督:秋谷有紀恵 / 総作画監督:西尾公伯 / コンセプトアート:六七質 / メカニカルデザイン:片貝文洋 / リサーチャー:白土晴一 / 設定協力:速水螺旋人 / プロップデザイン:あきづきりょう / 音楽:梶浦由記 / 音響監督:岩浪美和 / 美術監督:池 信孝 / 美術設定:大原盛仁+谷内優穂 / 色彩設計:津守裕子 / Head of 3D Animation:トライスラッシュ / グラフィックアート:荒木宏文 / 撮影監督:若林 優(T2 studio) / 編集:定松 剛(サテライト) / アニメーション制作:Studio 3Hz+アクタス /

キャスト
アンジェ:今村彩夏 / プリンセス:関根明良 / ドロシー:大地 葉 / ベアトリス:影山 灯 / ちせ:古木のぞみ / L(エル):菅生隆之 / 7(セブン):沢城みゆき / ドリーショップ:本田裕之 / 大佐:山崎たくみ / ノルマンディー公:土師孝也 / ガゼル:飯田友子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}