動画が再生できない場合はこちら

太陽の船ソルビアンカ

19

0

0

0

1

3

美しい女海賊たちが宇宙を駆けめぐる
SFアドベンチャー!

90年初頭に発表され、国内外のアニメファンをうならせたOVA「ソルビアンカ」の続編シリーズ。前作とは、あえて直接連続性を持たせず製作された作品。年齢も出身も違う個性的な5人の女性が乗る海賊船ソルビアンカ号が、それぞれの生き方を求めて星々を渡りゆく。多感な少女たちの葛藤、そして伝説の船ソルビアンカをめぐる地球軍との戦いの果てにあるものは…。ハイセンスなSF感覚に、スタイリッシュなビジュアルで磨きをかけた冒険娯楽活劇!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

洗練されたデザイン

古さを全く感じさせない、洗練されたデザイン、音楽です。

表情の豊かなキャラデザインも良かった。

(嘉門達雄はどうかと思いましたが。 -_-;)

なにより、人類が開拓した広大な宇宙を、バックに感じる雰囲気が良かった。

まるで一本の映画を見た気がしました。

そういえば、昔は映画を見終わった後は、こんな感じがしたなぁ・・・

まだまだいろんな物語を見せられるバックボーンがあります。

たった6話で終わってしまうなんて、本当にもったいないです。

「作品の一部分だけを見せてもらった。」そんな感じです。

洗練された、ちょっと大人のSFが見たい方にお勧めです。


   お試しあれ。

宇宙を駆ける美女

COOL&BEAUTYとは彼女達の為に在る言葉。華麗なステップで宇宙を駆け抜ける爽快感溢れる活躍には喝采を贈りたい。

やっと全部観た

おもしろいかって言うと、どこかイマイチ感が否めない。
6話にあまりに多くのことを詰め込みすぎている。当時はそんな作品が多かったように思う。

ほかの作品からお約束や情報を仕入れることで、味のある内容になるかもしれない。うーん、ちょっとつらい。

CGアニメ黎明期の、声を音楽がつぶしてしまうという悪い慣習が残っていたのも気になる。

そういう点では旧作のほうが内容はわかりやすくてよかったし、音楽と声の聞き分けがちゃんとできた。

※あ、ゲームは酷かったね。ジャア二がキャピキャピしてるのにはひいた。マルチメディアタイトルの遺物だw。おっとレガシーってついてるね。

でも映像の情報量はたいしたもんで、毎回違う世界をデザインして、映像化という荒業は驚異的。アニメでアートディレクターとかちょっとびっくりしたもんです。

以上いろいろ書いてますが、そこそこ面白いと思います。

リアルなSFなんて「へ」だ

もちろん、リアルなSFも面白いのだけれど。
このようなスペースオペラこそアニメの真骨頂じゃなイカ。
スペースオペラ万歳!

追伸
バンダイチャンネルさんにお願いがあります。
「太陽の船ソルビアンカ」の前作に当たる「ソルビアンカ」の配信を、
是非とも、お願いするでゲソ。

見どころ

ベースとなったのは、1990年に製作されたOVA作品で、その美麗なキャラクターと緻密な世界観は、日本のみならず海外でも高い評価を受けて、1999年に完全新作のビデオシリーズとして製作された作品。恩田尚之によるキャラクターデザインも大きな魅力となっているが、なんといっても作品タイトルでもある、宇宙船のソルビアンカ号が文句なしに格好いい。アールヌーボー調にまとめられたコンソール画面など、これまでの宇宙船にはないアイディアが散りばめられている。SF的なおもしろさもさることながら、ドラマも主人公たちの奔放な海賊ぶりを魅力たっぷりに描いており、今日の眼でみてもいささかも衰えていない。(アニメライター 川田鉄男)

キャラクター

エイプリル

ソルビアンカ号のリーダー。純粋さと強引さを持つ行動派。そんな性格からキレてしまうことも多く、リーダーらしくない過激な行動をとる。クルーの中では最も海賊のアイデンティティーを持つが、その「理想の海賊像」はあまり明確ではない。

フェブ

一番年上だが、指導的なことは一切しないクルーのトラブルメーカー。星々に降り立っては男を作って行方を眩ましほとんど船にいることはない。彼女の特技はディプロマシー(外交)で、大人としてVIPと渡り合えるのは彼女だけである。

ジャアニ

いつも不愛想であまり笑わないが真面目な性格。拳銃からソルビアンカ号の主砲まで武器全般に精通している上、格闘技にも長けているクルー一の乱暴者。男っぽいもの同士、ベタベタしないのでエイプリルとはウマが合う。

ジュン

役目はコンピューターの専門家としてソルビアンカ号を操縦すること。性格はズバリわがまま娘。気に入らないことは一切しない。恋愛やファッション、食べ物にしか興味がなく趣味が正反対のジャアニとは仲が悪く、絶えず張り合っている。

メイヨ

ソルビアンカ号に密航した戦災孤児。クルーとしての役割は特にない。しいて彼女の仕事(?)をあげるとすれば、ネット上のヴァーチャルな小学校に通うことであろうか。そんな彼女が他のクルーたちとどう関わっていくのか…。

メカ・ロボット

ソルビアンカ

なんらかの理由で、ほぼ無傷のまま宇宙空間に投棄され、数百年の間漂流していた謎のスペースクルーザー。エイプリルが子供の頃、故郷の星の近くの小惑星帯に流れつき、船体のマークから「太陽の船」と呼ばれた。のちに成長し、行動力を身につけた彼女は一人で船を手に入れ「ソルビアンカ」と命名した。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:越智博之 / 脚本:三井秀樹 / キャラクターデザイン:恩田尚之 / メカデザイン:渡辺浩二 / メカニックデザイン:寺岡賢司 / 3DCGワークス:志村 聡 / 音楽:長岡成貢 / 制作:AIC /

キャスト
エイプリル:松本梨香 / フェブ:榊原良子 / ジャアニ:サエキトモ / ジュン:宮島依里 / メイヨ:小西寛子 / ギュンター:壌 晴彦 / ラミー:小杉十郎太 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}