動画が再生できない場合はこちら

甲鉄城のカバネリ

19

0

0

0

1

3

貫け、鋼の心を

世界中に産業革命の波が押し寄せ、近世から近代に移り変わろうとした頃、突如として不死の怪物が現れた。鋼鉄の皮膜で覆われた心臓を撃ち抜かれない限り滅びず、それに噛まれた者も一度死んだ後に蘇り人を襲うという。後にカバネと呼ばれる事になるそれらは爆発的に増殖し、全世界を覆い尽くしていった。極東の島国である日ノ本(ひのもと)の人々は、カバネの脅威に対抗すべく各地に「駅(えき)」と呼ばれる砦を築き、その中に閉じ籠もることでなんとか生き延びていた。駅を行き来ができるのは装甲蒸気機関車(通称、駿城(はやじろ))のみであり、互いの駅はそれぞれの生産物を融通しあうことでなんとか生活を保っていた。製鉄と蒸気機関の生産をなりわいとする顕金駅(あらがねえき)に暮らす蒸気鍛冶の少年、生駒(いこま)。彼はカバネを倒すために独自の武器「ツラヌキ筒(づつ)」を開発しながら、いつか自分の力を発揮できる日が来るのを待ち望んでいた。
そんなある日、前線をくぐり抜けて駿城(はやじろ)の一つ甲鉄城(こうてつじょう)が顕金駅(あらがねえき)にやってくる。車両の清掃整備に駆りだされた生駒(いこま)は、義務であるカバネ検閲を免除される不思議な少女を目撃する。その夜、生駒(いこま)が無名(むめい)と名乗る昼間の少女と再会するなか、顕金駅(あらがねえき)に駿城(はやじろ)が暴走しながら突入してきた。乗務員は全滅し、全てカバネに変わっていたのだ!顕金駅(あらがねえき)に溢れ出るカバネたち。パニックに襲われる人々の波に逆らうようにして、生駒(いこま)は走る。今度こそ逃げない、俺は、俺のツラヌキ筒(づつ)でカバネを倒す!
―ーーこうして、本当に輝く男になるための生駒(いこま)の戦いが始まるのだった。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

良いとこどり

他の方も書かれていますが、確かに何処かで見たようなストーリー。

しかし、色々な作品の魅力、綺麗な部分(音楽など)を集結させて、よくまとまっていると思います。

このままじゃ終われない

ひたすら人肉を喰らい増殖するカバネ(ゾンビ)に恐怖し、安住の地へ向かう逃避行。
隔離された土地(要塞)で生活する日常が崩れ、人類同士で疑心暗鬼~パニックを起こす様は王道。

「貴様、人かカバネか」
「どちらでもない、俺はカバネリだ!!」
キャラ画がとてもステキです。初回から主人公 生駒(CV畠中さん)の生に執着するエネルギーが凄まじく、どんどん惹き込まれていきます。

架空の戦国時代風に独自の技術発展を遂げている為、いろんな設定(可能性)が広がります。今後(新作・続編)も期待大です。

WIT STUDIO

オリジナルと言うことですが、
これまでに手掛けて来た原作有りの数作品、
それが基礎になっていることは容易に想像出来ます。

それらの作品群に対してと同じく、
色々と、感じること、思うこと、
少なからず、ありました。

それらを差し引いたとしても
一見の価値、間違い無く、有るかと、、、
兎に角、映像と音楽、美麗です。

ただ、やはり
折角のオリジナルですので
区切りの良い処、までではなく、
最終的な決着、
是非そこまで、期待してしまいます。
(その理由から、お薦め度は、♡4つ。)




最後に、
所々の場面で、思ってしまいます。
日頃、仁智信義に由らず、人の振りをして生きている位なら、
資質・技能の継承や学習もある程度は出来るらしい本作のカバネ、
身体が非常に丈夫に成る分、
何も臆病になることは無いではないかと。

導入が神

1話見てください。
もう全部見るしかなくなります。
先が気になって気になって独特の世界観に飲み込まれます。
近年稀にみる名作じゃないですかね~

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:荒木哲郎 / シリーズ構成/脚本:大河内一楼 / キャラクター原案:美樹本晴彦 / アニメーションキャラクターデザイン/総作画監督:江原康之 / 音楽:澤野弘之 / 助監督:田中洋之 / 設定統括:笠岡淳平 / コンセプトアート/デザイン:森山洋 / デザインワークス:形部一平 / コンセプトボード:吉田史朗 / プロップデザイン:常木志伸 / 美術デザイン:谷内優穂+曽野由大+青木薫 / 総作画監督:丸藤広貴+浅野恭司 / アクションアニメーター:川野達朗+世良悠子 / チーフメイクアップアニメーター:松本幸子 / 美術監督:吉原俊一郎 / 色彩設計:橋本 賢 / CGディレクター:薮田修平 / 撮影監督:山田和弘 / 音響監督:三間雅文 / 音響効果(サウンドボックス):倉橋静男 / 編集:肥田 文 / アニメーション制作:WIT STUDIO / 制作:カバネリ製作委員会 /

キャスト
生駒:畠中 祐 / 無名:千本木彩花 / 菖蒲:内田真礼 / 来栖:増田俊樹 / 逞生:梶 裕貴 / 鰍:沖 佳苗 / 侑那:伊瀬茉莉也 / 巣刈:逢坂良太 / 吉備土:佐藤健輔 / 美馬:宮野真守 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}