動画が再生できない場合はこちら

機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦

115

1

0

1

4

19

一年戦争の幕開け 放たれし業火

1979年TV放送された、日本ロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。そのキャラクターデザイン・アニメーションディレクターの安彦良和が手掛けた、累計発行部数1,000万部を誇る大ヒットコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』が、ついにアニメ化!! シャア・アズナブル――のちにジオン公国軍のエースパイロット『赤い彗星』と呼ばれる男と、セイラ・マス――彼の妹の運命を決定づけた悲劇と過去とは!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(25件)

やっぱりいいね

原作は、全話読み終わっているので、内容は分かっているんだが、動画の方がいいね。

しかし、あらすじ長過ぎ。
ファーストの3部作みたいに各話完結で、それぞれを繋ぐと全体のストーリーになる、見たいな作り方が出来ないもんだろうか。

あらすじ止めて、「人類は、自らの行為に恐怖した」を最新映像でくっつけるだけで良いと思う。

難しい

初代ガンダムのアンソロジーなんだから
初代ガンダムの雰囲気で子供も見れるように作って欲しい
完全に大人向け

いろいろと描き切れていないような

きっちり制作されているのは分かるのですが、ファーストガンダムを良く知ってる人しか分からんと思うのですよ。
ORIGIN原作から再構成し、いろいろとアレンジされているところは良いと思うのですが。
微妙に消化不良の感がありました。
キャスティングも微妙に違う気がしますし。。。
ファーストガンダムの伏線連発で、どうもなぁ・・・
贅沢な意見ですが。
ハモンさんの首が長すぎるのも直してほしかったです。
安彦さん、どうしても長く描こうとするのよね。。。

見応えあり

超美麗な映像と重厚なドラマが素晴らしいが、前回までのあらすじが長すぎる。
それとハモンさんの啖呵はしびれるがその後のボーカルはいらんやろ。
さらに、途中でブツブツ再生が切れたから減点1。

まさに超一流スタッフの作品

登場人物が多いのに、しっかり話についていけるし、感情移入もしやすくて時間を経つのを忘れてしまいますね。ファースト自体もリニューアル版があるかも、というニュースがありましたが、ぜひ実現してほしいです。こんなに見ごたえのある作品を見ると、ガンダムファンで良かった、と思わされます!!

ザクかっこいい!

ザクのコックピットハッチって、あんなんでしたっけ?

ネタバレあり

続編が楽しみだけど

Don’t Say Goodbyeが最高!!
久々にピピっと来て早速携帯にDLしちゃいました

戦闘シーンの映像クオリティの進化がすごい

シャア/セイラ編、第一話冒頭の艦隊&モビルスーツ戦闘シーンは、まるで子供が小さい模型を手に持って”ブゥ~ンガシャーン”とやっているかのような「3Dなのに妙に平面的で軽い印象」の映像だったので正直がっかりした。

自分の想像力で映像を脳内で自由に膨らませられるコミックス版のほうがよっぽど迫力と満足度が高いと思ってしまったくらいだ。

幸いなことに冒頭の短時間だけだったので「もう見るの嫌だ」と思うに至るまでのことはなかったが、こんな軽い感じのままジ・オリジン全編の戦闘シーンを描かれては困るなぁ、と心底心配していた。

だが、このルウム編でその不安は払拭された。この数年間でスタッフの映像制作の練度もずいぶん向上したようだ。兵器の動きだけでなく、艦内での将兵のやりとりなどの描写もとても良く出来ていて楽しめた。

安価なレンタル開始まで待とうかと思ったが配信に投資した甲斐があった♪次回もたのしみ

セイラさん素敵

 最高です。これぞ大人が楽しめるロボアニメ。ククルス・ドアンの島と同じ会社の作品とは思えません。何しろカッコイイ。そして泣ける。長生きしてよかった。古参キャスト、スタッフの皆さんももっともっと長生きしてね!

 オリジンはアニメの大河ドラマだ。だから是非!Ⅰから、最初から見たほうがいい。もちろんⅤだけでも感涙だけど!

 じゃ、もう一回みてくるのでこの辺で!!

ブリティシュ作戦…

何人殺したかではない。勝利こそ必要と言ってる割に、何故1機しか落とさなかったのか…。
ギレンって、戦争に勝利する気あったのか?
とは言え、そんなにドバドバ、コロニー落としたら、地球崩壊か…。
本題からは外れるけど、戦争という狂気のなかでの指導者の心理描写をもっと描いてもらいたかったな~。

ガンダムにラブライブ。サンライズってすごい。

大人にも凄く響く。壮大な世界観に魅了されます。
早く続きを見たいです。

迫力がありすぎ

未来を知ってるだけにラルさんの周りの人達を見てると
哀しくなってくる。
ザクの出撃シーンは迫力が凄い。
時代ではあるが、素直に好き。
シャアの池田さんも健在なのも嬉しい。
やはり引っ張られて次か...憎いね!

続きを少し早見

「え、ここで終わるの?」と思った方、
V・激突 ルウム会戦 の後に I・青い瞳のキャスバル の冒頭を見ると
ルウムでのシャアの活躍が少し早見できますよ!(笑)
対艦ライフルのつじつまどう合わせるんだろ(笑)

ネタバレあり

「トップをねらえ!」

他の多くの視聴者の方々が
私が抱いた感想も、
きっと書いて下さることでしょう。

前日譚としての
各逸話の経緯や各人物の人となり等、背景に就いてや
作画の質、場面の描かれ方、等々の進歩、、、



しかし、やはり最も考えさせられたのは
半旗の上げられている場面。

あれらの内、どれだけの物が、
現実世界のそんな未来にまで、
残っていられるのでしょうか。

「トップをねらえ!」の場合は、
あっと言う間に、十五に別れてしまいましたが、、、



そうそう、
「答え」ですが、
皆さんも きっとそう思っていますよね。

大好きなんですよ。

有名な逸話が有ります。

しているときは、
大変なので、こんなのやってらんねえ、と思うのですが、
していないと、
ほら、段々、禁断症状が、、、

む、赤い彗星!

40年経っても、前日談でまたシャア少佐の声が同じ池田秀一さんの声で観られるなんて、当時は想像さえもしていなかったが、みんなが期待してた!この時代に生きていられて本当に自分は幸せ者です!

最高っ!

ドズルのことをちょっと好きになりました。内紛から戦争に発展して行く・・・・一般住民も巻き込まれておかしくなっていく、戦争ってこういうものなのかと思いました。現実はもっと悲惨だとは思うけど、戦争を知らない世代が戦争を想像するきっかけになるアニメになるかもしれませんね。

モビルスーツが動くシーン、もっと見たいですね。シャアの3倍加速、かっこいいです。

ハモンの歌はいらねえー!

作品自体は、概ね素晴らしいのですが、別にハモンが歌うシーンは必要無いと思います。
この作品を情緒タップリのメロドラマにしたいななら別ですが、今迄の作品を傾向を観ていると、キャスバル・ダイクンのザビ家に対する復讐劇・ピカレスクロマンに近い気がしますので、あの部分は物語を停滞させるだけです。 
しかも、ルウム戦のこれからが見せ場というところで終わってしまうのはずるい! 

ネタバレあり

ファーストリメイク!ついにきた!!

初代ガンダムの作者が語る、周年記念プロジェクト!初代ガンダムファン待望の「ファーストガンダム」が現代の最新アニメ技術でリメイクされるプロジェクトが現在進行中。
原作者本人が語っていた自らの「最高傑作」を今一度世に出すと、情報媒体で報じられています。
待っていました!この作品も、それに向けた流れの一つと捉えると、実に絶妙なタイミングで、「ファースト」本編の時代背景を深く掘り下げる役割を担っています。
もうね、本物の真の「ガンダム」である以上、出来は折り紙着いて、出来云々よりむしろ、何を残してくれるのかに興味があります。
今の世の中に、とても大きな影響を与えている作品の原点が、最新技術で、新たな世代を取り込んで語られるなんて、それだけで鳥肌モノですよ。
その衝撃たるや、通常の3倍、いや、5倍のスピードで駆け抜けること請け合いです。
私達も、ニュータイプに慣れるのでしょうか?
楽しみです。

ネタバレあり

つ、続きを…

は、はやく!!!!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN ルウム編

異常な時代の罪な男だね

なんか懐かしい

今のガンダムは余り知らないが、当初のガンダムを思い出した。当然技術が上がって綺麗&迫力は増すので良いですね。3部作も今の技術で作り直しても良いかもね。
それまでシャーの声の方か゛元気か?とか問題もあると思うけど。当分先ですが早く次を見たいですね。

やぱりガンダムは最高

ORIGINも遂に5作目、ガンダム作品における、両陣営による最初の主力同士の戦い、ルウム戦役に突入
オリジナルガンダム世代のおっさんには、最新の映像技術がたまらないね。最高だよ。
最新技術でのオリジナル版のリメイクも決まり、これからの楽しみが増えたのは嬉しいね。
ただし、手放しで喜べない事も・・・ORIGINで言うと、今作品の最後の戦闘から、青い瞳のキャスバルの冒頭の戦闘シーンに続くはずだが、見てみると、戦闘指揮をしているドズル居る場所が違う・・・更にシャアが今作品では単独での奇襲だったのが、青い目の・・・では、散弾を装備したライフルでの狙撃から始まっている   
リメイクにあたり、当時できなかった事を現代の技術でって事だが、こういった細かいことは、技術云々じゃないはず、しっかりやってほしい。

ネタバレあり

人類史上最悪の作戦

対立する地球連邦政府とジオン公国。
U.C.0079…ついに、開戦。
最悪のブリティッシュ作戦。
そしてルウム戦役。
MS-06C, MS-06R1A, MS-06S…
ザクⅡ最大の見せ場です。

シャア、ギレン、アムロ、カイ。
声優さん達は全員60代です。
凄いです、頑張っています。

劇場鑑賞、BRDと主題歌CDでお布施しました。
一年戦争終結まで突っ走って欲しいです。

激突してないような

ブリティッシュ作戦、のタイトルのほうがよかったかもしれない

ネタバレあり

これぞガンダムの戦争描写と魅力だよ!

戦争とは愚かしい。人の業がむき出しになる姿
散華する何十億の人の命と儚い幸せの花をも死という鎌で無残に刈り取られる。
その業にあがなう、セイラ。

そして赤い彗星の痺れるカッコよさ!

これぞガンダム!綺麗すぎる戦争描写の宮崎アニメと正反対の魅力
これぞガンダムの魅力!

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より) / 漫画原作:安彦良和(KADOKAWA「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」より) / キャラクターデザイン:安彦良和+ことぶきつかさ / オリジナルメカニカルデザイン:大河原邦男 / メカニカルデザイン:カトキハジメ+山根公利+明貴美加+アストレイズ / 脚本:隅沢克之 / 演出:江上 潔+カトキハジメ / 総作画監督:西村博之 / メカニカル総作画監督:鈴木卓也 / 美術監督:東 潤一 / 美術設定:兒玉陽平 / 軍装装備デザイン:草彅琢仁 / ディスプレイデザイン:佐山善則 / SF考証:鹿野 司 / 色彩設計:安部なぎさ / 撮影監督:葛山剛士 / CGディレクター:井上喜一郎 / 編集:吉武将人 / 音響監督:藤野貞義 / 音響効果:西村睦弘 / 音楽:服部隆之 / 総監督:安彦良和 / 企画・製作:サンライズ /

キャスト
シャア・アズナブル:池田秀一 / セイラ・マス:潘 めぐみ / デギン・ソドザビ:浦山 迅 / ギレン・ザビ:銀河万丈 / ドズル・ザビ:三宅健太 / ガルマ・ザビ:柿原徹也 / ランバ・ラル:喜山茂雄 / クラウレ・ハモン:沢城みゆき / ガイア:一条和矢 / オルテガ:松田健一郎 / マッシュ:土屋トシヒデ / ヨハン・I・レビル:中 博史 / アムロ・レイ:古谷 徹 / カイ・シデン:古川登志夫 / ハヤト・コバヤシ:中西英樹 / ユウキ:小野賢章 / ファン・リー:瀬戸麻沙美 / ナレーション:大塚明夫 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}