動画が再生できない場合はこちら

魔法使いの嫁

84

0

0

1

4

13

羽鳥チセは15歳の少女。彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、何も持ち合わせていない。ただひとつ、生まれ持った特別な力を除いて。そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。悠久の時を生きる魔法使いの暮しの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。これは、世界の美しさを識る為の物語。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(18件)

原作未読ですが・・・

感情を抑えた演技・映像表現ですが、物語にマッチしていて、凄く素敵です。主役二人のCVも本当に合っていて、音響監督GJ!! と言った感じです。エリアスとチセの関係が本当に少しずつ近づいて行く。そして二人に関係していく人々も中々に興味深い。綺麗な女の子がお色気で迫って来る様なテンプレ気味のアニメに食傷気味でしたが、この作品の様に丁寧に作られたアニメが広く評価されて欲しい。久しぶりに円盤を買おうかな?と思わされる名作だと感じます。

私は前の歌が好き

私はテーマ曲についてですが、最初のインパクトが強かったのか以前の曲の方が好きです。
今はオープニング・エンディングを飛ばして観ています。
ですが、物語は上品で好きです。泣き虫の私にはぴったりです。いい涙が出ますよ。

魔法人情帖

夏目友人帳が妖怪人情帖なら、こちらは魔法人情帖という感じ。
強大な力を持った主人公を助け見守る、人の目からみて、どこかが欠落した強力な謎の生物がコンビという構図も同じ。
舞台が日本の片田舎か、英国の片田舎か、ずれた友情か、ずれた恋愛かなどの違いはあるが、ボケのテンポもそっくりで、世界が共有されてても不思議はないなと感じる。
なかなか面白いが、夏目には少し届かないかな?

綺麗なおねえちゃんのATフィールド崩壊が、大変な閲覧注意シーンではあるが、全体的に、夏目のような心地よい不快感が少ないので、そこが惜しい。嫁ってつけちゃったから振り切れてない気もする。
個人的には吸血鬼が好き。俺にもとりついてほしい。

世界に包み込まれてみたい

原作の世界観を、素敵に表現している期待を裏切らない作品。

VRコンテンツ出たら、初めてのVRキット購入のきっかけとして外せないかも。
11話の妖精とのシーンとか、チセと一緒に周りを光に包まれてみたい。

心洗われる

洋風な友人帳って表現でいいかわかりませんが。。。少し心が洗われます

これは面白い。

見事な空気感

原作、雑誌掲載第一話を読んでからずうっとこの作品のファンをし続けています。

正直、TVアニメへ至るまでの商法(かのイベント上映など)には、静かにファンを続けていた人達に対する裏切りじみた憤りを覚えるもので、作者、もしくは担当者および編集に幻滅していましたが。

アニメスタッフさん達の情熱でしょうか、アニメ化を初めて知った時に感じた期待をそのまま、映像化されたような喜びを感じる映像になっていて、感無量です。

とりわけ素晴らしいのは、「空気感」だと感じます。これはアニメという映像ならではの素晴らしさだと思う。本当にアニメ製作を行っているスタッフさん達には、ファンとして大感謝です。

2話の帰路での空気感などは、取り分け素晴らしかった。

BGMなどの音楽も素晴らしいです。声優さん達も好演です。

知らずに目に留まった方、是非一度、このアニメを見て欲しいです。


ネタバレあり

感心しないな

いたずらに3Dはさむのは。

起きちゃったじゃないか。

ネタバレあり

映像美

原作ファンですが、アニメーションならではの音楽・色彩・タイム感という手法を巧みに使い、全く新しい感動を与えてくれる、とても良い作品だと思います。

原作未読ですが

少女漫画的な御都合主義はあるものの、不可思議で美しい世界に引き込まれる。

うむ!これはいける♡

丹念に丹念に作り込まれたスローな心理描写、そして心癒やすBGM。こころの奥底から湧き出るかのようなやさしい感情。楽しみな作品に会えたかも。

抑えた芝居が良い。

脚本も芝居も、原作の抑えた立ち上がりをうまくつかんでいる。第1期でどこまで行くつもりか知らないが、原作が進んでぶんぶん歯車が回り始めても、大いにやってくれそうである。

いわゆる「魔法少女」モノではない

そっち系を望んでいるのであれば全くお勧めしません。
原作・・・といっても単行本からですが、表紙に引きつけられて読んでみたら見事にハマりました。
原作モノをアニメ化すると違和感があるものですが、画もさることながらCV勢が全く違和感なく、良作だと思います。

原作見たことないが

今年は意外にユニークというか少しスピードが速いそしてこれから上がるぞ見たいな作品が多い気がする。そんな中でも、異才がありそうな作品、なんとなくピンときました。これから見ていきたいかとは思います。

原作知らず

アニメが初見です
魔法使いものが溢れてますが
この不思議なテンポがいいです
これからの展開が楽しみ。

初見の感想は、見応えあり

原作は見たことがありません。 
初見の感想は、見応えのある作品になりそうだなって感じました。
音楽もフライング・ドッグが参加してるのでハイレゾ何でしょうか?
すごくイヤホンで聴いて見ていると映像美と相まって音楽に厚みを感じます。 きっとブルーレイや高画質の画面で試聴すると作品の良さがぐっと上がる作品。 
どん底だと思い込んでいる主人公チセとその彼女を見出だし弟子(嫁)に迎えた魔法使いのエリアスがこれから先にどんな魔法を作り上げていくのか期待大の作品。 

先に待つ、幸福と不幸とは

まだ一話だけの鑑賞ですから、
なんとも申し上げられませんが、
続けてゆきたい作品で御座居ます。

「智世 と

世の理を知る者」

対義語の「美女と野獣」とは異なり、
同義語になるのでしょうか。

何だか、、とっても、、御洒落!

本作も WIT STUDIO の制作。
本当に綺麗で、時々、うっとりと してしまいます。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ヤマザキコレ(マッグガーデン刊) / シリーズ構成/監督:長沼範裕 / 脚本:高羽?彩 / キャラクターデザイン:加藤寛崇 / 色彩設計:小針裕子 / 美術監督:竹田悠介 / 撮影監督:鈴木麻予 / CGIディレクター:須貝真也  / 特効監修:谷口久美子 / 特殊効果:荒畑歩美 / 2Dワークス:西谷知恵  / 編集:今井大介 / オープニングテーマ:JUNNA「Here」 / エンディングテーマ:糸奇はな「環-cycle-」 / 音楽:松本淳一 / 音楽制作:フライングドッグ / 音楽制作協力:BASiLiCA / 音響監督:はたしょう二 / 音響効果:出雲範子 / 音響制作:サウンドチーム・ドンファン / アニメーション制作:WIT STUDIO / 製作:魔法使いの嫁製作委員会 /

キャスト
羽鳥チセ:種﨑敦美 / エリアス:竹内良太 / ルツ:内山昂輝 / シルキー:遠藤 綾 / アンジェリカ:甲斐田裕子 / サイモン:森川智之 / セス:諏訪部順一 / リンデル:浪川大輔 / ミハイル・レンフレッド:日野 聡 / アリス:田村睦心 / ティターニア:大原さやか / オベロン:山口勝平 / カルタフィルス:村瀬 歩 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}