動画が再生できない場合はこちら

カクレンボ

51

1

3

4

3

4

〜それは子供たちだけが
入ることのできる世界〜

暗い街があった。荒廃し、渾沌とした街の中に出来る隙間。路地の明かりが燈るとき、その向こうには、子供にしかできない遊び、子供にしか入れない世界があった。子供たちは知っている。鬼と呼ばれる異形の者たちとの「オトコヨ様のお遊戯」、秘密の遊び「カクレンボ」のことを。行方不明になった妹を探すためにカクレンボに参加する少年ヒコラ、そしてヤイマオ。鬼の正体を暴こうとする3人組のノシガ、タチジ、スク。不気味な双子インム、ヤンク。そしてたった1人の女の子。子供たちは知りたかった。この遊びを、この街を、この世界を…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(15件)

雰囲気を楽しむ

表題のとおり、美麗な映像とか雰囲気を楽しむ作品。
物語らしきものはあまりないので、物語を期待してはいけない。
映像だけでも楽しめる人向け。

少なくとも面白くはない

かといってつまらなかったわけでもない
でもラストはちょっとぶん投げ過ぎではなかろうか
短編という縛りはあるのだろうが

か、かくれんぼ…?

まさかの鬼ごっこです。かくれんぼ要素が無きに等しいです。
音声が聞き取り辛いのは敢えての演出だと思いたい。
映像を堪能したい、と言う方には非常にお勧めです。
「雰囲気アニメ」って言葉は嫌いですが、まさにこれこそ「雰囲気アニメ」。
ストーリーがどうのとかではなく、映像と雰囲気を楽しむもの、と思って観ると感動すると思います。

画風やその技術のみ評価

他の方も仰っているように聞き取りづらい個所があり音量調節に都度気を取られるので軽いストレスを感じさせる数少ないアニメでした。ストーリーも脚本家が悪いのか分かりませんがイマイチ。画風が好みなのと作画技術が素晴らしいだけに残念です。時代や国籍背景も日本プラス、中国の小汚いスラム感や九龍城(?)的な雰囲気で、アジアンテイストを醸し出したかったのでしょうが、出来れば中華テイストは外して欲しかった。海外へ向けてのミステリアスな魅力で興行したかったかな?とにかく画風やその技術が素晴らしいだけに重ねて残念な部分が際立ちます。

可もなく不可もなく

長編の一部分を切り取った感じ。

理屈抜きで「感情」で楽しんでね・・的な内容は
嫌いじゃないので、まあまあ楽しめたかな。

やばいことには、むやみに近寄っちゃだめよ、
ってことですかね。
とりあえずやばいところでのカクレンボはしません。
あと、会話以外の音のボリュームでかすぎて
何を話しているのか聴きづらかったです

ところで・・・
カクレンボなのに隠れる前につかまってますよね。
なんかカクレンボっていうより神隠しのネタばれじゃん、
と突っ込んでしまいました。

ネタバレあり

はい わかりました(/。\)

夜・・・かくれんぼはしません・゜・(つД`)・゜・

夜、部屋を暗くしてヘッドフォンを使用して御視聴下さい
怪談と云うより都市伝説な映像です
私は好きです

ネタバレあり

うーん、そう来ましたか…

こういうストーリーって好きですが…
でも切ないラストだな〜

足りない、足りないです。

冒頭の柳田の引用、おしらす様、香港的な舞台などで境界性、アジール感を出したいのはわかるのですが、雰囲気以外何も伝わってきません。ただ、雰囲気だけを短時間(30分弱)で伝えることにはセンスと技術によって成功していると思います。でも、やっぱり一連のストーリーを持った作品としてはあまりにも足りなすぎて、なんだか予告編を見ているようです。評価は4ですが、限りなく3に近い4です。

節子…

それ鬼ごっこや…

世界観や雰囲気は良い。
ただもうちょっと丁寧に作れば面白くなったのではないかな~と?

ネタバレあり

薄ら寒い…

好みが分かれるところかとは思いますが、ワタシ的には面白かったです。
画面がちょっと暗すぎるのと、音声が劇伴に埋もれてしまってる部分や説明がチト足りない箇所が残念かもですが、まさに「薄ら寒い」えも言えない正体がわからない恐怖感は味わえるかなと。
面をかぶせると言う事で表情が全く見えなくなり、良くある恐怖物での「驚愕する表情」や「泣き叫ぶ」表情が観て取れません。ある意味挑戦的実験的な表現方法であり、表情が見えない=キャラの仕草などを含む作画力や、効果音、あるいは声の演技で、それを補っているんですね。
昔から童謡には多くの謎が隠されていると言われています。「かくれんぼ」に隠された謎がテーマのこの作品、観て損はないかも知れません。
…でも、「どうして?」「何故こうなった?」の必要最低限な説明が微妙に足りない気がしないでもないので…もうちょっと時間欲しかったかも(^^;;

ジャパニーズホラーっぽい

まずこの作品を観る際はヘッドフォンを強くオススメします。
音による演出がジャパニーズホラーっぽさを醸し出していて、より楽しむことができると思います。また、絵は作り込まれていて良いところ。
正直、好き嫌いはっきりでてしまう作品だと思われます。
できるならば二度三度注意深く観ると新しい発見があると思います。
例えば、最初の入り口のシーンはなぜか8人だったり、生け贄にされた人が五人+鬼で最後に1人だけ新しく生け贄にされた意味など
時間が短いので受け取り側の好きなように解釈してくださいみたいなところがあるのでしょうか。
25分くらいなので気楽に観るのもあり、?!となる人は再度観るのもありだと思います。

ネタバレあり

ありそうなオカルト

つまらないわけではないけど、月額じゃ無かったら見なくていいかな、という感じ。
軽い和風オカルトな雰囲気が好きな人は楽しめると思う。ストーリーも難解なわけではない。
ただし、一から十まで丁寧に説明されないと話が理解できない、気が済まない人には向かないかも。
あと画面が暗くてスマホでみると何が何やら状態。
声も最初の方は音楽に潰されて「???」という感じだった。

三十分の暇つぶしとしては十分楽しめたと思う。

雰囲気ありますね

これは、ある意味「味わう」作品か・・・。
「観る」つもりだと、正直「?」ってなる感じ。

しかし、独特の「何か」を「感覚」で味わうつもりで観てみると、なかなか赴き深い作品です。

コトンときました。

月額会員さんなら、観て見る価値はあるかもね。短いし。

クーロン城砦

九龍城砦のような増築を繰り返した多層構造物と、子どもを追い掛け回すからくり人形のような鬼。そして恐怖におののく子ども達の表情を「狐のお面」で隠されてる(表情を創るのが面倒だったのかな?)ことによって、観てて逆に恐怖感が和らいでしまいました。意味があるような無いような…「世にも奇妙なお話」
制作サイドとしてまずは短編で「映像の出来栄え」を魅せつけたかったような「プレゼン的な作品」なんだと思います。

ネタバレあり

ナンダコレハ?

映画館で観るんじゃないんだから、
音の扱いをもう少し考えてもらいたいものだ。
聞き取り難いし音のレンジが広過ぎて厄介。

廃墟もチャイナタウンか何だか知らないが、
日本的なのか****的なのかゴチャゴチャ。
音楽?効果音?それらは和風っぽい。

ストーリーもつまらんし最後も分けわからん。
映像は綺麗で作り込みも素晴らしいが。。。

久しぶりに時間を無駄にした作品でした。

ネタバレあり
見どころ

CMとOVAの連動企画『FREEDOM』の監督を担当する森田修平が、その直前に桟敷大祐と組んで映像制作ユニット「YAMATOWORKS」でつくりあげた自主作品。電脳化された高密度なサイバー的な未来感覚の都市と、錆びて朽ちた質感が同居した世界観が独特だ。すべてを3Dで表現しつつも、枯れた色彩で人の手ざわりの感じられる絵画的な映像が美しい。仄暗い路地で、狐面の子らがメカ的な異形の鬼に追われるという恐怖に充ちた展開の連続は、シンプルだけに心底怖い。思わぬ方向から現れる凶暴な鬼たちのビジュアルはまさに悪夢的。意外なラストの瞬間まで気が抜けない緊張感にあふれた意欲作である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ヒコラ

行方不明になった妹を探している少年。

ヤイマオ

ヒコラの兄貴的存在

女の子

素性のわからぬ不思議な女の子

ノシガ

強がりなガキ大将

タチジ

ノシガの第1の子分

スク

ノシガの第2の子分

インム

暗い過去を持つ双子の兄

ヤンク

暗い過去を持つ双子の弟

スタッフ・キャスト

スタッフ
アニメーション制作:YAMATOWORKS / 監督・絵コンテ・演出・CGI・編集:森田修平 / キャラクターデザイン・美術:桟敷大祐 / 脚本:黒 史郎 / 音楽:北里玲ニ /

キャスト
ヒコラ:竹内順子 / ヤイマオ:植木 誠 / 女の子:鈴木真仁 / ノシガ:内藤 玲 / タチジ:石橋美佳 / スク:小林晃子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}