動画が再生できない場合はこちら

少女終末旅行

72

0

0

1

1

13

絶望と、なかよく。

繁栄と栄華を極めた人間たちの文明が崩壊してから長い年月が過ぎた。生き物のほとんどが死に絶え、全てが終わってしまった世界。残されたのは廃墟となった巨大都市と朽ち果てた機械だけ。いつ世界は終わってしまったのか、なぜ世界は終わってしまったのか、そんなことを疑問にさえ思わなくなった終わりの世界で、ふたりぼっちになってしまった少女、チトとユーリ。ふたりは今日も延々と続く廃墟の中を、愛車ケッテンクラートに乗って、あてもなく彷徨う。全てが終わりを迎えた世界を舞台に、ふたりの少女が旅をする終末ファンタジーが今、幕を開ける。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)つくみず・新潮社/「少女終末旅行」製作委員会

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(15件)

コージーカタストロフィ

コージーカタストロフィ(心地よい破滅)って概念があるそうです。
本作とか、けもフレとか。
まとめで見掛けた言葉ですが、しまっておくのはもったいないので
お伝えします。

ああ、心地よかった。
BGMも神

作り込みが凄い

他作品ではなかなか味わえないであろう独特なテイストを、しっかりアニメに落とし込んでいるこの作り込み具合…凄い。
色々秀逸なんだけど、個人的には劇伴が凄くツボだった。ポストクラシカルやアンビエントを好んで聴くような人には、そういうものを目当てに観てみる事をおすすめしたい。

静かすぎる『終わりの物語』_BR_

何かが起こりそうで何も起こらない。
穏やかに、流れる小川のように『終わっていく世界』を旅する少女たち。
切ないような、虚しいような、でも悲しくはない『日常』を描いてます。

希望はないのかもしれないけれど、それでも生きていくというのはこんな感じなのかもしれません。そういえば原作漫画の方も『解決』することなく、静かに終わってましたね。

個人的にはOPEDの曲がいいと思います。

最終話が切ない

ノクターン2番が流れるシーンが非常に印象的だった。
最終話は格別に、特別に、丁寧に構成されてる気がしました。

作り込み

作画がいい味を出していて、楽しめました!

なんか懐かしい

苺ましまろあのキャラたちを思いだしてしまう、ジャンルちがうのになぜだろうね

素敵な手書きアニメーションED

原作者によるものですが、素晴らしい。OPもそうですが、作品の終末感を少し離れて、楽しい感じになっているのが良いアクセントです。

物語は、原作のちょうど4巻の終わりまで。原作を読んだときも、読後、しばし呆けてしまいましたが、なるほどここを最後に持ってきましたか、という感じです。原作は、5巻が出たところ。最上階への途が見えてきたところで、もう少しお話は続きそうです。

同じ終末ものというと、ヨコハマ買い出し紀行を連想します。こちらは、人の営みが静かに終息し、自然に呑み込まれるように消えようとしている世界でしたが、こちらは人の営みが自然をも呑み込んだ先の終わり。形は違いますが、同じような静かさの中で、残り少ない人びとが連帯するところは不思議と通じ合います。

それでも生きてます

未来に希望など全くない世界で、笑い、泣き、生きている。世界が終わるからと言って、あれこれ考えるのではなく、ただ生きていることを楽しめれば、人は生きていけるのでしょう。
文明の死に絶えた静かな世界と、ゆるい日常がうまい具合に噛み合った、非常に味のある作品です。

人類の営み

刹那の最たるもの、、、



感想が纏まるには、
暫く時間が掛かりそうです。

それでも、
書かずには、居れない作品でした。

少なくとも、1度は、
視聴するべきだと、、、



とてもとても閑かで
とてもとても重い
そんな作品です。

決して絵柄に、
騙されません様に!

2017秋の大穴

少女2人が主人公のディストピアものということで、ゆる〜く静かに、ありきたりに展開するのだろうと、あまり期待していなかったのですが、予想外に高品質。
OPからEDまで、ちょっとしたカットも隅々まで丁寧に作られていて引き込まれます。
大人が見ても楽しめます。一見の価値アリ

夢に見る

廃墟をさまよう夢を見ることがあるのですが、少女終末旅行の絵が実写で出てきそうでどうしよう。

日常って?

荒廃しきった世界
ほとんど誰もいない
ただそんな世界を進んでゆく
それが繰り返す日常、ユルく繰り返す日常
希望があるのかも分からない
ひたすらユルく進む
なぜか引き込まれる、そんな作品
わるくない。

尊い

終末の世界を2人きりで旅する少女のお話。
明確な意味や山場や落ちは無い、いわゆる日常系に近い展開でゆるく進んでいきます。
我々から見ると寂しい世界のようですが、ユーリとチトの2人にはそんな様子はありません。
視聴者がユーリとチトから感じるのは可愛らしさ、ユーモア、加えてバイタリティなのかもしれません。
物知りで機械にも詳しいチトと、少しだらしないけどタフでおおらかなユーリ。
一見ユーリがチトに甘えているようにも見えますが、注意深く見れば2人は支え合っています。
僕はそんなコンビが見せるバイタリティに元気をもらえました。

原作の雰囲気を忠実に再現したキャラクターデザイン、それでいて原作を補う情報量の凄み、終末世界の質感を豊かに表現する音声エフェクト。
アニメ制作スタッフそれぞれが原作を深く理解していなければ作り出せなかった1話であったと思います。
2話以降も楽しみです。

睡眠導入剤(良い意味で)

眠れない夜にふと観たくなるようなアニメです。
こういうアニメって実は意外と少ないので結構貴重かも・・
自分の記憶では「スケブ」以来ですかね(キャラの崩し方も何となく似ているような)・・
観た後はよく眠ることができると思いますよ?

荒廃の中の癒し

荒廃した世界の中でも、
何故か感じてしまう癒し。
現実がこの様になってしまう道は避けたいけれど、
見てみたいと思わせてしまう、
不思議な魅力が、こちらの作品には御座居ます。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:つくみず(新潮社「くらげバンチ」連載) / 監督:尾崎隆晴 / シリーズ構成・脚本:筆安一幸 / 設定考証:鈴木貴昭 / キャラクターデザイン・総作画監督:戸田麻衣 / ケッテンクラートデザイン・モデリング:相馬 洋 / プロップデザイン:岩畑剛一+鈴木典孝 / デザインワークス:コレサワシゲユキ+灯夢 / 美術設定:ヒラタリョウ+イシモトタカヒロ+イシモリレン+森木靖泰+長岡慎治 / 美術監督:三宅昌和 / 色彩設計:金光洋靖(Wish) / 特効監修:谷口久美子(チーム・タニグチ) / 撮影監督:染谷和正(T2studio) / 3Dディレクター:菱川パトリシア(IKIF+) / 編集:後藤正浩(REAL-T) / 音響監督:明田川 仁 / 音響効果:古谷友二(スワラ・プロ) / 音楽:末廣健一郎 / 音楽制作:KADOKAWA / アニメーション制作:WHITE FOX / 製作:「少女終末旅行」製作委員会 /

キャスト
チト:水瀬いのり / ユーリ:久保ユリカ /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}