動画が再生できない場合はこちら

宝石の国

50

0

0

0

0

10

今から遠い未来、僕らは「宝石」になった

これは、成長の物語

宝石たちの中で最年少のフォスフォフィライトは、硬度三半とひときわ脆く、靭性も弱くて戦闘に向かない。また、他の仕事の適性もない。そのくせ口だけは一丁前という、まさに正真正銘の落ちこぼれだった。そんなフォスに、三百歳を目前にしてやっと初めての仕事が与えられる。それは、博物誌編纂という仕事。地味な仕事に不満なフォスだったが、彼はその目で世界を見、様々なことを経験する中で、しだいに大きなうねりに飲み込まれてゆく。そしてついに、彼は望まぬかたちで、欲しかった“強さ”を手にするのだが――。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

すき。応援したくなる。

きれいな宝石たちの擬人化。
性別ないしもともと無機物なんだけど、すっごい人間臭い。
ちょっとした仕草や会話、表情で気持ちが伝わる。
皆いい子ばかりだから、応援したい。

戦いものだけど、その間にある宝石たちの何気ない会話が
日常の生活が垣間見えて好きです。

見惚れてしまう

なんというか・・・奇跡を見た?
そんな感じです。
咀嚼できないまま引き込まれ、圧倒的な美しさに飲み込まれてました...

CGでなきゃできなかった

原作を読んで、これまでにない概念におののき、アニメでここまですごい映像になっているのに再びおののきました。まさにCGじゃないと表現できなかったと思います。ダイナミックな動きや宝石の質感が素晴らしい。DVD/BRで見てみたいと思う作品ですね。所々のお茶目パート(特に金剛先生w)も面白かったです。原作はまだ続いていますが、二期があるのかどうか... あと、OPの曲の歌い出しがテンポが取りにくくてとっても難しい。あれを歌えるYURiKAさんもすごいなぁ。

美しいから許す。

どうも生の定義とか死の定義とかズレている皆様なので中盤までもにょる。主人公が否応なく変わっていくがどこか芯が残っている。変わるもの変わらないものって何だろうね……みたいなことを考える。そういえばファフナーに少し似ているところがある。

天才の犯行

原作者は天才いや奇才か。そして見事に映像化したアニメスタッフ。これはもう天狗の仕業としか。見て楽しいとか面白いと思う作品はちょこちょこある。しかし想像を絶する美味しい料理を食べた時のように、意味不明に笑いが込み上げてくるレベルの作品はそうそう無い。

名作揃いで苦戦中?でも最高!

2017 秋
周りが強豪ばかりで霞んでしまいがちですが、ものすごく綿密に・丁寧に作られている作品です。

本来、独特な世界観を楽しむものであって、派手さには欠ける物語のはずですが、美術・アクションがとにかく素晴らしい。スタッフ渾身のこだわりが感じられます。

フォスフォフィライトの性格も黒沢ともよさんの演技の妙によって、遺憾なく発揮されています。
物語上、訳あって様々な変化が訪れる「彼」ですが、ちゃんとフォスフォフィライトだと常にわかる演技をしています。漫画原作では表現しきれなかった、或いは意図していなかったフォスの性格を完全に補完していて、一貫性のあるキャラクターとして成立しています。

まぁつまり何が言いたいのかというと、最高のアニメ化です。

映像・美

カラフルな宝石たちがキラキラと動き回る様はアニメならでは。背景と相まってとても美しく、CGにこんな表現があったのかと、認識をあらたにしました。
第3話のダイヤモンドが夜を駆けるシーンは、ゆで卵さんもおっしゃったとおり、ファティマもかくやという走り。とにかく美しくて見蕩れました。
ストーリーはわりと王道の主人公の成長物語なのかな。
とにかく今期一番楽しみにしてます。

すごい

設定は謎そのものだが、なんかすごく燃える。
何がすごいってうまく表現できない。むちゃくちゃな設定なのに、すんなり入ってくるこのパワー。いったいなんなのだ。レンコンから味方が出てくるあたりで一気に世界が説明される。天才だ。原作か、アニメどっちかわからんけどw
フォスむかつくけど完成度高すぎ。ダイヤかわいい。小ネタも満載。いいよいいよ。チャリンしちゃうよ。
唯一疑問だったのは、カヤックいるか? あいつらWEBだけやってりゃいいんだわ。本編の完成度に比べて、OPの完成度が低い。あちこちに紹介されてるから期待したのに、さっぱり謎のCG見せて喜ぶのはやめてほしい。毎度飛ばしてしまう。
OP以外は見れ。

フォスの転機

先日のリアルタイム放映を見逃したので購入。新キャラクターであるウェントリココス(=王)の弟・アクレアツスが初登場しましたが、カッコイイなと思いました。彼のおかげで月人を撃退するも、フォスの体は損傷し、そのお詫びに王と共にシンシャの元へ彼の失った足の代わりにと貝殻のトゲ?状の物質を与えます。その代わりの材質によりフォスの身体能力が格段にアップしたことが、次回以降の展開に重要な意味を与えるのかなと思いました。

ネタバレあり

光ものは、お好き?

宝石たちのアクションにFSSのファティマを連想。性別はないけど、ウェストのクビレからヒップのラインがとってもセクシー。あのホットパンツのようなコスチュームは、絶対、坊さん(金剛先生)の趣味と見た。フォスの性格と声がとてもマッチしていて、いい味出てる。でも、きょうび「しょっぱい・・・」はついぞ聞かない。今後の展開に期待。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:市川春子 「宝石の国」(講談社『アフタヌーン』連載) / 監督:京極尚彦 / 音楽:藤澤慶昌 / シリーズ構成:大野敏哉 / キャラクターデザイン:西田亜沙子 / CGチーフディレクター:井野元英二 / コンセプトアート:西川洋一 / 色彩設計:三笠 修 / 撮影監督:藤田賢治 / 編集:今井大介 / 音響監督:長崎行男 / 制作:オレンジ /

キャスト
フォスフォフィライト:黒沢ともよ / シンシャ:小松未可子 / ダイヤモンド:茅野愛衣 / ボルツ:佐倉綾音 / モルガナイト:田村睦心 / ゴーシェナイト:早見沙織 / ルチル:内山夕実 / ジェード:高垣彩陽 / レッドベリル:内田真礼 / アメシスト84:伊藤かな恵 / アメシスト33:伊藤かな恵 / ベニトアイト:小澤亜李 / ネプチュナイト:種﨑敦美 / ジルコン:茜屋日海夏 / オブシディアン:広橋 涼 / イエローダイヤモンド:皆川純子 / ユークレース:能登麻美子 / アレキサンドライト:釘宮理恵 / 金剛先生:中田譲治 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}