動画が再生できない場合はこちら

りゅうおうのおしごと!

69

0

0

2

2

11

「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」

玄関を開けるとJSがいた―― 「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」 16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。9歳。 「え? …弟子? え?」 「…おぼえてません?」 覚えていなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していくのだった。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(15件)

普通に楽しめます

どのキャラクターも個性的で、普通に面白かったです。

意外と熱いです!

主人公に『小学生は最高だ!』と言わせてしまうラノベ原作のアニメですが将棋が好きな人にも偏見抜きでみていただきたいと思います。
個人的にはこれに止まらず『アニメ第2期』を期待しております。

ネタバレあり

将棋界・・・

コミカライズ版の最新刊で原作者も言っていたが、アクの強い所が取れて初見でも見やすいアニメになっている。
尺が足りないので、原作のウリである熱い勝負がカットされちゃったりしているけど、第1部のラストまでまとめてあるので作品を知るには良いんじゃなかろうか。
しかし、アニメ放映時に現実の将棋界で原作を越えたエピソードが立て続けに発生するなんて・・・・。
なんて恐ろしい世界なんだ、将棋界(笑)

不運すぎる作品

作品の出来は悪くないです。
ただ、現実のほうが面白いうえに、作品の記録を塗り替える出来事が起きてます。
小説書いてた時は、作者も今のような状況になるなんて予測していなかったのでしょう。
ラノベの主人公より遥かに強い天才が現れるなんて・・・
現実は小説よりも奇なり、とは本当によく言ったものです。

名人

名人のモデルは羽生名人?

ネタバレあり

判断は三話終わりまで保留で

これって、ロリ王のお仕事?
そう考えていた時期がわたしにもありました。
とりあえず黙って三話終わりまで見てください。
間違いなく色々な汁が出ちゃいますから、ええ。

良い作品です。

将棋界の作品ですが。
それぞれの立場での、生き様。(描写、感情など)
日々の努力する姿勢(特に、7話)には、
考えさせられました。良い作品です。
(将棋のルールを、詳しく、分からない方々
にも、楽しめる作品だと、思います。)

ネタバレあり

これから面白くなるのだろうか?

「お嬢さんをください」発言の一方で別の子に「俺の嫁にする」は引いた。りゅうおうにはもっと頭がよくあってほしいのだが。果たしてこれから本当に面白くなるのだろうか?

ネタバレあり

見応えあり!

設定はふざけて見えるが、これは間違いなく勝負師たちのドラマだ。

将棋も熱い!

ロリ&ロリ王のハーレムものと思ってたら、してやられた。将棋のバトルも熱いではないか。言質を取ったあいママは、一枚も二枚も上手やね、厳しい(笑)。

「あい」あふれる作品

原作はラノベ屈指の名作、「このすご!」2連覇だけでなく「将棋ペンクラブ大賞」において優秀賞を獲得した本格派です。
『ロウきゅーぶ!』『天使の3P!』が好きなら迷わず見るべし…「きゃにー!!」で脳がとろけそうになったけど決してロりだけのアニメではありません。
小説版のしらびさんのイラストが好きだったのでコミック版寄りの幼いタッチが心配でしたが動くとやっぱり愛らしい。
表情、仕草、台詞、あほ毛…細部にまで拘っていてスタッフ・キャストの愛が感じられました。
もう一人の「あい」の登場が待ち遠しいです。
まだ2話ですが個人的には覇権アニメ当確。
OPの登場キャラを見る限りヤマ場の5巻までやりそうだけど1クールは無謀…分割2クールだといいな。

ネタバレあり

あいちゃんの御両親(>_<)

参りました、CV;水木一郎・堀江美都子って・・そんな(>_<)

原作から

原作から来ました。アニメ化のキービジュアルを最初に見たときは、原作よりもキャラクター全般がかなり幼く描かれた印象でちょっと不安だったのですが・・・ 第一話を見たら、そんなのは杞憂に過ぎなかったのでした。サイコー!

だらぶち!

それは、
視聴前から憶測で作品を判断していた私の事ですね。

理由に就いては、
EDの、制作協力に関係するクレジットを、ご覧の程。
原作にもアニメにも、各々監修者! 他にも色々と、、、

愛らしい笑顔と険しい盤面とが、程よく中和されて、、、



それにしても、
サンダーバード、様様です。。。

なんか・・・。

なんか、このアニメ、将棋版の「咲ーSAKI-」っぽいんだよなあ。
アニメを見ていて、そう感じた。ストーリーやキャラクターが違うのに、アニメの雰囲気が、「咲ーSAKIー」っぽいんだよなあ。

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:白鳥士郎(GA文庫/SBクリエイティブ刊) / キャラクター原案:しらび / 監督:柳 伸亮 / シリーズ構成:志茂文彦 / キャラクターデザイン:矢野 茜 / プロップデザイン:北山景子 / 美術設定:袈裟丸絵美 / 美術監督:里見 篤 / 色彩設計:鈴木ようこ / CGラインディレクター:齋藤威志 / 撮影監督:川田哲矢 / 編集:渡邉千波 / 音響監督:本山 哲 / 音響:マジックカプセル / 音楽:川井憲次 / オープニング主題歌:Machico「コレカラ」 / エンディング主題歌:伊藤美来「守りたいもののために」 / プロデュース:ドリームシフト / アニメーション制作:project No.9 / 将棋監修:野月浩貴(日本将棋連盟) / 原作将棋監修:西遊棋 / 製作:りゅうおうのおしごと!製作委員会 /

キャスト
九頭竜八一:内田雄馬 / 雛鶴あい:日高里菜 / 夜叉神天衣:佐倉綾音 / 空 銀子:金元寿子 / 清滝桂香:茅野愛衣 / 水越 澪:久保ユリカ / 貞任綾乃:橋本ちなみ / シャルロット・イゾアール:小倉 唯 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}