動画が再生できない場合はこちら

メガロボクス

67

0

1

1

3

10

あしたを、選べ。

肉体とギア・テクノロジーを融合させた究極の格闘技―「メガロボクス」にすべてを賭ける男たちの熱い闘いがはじまる! 今日も未認可地区の賭け試合のリングに立つメガロボクサー“ジャンクドッグ”。 実力はありながらも八百長試合で稼ぐしか生きる術のない自分の“現在(いま)”に苛立っていた。だが、孤高のチャンピオン・勇利と出会い、メガロボクサーとして、男として、自分の“現在(いま)”に挑んでいく――。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)高森朝雄・ちばてつや/講談社/メガロボクスプロジェクト

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(15件)

あしたのジョーとは全然違うけど面白いよ

なんとなく意識高い系の映画を見た感じ。
少なくとも子供が明日から左ジャブを練習したくなる作品じゃない。

拳闘士の生き様

最高だ

「お前は何者か」と問われる瞬間は誰の上にも訪れる

自分を押さえつけ、ごまかしながら八百長を続ける惨めな日々
そんな格好悪さを物語冒頭でしっかり描いているからこそ
土壇場で己と向き合い試練を乗り越えるジョーの物語は泥臭くも格好いい。
ジョーだけでなく孤児も、戦場で多くを失った男も、
大企業の後継者の座を争う兄妹も、最強のチャンピオンも、
そして自分自身から目を背け続けてきたおっさんも、
皆が土壇場で己と向き合いそこにドラマが生まれます。
結果がどうであれ己と向き合う人の姿は美しいという力強いメッセージが作品の根底にあるのです。
エンディグで表示される各話タイトルを皮肉ったような邦題が爽快感を添えてくれるのでそこにも注目です。

本当のエンドシーン

梶原一騎の書いた実際のエンドシーンはこんなものでしたね。

好き嫌いはともかく、このエンドをアニメで見られただけで意味はあるかと。

OP・EDかっこいい

「あしたのジョー」という前置きはあれど、「これはこれ」

やり場のない欲求「強者と思いっきり闘いたい」、才能はあれど賭けボクシング~八百長でくすぶっていた若者が、経緯はどうあれ望んだ相手と闘いたい一心で駆け上がり、周囲からは「下町のヒーロー」的に持ち上げられても、「自分らしさ」を変えない純粋さが更に周囲の心を掴みまくる。

個人的には「あしたのジョー」&「ロッキー」な感覚で観させていただきました。
OP・EDの力強さがたまらないですね。

その瞬間、シンクロした

「立て、立つんだジョー!!」
一緒に心の中で叫んでいました。

ネタバレあり

賛否両論

ありそうですね。
やっぱ1クールじゃ尺足りないのかな
煮え切らない

ネタバレあり

あしたのジョーから50年

思っていた以上に「あしたのジョー」だった、というのが第一印象。
話の展開も表現こそ違うが、まごうことなき「あしたのジョーだった。」
最終回の二人も見事に、真っ白に燃え尽きた、と思う。
そして、燃え尽きた二人が穏やかに笑っている姿こそが、今の時代に求められている「あしたのジョー」なのかな、と余韻に浸りつつ思った。
オススメ。

ネタバレあり

お遊びのファンサービスあり

ラウンド9の酒盛りシーン。ちば先生出てましたね。いつまでもお元気で^^

臭くて面白い!!

これぞ漢という感じ、狼が傷尽きながら戦う姿には生命の躍動を感じます。
ハードな内容で見応えもあります!!

男くさくて泥臭くてかっこいい

いやあ、面白いですね。
こんな骨太なアニメ、久しぶりです。
みていてワクワクしてきます。
徹底的に萌えを排除した造りも好感度高いです。
「男のかっこよさ」に全振りしたこのアニメ、どこまでやってくれるか期待しながら見たいと思います。

COOL!!

とにかく好い。
OP,EDに至るまで、パンチが効いている。
原作への熱い想いによるものだろう、各話も充実。
作り込まれた設定も、各回を追うごとに納得する。
これからの展開に期待大。

明日はどっちだ

未来版あしたのジョー?

男ばっか

格好良さだけで引っ張れるアニメなんて久しぶりじゃないか。
まだ1話なのに、対決未満と対決直前をなんども見返してしまったよ。
ハリウッド風の演出も効いてるが、オルガイツカの不良っぷりがさらに磨きをかけて帰ってきた。感情に任せていうセリフが見事にコントロールされて、声だけで強い不良と感じさせる。力石もいい。すごくあってる。抑揚のない低い声が、いい対比になってる。ビジュアルとの融合が素晴らしい。
そしてタイトル聞いた時にロボはどこだと思ったが、その辺も解決済みw 。 互いにただじゃすまんでしょありゃ。

なんで今頃あしたのジョー? と思ったけど、どうでもよくなる完成度。
ともかく2話以降に強く期待する。

期待

今後に期待できる良い引き。
次回以降が楽しみです。

キャラクター

ジャンクドッグ

“ジャンクドッグ”というリングネームしか持たない名もなき男。セコンドの南部贋作と手を組む未認可地区の地下メガロボクサーだが、勝つことの許されぬ八百長試合にやり場のない苛立ちを抱えている。そんな中、勇利との運命的な出会いを機に、ボクサーとして、男として覚醒していく。

勇利

通称“キング・オブ・キングス”。メガロボクスの絶対王者。白都コンツェルンが開発した身体一体型の最新型ギアを装着している。オーナーである白都ゆき子の信頼に応えるべく、己の全てをメガロボクスに捧げている。

南部贋作

未認可地区の賭けメガロボクスで八百長を仕掛けながら日銭を稼ぐ。酒と目先の欲に溺れやすく、多額の借金を背負っている。ボクシングトレーナーとしての腕は突出しており、様々なテクニックをジャンクドッグに教えこむ。

サチオ

未認可地区で仲間の少年らと暮らすストリートチルドレン。メカやコンピューターに精通している。

白都ゆき子

白都コンツェルンの後継者。メガロボクスのトーナメント“メガロニア”を仕掛けた張本人であり、最高責任者。類まれな美貌と、壮大な野心を併せ持つ。

藤巻

地下の賭けメガロボクスを取り仕切る男。借金を返せなくなった者に対して非道なやり方で落とし前をつける。南部も藤巻から多額の借金をしており、ある一件で失敗した南部に対して片をつけようと迫る。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案:「あしたのジョー」(原作:高森朝雄、ちばてつや/講談社刊) / 監督・コンセプトデザイン:森山 洋 / 脚本:真辺克彦+小嶋健作 / 音楽:mabanua / キャラクターデザイン:清水 洋 / ギアデザイン:形部一平 / プロップデザイン:嶋 謙一 / 美術監督:河野次郎 / 色彩設計:茂木孝浩 / 撮影監督:江間常高 / 編集:今井大介 / 音響監督:三好慶一郎 / 音響効果:倉橋裕宗 / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント / 製作・著作:メガロボクスプロジェクト /

キャスト
ジャンクドッグ:細谷佳正 / 勇利:安元洋貴 / 南部贋作:斎藤志郎 / サチオ:村瀬迪与 / 白都ゆき子:森 なな子 / 藤巻:木下浩之 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}