動画が再生できない場合はこちら

銀河英雄伝説 Die Neue These

119

0

2

4

7

15

数千年後の未来、宇宙空間に進出した人類は、銀河帝国と、自由惑星同盟という“専制政治”と“民主主義”の2つの異なる政治体制を持つ二国に分かれた。 この二国家の抗争は実に150年に及び、際限なく広がる銀河を舞台に、絶えることなく戦闘を繰り返されてきた。長らく戦争を続ける両国家。銀河帝国は門閥貴族社会による腐敗が、自由惑星同盟では民主主義の弊害とも言える衆愚政治が両国家を蝕んでいた。そして、宇宙暦8世紀末、ふたりの天才の登場によって歴史は動く。「常勝の天才」ラインハルト・フォン・ローエングラムと、「不敗の魔術師」と呼ばれるヤン・ウェンリーである。ふたりは帝国軍と同盟軍を率い、何度となく激突する。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(28件)

未来には2018版と呼ばれるか

ええ、わかっていますとも、年寄りの冷や水ですよね。宮野さんの立派な声で演じられたラインハルトを「金髪の孺子」と呼ぶ人がいるだろうかとか、公共図書館の閲覧室から音が聞こえる場所でヴァイオリンの練習なんて、ジェシカにそんな常識がないはずはないよ、とかね。でもね、そんなこと言いつつこうも感じるのですよ。チェスの相手になることを要求するふりをしてそれとなくヤンの面倒をみるキャゼルヌ先輩、めちゃめちゃいい味出してますねーとか、コーヒーをヤンに差し出す少女時代のフレデリカの造形を視た瞬間に批判的に視るのが馬鹿らしくなっちゃった、とか。こんなふうに視聴者をはらはらどきどきさせ続けている時点で、これはもうかなり出色の作品といえるのじゃないかな。それと、同盟側を描く美術がとりわけ今日風です。人類が銀河に広がっている遠い未来風でない。これが将来の再度のリメイクを意識した演出であるなら、いい仕事だと思います。

ネタバレあり

ちょっと!

完全に尻切れトンボの状態なんですけど!
続きが見たいんですけど!

と、完全にハマッてしまった状態
2期と言わずもう少し切りのいいところまでやってくれる事を信じて次を待っています。
リメイクされた戦艦
リメイクされたキャラ
大分イメージの変わった曲
賛否はあるかもしれませんが私は好きです

終わるのが早すぎる

原作小説からの大ファン。

このリメイク作品、とても面白く見させてもらってましたが、
え?もう?って感じで、、終わるの早すぎ・・・。
いいとこで・・・。(それが狙いか、劇場版!)
まだ1巻の最後の方じゃないか・・・。


ですが、やっぱり銀英!とっても面白いのでお勧めです!


すばらしい、最後まで観たい!

原作を中学時代から何度も読み返して現在は39歳の男性、第十三艦隊の教えを守りつつ、未だ健在。旧アニメも視聴しており大好き。

5歳下の腐女子の彼女には長い事、銀英伝を読むようススメてきたが、だめだった。だが今作を一話観た瞬間に「原作も読む」と言い出した。

古典となる作品は、何度でも、新時代の製作者のチャレンジを受けて古典となってゆく。時代により、製作技術や視聴者のテイストも微妙に変わっていく。だから2018年におけるベストを尽くした作品が生まれる価値は、とてもある。

主題歌の説得力。耳に残る。出だしの弦の音を思い出すたびに再度視聴したくなる。

初回のOPでまず、これは見つづけるべき作品であると心を決める。2話目、3話目には、新キャラデザに慣れ、現代的な展開スピードを称揚するにいたる。

そして第12話に到って、艦隊戦が全面展開、すばらしい満腹感だった。だがもちろん続きは別腹!

アレクサンドル・ビュコック

年を取るなら、こんなじいさんになってみたいと、そう思わせるに十分な人だった。

最後の最後まで。

この、死線においても、それは十分に発揮されている。
軍隊は実力部隊とはいえ官僚組織である。そこで、こういう苛烈な決断と行動を取れるかどうか。

中世ならともかく、現代では兵士は人間である。その基本は国民軍で、要するに身内であり家族。

塵芥のごとく使い捨てる孫子では済まない運用をするのであれば、

   戦争の目的や勝つこと以上に大切な事がある。


            そんなばかな。そんなきれいごとが。


 後でヤンが語るが、人間、勝つことばかり考えてるとどんどん卑しくなるのだ。


そう考えると、ビュコック提督という人の「歴史」に思いをめぐらしてしまうのだ。

ネタバレあり

伝説的SF小説の上質なアニメ化

旧作アニメよりも本作の方が原作にうまく寄せている。
オリジナル部分の落とし込み方も原作を十分読み込んでいるのが分かるし、演出面の見せ方も上手い。
シェーンコップなどのキャラクターデザインも旧作より原作のイメージに近いし、キルヒアイスも道原かつみ版のテイストなども織り込んでうまく消化しているように思える。
にもかかわらず、旧作アニメのデザインや原作改変を踏襲しないと改変だと批判されるのは暴論にすぎる。
原作よりも石黒版(旧作アニメ)が好きという熱烈な石黒版ファンの気持ちは理解できなくもないが、ろくに原作を読んでもいないのが見え見えの自称原作ファンの的外れな難癖は論外。

うーーーん

面白い・・・とも思います。
が前回のアニメの総集編・・・リメイク?にしても
展開が早すぎ?
まぁでも過去のアニメは長すぎて
微妙な感じで最後まで見てた面もあるので
そこは改善しているのか・・・
まぁ自分は帝国側でなく自由・・
いやヤンの活躍場所だけが見たいんだぁって
偏った見方をしていたので
最後は、どうでも良くなってましたが
でも新しい技術を入れて綺麗になったし
艦隊戦もすげーーーーなと
テレビ編はもうちょいで終わってあとは
映画展開ですか・・・
最近の流行りとはいえ、そこは理解不能ですが
あと声優さんが変わってて、
どうなんだろうなぁと思ってましたが
そこは気にならないかなぁ
でもキャラの顔・・・
前作の良い所はもっと残してよが
正直な感想ですね。
なのでキャラの顔でマイナスです。
その点が無かったら最高点だったんだけどなぁ

銀河の黒歴史・・?上手い!

キャラがちっとも個性的じゃない。シェーンコップは旧作の方が断然いい。トリューニヒトも黒幕としてのイヤらしさが足りない。それでも、フレデリカは魅力的だ。まだ出てこないヒルダもどうか?
一方、戦艦群はかっこいい。特にブリュンヒルトやバルバロッサは旧作のデザインをよりブラッシュアップさせており、この二艦は是非ともプラモデル化してほしいくらいだ。

9話で少し銀英らしくなったかも?

これまでは<銀河略伝>みたいでしたが、ここにきて伝説らしいところがでてきました。
制作サイドに100話以上続ける覚悟があれば、銀河に歴史に新しいページが・・となるのだが。

3D-CGの威力、艦隊戦

戦闘艦艇の動きが格段に良くなってる。
艦橋CICのコンソール類が最新になってる。
メカデザインが洗練されてる。
音楽は既存クラシックじゃないけど良い感じ。

一部ですが腐化した男キャラ、女性受けファッションの両軍の軍服、妙な敬礼の手、頑張る所を間違えている気がする。
声優陣の演技(キャラの個性や癖)が小さくなってしまったのは残念です。
銀河の黒歴史…にならないよう祈ってる。

旧作と比べると、、、、

違和感しかないw

これが銀英伝か

ヤンと古代進とヤッターマンのナレーションが同じ声優の時代すら見てませんが、まあちょろっと見ただけでも面白いと感じさせますね。旧作当時はビデオアニメで、いろいろお高くついてしまう時代だったため見る機会がありませんでした。
続編かと思ってましたが、最初からやる模様。
のろのろみようかと思います。有料会員には見放題でよろしく。

現実の状況を鑑みて。

過去作よりナレーションが少なくなり、観る側にゆとりを持って想像力
を掻き立ててくれる作品。

キャラのデザインはやむを得ないのだが

ストーリーはダイジェストとしか思えないくらい薄い。
オリジナルを観てないご新規さんの感想が見てみたい。

キャゼルヌ先輩が

今回のキャラデザはキャゼルヌ先輩がいい味出てます。後方勤務の事務方エリート秀才ぽくって良いです。

記号

旧作において
最も私が楽しんだのは
表示される(想定)戦況概念図。

本作では
その表現描画が
格段に向上しています。

加えて
異なる徽章紋章、異なる暦、
人種民族の多様性の違いを示す場面、等々。

大変満足です。



顔や名?

この様な戦記物においては、
死に行く迄の単なる記号ですので。。。



そうそう
醜悪さも、劣悪の範疇に入れば、
間引きの対象になる事でしょう。

大胆と緻密な思考

行動する時状況に合わせて出来るだけの行動と思考が大事

銀河の歴史がまた一ページ

原作、旧アニメ版、漫画版は全て見ています
本作は正直言ってあまり期待していなかったんですが面白いじゃないですか
多少の調整やちょっとしたオリジナルはありますが、ちゃんとアッテンボローじゃなくて原作通りラオが出てて、しかも思ったより出番が多くて笑ってしまった
まだ2話ですが、今後も期待して視聴します

しかしヤンとキルヒアイスはキャラデザがイメージと違うなあ
ヤンはもっと年上でどこか抜けたところがあるイメージですし、キルヒアイスはもっと優しそうなイメージでした
みんな美形すぎるのが残念

すばやく動く各艦艇!

かつての銀英伝はヤマトの呪いで艦対戦の動きがノロい。しかし、今期のは宇宙空間の戦闘をちゃんとしているのが高評価!新時代の銀英伝、ここに開幕!

男祭りだぜ!!

キャラクリが現代風に変化している。これはこれで良い。ただ誰も彼もが美形過ぎるのが少し・・・。CGが進歩しているせいか、非常に美しい艦隊戦描写。これは素晴らしいと思う。ビュコックの声が少しイメージと違う。前作とは違うのだから、仕方がないかな。カワイイ女の子が沢山出てくるアニメに食傷気味なので、男祭りwなのも、面白い。今作も、『銀河声優伝説』と呼ばれるのか?! ただ一つの難点は、物語の結末が分かっている事。ただそれでも新しい『銀英伝』に今後も期待。

取り敢えず第三話まで見てみたいです

意外といい出来です。前回のアニメ化とは見せ方が違います。
第一話でヤンが殆ど出ていないのは、わざとそういう構成にしたからで、二話のアスターテ会戦は彼が主人公と言ってもいいかと。
第三話は常勝の天才というオリジナルのタイトルになっているので、この辺りまで見て判断してもいいかと思います。
評価は期待を込めて高めにしてますが。

ネタバレあり

目が

キャラの今風イケメンは良いとしてもツリ目とタレ目の区別は前作を踏襲してほしかった気がする
キルヒアイスのツリ目がなんだかなぁ・・・
しかし次回以降も楽しみで仕方がない

前作好きですがこれはこれで...

メインキャラクターの美形化が目立ちますが、艦隊戦は良く出来ています、音楽はノーコメントで
尺の都合上カットされている部分が今後出てくると思いますが変なオリジナルさえなければ視聴は続けていこうと思います。

キタきたきたきたきたきたきたきたきたきたきたきTA------!♪

期待値だけでMAX振り切り!ザ、金字塔!これぞSF、これがSFドラマ、これこそ傑作!
ブリュンヒルトがカッコ美しすぎるー!ファイエル!ファイエル!ファイエル!

ネタバレあり

ゲームにでもする気満々

アプリゲームにでもする気満々なのかな?
プロダクションI.Gもジョーカーゲームといい、いつから美形アニメの路線に振ってる?
テレビが何期を予定してるのか分かりませんが、ラップとヤンの関係性はスルー、端折って行くなら残念かなと。今後オリジナル演出で上手く伝えられるかで原作組の評価は割れるかな。

新しい銀英伝

キャラクターデザインが、キャラデザがぁ…!
銀河でバスケでもやりそうな気がするのは気のせいですよね。
あとクラシック分が足りない…
しかし戦闘シーンは昔のよりも好き。
原作は読んだことありませんが必要な部分を削らなければこれはこれで良いものになると思います。

キャラクタはラインハルトとキルヒアイス以外はもう少しだけ不細工にしてほしかった

元がしっかりしているから話はラスト近く以外面白いのは分かってる。
ただ、みんな美形すぎる。
これじゃあ金髪の孺子と赤毛のボウヤがあまり目立たないじゃないか。
まだ間に合う、周りの顔面レベルを下げるのだ。

銀河の歴史がまた一ページ

旧作の信奉者ですが、今作も楽しみにしています。
戦闘シーンは作画に旧作を上回る出来栄えで満足。
声優さんも時代がかわったのだから新しい方々に
期待するや切であります。
ただ、やっぱり、ヤン提督が美形すぎる気が・・・

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:田中芳樹(東京創元社刊) / 監督:多田俊介 / 助監督:森山悠二郎 / シリーズ構成:高木登 / キャラクターデザイン:菊地洋子+寺岡 巌+津島 桂 / 総作画監督:後藤隆幸 / 特技監督:竹内敦志 / メカデザイン:竹内敦志+臼井伸二+常木志伸 / オリジナルメカデザイン:加藤直之 / プロップデザイン:太田恵子 / プロップデザイン・紋章デザイン:秋篠Denforword日和 / 3D:I.G3D / 3D監督:森本シグマ / 美術:Bamboo / 美術監督:竹田悠介 / 美術設定:塩澤良憲+曽野由大+藤井一志 / 美術デザイン:渡部 隆 / 色彩設計:竹田由香 / 音響監督:三間雅文 / 音楽:橋本しん(Sin) / OPテーマ:「Binary Star」 SawanoHiroyuki[nZk]:Uru / EDテーマ:「WISH」 ELISA / 撮影監督:荒井栄児 / 編集:植松淳一 / 制作:Production I.G / 監修:らいとすたっふ / 企画協力:株式会社ROOFTOP / 制作協力:徳間書店 / 製作協力:DMM pictures / 製作:松竹・Production I.G /

キャスト
ラインハルト・フォン・ローエングラム:宮野真守 / ヤン・ウェンリー:鈴村健一 / ジークフリード・キルヒアイス:梅原裕一郎 / ユリアン・ミンツ:梶 裕貴 / パウル・フォン・オーベルシュタイン:諏訪部順一 / ウォルフガング・ミッターマイヤー:小野大輔 / オスカー・フォン・ロイエンタール:中村悠一 / アレックス・キャゼルヌ:川島得愛 / フレデリカ・グリーンヒル:遠藤 綾 / ワルター・フォン・シェーンコップ:三木眞一郎 / ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ:石塚運昇 / シュターデン:水内清光 / フォーゲル:藤原貴弘 / エルラッハ:楠見尚己 / アーダルベルト・フォン・ファーレンハイト:竹内良太 / パエッタ:ふくまつ進紗 / パストーレ:目黒光祐 / ムーア:櫻井トオル / ラオ:畠中 祐 / ジャン・ロベール・ラップ:小野友樹 / ナレーション:下山吉光 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}