動画が再生できない場合はこちら

かくりよの宿飯

45

0

0

1

3

6

私、あやかしお宿でがんばってます。

亡き祖父譲りのあやかしを見る力を持っていた女子大生・津場木葵は、突然、あやかしの棲まう隠世(かくりよ)の老舗宿「天神屋」へと攫われてしまう。戸惑う葵は、祖父の残した膨大な借金と、そのカタとして鬼神の大旦那に嫁入りをしなければならない約束が交わされていたことを知る。納得がいかない葵は婚姻をはねのけ、起死回生の策として、天神屋で働いて借金を返済するとあやかし達に宣言するのだが……。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

稀に見る良作

食と人のつながりを丁寧に描いた作品だと思います。
作品のテンポも良く途中飽きたりしないのも魅力です。
なにかの作品に似てるようで似てない。でもあたらしい!そんな安心感。
この作品のオリジナリティの良さは中盤以降ででてきます。
良い意味で噛めば噛むほど美味いスルメ作品!最後まで観るのが絶対オススメ!!
個人的に2018-2019年のアニメ作品なかで殿堂入り作品に選びたいとおもいます。
人への思いやりの心を忘れかけているすべての現代人に観て欲しい!
癒し作品を望む方へもぜひ!

奥が深い

知らない世界へと来て、料理屋を始めるお話
料理で色んな人との絆を作って、それは師弟関係だったり、兄妹だったり、親子だったり
ほっとできる作品になってると思います

絵柄もちょっと古い気がしますが、慣れれば世界に入り込めるし、絆がどんどん広まり、安心できる話は見てて癒されます(´∀`*)

異世界モノ?と思って敬遠してる方がいましたら、2話まで見てみてください
疲れた心がきっと癒されると思いますよ・x・*b

ふむ。

現世から幽世に、祖父の借金の型として招かれた女の子が、借金返済のために料理の腕を活かして働く・・・今流行りの異世界料理モノです。
お話は面白いし、背景美術も結構綺麗。声優さんの演技も良いのだけど、肝心のキャラクターの作画がどうにもガッタガタ。そこだけが残念・・・、いや逆にこの作画の粗さがその他の要素をより良く引き立ててくれているとも・・・。
とりあえず最後まで見ます。

話は好き

話の内容は好きです。

主人公の葵の声

葵は気が強いけど、優しくて、何事も一生懸命な女の子だと思うのですが
声優さんの声かな
うーん
毎回、自分勝手な子に見えてしまいます。

強い女の子

こういう強い?ヒロインもいい感じですね。声の質もなんか良さげです。OP、EDも良い曲です。異世界交流ものや食べ物モチーフは最近多いですが、その中でどういうパターンで来るのかは結構興味のあるところです。パターンとしては目新しいと思いましたが(私は経験値低いですけど)、現世との行き来が結構盛んなのが若干違和感のあるところでした。あと、2クールある?のはちょっと長いかなー。

好きなタイプのアニメなのだが

好きなタイプのアニメだ。だけど主人公のあおいの声が棒(泣。他は言うことないのに。

無欲の「良い子オーラ」

現状に流されそうな局面でも、持ち前の「度胸・芯の強さ」で好転させる強運のヒロイン。

高級・派手なモノではなく、庶民的な手料理・スイーツを振る舞い、それを食した妖達の心を鷲掴みに…。

料理・ヒロインの性格(良い子オーラ)が、ジワジワと周囲に浸透する感じがとっても心地いいです。
私は表通りの人気店を予約待ちや入店で並ぶよりも、「離れの小料理屋」でふらっと入ってゆっくり食事するのが好き。

このクールで一番好きかな^^

着物も好きなのでいい感じではあるのですが・・・
ただ葵が着る着物の柄の入り方の方向が逆!のような気が・・・残念(笑)
まっこんなこと気にせず見ております^^
早く次が見たくて見たくてうずうずと待っている一週間をすごしております♪
原作読まずに我慢してるのですが先が知りてくて 読んでしまいそうですwww

お薦めです

二話まで拝見した時点で原作の小説を一気に大人買いしました。

葵の奮闘と大旦那様との距離感が絶妙で2クールで何刊分まで観られるのが楽しみで仕方ありません。

差別化

美女と野獣

これまた、様々な版、の存在する物語、、、
山あり谷あり、本作は、どの様な道筋、紆余曲折を見せてくれるのやら、、、

今回は小料理ですか、、、


初め、私は、
良く有る話ですし、
しかも、きっと、甘々なのだろうと
勝手に予想していたのですが、、、



初回視聴の感想は、

意図的にでしょう、
少々暗めに渋く描かれる、老舗の旅館の風情と
明るく清楚に表現される、うら若い主人公の姿。

その対照が印象的で、
続きを観ることに決めました。。。






ご免なさい、
半分嘘です。

あざとい河童と
モフモフ九尾で、決めてしまいました。。。

キャラクター

津場木 葵

祖父譲りのあやかしを見る能力を持つ大学二年生の女子。幼い頃、母親に置き去りにされて、飢えで果てようとしたところをあやかしに救われた。その経験から、お腹を空かせているものは人でもあやかしでも放ってはおけない。料理が得意で、真っ直ぐな女の子。

大旦那

鬼門の地である天神屋を治める、鬼神(きじん)の大旦那。長い時を生きている大妖怪で、かくりよを治める八葉の一角を担う。従業員曰く、冷徹で残忍かつ懐が深い御方だというが、品のある所作で飄々としており本心は見せようとしない。数十年前に史郎とある契約を交わしたようだが……。

銀次

天神屋の招き狐とも呼ばれており、若旦那を務めている、九尾の狐。端正な見た目に、物腰は柔らかで、仕事もできる。非の打ちどころがなくあらゆる部署から頼りにされている。変化の術を得意とし、九つの姿を使い分けることができる。

天神屋の番頭を務める、土蜘蛛。少々頭に血が上りやすく荒っぽい口調や振る舞いを見せるが、何事にも真面目に向き合う頑張り屋で世話焼き。大旦那を慕っており、妹にはかなり弱い。最年少で幹部になった有望株でもある。

お涼

天神屋の若女将を務める雪女。高飛車な物言いと振る舞いをしているが、子供のような我儘を言う一面も。役職の手前、容姿には気を配っているが、見かけによらず大食漢。大旦那を慕いながら、玉の輿を狙っている。

白夜

天神屋でも重鎮と呼ばれている古株で、宿の懐事情の一切を取り仕切るお帳場の長。非常に博識で厳格。元々は妖都の宮中に仕えていたり、八葉の中にも世話になった者がいるなど、頭があがらないものも多い。見込みの無いものは切り捨て、可能性には投資する主義。

春日

天神屋の仲居の一人で、化け狸。とても明るくて、事情通。様々なことに興味を持ち、人間である葵にも気さくに話しかける。驚いたりすると、元の子狸の姿になってしまうことも。静奈とは同室。

サスケ

天神屋の庭掃除から曲者退治、護衛まで行う、お庭番のカマイタチ。中学生ぐらいの見掛けだが、年齢は葵よりもかなり年上。語尾に「ござる」を付けるのが一族の決まりのようだが、たまに忘れることも。

静奈

温泉の泉質や浴場の管理などを担う、濡れ女。天神屋の女湯の湯守りを務めている。人見知りで臆病な性格だが、いざという時には思いがけない力を発揮することも。春日とは同室だが片付けは苦手で、いつも部屋の掃除を手伝ってもらっている。

チビ

自称、葵の眷属。手鞠程の大きさで、ぷにぷにした愛らしい見た目の河童。群れを成して生活する、無害代表のひ弱なあやかし。チビはその中でも一際小さく、現世にいたころはよく食料争奪戦に負けていた。葵に付いてかくりよへやって来る。

津場木史郎

葵の祖父。故人。葵と暮らすようになるまで、全国を津々浦々と移動して、現世とかくりよを行き来していた。あやかしにも名がよく知られており、自由奔放な生き方で関わった者達を翻弄し続けた。人だけでなく、多くのあやかしたちから嫌われ、また慕われてもいた、ある意味で偉大な人物。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:友麻 碧(株式会社KADOKAWA富士見L文庫「かくりよの宿飯」シリーズ) / 原作イラスト:Laruha / 監督:奥田佳子 / シリーズ構成:金春智子 / キャラクターデザイン:佐藤陽子 / あやかしデザイン:草彅琢仁+乙幡忠志 / 総作画監督:鈴木光 / プロップデザイン:久原陽子+清水奏太郎 / 色彩設計:歌川律子 / 美術設定:中島美佳 / 特殊効果・2Dデザイン:鳴河美佳 / 美術監督:中村典史 / CGディレクター:永井 努 / 撮影監督:北村直樹 / 編集:齋藤朱里 / 音響監督:郷文裕貴 / 音楽:伊賀拓郎 / 音楽制作:フライングドッグ / アニメーション制作:GONZO / 製作:「かくりよの宿飯」製作委員会 /

キャスト
津場木 葵:東山奈央 / 大旦那:小西克幸 / 銀次:土岐隼一 / 暁:内田雄馬 / お涼:加隈亜衣 / 白夜:田丸篤志 / 春日:中恵光城 / サスケ:井上雄貴 / 静奈:上田麗奈 / 乱丸:石川界人 / 葉鳥:寺島拓篤 / 時彦:平川大輔 / チビ:石見舞菜香 / 津場木史郎:井上和彦 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}