動画が再生できない場合はこちら

いぬかみっ!

34

0

0

2

2

4

「犬神使い」と「犬神」が織り成す
ハイテンション・ラブコメディ!!

由緒正しき犬神使いの一族・川平家、その末裔で能力不足により勘当された高校生の川平啓太のもとに、一人(一匹)の犬神が現れた。「ようこ」と名乗る犬神は楚々として従順、しかも容姿は抜群。さっそく啓太は主従の契りを結び、ようことの共同生活を始める。だが、実はこの彼女、かつて誰もがコントロール出来なかった犬神の中の大問題児だったのだ! お金も女の子も大好きな煩悩の塊の犬神使い・啓太と、破壊好きで嫉妬深い犬神・ようこが繰り広げる魔物退治とドタバタコメディの数々!果たして啓太とようこの行く末は…!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

変態ド突きコメディ

1話と2話が気持ち悪くてテンションがダダ下がり。
その後テンションを持ち直すことができず、あまり笑えませんでした。
あるいは、そもそも自分の笑いのツボと合っていなかったのかもしれません。
他の犬神達もそれほど際立っていなかったのでちょっと惜しいです。

何の制限もなく自由勝手気ままに作った、ある意味楽しい作品ですね。
ノリと勢いと変態全開で突っ走ろうぜ。

そして、まさかこの作品で、あの"先行者"に再会できるとは思いませんでした。
犬神様に感謝を捧げます。
知らない人は検索してみましょう。
ぶっ放せ中華キャノンならぬ中華ドリル(笑)。

最強のヘンタイ。

ヘンタイ侍 様。
あなた様の御業、感服いたしました(笑)

これはよいアニメ

おバカあり美少女ありシモネタあり感動ありで視聴の価値ありです

アニメ全盛期として最高傑作。

おそらく、今まで放送されたアニメの中で一番変態で楽しくおもしろいアニメです。
2日で全話見てしまい、ハマりました。

もうこのようなアニメを作ることはできないと思いますので、存分に目に焼き付けておきたい作品です。

10年前の作品

タイトル通りこの作品は10年前の作品です。放送当時ではタブーなところも、10年経てば普通に見れます。
一部の内容はとにかく、作品としては面白いです。(実際自分は引き込まれました)
しかし、堀江由衣さんは「ようこ」といい某「犬日」といい亜人種の役が多いっすね。

大御所声優の存在感

OP曲が「儚げな強さ」というか…、ぶっちゃけ「萌え」な気持ちになりました。OPで「ようこ」の存在感が際立ってていいと思います。
あれだけ多くの女性キャラが出てくるのに、全然ハーレム展開にならないし恋のライバルさえもいない。加えて全体的に女性キャラが脱ぐよりも、男性キャラがコスプレ・脱いでいる画が非常に多い(2話は余りにも特殊でえげつない…)
主人公は煩悩の塊でありながらも意外と「ようこ一途」なトコには感心します。もっとラブコメ(もしくはハーレム)で魅せて欲しかったところですが、まあ女性的エロが少ない分「健全な作品」です。
※啓太とようこのやりとりは確かに「ラムちゃんとあたる君」ですね(しかも千葉さんは当時あのまんまの「メガネ」キャラ)オマージュ的なトコも含め、この作品での大御所声優と後輩の若手声優陣とのやりとりには、なんか感慨深いものがあります。

ネタバレあり

何と言いますか…

やあ!ラムちゃんお久しぶり~って感じ。
面白言っちゃ面白いのだけど…。彼女の影がチラつくのよね。

面白いが入りづらい

1話と2話が面白くないのが残念な作品

1話はキャラ紹介として諦め見るべし!
そして2話を飛ばし、とりあえず3話~13話まで見て欲しい

興味が沸けば、続きを
勇気が有れば、2話を見よう

見どころ

人気小説をアニメ化した作品。ちょっぴりエッチなコメディで、ハイテンションなドタバタで有無を言わさず作品世界に引き込まれてしまう。傍若無人な(でもちょっぴり可愛いところもある)ヒロインのようこをはじめ、個性溢れる犬神たちと主人公の掛け合いは、元気のよい作画と相まってたまらなく楽しい。全編ドタバタに終始しながらも、オチも効いている第6話をはじめどのエピソードもキャラが立ちまくりでクセになってしまう。また、意外なゲスト声優の参加もみどころのひとつとなっている。特に第8話は80年代のアニメシーンに深い思い入れがある人にとって込みあげてくるものがあるだろう。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

ようこ

川平啓太と契約を交わした犬神の中の問題児。嫉妬深い性格。「だいじゃえん」と「しゅくち」が得意技。

川平啓太

由緒正しき犬神使いの一族・川平家の血を引く少年。女の子とお金が大好きな煩悩まみれの高校生。

はけ

川平家の宗家に仕えている犬神で、性格は常に冷静沈着。強力な結界術を得意とする。

仮名史郎

内閣官房室直属の特命霊的捜査官。刃が天使の羽のようになっている「エンジェルブレイド」を使う。

せんだん

川平薫の犬神で、序列一位。犬神の最長老の娘で、十人の犬神たちのリーダー。基本的にお嬢様。

なでしこ

川平薫の犬神で、序列二位。清楚で慎み深く家事が得意な、ようこと正反対の犬神。薫ひとすじ。

いぐさ

川平薫の犬神で、序列三位。恥ずかしがり屋で男の人が苦手。パソコンが得意で家計を預かる。

たゆね

川平薫の犬神で、序列四位。スポーツ万能の武闘派犬神。でも実はすごい恐がりで寂しがり屋。

ごきょうや

川平薫の犬神で、序列五位。モノノケの医療の発展に努める勤勉家。常に冷静さを崩さない知性派。

てんそう

川平薫の犬神で、序列六位。絵が得意。いつもぼ〜としていて何を考えているのかよくわからない。

フラノ

川平薫の犬神で、序列七位。古今東西の占いに長けた犬神。明るいのんびり屋。ときどき未来を予言する。

いまり

川平薫の犬神で、序列八位。いたずら好きな双子の犬神。髪の毛を右に結んでいるのがいまり。

さよか

川平薫の犬神で、序列九位。いたずら好きな双子の犬神。髪の毛を左に結んでいるのがさよか。

ともはね

川平薫の犬神で、序列十位。面白いことが大好きな元気な犬神。啓太のことも薫と同じくらい好き。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:有沢まみず / 企画:大月俊倫+久木敏行 / コミック:松沢まり(電撃コミックガオ!) / 連載:電撃hp(メディアワークス刊) / 監督:草川啓造 / シリーズ構成:玉井☆豪 / キャラクター原案:若月神無 / キャラクターデザイン:友岡新平 / 美術監督:片平真司 / 色彩設計:長坂 恵 / 撮影監督:小澤次雄 / 音響監督:菊田浩巳 / 音響制作:楽音舎 / 編集:関 一彦(関編集室) / 音楽:いぬかみっ!オーケストラ / 音楽制作:スターチャイルドレコード / 音響効果:田中秀実(サウンドガーデン) / アニメーション制作:セブン・アークス /

キャスト
ようこ:堀江由衣 / 川平啓太:福山 潤 / はけ:中村俊洋 / 仮名史郎:速水 奨 / せんだん:松岡由貴 / なでしこ:名塚佳織 / いぐさ:本多陽子 / たゆね:森永理科 / ごきょうや:木川絵理子 / てんそう:小林晃子 / フラノ:廣田詩夢 / いまり:遠藤 綾 / さよか:新谷良子 / ともはね:長谷川静香 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}