動画が再生できない場合はこちら

多田くんは恋をしない

67

0

0

1

1

12

この恋を、一生忘れない

カメラを手に、満開の桜の写真を撮りにきていた少年・多田光良(ただ・みつよし)は、異国の少女・テレサに出会う。ヨーロッパのラルセンブルクという国から留学してきたテレサは、日本に着いて早々、一緒にやってきた連れとはぐれてしまい、迷子になっていた。成り行きからテレサを助けることになった光良は、祖父が営んでいる東京・銀座にある多田珈琲店へと連れていくのだが……。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

オードリー・ヘップバーン!

 決意が吹っ飛ぶ愛、国としては対応どうするの?
王室が形骸化しているなら、此れも在り…ちょっと納得出来ないです。

大変お勧めです。

他の方もかいていますが、ローマの休日のオマージュかもしれません。なので「ラストは変えて~」と祈るような気持ちで見ていました。その点でハラハラさせる。最後はやっぱり涙がぼろぼろでました。気に成ったのは主人公二人に同情的な設定を作ったところ。なんだかなあと。そういう設定と説明がないと恋に落ちる理由を説得できないのでしょうか? ローマの休日が大きく違うのは「楽しい一時が仮初のものでしかない」と二人が始めから知っていた(男の側は正体に気付いている)ことでしょう。それをを互いに秘密にするわけです。しかし、それでも二人は恋に落ちてしまう。理性では割り切れない、だから、恋に落ちるんですね。これを描ききる凄さが名作の所以です。とはいえ両作品ともコミカルで微笑ましくて、清々しいです。これは魔法ですね。登場人物のストイックさが、視聴者に優しさを喚起させる。これを知らない作品が多い中では希少です。大変お勧め。

ネタバレあり

しんみりと良い

しんみりほろりと笑えるとっても良い作品でした。テレサも含めてどこか抜けてるけどいい人たちが織りなすドラマ?が心地良いです。ローマの休日を元ネタにしていて(他にもありそうでしたが)、題名といい、最後に悲しいのは嫌だなぁと思っていたのですが、良い意味で裏切られました。それでいいのか?!という強引さはありましたが、物語だから問題なし(きっぱり)。女子たちもみんな可愛いし。なお、私の一押しはテレサやひなを押しのけてアレクちゃんです
(ん?)。続きはないでしょうが、ひな-はじめやアレク-シャルルといった他の人々のその後も特別編とかで見てみたいですね。あと、EDもいい曲なのに悲しい詞なのがローマの休日ENDを想起してしまっていた、というのもかなり手の込んだ伏線なのかもしれません。
ところで、ニャンコビッグをはじめ最近の猫は昼間でも目が真ん丸なのが多いですね。もちろん可愛くて良いですよ。

ネタバレあり

実に好みの作品でした。

原作未読です

最初は『ローマの休日』を現代風にアレンジして進めるのかな?と思いましたが…。

私は『ローマの休日』も好きですが『ノッティングヒルの恋人』のラストの方が好きなのです。
自己主観で表現するなら、基本骨子を『ローマの休日』味付けを『ノッティングヒルの恋人』といったところでしょうか?
最終話のサブタイトルのいいミスリードに心地良さを覚えました。

※強いて不満を挙げるなら写真コンテストの入賞を伝えるシーンがあったらもっと良かったかなと…

ネタバレあり

良かった!

最初はドタバタ風味だったけど、最後あたりはしんみりと…。
でもって、大団円で見てて良かったです!
後味悪くないから何周もできそう。
テレサちゃんがめちゃ好みでした!
可愛い、せつない、愛くるしい、いい子、最後の最後で驚かされましたが。
いいのかそれで、いいのだそれで!
脇役も欠点はあるもののいい人たちばかりで見てて心地よかったです。
シャルルの決意はなんか途中でわかってたけど、それでもまさかねーと思ったのにほんとにやってくれて微笑ましくなりました。
いい人だよ、ほんと。

ネタバレあり

最高に良い恋愛アニメ

いやもう本当に最高です。4話目まではギャグも交えつつ、青春的な話。みんないい奴らばかりです。悪い人が誰も出てこない。友情も各々の恋愛も織り交ぜつつ、5話目以降から少々シリアス路線に。心にすごく響きます。最終話まで全話見ると、本当に心が張り裂けそうなほど素敵で視聴してよかったなぁとすごく感じました。ここまで描き方が素敵な恋愛アニメがあっただろうか。欲を言えば、多田君以外にも妹ちゃん達の恋愛話もドラマCDとかで聴きたいです☆

ネタバレあり

良作!

ゆっくり気楽に見れる作品…でスタートしたのに、最後はほろりときましたね。
登場人物、みんなもれなく欠点があるけど「いいひと」なのが心地いい。
特に、恋のライバル・親友が最高にいいやつで泣ける。
このくらいきれいにまとめられると、アニオリ作品もっと増えろ!と思いますね。

暖色系アニメ

今季はいろいろと楽しみにしているアニメが多かった・・・(しみじみ)
『多田君』と『鹿楓堂』も毎週楽しみにしていました。(まだ最終話配信してないけど)
こういう喫茶店的なところが舞台のもの、今季は多かったと思います。
しかも居心地がよさそうな。
ローマの休日は言われるまで気がつかなかった・・・ニブイ。
でも杉田さんの声にはすぐに気がいてしまった・・・
キルヒアイスはどうなるんだろう。
銀座周辺と思うのですが、アニメの中に街並みを見るのが楽しかったです。
来週の展開がまだヨめないので、テレサ姫が舞い降りてきてくれればよいな~と夢見ております。

なるほどね

「休日」かあ・・・言われてみれば。
90年代ひたすら少女マンガを読んできた人間としては、当時と同じ空気をこの作品に感じます。2018/04期筆頭格。

えっ!にゃんこビック...

CVが大塚明夫さん!!!
渋い、渋すぎる...www

朝の風景もしくはご飯の風景は、にゃんこあるあるだなwww

最近にしてはめずらしい

ずばり、ローマの休日のオマージュだね。萌え、ハーレム、が氾濫する中、一服の清涼剤、逆に新鮮かも。

鉄板

既にご指摘のある通り
「休日」が物語の幹になっているのだと思われますが、
これまた沢山の”鉄板”が組み合わされていて、、、

それらしい設定や場面を見つける度に、笑いがこぼれてしまいます。

今の処、私は、
鈍感部長と”クリィミーマミ”、の両人がお気に入り。

はてさて、4分の、、、幾つまで、
成就するのでしょう?



最後に、全ての写真が、餞別になる、、、
と言うのだけは、どうか、ご勘弁を、、、

ネタバレあり

かたじけない!

『ローマの休日』に学園ラヴコメ要素をくわえたような作品で、今後の展開が楽しみ!・・・って言うかヒロイン、『さよ朝』の石見舞菜香さんじゃん。『さよ朝』の円盤が出るまでの良いクローザーになりそう。

ハーレム要素は無さそうで面白そうだが

中村悠一以外の声優はいなかったのか。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:山﨑みつえ / シリーズ構成・脚本:中村能子 / キャラクターデザイン・総作画監督:谷口淳一郎 / 副監督:藤原佳幸 / サブキャラクターデザイン:菊池 愛 / プロップデザイン:中島千明 / 美術監督:中村千恵子 / 色彩設計:石黒けい+伊藤裕香 / 撮影監督:伊藤邦彦 / 編集:武宮むつみ / 音楽:橋本由香利 / 音響監督:土屋雅紀 / 音響効果:白石唯果(いいな) / アニメーション制作:動画工房 / 製作:「多田くんは恋をしない」製作委員会 /

キャスト
多田光良:中村悠一 / テレサ・ワーグナー:石見舞菜香 / 伊集院薫:宮野真守 / アレクサンドラ・マグリット:下地紫野 / 杉本一:梅原裕一郎 / 長谷川日向子:石上静香 / 山下研太郎:下野 紘 / 多田ゆい:水瀬いのり /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}