動画が再生できない場合はこちら

シュタインズ・ゲート ゼロ

49

0

0

2

2

7

これは、語られることのなかった世界線の物語

2010年冬 β世界線―――主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線。失意の底にある岡部倫太郎。彼を心配する仲間たち。救われなかった「彼女」はどうなったのか? 新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2018 MAGES./KADOKAWA/未来ガジェット研究所

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

ゼロを見た後で

もう一度無印を見返すと
いろいろとしっくりくる感じ。

面白かったし
二週楽しめた

ネタバレあり

頭がコングル

見ていてもどかしいこともありましたが、作品としては楽しめました。
謎めいた襲撃者とか現状での知人達との立ち位置、タイムリープによる分岐や過去と未来への繋がりは
どう繋がるの、どう変わるの、変わらないの?馬鹿な私でさえ、考えるという楽しさを与えてくれる作品です。
やっぱり誰も死なないSGが個人的に好きではありますが、ゼロがあったからこそ、SGへ到達するルートが
確定するわけで、とても重要な作品であり、内容としても充分面白い作品でした。

え?

 前作の最終回が改変されたこの作品、ぐちゃぐちゃになってる。タイムパラドクスに留意して世界線を変える?自分しか認識できない世界、何とも自己中心的な世界。失敗したと思っている世界線も続きはある。

ネタバレあり

強いて言うならば

無印がヒットしたので、元々あった前作でのシナリオを発展させたのか?後付けしたためか、無印のようにゲームをプレイしていないと『?』となることが多いように感じます。
前作と続編の販促としての側面が強く、両方をプレイしてなおかつ前作のアニメすべてを観ていないと、明らかに『伏線』が回収されていないのが分かってしまう
のかもったいない!(笑)
出来ればゼロではなく、無印をボリュームたっぷりに作った方が良かったんじゃないかな?と感じちゃいました。
ただし、無印からの愛すべき登場人物たちは変わりません!

ネタバレあり

これで最終話なの??

うーん、太古にぶっ飛んだ2人を助けたのは解るけど
みんな一緒になれたねって話しは見れないのかな?
それとも、他シリーズでそれっぽいことしたから良いかな?的な
ことなかれ的な主義おつおつ?
途中までは、5でokと思ってたけど最終話の不完全さで評価は3くらいかな・・・

ネタバレあり

おでばかだから

圧倒的大作であり名作には違いないのだがあまりにも内容が絡まり過ぎて理解が困難
全てを理解するには数年前に放送されていた無印を見る事が前提であり、無印24話+今作24話=48話
一話30分と換算すると24時間、正に一日がかりで見続けなければならず楽しむためには覚悟が必要。
しかしその分理解出来た時の感動は桁違いでゼロ第8話と無印22話の関係性を知った時唸りました。
私自身あまり頭の良い方ではないので二度三度見ないと到底理解できませんが視聴したからには二度でも三度でも見て理解する価値のある作品だと思います。

んー、面白いけど

なかなか面白いのですが、1期目やゲームを知らないでいきなり見始めたもんで、よく分からないところが多くて頭が付いて行きません。伏線も色々引き継いでいるようですし、もう少し初心者にもわかりやすいのがよかったです(そういうアニメではないと言われればそれまでで、文句はありませんが)。一応Wikiや1期のあらすじは走り読みしました。
余談ですが、タイムリープものは色々選択肢で分岐するゲームではしっくり来ると思うのですが、1次元で続くアニメではそれを表現しにくそうですね。他のアニメで分岐毎にストーリーを分割するのもありますが、それも結構わかりにくいです。

好みでは無い!

兎に角、私と相性の悪い作品!
作風やデザイン、その他諸々。

それでも見てしまう!

なぜなのでしょうか?
惹き込まれます。


1期の、時間遡行の否定から、タイムマシンの登場へ
今期の、記憶の保存と復元や人工知能の実現化から、、、

正に、SF! 
そこが、魅力なのでしょう。

さて、どんな結末が待ち構えているのか?
危惧しながら見続ける事と致しましょう。








そうそう、
改名したばかりの現実世界のあそこに集うは、
記憶知能の仕組みを明らかにする真の頭脳か、
あるいは、年齢や性別で即断する様な石頭か。

こちらも、楽しみです。

但し、
改竄捏造だけは、ご勘弁を、、、

良かった!

シュタインズ・ゲートの続編(?)!
様々にメディア展開している作品ですが、うれしいのは同じ作品でもメディアによって少しずつ展開が異なっていることです。
さて、この世界線でのラボメン達の活躍やいかに!?

待っていました。

ゼロ全クリしてないけど、どういう構成になるのかすごく楽しみです。

待ってました

名作SFソフト、待望の映像化、待ってました。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:志倉千代丸+MAGES. / 監督:川村賢一 / シリーズ構成:花田十輝 / キャラクター原案:huke / キャラクターデザイン:稲吉智重 / アニメーション制作:WHITE FOX /

キャスト
岡部倫太郎:宮野真守 / 椎名まゆり:花澤香菜 / 橋田 至:関 智一 / 牧瀬紅莉栖:今井麻美 / 桐生萌郁:後藤沙緒里 / 漆原るか:小林ゆう / フェイリス・ニャンニャン:桃井はるこ / 阿万音鈴羽:田村ゆかり / 比屋定真帆:矢作紗友里 / 椎名かがり:潘 めぐみ / 阿万音由季:田村ゆかり /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}