動画が再生できない場合はこちら

ゲゲゲの鬼太郎(第1話~第49話)

50

0

0

0

0

10

見えてる世界がすべてじゃない 2018年は鬼太郎アニバーサリーイヤー アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」放送開始50周年!

21世紀も20年近くが経ち人々が妖怪の存在を忘れた現代。科学では解明が出来ない現象が頻発、流言飛語が飛び交い大人たちは右往左往するばかり。そんな状況をなんとかしようと妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前にカランコロンと下駄の音を響かせてゲゲゲの鬼太郎がやってきた…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

世相反映

当初話題をさらった猫娘だけでなく、
改めて今期加わったヒロインの活躍や、
目玉のオヤジの勇姿も楽しめた第6期でした。

とても良かったです。


しかし、
私の印象に残ったのは、ねずみ男の生々しさ!
作中にて繰り返し、その出自に触れられますが、
もう充分に人と違わない言動に背筋が凍ります。

そして、
辛辣な風刺!
一例として、サザエさんが登場した時は、
色々な意味で、本当に怖ろしかったです。

ネタバレあり

現代版鬼太郎も良い!

ゲゲゲの鬼太郎といえば、水木先生の代表作。
これまで何度かアニメ化されてきましたが、このバージョンが一番しっくりくるような気がする。
ただ目玉のおやじを野沢雅子さんがやると、怪物くんがしゃべっているように聞こえてしまいますね。

Jホラー世代へ向けた鬼太郎

もう一人の主人公犬山まなの存在がこの作品がJホラー世代へ向けている事を意識していると思う

やっぱ安心する!

久しぶりに人間がレギュラーで出てきている。
音声がところどころおかしくなっているのが気になるが、
水木しげるが描いていたころの鬼太郎のような、人間とは違うぞ感がある。
指鉄砲、久しぶり!!
猫娘、背高すぎ!!!
目玉のおやじ、あんなに腹出てたっけ??笑

原点位帰った最新鋭wの鬼太郎

やべえ鬼太郎おもしれえ。現親父が鬼太郎だった頃から見てるが、性格も様々に変わって、原点に帰ってきた感じ。代わりに猫娘が現代風味を一挙に引き受けている。
ギャグの程度が絶妙で、ちゃんとホラーもある。女子に大きくぶれてもいない。ものすごく今風だが、それでも鬼太郎ってそうだったなとちゃんと感じさせる。
鬼太郎がアンパンマンの時代あたりからちょっと妙だと思っていたが、平成末期に素晴らしい結実をしたと感じる。
しかしかっぱの回で思ったが、昔はお世辞にも売れてるとは言えなかった大野木さん最近よく見るが、本は見たことないよw あんのか?

ね、

猫姉さんが良い❤️

これは‥_BR_

いや、霊丸じゃん( ;´Д`)笑

現実とリンクしている所が良い

妖怪モノって非現実だと思いがち。自分の住む世界とは別の世界の話的な。しかし、このアニメ鬼太郎(6期)は現実と上手く融合している。それ故に恐ろしい部分もあるし、妙に納得できる面白い部分もある。ただ、感動的で号泣必死の回もある(特に6話)これはもう怖いの好きな人も苦手な人もぜひ見てほしい作品。OPを氷川きよしが歌うのも素敵でいいです。21世紀になっても鬼太郎はきっと我々のすぐ近くにいるはずだと実感できるぞ。

3期の再放送から見ている自分としては

人間のメインキャラのまなちゃんの存在が嬉しい

面白くて引き込まれました。今後も楽しみ。

アニメの放送が始まる前はネット配信されない事を残念に思っていましたが、
本日、いきなり配信開始とはびっくり!
しかも放送終了分の5話をまとめて。

話題の中心はやっぱり猫娘・・・とか内容は秘密にしておきます。
怖い場面は結構怖く描かれているので、小さい子供が見る時は注意ですね。
トラウマになるかもしれないので、一緒に大人がついていた方が良いでしょう。
同時に悪い事をすればあんな風になるとか、言わば[なまはげ]の役目も期待できると思いました。

いろんな要素がちりばめられていて面白くて話に引き込まれて、一気に最新の5話まで見てしまいました。
今後の配信も楽しみです。

キャラクター

鬼太郎

妖怪の中でも非常に強い力を持った幽霊族最後の生き残り。普段は父親である目玉のおやじと共にゲゲゲの森でのんびり暮らしている。できるだけ人間世界との関わりを持たないようにしているが、妖怪が引き起こした事件を知らせる手紙が妖怪ポストに届くと、カランコロンと下駄を鳴らして人間世界にやってくる。

目玉おやじ

幽霊族の妖怪。かつては重い病で命を落としたが、まだ赤ん坊だった鬼太郎への想いが強く、目玉の妖怪として生き返った。実の父親として鬼太郎のことを暖かく見守り、時に的確なアドバイスをする。普段は鬼太郎がいれる様々な種類の茶碗風呂を楽しんでいる。物知りで、妖怪のことに詳しい。

ねずみ男

人間と妖怪のハーフ。お金と権力が大好きで、何よりも金儲けを最優先する。あるときは鬼太郎の味方であり、あるときは敵になる。平気で嘘をつき、人を裏切る、欲にまみれた人物。怪しげなビジネスに手を出してはトラブルを引き起こすが、いつも最後は鬼太郎に助けられている。自称鬼太郎の大親友。

ねこ娘

鬼太郎の仲間である猫の妖怪。きれいな外見からは想像できないほどの高い戦闘能力を秘めている。お金に汚いねずみ男が悪さをすると目の色を変えて豹変し襲いかかる。普段は誰に対してもツンとクールに振舞っている。

犬山まな

中学校一年生の女の子。人一倍好奇心が強く、人間とは別の世界に暮らす鬼太郎たちに魅かれていく。鬼太郎からはおせっかいに見られることもあるが、彼女のひらめきが解決の糸口になることも…。

砂かけばばあ

老婆の姿をした妖怪。特殊な妖力を秘めた砂を自在に操る。敵を攻撃することも味方の体力を回復させることもできる。妖怪・人間を問わず面倒見が良く、今時のデジタル機器にも強い、鬼太郎たちから頼りにされる母親的存在。

子泣きじじい

老人の姿をした妖怪。赤ん坊の泣き声で敵をおびき寄せ、体を重い石にして敵を押しつぶす。お酒が大好きでいつも酔っ払っては砂かけ婆から叱られている。

ぬりかべ

巨大な壁の妖怪。口数は少ないが、身体を張って鬼太郎たちを守る壁になったり、敵を押しつぶしたりと、気は優しくて力持ちの頼りになる仲間。

一反もめん

白い反物の妖怪。細長い体でひらひらと空を舞い、鬼太郎を乗せて空を飛ぶこともある。女の子が大好きな九州の妖怪で、女の子を見るとすぐに口説きに行ってしまう。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:水木しげる / プロデューサー:狩野雄太(フジテレビ)+佐川直子(読売広告社)+永富大地(東映アニメーション) / シリーズディレクター:小川孝治 / シリーズ構成:大野木 寛 / キャラクターデザイン・総作画監督:清水空翔 / 音楽:高梨康治+刃-yaiba- / 制作:フジテレビ+読売広告社+東映アニメーション /

キャスト
鬼太郎:沢城みゆき / 目玉おやじ:野沢雅子 / ねずみ男:古川登志夫 / ねこ娘:庄司宇芽香 / 犬山まな:藤井ゆきよ / 砂かけばばあ:田中真弓 / 子泣きじじい:島田 敏 / ぬりかべ:島田 敏 / 一反もめん:山口勝平 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}