動画が再生できない場合はこちら

PARASITE DOLLS

34

0

0

0

1

6

制御、不能――

「A.D.ポリス」の番外編にあたるOVAシリーズを劇場用に再構成。近未来の西暦2034年。東京は、21世紀初頭に起きた第2次関東大震災の被害から復興し、新たな繁栄を誇っていた。その影には“ブーマ”と呼ばれる「亜人」の活躍があった。ブーマは生体素子核AIを備え、金属・非金属を融合してつくり出された人造人間である。ブーマが社会に大量投入された結果、人はプーマを自然な存在としてとらえようとし始めていた。その一方で、ブーマを売春や破壊活動の道具として使う犯罪も急増。その対抗手段として高機動対テロチーム“ADポリス”が組織された。ADポリスに所属しながら通常では手に負えない難事件を解決する特殊任務組織“ブランチ”と、そのメンバーの活躍を3話オムニバス構成で描く。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

昔こういうの流行りかけたねぇ・・・

とてもいい作品だと思います。

しかし昨今のアニメとは、遥か遠くの存在であります。
攻殻機動隊SACの一シーンを想起させる場面があちこちにあり、ははーんこれが元ネタだったのか。と、思ってたらこっちが後だった。
ストーリーは重苦しいような気がしますが、昔の一部のアニメファンの方が精神的に大人だったから、こんな作品があるのだと今更ながら思わされました。

簡単に言うと、おっさんが部屋の電気を消してゆっくりと楽しむ作品です。
最後の犯罪者の動機が、若干?(はてな)でしたが、面白いと思いますよ。

三部作にしてほしかったなぁ・・・一本にまとめるのは惜しい作品でした。

 こういう作品作ってくれないかねえ・・・

古き良き・・・

古いアニメでしか見れない
男が男で、女は女で、だった時代の残響・・・
今の作品は、教育上と言う誓言で、
正義は悪も許す聖人君子でアットホームな作品ばかり、
(童話でさえ、戒めになる部分でさえカットされ、
 何の作品なのかわからないものばかり)
作品に殺気を込めることに過敏になり過ぎの現代、
こう言ったハードな物語は、
もう古のかなたに・・・
過去の大人の作品がお好きな方におススメします。

カタルシス

ブレードランナーを意識したレトロな雰囲気のサイバーパンクものかな。性と暴力、サイバーテクノロジーが支配する近未来。やはり、緑豊かな自然が登場しない街並みは、気持ち悪いし欲しくないなぁ。でも、人間(知性体)の境界線、男と女のジェンダー(肉体的性差ではなく文化的性差)の境界線、ともに定義が難しく考えさせられる、あるいは、感じさせられる。キャラデザが男女ともにマッチョだね。

おすすめ

あんまりこういうのを見られない方も是非!

視聴して

とっても良かったです。

「パトレイバー」や「攻殻機動隊」が好きな方には面白い作品だと思います。

先駆的ですね。

いつか来るのか、こんな世界。

PCがブラウン管でした。

機械はどこまで出来るようになればよいのか、どこからが危険なのか。

今の現在現実においても、電化製品は進歩を続けている。

その延長線上にどんな世界が待っているのか。

取り返しのつかないことになるのか。

リスクがあっても歩みを止められない。止めていられない。

好奇心が人を前に推し進める。

神様はどこまで許してくれるのでしょうね。

作品には出てきませんが、遺伝子操作もそう。

それでも、おそらく人は適応して生きてゆける。

意思と意識が人生を紡ぎ、世界は彩られてゆく。

それは、「人だけのもの」のはず。

その当たり前が変容したら、先には悲惨な末路しかないのだろうか。

色々と考えることのできる作品でした。

ネタバレあり

うーん、良いんだけど…

もう少しメンバー生き残って欲しかったな〜

大人の静けさ


バズの大人の渋みや行動、言動、細かい仕草が痺れます。
マイケルソンの、内面の女の子らしさが好対比。
バズの相方のブーマ青年も、すごく良い味が出ています。
長編アニメでも面白かった気がする。

こうゆうのをハードボイルドっていうんでしょうか。

映像が古すぎたのだけが残念。

一見の価値はあるかと思います。


見どころ

近未来サイバーアクション『A.D.ポリス』からスピンオフしたAICの劇場アニメで、3つのエピソードで構成されている。みどころは、機械化された亜人間ブーマとその犯罪に託して「性と暴力」の要素をハードかつスタイリッシュに表現した物語だ。恩田尚久によるクールな作画も、美しく人の哀しみを描きだす。特筆すべきは第3話で、『キル・ビル』のアニメーションパートを手がけた中澤一登が監督を担当。湿度を感じさせる濃密な空気感や絶妙な会話の間合い、空対地と激しく視点が入り乱れるアクションと、怒濤の映像を力強くたたきつける。海外の映画祭でも評価が高く、本来の意味での大人向けと呼ぶべき逸品である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

バズ=ニクヴェスト

ノーマルポリスから5年前にヘッドハントされた。銃器に対して嫌悪感があり、携帯していない。しかしインター・ポリス競技会で優勝の経験を持つ程の腕前。

マイケルソン

まだ少女の面影を残しているが、バトルホーク級重火器の扱いライセンスを持つ。お喋りでノリが軽いが、内面はかなり女性的。

タカハシ

ADポリスの中で破竹の出世をしていたが、ある事件の処理が問題となり、出向の形でブランチを任されている。

キンボール

寡黙な巨漢のブーマ。完全に人間に擬態している。プリンティングされている情報プログラムのモデルは殉死した刑事のもの。

エンジェル

スーパー・モデル級の美女。あまりベースには寄りつかず、ゲノム中枢近くにまで単独で潜入捜査をしているらしい。フラリとベースに寄る。

マイヤーズ

ゲノム社の人間ではないが、ブーマの事をよく知っているブーマ解析のスペシャリスト。バズにだけ心をひらく。不安定で、躁鬱の気がある。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:三浦 享+小中千昭 / 監督:中澤一登+吉永尚之 / 構成・脚本:小中千昭 / キャラクターデザイン:恩田尚之 / 美術設定:佐藤正浩 / 美術監督:佐藤 勝 / 音響監督:亀山俊樹 / 音楽:都田和志 / 効果:山田 稔 / 編集:山森重之 / 音響制作:オムニバスプロモーション / オープニングアニメーション:中澤一登 / 制作プロデューサー:長谷川康雄+福家日左夫 / 制作:AIC / 製作:IMAGICAエンタテインメント / 製作:クロックワークス /

キャスト
バズ=ニクヴェスト:井上和彦 / マイケルソン:岡村明美 / タカハシ:池田 勝 / キンボール:内田聡明 / エンジェル:井上喜久子 / マイヤーズ:古川登志夫 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}