動画が再生できない場合はこちら

風の大陸 The Weathering Continent

31

0

0

1

2

4

幻の未来都市…超古代の風の中
砂漠に精霊の歌が流れる―――。

砂漠を旅するティーエ、ラクシ、ボイスら三人は、水を求めて四百年前に造られた死者のための都、黄金都市アゼク・シストラに迷い込んでしまった。立ち去ろうとする三人に、死の都に眠る財宝を狙って侵入したラクム率いる盗賊たちが現れ襲いかかってきた。「ここで戦ってはいけない」ティーエの叫びも乱闘の中にかき消され、黄金都市の平安を乱す者に襲いかかるという死者の呪いが動き出してしまう。恐るべき死者の呪いとは一体…!? 三人は血も凍る生きた仮面の攻撃を逃れ、誰一人として抜け出せなかったアゼク・シストラから脱出することはできるのか!?

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)1992竹河聖/角川映画・PLEX・フライングドッグ

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

ファンタジーの古典ここ試験出るよ!

昨今のファンタジーとは趣が違いますが、
作者の竹河聖先生の作品を表するなら、
日本のファンタジー小説の古典!
ファンタジー系の試験があったならきっと
「はい、ここ試験に出るよー!押さえておいてー!」
と言うことでしょう。
この作品も風の大陸シリーズのイメージビデオくらいなものですが、
よければご覧ください。
日本ファンタジー系の一端をご覧あれ!

時代が変化した

見て懐かしかった!

当時、非常にインパクトがあって、出来も良く、気に入っていて何度も見ました。
今回久しぶりに見て、時代が変わったんだなと感じました。同時に、現在のアニメの構成の仕方、見せ方も進化したんだなと。
でも映像は、今見ても本当に緻密で美しいです!
キャラも、いのまたむつみさんの絵を結城信輝さんがデザインしているので、美麗です。

作品自体はもともと良質なんだから、今風にリメイクが可能なんじゃないでしょうか。
本編もアニメ化したら、ぜひ見たいです。

映像クオリティは高いのだが……

真下監督作品ということで、映像と音楽の織りなす耽美なハーモニーは格別。少し淡めの色彩が、砂漠が舞台のファンタジーにマッチしてます。

ただストーリーは冒険活劇にしたいのか、オカルティックな話にしたいのか、そのあたりが曖昧。もう少し焦点を絞った娯楽劇にして欲しかった。

作画にしても演出にしてもなかなかに力の入った作品なので、劇場版クオリティの真下ワールドを楽しみたい人にはオススメ

アニメ化されていたんですね

社会人に成り立ての頃美麗な表紙に釣られて購入&購読していました。好きなシリーズだったのですが、引っ越しの時に封入し発送したゆ*パックが紛失してしまい、それっきりになっていました。因みに中身が愛読書ばかりということで金銭的な価値はないということで損害賠償されなかったのも悔しい思い出です。元々金髪好きな自覚はあったのですが、ティ-エの場合左右の瞳の色がそれぞれに綺麗ですよね。メロメロでした。『アウル.トバ.ティ-エ』意味が月に捧げられた者というのも神秘的です。長編1本では物足りないので、原作を再度集めることにします。ボイス...思ったより喋ってましたね。原作では寡黙なイメ-ジが強いのですが、今回敵?が上半身裸の雑魚臭い連中だったので格好いい立ち回りにはなりませんでしたが、死者の国はインパクト抜群でした。仮面を外すとミイラがいっぱい…不気味だった。

ネタバレあり

懐かしっっ

コレ、DVD化もBD化もされてないんだよね(VHSとLDのみ)。だからレンタルショップにもないという・・・
これを期にBD化してくれないかな

懐かしい

すごいクオリティです

今見ても、

いのまたさんのキャラクターはいいな。この辺のファンタジー系の作品のキャラクターには絶対にこの人だね。
作品もいいけど、自分はいのまたキャラにぞっこんです。

見どころ

竹河聖による連作ファンタジー小説をアニメ化。美麗な主人公たち3人のキャラが遺跡の中で冒険を繰りひろげる物語だが、光と影のコントラストがくっきりとスタイリッシュな画面で、映像美に存分にひたれる。みどころはプロダクション・アイジー(当時:IGタツノコ)による、1992年の作品とは思えないほど高密度な映像だ。いのまたむつみによるイラストのイメージも忠実にアニメ映像へコンバート。キャラクターデザインを担当したのは『ロードス島戦記』の結城信輝、作画監督は『機動警察パトレイバー』の黄瀬和哉、監督は『ノワール』の真下耕一、音楽は『鋼の錬金術師』の大島ミチルと豪華スタッフの実力が光る【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ティーエ

デン共和国市民軍次席指揮官、アウル・レンキエとカゼス王国の王女、シレーナとの間に生まれた。戦乱で家族と死別後、未来を見る力を持つといわれるケントウリ族に山奥で育てられ、精霊と語るなどの不思議な力を開花させた。薬を使って病気の治癒を行い、糧を得る。薬師として大陸を旅している。

ラクシ(アルン・アーダ)

イタール公国の大公の娘として生まれた。本名は、イタール・クラレス・アルン・アーダ。病弱な兄を退位させ、自分を擁立しようとする重臣たちの派閥争いに落胆し、自ら髪を切り落として国を出た。性格は勝気。男言葉で話しているが、その心の中は、年頃の女の子らしい感受性と慈愛に満ちている。

ボイス

大陸の西に位置する古い小国、トリニダの宰相の次男として生まれた。若くして武勇の才能に優れ、戦いに対する、天性ともいえる鋭い勘を持っている。陰謀で家族を殺されて以後、ボイスは生活のために傭兵となり、やがて仲間に誘われて自由戦士になった。寡黙だが、誠実で度胸もあり、頼れる存在である。

アルン・ハラド

イタール公国の大公の息子で、大公位に就いたラクシの兄。重臣たちの醜い派閥争いに妹のラクシを巻き込みたくないと考えたハラドは、ラクシに国を出るようにと勧める。貧しいイタールの民を無事に越冬させてやるため、大公の権威の象徴である王冠の宝石をも売り払う、真に民思いの王である。

バルニ・リファス

貧困に苦しむ村から、宝を求めて旅立った、村人たちの中の一人で、十歳の少女。一行は、ラクム率いる盗賊団に襲われ、リファス一人を残して全滅。リファスは、たまたま通りかかったティーエたちを盗賊の仲間と思って斬りかかるが、体力も気力も使い果たし、ティーエたちにみとられて息をひきとる。

ガテン・ラクム

アゼク・シストラの深層の神殿にあるといわれる宝を狙う、盗賊団の首領。リファスらの一行を襲い、拷問したあと惨殺して、宝の地図を奪った。使命を果たせぬ者は、たとえ部下でも殺すという冷酷な男。ラクムたちの盗窟のため、仕掛けられた呪いが発効し、ティーエたちも危機に見舞われてしまう。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:竹河 聖 / キャラクター原案:いのまたむつみ / キャラクターデザイン:結城信輝 / 作画監督:黄瀬和哉 / 美術監督:平田秀一 / 撮影監督:高橋明彦 / 音楽:大島ミチル / アニメーション制作:アイジータツノコ / 製作委員会:角川書店 / 製作委員会:バンダイ / 製作委員会:ビクター音楽産業 / 製作委員会:IMAGICA / 監督・脚本・絵コンテ:真下耕一 /

キャスト
ティーエ:関 俊彦 / ラクシ(アルン・アーダ):高山みなみ / ボイス:屋良有作 / アルン・ハラド:広中雅志 / バルニ・リファス:江森浩子 / ガテン・ラクム:銀河万丈 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}