動画が再生できない場合はこちら

仙界伝 封神演義

21

1

0

1

3

1

紀元前11世紀の中国、殷王朝の時代――――。時の皇帝・紂王は文武両道とうたわれた名君の誉れ高い人物だったが、絶世の美女・妲己をその妃に迎えて以来、魂の抜殻のような状態になってしまう。実は妲己は邪心を持つ仙女であり、誘惑術(テンプテーション)によって皇帝を操り、仲間の妖怪仙人たちをも王宮に引き込んで贅沢三昧の日々を送っていた。一方、はるか天空に浮かぶ仙人界・崑崙山脈の教主・元始天尊は、人間界が妲己の魔手により荒廃していくことを憂慮し、人間界・仙人界にまたがるビッグプロジェクト「封神計画」を実行に移すこととし、その実行者として道士・太公望を任命する。元始天尊は太公望に「封神計画」とは、悪しき仙人や道士の魂を新たに創設する「神界」に封じこめる計画であるといい、宝貝・打神鞭と霊獣・四不象を与えた。かくして太公望は計画実行のため人間界におもむくことになり、次々と襲ってくる妖怪仙人たちと戦うことになるのだった。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

漫画とアニメ

漫画連載中に始まりどうなるかと思いましたがアニメ版は
良作ですよ。解りやすいし、聞仲に武成王に天化は死亡せず
最後迄いたし、聞仲も最後は旅に出て太公望や仲間たちはそれぞれの
生活に戻る。
少なくとも2018年版よりは全然比較にならん程良作です。

アニメとして完結している

漫画版と比べてしまいがちで皆さんの評価は低いと思いますが、当時は漫画が完結していなかったので、仕方ないのでは…?と思います。
某2018は漫画完結しているのにも関わらず全く違うものになってしまったので、あれよりはしっかり完結した一つのアニメ作品になってると思います!
漫画と結びつけるんじゃなくて、一つのアニメ封神演義として高評価です!!!

子供向け封神演義

アニメの方針が子供にも楽しめる封神演義という感じ。
放送時間が朝だし小学生でも安心して見れるがコンセプトな気がします。

基本、漫画すら読んだことない人向けの導入っぽく見える。

個人的には、噛み砕いてわかりやすくしてあるの好きです。
おかげで、性格が一部違ったり残酷描写を変えてたりと変更が見られます。
見放題は嬉しいけど、大人のお友達には相性悪そう。

見るときは、気をつけてください。

なんだかんだです

なんだかんだ良作:後半オリジナルなのは仕方なしです。
だって、原作の方は終わってなかったから。
今のアニメ界の手法で、少し間を開けながら、2期3期と続けていればもっと良作になった作品です。

『駄作のアレ(察してください:2018)』
と比べてはいけません。

代わりにこっちを視てください。
でも、後半オリジナルなので、別の作品としてみるのが良いです。
放送当時は飛び飛びでしか視てないので、再度視聴予定。

詐欺に近い・・・

※題材の「詐欺」とは、OPにコスト掛けてキッチリ作れる癖に、中身にコスト掛けて無い。
 つまり・・表紙が気に入って手に取って購読してみたら、中身が汚くてガッカリ感がハンパ無い感じの漫画と言えば、判って貰えると思います。

原作云々な話題を持ち出す必要性は無いと思いますが(原作は購読済み)、週刊ジャンプ原作のアニメにしては作画は悪いと感じました(つまり見続けるのが辛い)。
よく、見た目より中身を評価して下さい・・と云うもの、「中身を評価するなら、まず見た目から」でしょ。

「封神演義」を元とする題材としても、漫画「封神演義」としても、少し中途半端な作品かな?と思います。
前半は漫画原作をなぞり、後半はオリジナルで決着・・。
アニメ化が数年遅ければ或いは・・と思わずには居られない作品です。
まぁ「封神演義」として見なければ多少は見れるアニメではありますw。
評価は1です・・・察して下さい。

なんだかんだで良作だった!

今までずっと原作組には不評だった作品。自分は子供の頃、朝夏休みに見ていてとても面白かったので、これはこれでありだと思っていました。
むしろ後から原作を読んでみて逆にキャラの性格があまり好きになれなかった(笑)
そして、2017年にリメイクされた「覇穹」はこの作品を散々駄作呼ばわりしていた原作組をさらに発狂させる酷い出来に。
なのでこれからご視聴される方は原作云々は別にして、' これはこれ ' という感じに切り離してご覧ください。
そうすれば、『なんだかんだで意外と面白い?』と感じられるかもしれませんよ?

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:藤崎 竜「封神演義」/週刊少年ジャンプ連載(『安能務訳「封神演義」』講談社文庫刊より) / 監督・シリーズ構成:西村純二 / キャラクターデザイン:小島正士 / 美術監督:宮前光春 / 音響監督:千葉 繁 / 音楽:酒井 良 / プロデューサー:小林教子(テレビ東京)+豊住政弘 / 製作:テレビ東京+スタジオディーン /

キャスト
太公望:結城比呂 / 四不象:増川洋一 / 妲己:かかずゆみ / 申公豹:石田 彰 / 黒点虎:こおろぎさとみ / 聞仲:松山鷹志 / 黄飛虎:田中一成 / 紂王:松田佑貴 / 姫昌:麦人 / 元始天尊:大木民夫 / ナタク:宮田幸季 / 雷震子:松本梨香 / ヨウゼン:千葉進歩 / 胡喜媚:千葉千恵巳 / 王貴人:柚木涼香 / 黄天化:山岸 功 / 姫発:小林和矢 / 白鶴童子:小林和矢 / 殷郊(幼年):鶴野恭子 / 殷郊(成年):輝山 新 / 周公旦:瀬野雅彦 / 黒麒麟:土屋利秀 / 殷洪(幼年):豊島まさみ / 殷洪(成年):茉雪千鶴 / 崇黒虎:石塚 堅 / 神鷹:川澄綾子 / 普賢真人:緒方恵美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}