動画が再生できない場合はこちら

アンゴルモア元寇合戦記

16

0

1

0

1

2

率土の地、対馬。勇者たちが挑む七日間の戦い――

時は文永11年(1274年)。鎌倉武士・朽井迅三郎はある事件により、罪人として対馬へ流刑となる。島を治める地頭代の娘・輝日は、対馬へたどり着いた流人たちに、蒙古の大軍勢が対馬へ迫っていることを伝え、ある命令を下す。「さぁ、お前たち。この対馬のために、死んでくれ」 死罪となる代わりに捨て石となれと命じられ、是非も無い流人たちは、蒙古軍との戦いへ身を投じる。怯むことなく対馬勢を率いて立ち向かう迅三郎。島民を鼓舞し勇気づける宗家一門と輝日。古来より対馬を守り続ける刀伊祓たち。太宰府からの援軍が到着するまで、迅三郎たち対馬勢は、蒙古軍の猛攻を防ぎきることができるのか? 全てを失い、流された率土の地・対馬で一所懸命という志のもと、諦めない勇者たちが挑む七日間の戦いが始まる――!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

歴史的事件を取り上げたのは評価しますが

蒙古に襲われた対馬の悲劇を取り上げた作品。
博多で蒙古を返り討ちにした話はよく聞くが、対馬、壱岐での惨劇はあまり聞かない。
どのあたりまでが史実かわかりませんが、ファンタジー要素も多く含んでいる。
ちょっとやりすぎだと思いますが、作品の着眼点としては面白かったと思う。

そして問題は、アニメとしては作画崩壊という、これまた悲劇にみまわれているところである。
OPもかっこいい。声優さんも素敵。
しかし、二話目から主人公の顔がたびたび変わり、脇役に至っては落書きレベル、静止画も増え、意味不明な顔のアップなど、そちらが気になって仕方なかった。
おまけに終盤に差し掛かると“巻き”が入って、こちらは困惑の連続。
ないはずのシーンがあったことになったり、キーとなっていた登場人物が突然出なくなったり、製作の混乱が透けてみえてどうしようもなかった。
いつも思いますが、こういうのは勘弁してほしいです。

露払

歴史学における垣根、
例えば、文献史学と考古学との、が低くなり、
更には、文物を取扱う手法や技術の向上によって、
より微量で、より正確に、より詳細に、調べられる様になって来た今日、
元寇の真実が徐々に明らかにされて来ています。

彼我の武器装備、弓矢や刀、の優劣や、
沈船の研究による、蒙古側の、軍隊としての姿、等々。

今後も、調査結果に関する様々な成果報告が重ねられて行く事でしょう。



当に本作品は、
それらに、多くの耳目を集めさせる、
良い切っ掛けと成り得る作品でした。



荒唐無稽と思える脚色・創作も、多々有りましたが、
江戸時代の人々による、
神風、と
さてどちらの方が、より面白い出来栄えだったでしょう?

意外や意外!

面白いですねぇ!

最初は、「え、元寇? 何それダサくない?」
と、ちょっと舐め腐っていたのですが(笑)

いやぁ、面白い!
話が進めば進むほど味が出てきます。絶体絶命、多勢に無勢の中、どのように死中に活を求めるか、ハラハラしますね!

これもお勧めです

絵も上手いですし話も面白い。元寇、鎌倉時代が舞台で、武士の世界が出来上がる黎明期になります。神代、平安貴族文化、戦国のあたりは良く題材にされていますが、何故かこの時代は珍しい。しかも、外国との本格的な大戦争です。燃えますよね。何となく歴史の空白(そんなことはないですけど)みたいに感じて、前々からロマンを感じていました。日本人のメンタリティが激しく変化する時期でもあり、日本人が北欧バイキングみたいな気質を持っていた最後の時代ですね。例えばこの時代の切腹と言うのは、勝負に勝った敵をもてなすために、腹を切って内臓を引っ張り出して見せる一種の宴会芸だったそうです。愛と言う概念がなく、知恵と勇気しかない世界観。正に異世界。史実どおりに考証を重ねると、異世界ヒロイック・ファンタジーになるわけです。面白くないわけがない。ホンサクはそのあたり良く狙っています。異世界なのに日本。これはたまりません。お勧め。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:たかぎ七彦『アンゴルモア元寇合戦記』(KADOKAWA 「Comic Walker」連載) / 監督:栗山貴行 / 助監督:羽原久美子 / シリーズ構成:ヤスカワショウゴ / キャラクターデザイン:総作画監督 / 音楽:片山修志 / 音響監督:小泉紀介 / 音響効果:今野康之 / 音響制作:ビットプロモーション / アニメーション制作:NAZ / 製作:アンゴルモア元寇合戦記製作委員会 / オープニングテーマ:「Braver」ストレイテナー / エンディングテーマ:「Upside Down」SHE’S /

キャスト
朽井迅三郎:小野友樹 / 輝日:Lynn / 鬼剛丸:小山力也 / 白石和久:乃村健次 / 張明福:斎藤志郎 / 阿無志:堀江 瞬 / 火垂:竹内良太 / 導円:小林裕介 / 男衾三郎:浜田賢二 / 宗助国:柴田秀勝 / 阿比留弥次郎:鈴木達央 / 少弐景資:立花慎之介 / 長嶺判官:小野賢章 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}