動画が再生できない場合はこちら

異次元の世界エルハザード

8

2

1

0

1

0

あのエルハザードの地より
新たなる冒険活劇、再び……

OVA「神秘の世界エルハザード2」のその後の事件を描いたTVシリーズ。藤沢先生と結婚・引退したミーズに代わって、新任の水の大神官であるクァウール・タウラスがロシュタリアに到着した。だがそんな時、次元装置のせいで誠たちは異次元の世界へと飛ばされてしまう。果たして、誠たちの運命は……!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

3作目

TV向けのリメイクを除くとシリーズ3作目
人気シリーズの続編を作り続ける難しさがにじみ出てます

最低かも?

1作目とパターンが同じ、続編ならキチンとストーリーを考えてつくればいいものを・・・
見ててムカついてしまった(笑)

ネタバレあり

続編3作目にして「やってしまった感」

OVA2作品の「直系の後日談」だからといって、前2作(OVA)の魅力を期待すると、100%裏切られます…。
なぜに3作目もOVA企画にしなかったのか、どうしてここにきて続々と設定崩壊ギリギリのワケ分からない新キャラと世界観を仕立て上げたのか、どうして毎回のシナリオが「ちぐはぐ・フワフワ」したモノにしかできなかったのか…余りにも「ほったらかし」のシナリオ展開に各キャラの「悲鳴」が聞こえてきそうです。もう1本のTV版(オリジナルシナリオ)の方がまだなんぼか…。

ネタバレあり

あのキャラクターの笑い声が・・・・

今でも耳に小ぶりついて離れない、陣内のあの笑い声。当時、必死にまねしようと流行りましたがだめでした。自分は、ストーリー的には、OVAの方が好きですが、天地無用と確か当時、二分するぐらい人気だつた気がします。その後、OVAの続編が出たのですが、このTVシリーズはこれ一作だけでした。ちなみに、TV版のイフリータは笑えますが、OVA版のイフリータはかなり大人びた雰囲気のTV版とは全然違う設定となっています。

ネタバレあり
見どころ

OVA版の続編にあたるシリーズで、藤沢先生の結婚直後のエピソードとなっている。ロシュタリアから突如として異次元の世界のクレタリアへと迷い込んでしまった主人公・水原誠とその一行が巻き起こす新たな冒険。OVA版の設定を引き継いだクレタリアの秘密の正体はまさに衝撃。かなりシリアスな展開も見られるが、陣内克彦とバグロムのカツオの迷コンビぶりがほどよい箸休めになってくれているので一気に全話楽しめてしまう。エピソードの後日談(しかもお約束の温泉旅行話)を描く第13話は映像ソフト化の時の初回特典として製作されたもので、TVでは放映されていない。(アニメライター 川田鉄男)

キャラクター

水原 誠

女の子のような顔立ちの、おとなしい少年。その容姿はファトラ王女に似ている。成績は優秀。先エルハザード文明の遺産と同調する異能力を持つ。

陣内克彦

誠を宿命のライバルとかってに決めつけている自意識過剰、支配欲過剰、卑怯で『アレ』な人。バグロムと話せる異能力を身につけている。

陣内奈々美

誠の幼なじみで、陣内の妹。お金もうけが大好きな少女。ロシュタリアで「東雲食堂」を経営中。誠が好きだが、しっかり者すぎて恋愛に発展しない。

藤沢先生

本名、藤沢真理。誠の担任教師。水の大神官であったミーズと結婚した。ヘビースモーカーで酒飲み。超人パワーの異能力を身につけている。

ルーン・ヴェーナス

ロシュタリア王国の第一王女。ロシュタリアを中心とする同盟国を統べる盟主である。その座にふさわしく気高く美しい。極めて真面目な性格。

アレーレ

ファトラ王女の愛人。惚れっぽいうえに変わり身も早い、良くも悪くも行動力の魂。好みのタイプは「行動力があって、勝気なおねーさま」。

ファトラ

ルーン王女の妹で、ロシュタリアの第二王女。美少女なのは確かだが、身勝手で自信家で同性愛!?と、手のつけられない性格で周囲を翻弄する。

ウーラ

誠のネコで、元はファトラのネコだった。ここでのネコとは、王家の者を守る生きた甲冑である。限定的だが人語を理解し、戦闘力もなかなか。

藤沢ミーズ

水の法術を操る元・マルドゥーンの水の大神官。一目惚れした藤沢先生ととうとう夢の結婚・引退を果たした。現在は、藤沢先生と新婚生活中……。

シェーラ・シェーラ

三神官の一人。炎の法術を操る。未成年だが酒好き。イキで短気でケンカっ早い江戸っ子。誠のことが好きだが、いつだって素直になれない。

アフラ・マーン

三神官の一人。風の法術を操る。シビアでクールでマイペース。代々神官の家柄で、当然のように入門。シェーラとはその時以来のくされ縁。

クァウール・タウラス

夢の結婚・引退を果たしたミーズの後を継ぐ新たな水の大神官。大嫌いなものは虫。誠にくったくなくなついて、奈々美やシェーラをやきもきさせる。

ディーバ

バグロムの王女。唯一バグロムの中で人間の姿をしている。女王様タイプに見えるが、陣内の言うことを一々信じるあたり、虫さんらしさもちらほら。

ダル・ナルシス

クレタリアの皇帝。一見クールで美形……そんな自分が嬉しいのか、かなりのナルシストらしい。かなり女に弱く、特にクァウールに夢中。

ギルダ

本名、ギルダ・ハストルフ。装甲親衛隊長を務める女性。実はハストルフ王国を統治するハストルフ家の第一王女で、かつてダルの婚約者だった。

アルージャ

次元装置の中から現れた怪しい存在。どうもアルージャは、何らかの理由で次元装置に閉じ込められているらしい。彼の企む目的は一体……!?

メカ・ロボット

命の泉

クレタリアのエネルギー源として機能している反応炉。その内部は、エルハザードの地にある「神の目」と全く同じ構造をしている。皇帝のダルのみが制御パスワードを知っている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:真木太郎+三浦 亨 / 原案:林 宏樹 / 監督:菊地康仁 / シリーズ構成:山田洋光 / キャラクター原案:中沢一登 / キャラクターデザイン:奥田 淳+小林利充 / デザインワークス:渡辺浩二 / 美術監督:桑原 悟 / 色彩設計:関 美恵子 / 撮影監督:岡崎英夫 / 音響監督:本田保則 / 音楽:長岡成貢 / 制作:AIC /

キャスト
水原 誠:岩永哲哉 / 陣内克彦:置鮎龍太郎 / 陣内奈々美:夏樹リオ / 藤沢先生:石井康嗣 / ルーン・ヴェーナス:井上喜久子 / アレーレ:小桜エツ子 / ファトラ:柊 美冬 / ウーラ:阪口あや / 藤沢ミーズ:島津冴子 / シェーラ・シェーラ:桜井 智 / アフラ・マーン:吉田美保 / クァウール・タウラス:坂本真綾 / ディーバ:沢海陽子 / ダル・ナルシス:子安武人 / ギルダ:玉川紗己子 / アルージャ:青野 武 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}