動画が再生できない場合はこちら

京都寺町三条のホームズ

17

0

0

1

1

2

京都を舞台にした恋に古美術、はんなりミステリー

京都の寺町三条商店街にポツリとたたずむ、骨董品店『蔵』。女子高生の真城葵はひょんなことから『蔵』の店主の息子、家頭清貴と知り合い、アルバイトを始める。清貴は、物腰は柔らかいが恐ろしく勘が鋭く『ホームズ』と呼ばれていた。葵は清貴とともに、客から持ち込まれる骨董品にまつわる様々な依頼を受けていく。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

ほんま…あかん。

長年「見放題」だけ視聴してきましたが…ついに金はろうて買うてしまいましたわ。ほんま…あかん。
原作最新刊まで一気読みして、しっかりとした映像で見たくなってしまいました。利休君の登場前倒し、いい感じです。ストーリーがダイジェストなのは仕方ないですね。
美術品がたくさん登場する分大変だったと思いますが、購入した甲斐がありました。
続き、ぜひみたいです。葵さんとホームズくんのためにも、ね。

ネタバレあり

月がとても綺麗ですね

ささっと推理し、周りを唸らせるホームズさんの頭の回転の良さはもうチートレベル。

普段は飄々としていても、たまに感情むき出しになるホームズさんが個人的に好きですね。葵ちゃんからの想いを分かっていながらも、深入りせずに現状維持を続けるのって、ホームズさんいけずですね。

葵ちゃんの心の声(告白)を察し、即座に「月がとても綺麗ですね」と声掛けするホームズさん。「らしい」伝え方だと思ったけど、まだ葵ちゃんにはホームズさんの真意は届いていないっぽいですねぇ。
とてもお似合いの二人で、葵ちゃんがいつも真面目に向き合っていて心が洗われます。

OP・ED曲ともにお気に入りです。

ネタバレあり

京都の調さん

確かに、京都を感じられるのですが、
その内容が、、、

骨董・美術品の薀蓄、事件の推理に、恋愛事情、
短い話数にも拘わらず、話題を闊げ過ぎた為か、
歴史の古さを笠に着る、何とも言えぬ高慢さが・・・

ああ、
京都で「お茶漬け」
食べたくなります。

出来れば1つ、
他には余り見掛けない、美術品のお話を中心にして貰えれば、
個人的には有難かったです。

美術品や、名所が描かれる際の作画、綺麗でしたし、
EDも好きでした。

加えて、
主人公の眼力、認証識別能力を示す場面や、
日本人が渡仏する理由も、面白かったです。

そして、もう1つ、本作品を視聴して良かった事。
これだけ矜恃を持つ人々が、昔の地方の人々の様に、
真っ直ぐで在るべきものを、グニャリと曲げる事はしないでしょう。
安心しました。

そう、
京都には、線形動力列車が止まらない。(推そらく)

京都を感じたい人に

元々原作小説からのファンです。小説では表紙のみで挿絵がなく、ひたすら創造と妄想で補っていましたが、アニメになって絵がついて声があって……本当に素晴らしいと思いました。ややストーリーが端折り気味で構成が違いますが、尺の都合上、仕方がないかもしれません。京都の名所がたくさん出てくるし、美術品知識などの薀蓄もあって、初めての方でも充分楽しめる作品だと思います。ゆっくりしたい時に見るのがおすすめです。聖地巡礼で京都に行くのもありかも。

キャラクター

真城 葵

埼玉県大宮から京都に引っ越してきた高校2年生。ある理由から祖父の骨董品を「蔵」に持ち込んだことがきっかけでアルバイトをするようになる。裏表のない真っ直ぐな性格で、作品の価値や間贋を直感的に見抜く「良い目」を持っている。

家頭清貴

「ホームズ」の愛称を持つ22歳の京大院生。鑑定士見習いで「蔵」にて鑑定を行っている。美形で物腰柔らかく品行方正だが、自他共に認める裏表の激しい性格で実は腹黒。 カフェ好きでコーヒーを淹れるのが上手。

梶原秋人

駆け出しの俳優。明るめの髪でハーフっぽい雰囲気のイケメンで、著名な作家を父に持つ。京都で育つも両親の影響から標準語。良くも悪くも素直な性格で、清貴に敵対心を持っている。

円生

天才贋作師と言われる男。一度出家し僧侶になるも、清貴と出会い贋作師に戻る。頭は丸坊主で和服(着流し)に扇子のスタイル。並外れた手先の器用さ、運動能力を持ち、目利きでもある。

滝山利休

生意気な美少年。幼いころから少女のように愛らしかったため、体を鍛えるために格闘技を学び、フランスに柔道留学へ。清貴を過剰に敬愛しており、葵に対して厳しい態度をとることも。

家頭誠司

清貴の祖父で骨董品店「蔵」のオーナー。国選鑑定人といわれる第一級鑑定士であり、清貴の師匠。自由で唯我独尊ながらも、意外と気遣い屋な面も。

家頭武史

清貴の父で骨董品店「蔵」の店長であり、人気時代小説作家。東京で育てられたため、常に標準語で敬語を使う。

宮下香織

葵と同じ学校に通う女子高生。クラスは違うがとある事件をきっかけに葵と仲良くなる。老舗呉服屋の娘でしっかりしているが、ミーハーな面も。

宮下佐織

今年の斎王代に選ばれた香織の姉。学校でも華道教室でも優等生なため、周りから妬まれ仲間外れにされることもあった。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:「京都寺町三条のホームズ」 望月麻衣+秋月壱葉(双葉社・月刊アクション連載) / 監督:佐々木勅嘉 / シリーズ構成:山下憲一 / キャラクターデザイン・総作画監督:伊藤陽祐 / アニメーション制作:アニメーションスタジオ・セブン /

キャスト
真城 葵:富田美憂 / 家頭清貴:石川界人 / 梶原秋人:木村良平 / 円生:遊佐浩二 / 滝山利休:小林沙苗 / 家頭誠司:小山力也 / 家頭武史:上田耀司 / 宮下香織:木下鈴奈 / 宮下佐織:堀江由衣 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}