動画が再生できない場合はこちら

やがて君になる

35

0

0

0

0

7

誰にも言えない、ふたりの特別

人に恋する気持ちがわからず悩みを抱える小糸侑は、中学卒業の時に仲の良い男子に告白された返事をできずにいた。そんな折に出会った生徒会役員の七海燈子は、誰に告白されても相手のことを好きになれないという。燈子に共感を覚えた侑は自分の悩みを打ち明けるが、逆に燈子から思わぬ言葉を告げられる―― 「私、君のこと好きになりそう」

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

やがてファンになる・・・いや、もうなりました!

このアニメはあまりに尊いです・・・尊すぎます!
この作品をレビューするに値する、
適切な語彙が見つからないくらいに尊いアニメだと思います!

結果から言うと、私はこのアニメを本放送で全話見た後、
また見たくなってバンダイチャンネルで見返しながらも、
しかし、それでもなお気持ちの高まりを抑えられずに、
原作を既刊6巻+公式アンソロまで一気買いしました!

そして、原作を読んで分かったことがあります。
それは、このアニメ版はかなり原作を尊重していて、
丁寧にハイクオリティに作っているということです。
なので、原作は多少知っているけれどアニメ版は見ていない、
という方にも、自信を持っておススメできます。

そういう訳で、今では、
このアニメの二期の制作発表と、原作の続刊を楽しみに生きています。
それにしても、やが君は尊い・・・尊すぎる・・・。
・・・三周目の視聴、行こうかな・・・。

私が今まで見てきた中で最も美しい作品

第一話を見て茶碗蒸しアニメか、と思ってそっ閉じ。なんか気になって遅ればせながら今更視聴。捨てた中に大当たりがあるパターン。宝くじが当たらないわけだよ。結論から言うと宇宙がヤバイくらい良かった。百合でキャッキャウフフする作品では無くて、百合要素はあくまでも描写の手段ですね。思春期の未熟で危うい心理と、未来へ踏み出そうとする力強さを描いた秀作。特に最終話のまとめ方が破格に美しい。第一話から広げて各話で紡いだ物語を、最終話で1ミリのズレも無く折り畳み、なおかつ次への新しい一歩を踏み出そうとする主人公の、最後のセリフが世界レヴェールに深く美しい。謎かけぽい作品タイトルの意味も、最後のセリフでその意味がわかりました。深いわ。見終わった後、いろいろ心に残る作品です。

百合は美しい

百合の物語ですが、適度に抑えめで百合の登場人物たちが紡いでいく心情のやりとりが物語を面白く、切なく、深くしていると思います。原作や脚本や演出の優秀さをひしひしと感じます。絵も美しく、種々の花もきれい。また、OPや登場人物に伴って描かれる花が園芸品種をかなり忠実に再現しているのに対し、背景(これもきれい)に描かれる草や木々の花は抽象的になっていたのは、よく分からなかったけど何か意図があったのかな、とも思いました。
あと、西武電車もなかなか良い演技をしていましたね。何話目かの、燈子と後ろを通過する電車との組み合わせは鳥肌が立ちました。

しかし、劇までやるのかと思ったらその前に終わってしまうという、ものすごく余韻を残した終わり方でした(良い意味で)。二期があるのかな? 原作も読みたくなりますね。

ネタバレあり

なんかドキドキする

創作物だし、それほど深く考えてるわけでは無いけど、危なっかしい2人を応援したくなる。
たぶん、思い描いてる結末を否定したがってる。

ネタバレあり

ようやくタイトルの意味が

第10話のラストで よく分からなかったタイトルの意味が実感として伝わってきましたね

終盤楽しみです

ネタバレあり

表現と演出と

物語や登場人物達個々人への共感。

それを支える丁寧な表現、そして演出。

作画や描写も、ただ美しいだけに留らず、
まるで、絶妙な舞台演劇を観て居るかの様。
少しも目を離せない、この緊張感が心地好い。



是非!
お薦めです。

丁寧な描写

原作に比べるとテンポの早い進行ですが、感情表現がとても丁寧で原作の空気を損なうことなく制作されています。感情表現の丁寧さに惹かれてコミック買ってしまいました。よき。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:仲谷 鳰 (「月刊コミック電撃大王」連載) / 監督:加藤 誠 / シリーズ構成・脚本:花田十輝 / キャラクターデザイン:合田浩章 / 音楽:大島ミチル / アニメーション制作:TROYCA /

キャスト
小糸 侑:高田憂希 / 七海燈子:寿 美菜子 / 佐伯沙弥香:茅野愛衣 / 槙 聖司:市川太一 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}