動画が再生できない場合はこちら

再生回数:---
73

0

0

1

0

14

仙鎮城

「魔剣目録」の安全な隠匿場所を求め東離を旅する殤不患(ショウフカン)は、東離でも難攻不落と謳われる護印師の砦、仙鎮城を丹翡(タンヒ)に紹介され、その城主、伯陽侯(ハクヨウコウ)の手に目録を委ねる。だが砦を出た殤の元に、西幽での旧友、浪巫謠(ロウフヨウ)と聆牙(リョウガ)が駆けつけ、仇敵である禍世螟蝗(カセイメイコウ)の部下の蠍瓔珞(カツエイラク)が、目録を求めて東離に潜入していることを知らされる。慌てて伯陽侯(ハクヨウコウ)の元へと引き返した殤が目にしたものは……

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

関連作品

ファンの声(15件)

王道

起承転結がしっかりしていて見ていて面白い。
人形劇でアニメと違った演出効果や場面カットなど見ていて飽きない。

納得する予想外の展開

虚無のまま生きていた諦空が七殺天凌と出会い婁震戒になったことが、予想外でありながら「でもあの虚無の中で自分を求められたなら応えたかったのだろうな」と納得しました。胸熱でした。

人形、服や装飾の美麗さは健在のまま、目も心も奪われる大立ち回りが増え、とても楽しいです。
殺陣とは別方向で、指や瞼の動きなどの微細なところから窺える表情や細かい仕草も好きです。
※凜雪鴉の毒物鑑定、婁震戒が七殺天凌を愛しげに撫でるところなど

3期が始まり毎週の楽しみが増えました。応援しています。

ネタバレあり

二期の感想

七殺天凌(ナナサツテンリョウ)に話を引っ張られたけど、
蠍瓔珞(カツエイラク)は七殺天凌を使っていた時より、
蜘蛛を使用していた前の話の時の方が魅力があった。

序盤の殤不患(ショウフカン)と門番のやり取りが面白かった。

ネタバレあり

第3期制作決定おめでとうございます。

いや、動きから音楽すべてカッコイイ。第3期制作決定!期待しています。

多彩な感情表現にも注目

曲者が腹の内を探りあった前シーズンとは対照的に
今度のお話では登場人物の様々な感情表現を見ることができます。
特に嘯狂狷の人形は口を開くと歯が見えるように造られていて
カメラの角度と合わさると悪人の笑顔になります。
こうした独特の工夫が見られるのは面白いですね。
物語の中で殤不患の過去が少し明らかになったり、魔剣目録の使用法を見ることができたり
もっと続きを見たくなりました。

3期を座して待つ!

1期とは違う魅せかたで楽しませていただきました。
続編を楽しみにしております。

痛快爽快・・

・・さの追求。

いや、「追究」と書くべきか。

もう、どうしたら、視聴者の頭の中を快感が走るか、を考えて制作された作品。
虜にされてしまいます。。。

危ない危ない、目録にでも、封じ込めてしまえ!!!



どうしても、その具体的な内容を、視聴前にでも良いから知りたい!
と言う方には、
怒りの獣神 さんのコメントが大変お勧めです。

強い奴ほど、面白い。

前シリーズにも増して個性豊かな面々が縦横無尽に暴れまくる痛快武侠アクション。
前シリーズや外伝から凜雪鴉の外道ぶりを知っているからこそ、目を付けた眼鏡の小物ぶりに自らの楽しみを全て台無しにされて地団駄踏む彼の様子に痛快さを味わい、その眼鏡の情けない最後に爽快感を感じ、ふさわしい使い手を得たかと思えばヤンデレだったのでうろたえるラスボスたる魔剣に笑い転げ、大したことのない魔剣かと思いきや、達人に使わせると実に愉快なことをやってのける魔剣だったり、殤不患の兄貴が今回も損な役回りなのに最後は全て締めていくあたりなど、実に楽しい2期であった。
明らかに3期があるCパートで、今から待ち遠しい。
唯一無二の作品、これを見ないのはもったいなさすぎる、オススメ。

ネタバレあり

徐々にのめり込む

話もなかなか面白い。人形の動きも観てるうちに慣れてくる。
「どこかで見たかも」という展開や設定はあるが、それも虚淵作品の魅力であろう。御仁の再構築の才能は素晴らしい。
何より、台湾の伝統文化の芸が素晴らしく、そこに価値がある作品であるため、ぜひとも生の人形の演技が観てみたいと思う。興行的に難しいだろうが、いつか本物の Thunderbolt Fantasy 人形劇舞台が観られる日は来ないものだろうか?

一期にも勝らず劣らず

盛り上げ方が半端ないなw

いやホンネまどかマギカはホント大嫌いなのだ
だがしかし、虚淵玄氏のこの脚本からすると何かした表紙にまどか☆マギカ(登録していないのにこう変換されるのもすごいなw)も好きになってしまう可能性もあるってこのなのか?

まあ、そんなことを考えてしまうくらいに面白い!
性格に難があるといわれている西川氏のオープニングテーマ、エンディングテーマもかっこいい!

今期は本当に豊作だなw

一期よりも哲学的な

一期は、現地の人形劇の影響があったのか、冒険活劇的な要素が強かったのですが、今期はずっしりと腰を落ち着けた感じです。
主人公の軽快なセリフや、取り巻きの慎重な性格、激しい性格など、キャラクターが立っていて、そのやりとりや駆け引きが面白いです。
監督は、こういう事をやりたかったんじゃないのかしら。
登場するキャラクターそれぞれが、自分に自信を持っているから、見ているほうは面白いんだろうね。

かなり面白いです

一話、二話くらいまでは導入なので我慢してみる必要があります。段々と盛り上がり、今は次の話が楽しみです。

ただの人形劇ではなく一見の価値あり。下手なアニメなど足元にも及ばない。

あいかわらず時間を忘れる作品。
CGとの絶妙な組み合わせと、ストーリー、人形や砂、液体等の操作、その他諸々ただの人形劇かと見下して拝見しないのはもったいない。
昨今のアニメよりも確実に手が込んでいて、制作時間もかかっているであろう事は容易に想像できる。
20数分の作品を作るのにどれだけの時間を必要とし、1シリーズに作成する同一人物の人形は何体になるのか、下衆な話しになるが制作費はいかほどなのか。
出来上がった魅力的な視聴作品そのものと制作スタッフに「良作をありがとう」。

人形なのに独特の色気がありおすすめです。

所作 仕草 表情 人形なのに 人間臭く 登場人物も皆癖のあるものばかりで、ストーリーに引き込まれます。1期よりも、細かく表現が向上していて、先が読めないハラハラなストーリー展開とあわせて、今回も楽しませてもらっております。音楽もすばらしく、昨今異世界転生者ばかりなので、正統で邪道なファンタジーをこのような形で見せていただけるとこに感謝しております。

ネタバレあり

2も期待通り

台詞回しのカッコよさを世界観が引き立てる傑作。2も面白い。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる